2019年06月29日公開

2019年06月29日更新

竹を割ったような性格の意味とは?特徴や長所・短所を紹介【診断付き】

「あの人は竹を割ったような性格をしている」なんて言う言葉を耳にすることがありますよね。でも「竹を割ったような性格」って実際はどんな性格の人を指すのでしょうか?その性格の長所や短所などを詳しく見ていきましょう!あなたは竹を割ったような性格なのかの診断付きです!

竹を割ったような性格の人ってどんな人?

よく「あなたは竹を割ったような性格をしていますね」といいますが、実際のところ「竹を割ったような」性格とは一体どんな人なのか、言ってる本人が分かっていないということがままあります。 ここでは、竹を割ったような性格の人とは一体どんな人なのか、その人の長所や短所、またどのようにすれば、そんな性格の人になれるのか、などを詳しく見ていきましょう。 あなたが「竹を割ったような性格」なのかどうかの診断もありますので、お試し下さい!

竹を割ったような性格の意味とは?

「竹を割ったような性格」の意味とは、竹を縦に割ると、スパッとまっすぐ割れるところから、さっぱりとしていて真っ直ぐな性格を指します。 また、素直で悪いことなどができないさまなどを表しているといえるでしょう。いわゆるサバサバしていて、すっきりとしている良い意味だと捉えて良いでしょう。

竹を割ったような性格の使い方・例文

竹を割ったような性格とは相手がとても真っ直ぐな人、率直な意見を持っている、サバサバとはっきりしている人だと感じた時に使う言葉です。 例文1) 「あの人はとても真っ直ぐな考え方を持っている、竹を割ったような性格の人だ」

また、裏表がなくて付き合いやすい、信頼できる人というときにも使われます。 例文2) 「あの人は竹を割ったような性格をしているから、とても付き合いやすい」

竹を割ったような性格の類語

「竹を割ったような性格」の類義語には「さっぱりした性格」「きっぷのよい性格」「清々しい性格」などがあります。 それぞれ、潔くて快い人柄を指し示している言葉だといえるでしょう。 「さっぱりした」はあっさりと気持ち良い感じ、「きっぷのよい」は思い切りがよくてさっぱりしたという感じ、「清々しい」はスッキリとしていて気持ちの良い感じを表しています。

竹を割ったような性格の対義語

竹を割ったような性格というのがはっきりと物事を考えることができる気性ということですので、その対義語となる性格としてあげられるのは「うじうじした性格」=気後れして決断がなかなかできない、考え込むような性格だといえるでしょう。

竹を割ったような性格の英語表現

竹を割ったような性格をそのまま直訳すると、「The character that fell below bamboo 」ですが、「竹を割ったような」という言葉では「openhearted」が使われます。

竹を割ったような性格を表す四字熟語

竹を割ったような性格とはさっぱりした性格のことを示します。ですから、四字熟語でいうと「虚心坦懐」(きょしんたんかい)いう四字熟語が当てはまります。 意味は、心にわだかまりがなくて、さっぱりとしているさまを表します。「虚心」は心に先入観やわだかまりがなく、素直にありのままを受け入れるさまを、「坦懐」はわがかまりがなく、さっぱりとした心を意味します。

竹を割ったような性格な人の特徴・あるある

特徴1:裏表がなくて自分の考えなどを素直表現できる

竹を割ったような性格の人は、基本的に裏表がありません。ですから、自分の考えに対しても素直で、まっすぐにそれを表現することができます。 裏で人の悪口を言うなんてことはもっての外。誰に対してもオープンでストレートです。したがって、男女問わず腹を割って話すことができる人だといえるでしょう。 そのため、周囲の人からは信頼される人だといえます。

特徴2:自分の軸や信念となるものが一本通っている

竹を割ったような性格というものは、そのままズバリ竹を縦に割った時のように、真っ直ぐ突き抜けた信念などを持っている人だといえるでしょう。 ですから、自分の中にある軸がブレず、真っ直ぐ一本筋が通った考え方をする人だといえます。そのため、自分が間違っていることなどがわかれば、すぐにそれを謝ることができる人でもあります。

