2019年06月29日公開

2019年06月29日更新

怒ると怖い人の特徴・性格・心理とは?怒ると怖い人への対処法・診断も紹介

本当は怒ると怖い人の特徴・性格・心理を知りたくありませんか?普段の日常生活からは想像もつかなくビックリするような人が、怒ると怖い人へと変貌したときの対処法や、もしかしたらあなたが怒ると怖い人かも!の自己診断チェックもご紹介します。

怒ると怖い人を怒らせてしまったことはありますか?

あなたは、怒ると怖い人を怒らせてしまったことはありますか?もしくはそういった場面に遭遇したことはありませんか。 男性と女性でも怒りという感情は大きく異なります。できることならあまり関わりたくないと、誰しも思うものですよね。ですがそれは、もしかしたらあなた自身のことかもしれません。怒らせた理由もあなたかも。 怒ると怖い人の外面や内面を予兆し、あ、やってしまった!と、ならないためにも怒ると怖い人の特徴や性格、心理を見極めましょう。

今回は、怒ると怖い人の特徴・性格・心理とは?対処法まで含めた、感情と怒りをコントロールする仕組みなどについてご紹介していきます。

怒ると怖い人の特徴10個

まずは皆さんが判断しやすい、怒ると怖い人の特徴をご案内するのですが、ひとくちに特徴といっても多種多様でここでは書ききれないくらい数多く存在します。あらゆる中でも代表的な例を厳選し、ご紹介していきます。

特徴1:怒ると怖い人は基本何事に対しても笑顔が多い

怒ると怖い人のイメージといえば、やはり真っ先に思い浮かぶのが笑顔ではないでしょうか。いわゆるいい人のイメージの象徴でもあります。 笑顔の種類もさまざまですが、不敵な笑みではなく、周囲をよい雰囲気に導いてくれるようないい笑顔なのです。 感情や怒りはコントロールできているはずなのですが、ひとたび雲行きが怪しくなってくると、その笑顔の目の奥は決して本気で笑っていないと感じとられこちらも疑心暗鬼に陥ってしまいます。

特徴2:怒ると怖い人は感情をコントロールしている

怒ると怖い人は基本、感情を表に出しません。出さないというよりは、感情をコントロールしているといった方がいいでしょう。もしくは怖い人と思われたくないため、押し殺しているかもしれません。 相手や周囲を円滑に回さないといけないという、サービス精神からきていると考えてもいいでしょう。それだけに、相当な負担やストレスを溜め込んでいることだと想像できます。 きっと、こちらには覚られないように怒りの感情をコントロールしているはずです。

特徴3:怒ると怖い人はいつも誰かの相談にのる

怒ると怖い人は、性格的にいい人や世話好きな人が多く、誰かの相談にのる機会がよくあります。 いつも聞く側の立場なので当然ストレスも溜まり、あるとき突然立場が逆転し怒りが沸点に達します。 あなたのためにこれだけ時間を費やし、せっかく話を聞いてあげているのに!と、場合によっては理論責めで相手を叱責して、最終的には仲たがいにまで至ってしまうということにもなります。

特徴4:怒ると怖い人は普段から無口

無口も多種多様で、大半は聞かれたことに対しては答えますが、自発的には話さず意見や意思を発することを苦手とします。 状況や環境で無口になったり、さっきまで話していたと思えば急に無口になったりと。そのため周囲からは、一体何を考えているのか少し分かりづらいと思われがちです。 無口の人は無表情が多いということも重なり、今どういった感情なのか察知しようにも判断できません。場合によっては親しくなりたいとは思えず、とても付き合いにくい特徴でもあります。

特徴5:怒ると怖い人は如何なるときも我慢強い

我慢強いという性格も、サービス精神からくるものかもしれません。人の意見を尊重し相手の発言や行動を飲み込んだり、うまく受け流したりすることが多いようです。 何事にも断らないため、さまざまな面倒くさいことを頼まれたり、無神経な人から無理難題を言われたりと普通の人ならすぐに感情露わになってしまいます。 我慢強いという特徴は、これまで溜め込んでいる怒りの量も計り知れないため、怒りが沸点に達したときに周りが手をつけられなくなる恐れも兼ね備えていいます。

特徴6:怒ると怖い人は神経質

これは逆にいうと、相手や周囲に対し気づかいができる人であるとも言えます。温厚でマイペースだったり、せっかちな人だったりと多種多様です。 いつでも周りの細かいことが気になり何かにつけても目配りや気配りができているため、ちょっとした人の言動や行動が引っかかります。 よい方面の傾向なら周りもそんなに気にならないでしょうが、困ってしまうくらいあまりにも度がすぎると周囲も距離をおくかもしれません。

