2019年08月08日公開

2019年08月08日更新

からかう男性の心理とは?からかわれやすい女性の特徴や対処法を徹底解説

どういうわけかあなたをからかう男性、いませんか?もしかしたらその男性は、あなたに好意があるのかもしれません。男性が女性をからかう心理と、からかわれやすい女性の特徴、からかわれたときの対処法についてもまとめましたので参考にしてみてください。

女性をからかう男性の本音が知りたい!

なんであの人はいつも私をからかうんだろう、と不思議に思っていませんか?自分をからかう男性が何を考えているのか、本音がわからないとモヤモヤしますよね。今回は女性をからかう男性の本音や、からかわれたときの対処法についてもご紹介します!

男性の上手なからかい方あるある

男性が女性をからかうとき、まったく嫌な感じがしないからかい方があります。それは男性の気遣いや優しさが、からかう行為の中にも感じられる場合です。また、お互いに信頼関係が築けている場合も、からかいの中にも親しみがこもっているでしょう。 からかうことでむしろ、2人の関係に良い影響を与えることもあります。そんな上手なからかい方あるあるをいくつかご紹介します。

落ち込んでいるときに元気づけてくれる

落ち込んでいるときに、明るくからかうことでさりげなく元気づけてくれる男性っていますよね。表面的には普通を装っていても、内心落ち込んでいる日もあります。そんな小さな変化にも気づいて励ましてくれるのです。 あえて「元気出せよ」とは言わないのも優しさのうち。それでもちゃんと見てくれているのは伝わります。ちょっとした変化を察してくれる男性は好感度が高いですよね。上手なからかい方のお手本と言えるでしょう。

気まずい空気を変えてくれる

気まずい空気を変えるために、男性が女性をからかうパターンもあります。仕事で失敗してしまったときや、みんなの前で失言してしまったときなど、ピンチに陥ったときに助け舟を出してくれるからかい方です。 場に緊張感が走り、本人も「しまった!」と固まってしまったとき、すかさず張本人をからかうことで、その場の雰囲気を和やかに変えてくれます。男性が上手にからかうことで、その女性だけでなく周りのみんなが助かったと感じられることでしょう。

会話のきっかけを作ってくれる

会話のきっかけを作るために、上手にからかうことができる男性もいます。会話してみたいけどきっかけが作れず、どうしたらよいかわからない場合もありますよね。そんなとき上手にからかってもらえると、肩の力が抜けて話すことができます。 一度打ち解けて会話することができたら、その後はもっと気軽に2人で話せるようになりますね。こうして見るとからかい上手な男性は、気遣い上手とも言えそうです。女性にとっては、ちょっと素敵に思える男性ではないでしょうか。

男性のNGなからかい方あるある

からかわれて「嫌だな」と感じるNGなからかい方は、相手に対する気遣いが感じられない、自分本位なものです。NGなからかい方ではからかう男性だけが楽しんでいて、女性の気持ちを無視しているか、気づけないデリカシーのない男性ということも考えられます。 NGなからかい方には好意を感じることができません。また、お互いに信頼関係がないと、からかう行為がいじめのようになりかねません。女性はからかわれたときの自分の気持をごまかさず、本当に嫌であれば毅然とした態度をとることも時には必要です。

女性をバカにしている

女性を上から目線で見下し、バカにしたようなからかいは、とても気分の悪いNGなからかい方です。他人をバカにしてからかう男性は、女性を自分より下の存在だと思っていて、優越感に浸るためにあからさまに見下した態度をとるのです。 女性をからかうことで、自分のほうが偉くなったと思い込みたい気持ちがあるのですが、繰り返しからかってくる可能性も高いです。こういう男性のからかいはあまり真に受けないほうがよさそうです。

セクハラまがいのからかい

ほとんどセクハラまがいのからかい方をする男性もいますが、完全にNGです。女性の気分を害さず、下ネタを上手に使うのは実は難しいことなのです。そういうことがわからない男性は、やはりデリカシーがないか、気遣いができないと思われても仕方がないでしょう。 男性はコミュニケーションのつもりでやっていても、恋愛体験や体型のことなど、からかうネタにされるのは嫌悪感が強い女性が多いでしょう。女性が嫌がっているかどうかも判断できない男性は、そういったからかい方をしようと思わないことです。