特徴3:物事の判断をしたり決断したりすることが早い

竹を割ったような性格の人は、とにかく、物事の判断や決断力が強く、早いということがいえます。 竹は、最初にナタを縦に入れると一気に割れていきます。その様子に似ていて、こうと決めたらすぐに行動に移すことができる人だといえるでしょう。

とにかく物事を決めるのがスピーディな人です。「やりたいのか、そうでないのか」「欲しいのか欲しくないのか」といった二者択一の判断が早いといえるでしょう。 また、決断したからには責任を持ってそれをすることができる人でもあるのです。

特徴4:チャレンジ精神旺盛

チャレンジ精神旺盛というのは、竹を割ったような性格の人によく見られる性質です。他人からの評価や判断が怖くて、なかなか手が出せないようなことでも、竹を割ったような性格の人は失敗を恐れずに挑戦していきます。 自分の中の信念が一本通っているから、イケると判断したものには猪突猛進になれるのです。失敗したときのことなどは、二の次だと思うからでしょう。 他人の評価などは関係なく、自分の考えとして行動することができるからです。

特徴5:対自分をしっかりと客観視することができる

竹を割ったような性格の人は、自分で自分のことを、客観視して見ることができる人だといえるでしょう。自分の軸を持っているということは、自分の内面についてよくわかっているということがいえるのです。 それはもちろん長所だけでなく、短所の部分も把握しているからこそ、軸を持つことができるのです。自分のことを客観的に見ることができるので、今自分に何が必要で、何を欲しているのかということ、即座に判断できるのだといえるでしょう。 また、自分の間違いなどにもすぐ気づくことができますし、それを訂正することも謝ることもすぐに対応できるのです。

特徴6:明るくあっさりとした恋愛を好む

竹を割ったような性格の人は、恋愛においてもうじうじと悩むことがありません。本質的に明るい人ですので、恋愛も明るくサバサバとしたさっぱりしたものを好みます。 自分に素直ですし、何が欲しいのかがすぐわかる人ですから、相手を好きだと想ったらすぐにそれを告げることができるのです。

また、恋愛の泥沼などには片足も突っ込みたくないという考えを持っているでしょう。ぐちゃぐちゃとした恋愛は好みません。爽やかな恋が好きなのです。 ですから、そういうサバサバした女性はサバサバ系女子と呼ばれます。そんなサバサバ系女子について調べた記事がありますので、そちらも合わせてどうぞ。

竹を割ったような性格の人の長所・短所

では、竹を割ったようなような性格の人の長所や短所は一体どのようなものなのでしょうか。実は、竹を割ったような性格自体が長所といえますが、逆に短所となる部分もあるのです。

竹を割ったような性格の人の長所

まずは、竹を割ったような性格の人の長所をあげていきましょう。竹を割ったような性格自体長所なのですが、それに加えた他の長所もあげていきます。

長所1:裏表がないので、周囲から信頼を得やすい

竹を割ったような性格の人は、裏表がありません。こっちではあぁ言い、あっちでは違うことを言い、といったことがないのです。どこでも同じ考え行動をすることができる人だといえるでしょう。 ですから、周囲の人から信頼を得ることができるのです。言っていることを信用しても間違いがないということがいえます。 そして、その言葉はあくまでもストレート。真っ直ぐな意味で捉えて問題ありませんから、恋愛などでは、相手とのすれ違いを起こしにくいということがいえるでしょう。

長所2:新しい事へのチャレンジがすぐできる

竹を割ったような性格の人は、チャレンジ精神旺盛ですから、新しいことを始めるときにうじうじと悩むことがありません。自分に対して自信を持っているので、すぐに行動に移すことができるのです。 新しいことを始めるにあたっての度胸が人一倍あるのだといえるでしょう。また、恋人が竹を割ったような性格ならば、常に新しいことへの反応が早い人ですので、退屈する暇を与えてくれないことでしょう。

長所3:自分の軸を持っているので周りに流されることがない

自分の軸というものを持っているので、竹を割ったような性格の人が周りに流されて、大きな失敗をしたりするということがありません。また、周りに流されることで、フラフラとしてしまい、結局何がしたかったのかわからない、という風になることもないでしょう。 自分の意見に自信があるので、自分から発信していくことができるのです。それは、他人の意見を聞かないという意味ではありません。自分を含めて、様々な情報を客観視することができるので、対外的にも十分なことだといえるでしょう。

