2019年06月30日公開

2019年06月30日更新

蛙化現象とは?蛙化現象になりやすい女性の特徴・性格・心理的原因と克服法を解説

蛙化現象という言葉をご存知でしょうか。恋に恋をしてしまいがちな女性が陥りやすいそんな蛙化現象について、徹底解説いたします。蛙化現象を起こしやすい女性の特徴や性格、心理的な原因から克服方法を学んでいきましょう。決して他人事ではありませんよ。

蛙化現象という言葉を知っていますか?

蛙化現象という言葉を皆さんは聞いたことがあるでしょうか。なかなか聞きなれない言葉かもしれませんね。蛙化現象とは主に、好意を抱いている相手から好意が返って来たときに生じる現象です。 しかし、いい意味ではありません。嫌な気持ちになったり、相手のことを拒絶してしまうことさえあるのです。 まずはそんな蛙化現象の意味について知りましょう。

蛙化現象の意味とは?

蛙化現象という言葉には、あまりいい意味がこめられているわけではありません。蛙化現象の意味とは恋愛において、自分が片思いをしているい相手から好意を寄せられたとき途端に気持ち悪く感じることです。 つまり、両想いになった瞬間恋心が冷めてしまう現象を指します。 また、彼氏になったことで徐々に冷めていくような女性もいますが、こちらもまた蛙化現象の一種です。

蛙化現象の由来

蛙化現象という言葉には、意外な由来があります。名前からもなんとなく予想していた方もいるかもしれませんが、由来は「蛙の王子様」から来ています。 蛙の王子様では、女性からのキスによって醜い蛙の姿から王子様に戻る姿を描いていますが、実は心理的変化を描いている物語でもあります。 蛙化現象は、まるで王子様に見えていた人が取るに足らない醜い位置に落ちてしまった、と感じることから名づけられたのです。理想と現実とのギャップに踊らされていることを表現していますね。

蛙化現象が辛い理由3個

蛙化現象を起こしてしまう女性は、自分自身が蛙化現象になってしまうことに罪悪感を感じたり辛いと感じてしまうことが多々あります。どういったことから蛙化現象が辛くてどうにかしたいと感じるのか、まずは理由について見ていきましょう。

理由1:自分自身が幸せになれない

蛙化現象が辛いと感じる理由の一つですが、自分自身が幸せになれないことがあります。彼氏が出来た、相手が自分を好きになってくれたと感じたことから相手のことが好きではなくなってしまうのですから、一つの恋が長くは続きません。 恋が長く続かないということは、楽しい恋人同士のイベントや経験もあまりできないでしょう。ましてや両想いになった途端に冷めるのであれば恋人同士になることさえも出来ません。 恋愛を心から楽しむことが出来ませんし、将来結婚願望があるのであればそういった目標に手が届かない可能性だって考えられるのです。自分からみすみす幸せを手放しているのと相違ありませんね。

理由2:軽い女だと思われる

続いてご紹介する蛙化現象が辛い理由は、軽い女だという印象が付いてしまうからです。恋愛が長続きしないということは、彼氏が出来てもなかなか続かないことでもありますよね。 つまり、ころころと恋人が変わってしまうという印象が付いてしまってすぐに彼氏に飽きてしまう軽い女性なのだ、と思われてしまいます。これにより真剣な恋愛が出来ないケースだってあるのです。

理由3:自分自身を責めがち

蛙化現象に陥ってしまうことに対して、一番困っているのは本人です。そのため蛙化現象になる女性は自分自身を責めてしまいがちになります。「なんで続かないんだろう」「私は軽い女なのだ」と、落ち込んでしまいます。 自分はなんて悪い女なのだ、と考えてしまうため蛙化現象のせいで一つの恋が終わってしまうのと同時に、自己嫌悪に陥ってしまうことが多いのです。落ち込み、悩みそれを繰り返します。

蛙化現象になりやすい女性の特徴5個

蛙化現象が起こってしまう女性には、何点かの特徴があります。蛙化現象になりやすい女性の特徴について、5個に絞ってご紹介いたします。

特徴1:自己肯定感がない

まず初めに挙げられる特徴は、自己肯定感がない女性です。自己肯定感とは、一般的にある程度皆持っているものですが、蛙化現象になりやすい女性は自分を認めてあげる能力が極端にありません。 そのため自分のことを好きになってくれる男性がいるわけない、と心のどこかで思い込んでしまっているのでしょう。これによって、相手が自分に好意を向けると嫌になってしまうのです。

特徴2:恋人へのハードルが高すぎる

蛙化現象になりやすい女性の特徴二つ目は、恋人という存在へのハードルが高い女性です。彼氏はこうあるべき、男性が常にエスコートするべきなどなど、その人自身が求める恋人へのハードルがとても高くなっています。 そのため、実際に男性とお付き合いをした際に自分の中のハードルと全然違っていて、耐えられなくなってしまうのです。固定概念やハードルが高いほど、現実を見ることが出来ません。 彼氏へのハードルが高いことによって、自分が求める彼氏像を相手に押し付けてしまうことからも恋愛が長続きしない原因でもあります。