繰り返しからかってくる

空気を読まずに何度も繰り返してくるのも、NGなからかい方と言えるでしょう。上手なからかい方は、さらっと一度言うくらいのものです。からかう男性は冗談のつもりであっても、何度も繰り返されるほうはたまったものではありません。 しつこいからかいは、行き過ぎれば嫌がらせと変わりません。こういったNGなからかい方は、やはり自分本位で気遣いや思いやりがありません。からかうのをやめさせるために、それなりの対処法を考えなければならない場合もあります。

女性をからかう男性心理5つ

男性が女性をからかうのを見るとき、「あの2人仲良いなあ」って思いませんか?からかう男性とからかわれる女性との間には、心理的な距離の近さを感じますよね。男性が女性をからかう心理は、多くの場合が好意の表れなのです。 もしあなたをからかう男性がいるのなら、ここにあげる心理のどれかに当てはまっている可能性があります。男性の好意や2人の距離感にも、それぞれ段階があります。ひとつずつ男性の心理を解説していきますので、参考にしてみてください。

心理1:相手に関心がある

相手の女性に関心があって、からかうという男性は多いでしょう。この場合は、女性をからかうことでその反応を見て、どんな女性か知りたいという気持ちの表れなのです。そして、返ってきた反応の感触がよかったら、相性がいいのかな?と漠然と感じるでしょう。 からかうことで、「どこまで近づいていいか」を探っていることも考えられます。近づき過ぎだと女性の反応は芳しくないですし、まんざらでもなさそうならもう少し近づくこともできます。

心理2:2人の距離を近づけたい

まだそれほど親密でない女性に対して、距離を近づけたいという思いでからかう男性もいるはずです。親しくなりたい気持ちはあってもきっかけがつかめない場合などは、からかうという手段で垣根を壊そうとすることもあるのです。 もっと女性と仲良くなりたいという男性の心理が、からかうという行動に現れるのです。それで女性が楽しんでくれれば成功というわけですね。うまくすれば2人の間にあった緊張が解けて、親しく会話する関係に進展するかもしれません。

心理3:好きだという本音を隠したい

本当はその女性が好きなのに、周囲に好きな気持がバレるのが嫌でからかうという男性のパターンです。女性慣れしていなかったり、恋愛に不器用な男性がとってしまいがちな行動だと言えるでしょう。 おそらく今の段階では、女性に好意がバレても受け入れてもらえる自信がないのかもしれません。なので、からかうことであえて女性として見ていないような態度をとったりして、好きだという本音を隠しているのです。

心理4:年上女性に甘えたい

甘え上手な末っ子タイプの男性が、年上女性に甘える気持ちでからかうという場合もあります。この手の男性は、年上女性を軽く怒らせて楽しむタイプと言えるでしょう。 こういう男性は、どのくらいまでなら許されるからかいなのかを感覚的にわかっています。ちょっと怒られても、最終的には許してもらえるという、甘えん坊な気持ちでからかうのです。女性のほうも、年下の男の子だし仕方ないか、とつい気を許してしまいます。

心理5:好意に気づいてほしい

好意を隠したい男性とは正反対で、自分の好意を気づいてほしい男性がからかうパターンです。自分のほうを向いてほしい、気にしてほしいという気持ちでからかうので、積極的ではありますが、やや子供っぽいと言えるかもしれませんね。 子供のころ、好きな女の子をわざとからかう男の子がいたと思いますが、まさにそのころのままの恋愛スキルで大人になってしまった男性ということもありえます。幼さはありますが、好意ゆえの行動だと思うとちょっと微笑ましいですね。

からかわれる女性の特徴

女性をからかう男性の心理を見てきましたが、他の女性に比べてからかわれやすいという女性というのも確かにいるようです。彼女たちに共通する点にはどんなものがあるのか、調べてみましたのでご覧ください。

特徴1:いつもやさしい笑顔の女性

いつもニコニコやさしい笑顔でいる女性をからかう男性は、ある種の安心感を抱いている可能性があります。そう、「この女性ならからかっても怒らないだろう」という安心感です。少しくらいからかうことがあっても、きっと笑って許してくれると思っていそうです。 いつも笑顔の女性は、あふれる優しさが原因でからかわれやすくなっているということです。子供っぽい男性のやることだからと、あまり気にしていないかもしれませんが、あまり調子に乗らせるといけないので、たまには釘を刺しておくのも手です。