竹を割ったような性格の人の短所

竹を割ったような性格自体が長所といえるのですが、中には短所と呼ぶべき部分もあります。次に、短所となる部分について見ていきましょう。

短所1:自分の考えに固執しやすい

竹を割ったような性格人は、自分の考えに自信を持っています。そのため、時にはそのことが逆に考えを固執させてしまうことに繋がることがあります。 例えば、二人の人が意見を出し、それがどちらも正しく思えるときがあるとします。そうなると竹を割ったような性格の人だと自分の意見が正しいという持論がありますので、曲げるということができないのです。

いわゆる「中庸」というものを捉えにくいということがいえるでしょう。間をとって着地させるということが苦手なのです。そのため、周りとの摩擦を生んでしまうこともあるのです。 悪い意味で竹を割ったような性格の人は「頑固な人」という印象を与えてしまうこともあるでしょう。頑固な人というのはどのような人を指すのかを調べた関連記事がありますので、そちらも読んでみて下さい。

短所2:気が強いという印象を与えてしまう

竹を割ったような性格の人はサバサバしていて、物事の決断をするのが素早い人です。ですから、口調が断定的になってしまうこともあるでしょう。そのため、気が強い人という印象を与えてしまうことがあるのです。 また、相手の意見と自分の意見が異なるとき、自分の意見に自信があるため、相手の意見に対して自分の意見を押し通すように感じられます。ですから、相手からは「気が強くてわがままな人」という印象を持たれてしまうのです。

短所3:がさつな人と思われがち

竹を割ったような性格の人はあっさりサバサバしており、物事をテキパキとこなすことができます。しかし、その部分のスピードがとにかく早いので、がさつな人と思われがちになるでしょう。 周りの人の意見に流されやすい人などからすると、自分の意見を持っている人は、一本筋が通っているのと同時に、はきはきしている=行動が荒っぽくて落ち着きがないがさつな人と捉えられてしまうことがあるのです。

竹を割ったような性格の人は良くも悪くも真っ直ぐな人

竹を割ったような性格の長所と短所を見てきましたが、どちらにしても、竹を割ったような性格の人は真っ直ぐな人だということがいえるでしょう。 素早い行動ができるけれどがさつに見えたり、自分の意見をしっかりと持っているけれど、それがわがままに見えたり。 いわゆる長所と短所は表裏一体なのだということがいえるでしょう。

あなたは竹を割ったような性格?10個の診断項目をチェック

ここでは、あなたが竹を割ったような性格かどうかを診断してみましょう。10個の質問を読んで「はい」か「いいえ」でお答え下さい。 1)悪口を言うような相手がいない 2)物事をオブラートに包むことが苦手だ 3)自分の行動に自信がある 4)周囲の評価を気にしない 5)がさつな人といわれたことがある 6)正直気が強い 7)恋愛するならあっさりさっぱりサバサバ系 8)新しいことに挑戦するのが楽しい 9)自分の意見に自信がある 10)自分の中には一つ通った信念がある いかがでしたか?

はいの数が多ければ多いほど、あなたはまさしく「竹を割ったような性格」の人だということがいえるでしょう。 これを逆に捉えると、このいずれも当てはまらないという人もいるかもしれません。そんな人は次からの竹を割ったような性格になるにはどうすれば良いかということを良く読んで、実践してみると良いでしょう。

竹を割ったような性格になる方法

竹を割ったような性格の人というのは、明るくテキパキとしていて、あっさりとした真っ直ぐな意見を持つ人だということがわかってきました。 暗くうじうじとしているよりも、明るくさっぱりしている方がいいのは当たり前ですよね。では、実際に竹を割ったような性格になるにはどのような方法があるのでしょうか。

方法1:自分のなかでこれは!というものを見つける

竹を割ったような性格の人は真っ直ぐ自分のポリシーというものを持っています。ですから、まず竹を割ったような性格になるには、自分の中で「これだけは」というものを見つけることから始めましょう。 自分のことを、客観視して認めてあげることが大切なのです。そして、自分の軸となるものがないかを考えてみましょう。 何か一つでも、これだけは譲れない、これだけは正しいと思えるものがあるはずです。それを大切にすることが、竹を割ったような性格になる一歩だといえるでしょう。