特徴7:怒ると怖い人はプライドが高い

責任感が強く、会社であれば管理をする立場であったり、誰かをサポートするような役回りなど。能力が高い人が多い反面、自分を過信したり過大評価している人が多いのも特徴です。良くも悪くも、周囲からも一目置かれている存在でもあるといえます。 その反面、何事にも妥協せず完璧主義者のような立ち居振る舞いも所々にみえます。自尊心が高く、自己愛が強い自惚れやすいのも特徴です。 人の間違いや失敗を決して許さず、正そうとします。時には暴力的な発言や行動にもつながりやすい特徴と言われることもあります。

特徴8:怒ると怖い人は誠実で正義感がある

怒ると怖い人は、品行方正で間違ったことが許せません。 普段から物事に熱く、たとえ普段表に感情や怒りを出さないとしても、頭の中では葛藤し怒りの渦になっていることでしょう。 相談もそうですが、ケンカの仲裁や人のあいだに立つことが多く、自分が解決しなければという正義感が大いにあります。

一般常識とズレがあるような歪んだ正義感もあったり、それが目立ちすぎると周りから疎まれる存在にもなります。

特徴9:怒ると怖い人は理屈っぽい

屁理屈とは違い、自分なりの論理だった思考もとにした言動や行動を好みます。そのため自分が描いている予定や計画などに、少しでも支障をきたすとイライラしだし怒りの感情につながります。 相手を肯定することなく、否定的なことばかり理詰めで責めてきます。 最終的には屁理屈のようになり、自分勝手な都合に発展するやもしれません。すると周りは、また怒られるんじゃないか、また否定的なことを言われるのではないかと、相談はもちろん次第に会話自体も敬遠するでしょう。

特徴10:怒ると怖い人は必ず怒るキーワードがある

怒ると怖い人は必ずといっていいくらい、怒るキーワードがあります。いわゆる地雷といわれるものですね。 例えばそれは、容姿に対するコンプレックスなのか、育ってきた環境からくるものなのか、さまざまです。これに関しては他と違い、こちら側にも問題があるかもしれません。 常識的に大した内容でないことは別として、そもそも怒りに達するキーワードが分かっているなら避けるべきです。とはいえ、どれだけ無表情な人でも、時折一瞬見せる表情でそれが何だったのか判断できるかもしれませんね。

怒ると怖い人の性格5個

怒ると怖い人の性格もさまざま存在しますが、特徴とは若干違い大きく分類できます。分かりやすいところで、自己中心的や温厚といったすぐに思い浮かぶような性格です。特徴は外面からイメージするものですが、性格は内面から外面へとつながる根本的な要因です。

性格1:怒ると怖い人は自己中心的

もともと分かっているなら、あまり付き合いたくない代表的な性格の一つです。自分が中心で一番正しく、間違ったことをしていないという考え方や感情がはっきり表れます。 例えば、人の話に耳を傾けなかったり、話を途中で遮り持論を語ったり。協調性もあまりなく、団体行動中にフラッと一人でどこかへ抜けてしまったり。当人は間違ったことをしたという認識がありませんし、感情のコントロールも苦手ですので、問いただすと逆ギレすることもしばしばあります。 あらゆる場面で周りの迷惑をも気にせず、場の空気だったり予定や時間をことごとく潰していきます。

性格2:怒ると怖い人は温厚でやさしい

品行方正で物腰がやわらかく、普段から穏やかでかつ落ち着きもあります。情も厚いため周囲にも気配りしやさしく平和的で、いつも笑顔です。 え、本当にこんな人が本当に怒るの?と疑いたくなるほどの性格に周りは驚きます。 怒りの感情をコントロールでき、周りをよく見ていて気づかいができる人が多いので、その反面ストレスや怒りの感情へ結びつくとは誰も想像できません。それ故に、怖い人へと変貌するギャップも分かりやすいでしょう。

性格3:怒ると怖い人はおとなしい

人前で目立つことをあまり好まず、真面目で地味なイメージがあり無口で無表情な人が多い性格です。なにを聞いても淡々と受け答えするので、今どう考えているのか、感情はどちらの方向へ向いているのか分かりづらいです。 しかし一方では周りの空気をしっかり読み取り、人の仕草や言葉を的確に切り取っています。 嫌われることは少なく、人の悪口も言わないので信用できる性格です。 頭の中では、多種多様な考えや感情を張り巡らしている一面も兼ね備えています。全ての人に当てはまるとはいえませんが、趣味や好きなことに対して没頭してしまうオタクな人が多いような気がします。