特徴2:リアクションがいい女性

リアクションがいい女性は、ある意味「からかい甲斐がある」ので、男性がからかうターゲットになりやすいでしょう。男性は、相手の女性の反応が見たくてからかうわけです。どんな反応であれ、大きなリアクションがあるとついまたやってしまうものなのです。 テンポよく冗談で返してきたり、予想外の反応を返したりする女性は、からかうこと自体が楽しくて、いじられキャラのような存在かもしれません。おそらく周囲からはとても親しみやすい女性として、愛されているのではないでしょうか。

特徴3:反応がかわいい女性

からかうと反応がかわいい女性は、ちょっとすねたりムキになって反論してきたりする姿もかわいい、と思われていることでしょう。からかっただけだよ、と言うと真に受けたことを恥ずかしがって赤くなったり。 そんな女性だと、からかわれることが多そうです。女性の困った顔をかわいいと感じる男性もいます。困ったり怒ったりするのも反応のうちなので、無反応よりマシだと感じます。 女性はもしも嫌だと感じるのであれば、我慢は禁物です。早めに対処方法を考えたほうがよいでしょう。

からかわれた時の対処法

男性にからかわれたときに、自分がどういうスタンスでいたいかによって対処法は違ってきます。相手が好きな人であれば、自分の好意をアピールできるチャンスです。しかし、からかうのを止めてほしいならば、曖昧な態度はとらないほうがよい場合もあります。 いっそのこと、からかわれる立場を楽しんでしまうという発想もあります。いずれにしても、からかう男性の心理を理解しておくことが大事です。

対処法1:好きな人からからかわれた場合

自分をからかう相手が好きな人だった場合は、お互いの親密度を高めるチャンスととらえましょう。おそらく相手も好意を持っているはずですから、うまく対処すれば、2人の関係を一歩前進させることができるでしょう。 基本は、からかわれたことを楽しんでいることがわかるように、笑顔で対応しましょう。多少大げさなくらいでもいいかもしれません。男性は自分の行いに対するリアクションを期待しているからです。反応がわかりやすい女性は、男性に達成感を与えます。 少しテクニックが必要ですが、ちょっと怒ってみせてから「なんてね」といたずらっぽく返したり、女性からもからかうなど、刺激を与えるのも効果的です。こういうやりとりは男性を楽しませ、ますます2人の距離を近づけることができるでしょう。

対処法2:からかわれるのが嫌な場合

からかわれるのが嫌な場合の対処法は、相手にしないのが1番というのが答えです。からかう男性は相手の反応見たさにやっているわけです。期待した収穫が得られないのが何より残念なことなので、ガッカリ気分にさせることができます。 相手の男性が上司や上の立場の人であれば、無視することも難しいでしょう。そんなときには、きょとんとした顔で「他に何かありますか?」「そのお話は以前も伺いましたけど」などと返せば、角を立てずにシラケさせることができます。 あまりにしつこかったり、失礼なからかい方の場合は、1人で対処せずに周囲の助けを借りることも考えましょう。

対処法3:その場を盛り上げる返しをする場合

職場などのムードメーカーとしてみんなを楽しませる返しをすれば、他の女性とは一味違うと一目置かれる存在になれるでしょう。からかう男性には基本はノリツッコミで返します。「そうなんですよね…。ってなんでですか!」といった感じです。 リアクションはやや大げさ気味で、自虐ネタも混ぜると笑いが起こり、場を明るくすることができます。当意即妙な受け答えは頭の回転のよさを感じさせ、会話のリズムを重視する男性にとっては貴重な居心地のよい存在になりえます。 ただし、女性には笑いを求めない男性も一定数いるので注意が必要です。人気者ではあるけど恋愛対象にはならない、というリスクもあるので、意中の男性がいる場所ではほどほどのノリに抑えておきましょう。

からかう男性の意図を見極めよう

女性をからかう男性の心理は、好意の裏返しであることが多いのです。自分も笑える範囲のからかい方であれば、適度に乗って楽しむほうが、場の雰囲気作りにも役立ちます。好きな男性からのからかいであれば、積極的に反応を返していきましょう。 好意なのか意地悪なのかわからないときは、少し悲しむ素振りを見せてみてください。好意からであれば、きっとフォローが入るでしょう。からかう男性の意図を読み取り、コミュニケーションに上手に役立ててみてくださいね。

関連記事

ライター

藤

不思議なことが大好きです。目に見えないけれど確かにそこにある。人の心への興味は尽きません。...

電話占いヴェルニ

人気記事

Feelフィール

新着記事