特徴3:理想が高すぎる

理想が高すぎるのもまた、蛙化現象になりやすい女性の特徴です。彼氏へのハードルが高いのと同じで、現実とのギャップについていけなくなってしまいます。 王子様のような彼氏を望んでいたり、恋愛に夢を見てしまうことで実際に自分へ好意が向いたり、恋人になって自分の元に来てくれたことが現実となり、恋心が冷めていきます。 自分の中で持っている理想にかなう男性が現れると信じているので、いざ恋愛関係に発展しても、すぐ冷めてしまったり自分の理想との差異についていけなくなります。また理想が高いということはそれだけ憧れが強すぎるという状態でもあり、恋人になるとその理想が崩れるのです。

特徴4:追いかけたいタイプ

続いてご紹介する蛙化現象になりやすい女性の特徴は、追いかけたいタイプの女性です。恋愛において、自分が好意を受けるのではなく自分から常に相手のことを追いかけていたいのでしょう。 そのためいざ相手の男性が、自分に振り向いてくれると自分が追っかける立場ではなくなるために蛙化現象が起こってしまうのです。常に自分が追いかける立場でいたいという欲求の方が強くなります。 こういった女性は自分が優位に立つことがあまり好きではありません。自分が誰かに好かれる、好意を持たれるということ自体が耐えられないのです。誰かの後をついているのが好きなタイプですので恋人関係に発展すると蛙化現象を起こします。

特徴5:恋に依存している

恋に恋をしている、という言葉を聞いたことがあるでしょう。蛙化現象を起こしやすい女性は、恋に依存しがちな傾向があります。恋愛をしている、というその事実が好きなのです。 恋愛を指定自分なんて価値がない、とさえ考えてしまうため相手がだれであろうとそれ程考えていません。燃えるような恋愛をしていたいだけですので、どうしても自分の中で差異が生じたり、相手の男性が違和感を感じて恋愛が長続きしないのです。

蛙化現象になりやすい女性の性格5個

上記では、蛙化現象を起こしやすい女性の特徴を見てきました。では蛙化現象になりやすい女性は、具体的にどのような性格をしているのか、についても見ていきましょう。

性格1:夢見がちな性格

まず一つ目に挙げられる性格は、夢見がちな女性です。上記の特徴でもありましたように憧れが強かったりする場合、現実とのギャップについていけなくなり蛙化現象を起こします。 夢見がちな性格をした女性は、恋愛においてかなりの理想を持っておりサプライズや運命的な出会いなどを求めてしまいがちです。恋愛以外にも、夢見がちな部分があり友達との関わりにも理想が高くなります。 理想にかなわない、と分かった瞬間に恋愛にも友情にも冷めてしまうことがあります。そのため友達との関係もあまりうまくいきません。

性格2:卑屈なタイプ

二つ目にご紹介する蛙化現象になりやすい女性の性格は、卑屈なタイプです。考え方が卑屈で、ひねくれてしまっていると好意を向けられたとしてもその好意を信じることが出来ません。 何か裏があるのではないか、自分をからかっていて裏で笑ってるのだろうと考える部分を持っているので、好きな人が出来て例え付き合うことが出来たとしても、次第にそういった思想に支配されるようになります。 自分自身が、他人からの評価や好意を素直に受け入れることが出来ません。受け入れることが出来なければ、他人からいくら愛情や好意を向けられても自分から手放してしまうでしょう。

性格3:つい自虐しがち

続いて挙げられる蛙化現象になる女性の性格は、ついつい自虐してしまいがちな女性です。卑屈な女性と同じく、自虐する女性もまた自分から幸せを手放してしまう傾向があります。 何をするにも「どうせ私なんか」という考え方が頭の中にこびりついてしまっているので、恋愛をにおいても自虐してしまうのです。「自分なんて愛される価値がない」「自分が幸せになるわけがない」という思考に陥ります。 そのため憧れの男性に、告白をされたり付き合えるようになった途端、「自分のことを選ぶなんて何か裏がある」「私と付き合うなんてセンスのない男性だ」と感じて蛙化現象を起こすのでしょう。

性格4:引っ込み思案

引っ込み思案な性格の女性もまた、蛙化現象を起こしてしまう女性の性格です。引っ込み思案で自分のことを主張できない女性は、憧れや妄想を抱きやすい傾向にあります。理想と現実が離れやすくなるのです。 引っ込み思案でコミュニケーション能力が低いと、それだけ現実を見るという能力が損なわれます。自分が経験したことのない物事が増えていくわけですから、耳年増になりやすくもあります。 ある意味では、ある程度経験のある女性やコミュニケーション能力が高い女性の方が現実を知っていて理解してきているので、蛙化現象を起こしてしまう可能性は少なくなります。

性格5:一目ぼれしやすい

蛙化現象になりやすい女性の性格五つ目は、一目ぼれしやすい人です。一目ぼれをしてしまうことは誰だってあるでしょうが、恋愛の入り口が常に一目ぼれである場合は、蛙化現象になりやすいのです。 一目ぼれということは、見た目からその人の印象を自分の中で持ってしまっているというわけです。もしもそれだけ期待感が大きかったらどうでしょうか。期待感が浮き砕かれたとき、理想と違ったという理由から恋が冷めてしまいます。