方法2:自分の考えをしっかりと口に出して伝える

竹を割ったような性格の人は、自分の考えを持っていて、それをしっかりと周りに伝えることができる人です。相手に対して自分の考えを素直に言うことができるといえるでしょう。 これ、実は簡単そうに見えて結構難しいことなのです。相手のことを考えたり、自分の意見に自信が持てなかったりすると、なかなか口に出すことは出来ません。

ですから、ほんの些細なことからで良いのです。自分の意見を口に出す訓練をしましょう。自分の意見を出せない人というのは、周りから何を考えているかわからないため、信頼されにくいといえます。 周囲からの信頼を得るには、どんな小さなことからでも良いので、自分の意見を出すことを始めましょう。それを続けることで、だんだんと自分に自信がついてきて、率直な意見を出せるようになるでしょう。

方法3:少しずつでも良いので自分に自信をつける

いきなり自分に自信を持て、と言われて持てる人なんてそういませんよね。ですから、まず自分に自信をつけるには、小さな事でも良いので「成功した!」「上手くいった!」ということを体験すると良いでしょう。 経験値が低いと、どうしても自分に対する自信は持てないものです。しかし、それなりに経験値を積むことにより、自分の考え方や行動の芯になる部分が見えてくるはずです。

また、自分がした発言や行動により、何らかの成果を得ることができれば、それが自信に繋がってくるのです。 自分が経験したことを、まずは自分が褒めてあげましょう。そうして自分に対してYESを増やすことができれば、自分の行動や考え方にも変化が表れてくるでしょう。

竹を割ったような性格を治す方法

長所ばかりと思われがちな、竹を割ったような性格ですが、逆にがさつに思われたり、気が強い人と思われてしまうという点から、その性格を治したいという人も稀にいます。 では、どのような方法をとれば、その性格を和らげることができるのでしょうか。

方法1:余計な一言は発しない

竹を割ったような性格の人は、思ったことをすぐ口に出してしまうところがあります。そのため、余計な一言を言う人と思われてしまうこともあるでしょう。 ですから、何か発言するときは一呼吸おいて「これは言っても良いか?」ということを考えてからにしましょう。何でも包み隠さず話すことも大切ですが、時にはオブラートに包むということも覚えなくてはなりません。 キツイ人と言われないためにも、言葉遣いは柔らかく、余計な一言を発しないようにしましょう。

方法2:周囲の意見に耳を傾ける

竹を割ったような性格の人は、自分の意見が正しいと思っていますから、周りの意見に耳を貸さないときがあります。それでは、我の強い人と見られても仕方がないですよね。 何か意見がある時は、周囲は他にどういう風に思っているのかを確認するようにしましょう。全然違う他の意見が出てくることだって、ざらにあるのです。 自分の意見に固執するだけでなく、周囲の意見にも気を配るようにすれば、周りとの摩擦もなくなり、わがままな人というレッテルを貼られることはなくなるでしょう。

竹を割ったような性格とはとても清々しい性格の人のこと

以上、竹を割ったような性格について見てきましたが、竹を割ったような性格とはとても清々しく、さっぱりとした気性の明るい性格のことを指すのだということがわかりました。 うじうじと悩んで物事をはっきり言わない人よりも、即断即決ではっきりものを言う人の方が好かれるということがよくわかりますね。 人間、どうしてもうじうじすることだってあります。そして、それは悪いことではありません。しかし、常日頃がそうであると、どうしても付き合いにくい、一緒にいて心地よくないというふうに感じるのではないでしょうか。

その点、竹を割ったような性格の人というのは、気性がさっぱりしていて物事をストレートにはっきり言うことができ、明るくテキパキしているので、一緒にいて心地よいと感じることが多いといえるのです。 今自分が竹を割ったような性格ではない、と思われるなら、少しでも良いので自分に自信をつけて、竹を割ったような性格に近づく努力をしてみるのも良いのではないでしょうか。 また、竹を割ったような性格の人は気さくな人が多いのも特徴です。気さくな人とはどんな人なのかを調べた記事もありますので、良ければそちらも合わせて読んでみて下さいね。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

小西 輝

小西 輝

占い関係をメインにライターをしております。 ライティング歴は7年ほどになります。 ...

人気記事

新着記事