相手の気持ちを尊重し、決して明るい性格の人への憧れが強いわけでもなく、ネガティブな人ばかりではありません。

性格4:怒ると怖い人はわがまま

この性格も事前に分かっているなら、付き合いにあまり時間を割きたくないですね。 わがままは、自己中心的とは少し違います。自己の利益やメリットだけを優先するのです。おねだりやお願いが上手く、寂しがり屋や一人が嫌いなどです。 推測するに、やはり育ってきた環境での影響が強いように思えます。非常識な面も多く、基本的に自分以外の話には一切興味ありません。誰かが話していても、横やりし平気で自分が伝えたいことだけを話したりします。

怒りや感情のコントロールも苦手なほうなので、自分の思い通りにならなければすぐに逆ギレしたり急に激高しだします。感情の起伏も激しいのでどちらかというと、怒らせるというより自身で勝手に怒りへ進んでいく印象です。

性格5:怒ると怖い人は完璧主義者

完璧主義な人は自分なりのルールやペースがあり、それを乱されたり崩されると怒りの逆鱗に触れてしまうことになります。 自己中心的ともよく似ていますが、この性格は自尊心が高く、自惚れや自己愛が強いといえるので少し違いますね。 怒りや感情のコントロールができ、周囲もよく見えており自己弁護にも長けています。よほどのことがなければ怒らせるまではいかないでしょう。

ただし自分以外には厳しく、他人のミスや失敗を咎めたり、言い訳を嫌い相手に論理だった根拠の証明や証拠を求めたりもします。少々冷たさや冷酷な面を感じたりするかもしれません。そういう意味では逆に怖い性格といえます。

怒ると怖い人の心理とは?

怒ると怖い人へと変貌する、性格と兼ね合い本質的な核が心理ではないでしょうか。心情心理ともよくいいますよね。心理は、考えや行動した結果どうするのかといった精神状態を表します。 心情は、その瞬間の気持ちや思いをさします。心理とは、特徴に関わる重要な根幹ですので性格とともに再度照らし合わせてご覧ください。

心理1:怒ると怖い人は自分を過信しすぎている

あまりにも自分を卑下するような、過小評価よりはまだマシのような気もします。特徴でいえば、神経質や理屈っぽい、プライドが高いなど相手を構わず自分本位で動いている人が当てはまります。 例えば、ミーティングや会議などで取り決めた納期や締め切りを守れなかったり、またはそれにも満たしていないことありますよね。

このタイプの人達は、内容についてのアドバイスや提案をするでもなく、内心では常に自分が正しく能力も上だと考えているため、徹底的に相手を責めたて責任の追及をしたがります。 相手の揚げ足をとったり、否定的なことばかりが目立つ人は総じて能力はそれほど高くなく、自分自身を周りにより大きく見せたいという心理からきています。

心理2:怒ると怖い人は他人に興味がない

普段から周囲に関心がなく、他人に興味をあまり抱かない特徴といえば、無口やおとなしい、我慢強いといったイメージでしょうか。だからといって、他人に嫌われたり迷惑をかけたりすることはそうはありません。 内向的な人が多く、会話やかけ引きを苦手とし、自分のことのみで精一杯となり無口になってしまう印象です。我慢強い人も同様で、本当は他人との折衝が嫌いだったり、干渉を避けたり周りと一定の距離をおきたいがために、あえて怒りの感情をコントロールしているとも考えられます。 しかしどの特徴の心理も、過去に何か大きな心の問題がないかぎり、自分に関心がない興味をもたれていないから一人の世界に陥りやすい人も少なからずいるでしょう。

心理3:怒ると怖い人は自己陶酔している

自惚れや自己愛ともいえますが若干異なり、マイナス面に作用しているというよりは他人を気にかけつつ、その瞬間の自分に酔っているという意味になります。 いつも笑顔の人や、誰かの相談にのることが多い人、正義感が強い人に該当します。総称していえるのが、根本的に誰にも害を与えておらず、むしろ周りにとって有益なことをしているにも関わらず応えてもらえない虚しさに失望を隠せないこともあるでしょう。 必ずしもリターンを求めているわけではなく、こんなにあなたへ費やしているのになぜ理解してもらえないの?という感情が強いのかもしれませんね。

怒ると怖い人診断!あの人は怒ると怖い人?

ここでは、普段のあなたはどうなのか?怒ることは少ないはずと自覚がない人も、見つめなおすいい機会ではないでしょうか。あなたに当てはまるものがないかチェックしてみましょう。

:普段からあなたは笑顔が多いほうだ :感情をコントロールすることができる :友達や周囲の相談に乗ることが多い :自発的に発言や意見を述べない :何事も我慢してしまう :神経質である :プライドが高い :真面目である :理論的である :言われると必ず怒りにつながるキーワードがある

いかがでしたか?あくまでも参考ですので一概にはいえませんが、やはりYESが多いほど怒ると怖い人が潜在している可能性が強いかもしれません。

怒ると怖い人への対処法

対処法はある程度難しい、核心の問題です。怒ると怖い人を怒らせたうえに、その後のフォローまでしなくてはいけないのですから。状況や性格によっても対処が大きく異なり、途方もない時間と労力が必要となります。性格やシチュエーションを交えながら、ご紹介していきます。

対処法1:怒ると怖い人へは反論してはいけません

怒ると怖い人への対処法として全てが対象なのですが、反論や意見は絶対にタブーです。怒りの度合いが強ければなおのことです。ことがより大きくなるか、あらぬ方向へ発展しかねません。 話や主張もしっかり聞き、適度な相づちを心がけましょう。とにかく相手が落ち着くのを待ち、タイミングを見計らいこちらの意見や主張をしてください。ただし、その場を早く治めたいだけの言い訳やウソの説明は避け、怒りが再燃しないように筋の通った弁明がベストです。

対処法2:怒ると怖い人には何をおいてもまず謝る

たとえ、こちらの非が少ないとしても怒ると怖い人にはひたすら謝りましょう。特にプライドが高い人や、神経質な人への対処法として効果的です。 このタイプの人は、一旦怒りが収まったとしても未だ沸々と熱が冷めていないからです。時間をおきながらゆっくりと、相手の痛いところはつつかず自分の間違いや過ちだけをただただ一生懸命に謝罪してください。

対処法3:怒ると怖い人のルールやペースは守ってあげる

その人の決まりごとや順序は、ある程度受け入れましょう。このパターンは、完璧主義や理屈っぽい性格の人へおすすめです。 前述でも説明しましたが、自分なりのルールやペースを侵されることがなにより苦痛な性格なので一旦歪みだすとゆっくりゆっくりと怒りが蓄積し、ある瞬間爆発します。そもそも表情にすぐでてしまい、分かりやすい性格なのでおかしいなと感じたら、場の流れを委ねてしまいましょう。

対処法4:怒ると怖い人のお願いや頼みを聞いてあげる

無理難題ではないかぎり、できるだけ要望を聞いてあげましょう。 この対処法の対象は、そうです、言わずもがな誰しもすぐにピンとくる、わがままな性格や自己中心的な人におすすめです。 話の冒頭に一度要求を聞き入れてあげると大概満足し、こちらの意見も受け入れる姿勢を示してくれます。皆は周知していますが当人は怒っているつもりは全くありません。、ポイントは、下手に構え感情をこめて対応するということです。

対処法5:怒ると怖い人とは一定の時間と距離をおきましょう

この対処法を要する怒ると怖い人は、紹介した中でも一番といえるくらいの怒り度最高潮なので慎重に対処しましょう。対象は笑顔が多い人や我慢強い人など、こんな人が本当に怒るの?と意外な特徴や性格の持ち主に有効です。 普段、怒りとは無縁の日常生活を送っている中で、怒り方に慣れていないことも拍車をかけパニックになっている可能性もあります。怒りのコントロールもできず、感情もバラバラになり、女性なら泣きだしているかもしれません。 話を真剣に聞き入れ近くに寄り添いながらも、沈静したら距離をおき時間をあけましょう。このパターンは本人から、今後どうしてほしいなどの願望も明らかになることもあり、難しく考えないほうがよいかもしれません。

怒りの感情や争いのない世の中をつくりましょう

怒ると怖い人をできれば怒らせたくはないですよね。今回の怒ると怖い人の特徴・性格・心理とは?は他人だけではなく、あなた自身を見つめ直すきっかけにもなれば幸いです。対処法もぜひご自身で体験してみてください。争うよりは平和な関係を築きたいものですね。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

No Image

cautivo8

・1995〜2008年 営業職 外車ディーラー、アパレルメーカー、服飾雑貨メーカー、インテリア雑貨...

人気記事

新着記事