蛙化現象になる心理的原因5個

蛙化現象になりやすい女性の特徴や性格について見てきました。こう言った女性たちにはどのような心理的原因が発生しているのか、深く掘り下げて行きましょう。

心理的原因1:ネガティブ思考

まずはじめに挙げられる蛙化現象になる女性の心理的原因は、ネガティブ思考が強くなっていることです。自虐したり卑屈になってしまいがちなのは、ネガティブ思考が関わってきています。 物事や出来事、何においても後ろ向きに考えてしまいがちなのでしょう。自分が幸せになんてなれるはずがない、という考えが根底にあるために自虐したり卑屈になり、蛙化現象が引き起こされます。

心理的原因2:異性への偏見

続いてご紹介する蛙化現象になりやすい心理的要因は、異性への偏見です。女性と男性とでは、感じ方や捉え方が異なっており理解し合えない部分も多いでしょう。また、異性と極端に接してこなかった場合、かなり大きな偏見を持っていることがあります。 男性はこういうもの、男性は女性に対してこうあるべき、など理想とともに男性への偏見を多く持っていると、いざ現実を見た時「こんなはずじゃなかった」と感じてしまうのでしょう。 理想が高くなってしまいがちなのも、異性はこうだという固定概念を持ってしまっているからでしょう。恋愛経験が多くても偏見があると理想が高くなることもあります。

心理的原因3:過去の恋愛にトラウマがある

蛙化現象になりやすい女性の心理的原因三つ目は、過去の恋愛にトラウマがあることです。浮気をされた、修羅場を経験した、などなど恋愛に対して嫌な印象があると蛙化現象を引き起こします。 たとえ新しい恋に発展しても、過去のトラウマが邪魔をします。「この男性も自分を裏切るのではないか」「きっと上手くいきっこない」など、不安な気持ちが常に付きまといます。 片思いから両想いや、恋人に発展したことによって過去の恋愛のトラウマが掘り起こされて一気に気持ちが冷めてしまう蛙化現象となってしまうのでしょう。

心理的原因4:自分への好意が信じられない

自分に向けられている好意を信じることが出来ない、というのも蛙化現象を起こす女性の心理的原因です。自虐してしまうということは、自分に向けられている好意、ポジティブな感情を受け入れることが出来ないのです。 自分に自信がないため、相手の好意が自分をちゃかしているのではないかとネガティブな方へ考えてしまっているのでしょう。相手のことを信じられないわけではないのですが、好意などの自分にとって幸福に感じられる感情を向けられると信じられません。 それなのに、嫌悪感や悪口など自分に対する悪意に関しては信じることが出来てしまいます。悪意を向けられて当然だ、と考えるのも蛙化現象を起こす女性の心理的原因です。

心理的原因5:相手のセンスが悪いと感じる

最後にご紹介する蛙化現象になる女性の心理的原因は、相手のセンスが悪いと感じることです。「自分なんかを選ぶなんて」と感じてしまうのです。好きな男性が自分に好意を向けてきた途端、自分を選ぶ男性はセンスの悪い男性だと感じ、気持ちが冷めるのです。 つまりは、「自分を選ぶような男性は好きではない」と考えてしまうのです。たとえそれが意識的でも無意識であっても、好意を向けられたことで冷めてしまうのは自分を好きになる人間のことを嫌いになってしまうからです。 だからこそ相手にされない男性のことを好きになったりしますし、片思いのままで恋が叶ったりもしないのです。いつまでも幸せになれないのは、自分から手放してるからなのです。自分を好きになる人が嫌いなのですから、幸せはなかなか掴めませんね。

蛙化現象診断!あなたは蛙化現象になりやすい?

もしかして自分は蛙化現象を起こしやすいのではないか、と考えている方もいるかと思います。どういった要因が関わってくるのか、蛙化現象になりやすいかどうかの診断をしていきましょう。 ①恋愛がゲーム感覚になっている はいorいいえ ②性的な行為へ嫌悪感を感じる はいorいいえ ③あまり好意を向けられたことがないと思う はいorいいえ ④恋愛が長続きしない はいorいいえ ⑤いつも自分が冷めてしまう はいorいいえ ⑥幸せな恋愛がいつか自分に訪れると思う はいorいいえ 以上の項目に対して、どれくらい当てはまるでしょうか?どれも蛙化現象に繋がりやすい内容となります。一度自分の恋愛を振り返って考えてみても良いですね。

蛙化現象を克服する方法とは?

ここまで、蛙化現象についてそれぞれ詳しく見てきました。では蛙化現象を克服する方法はあるのでしょうか?蛙化現象の克服方法をまとめましたので、是非参考にしてみてください。

克服方法1:自己肯定感を高める

蛙化現象の克服方法としてまずご紹介するのは、自己肯定感を高めることです。具体的には、自分に自信を付けましょう。とは言ってもなかなか初めのうちは難しいかもしれません。 一日の最後など、ほんの少しで良いので自分を褒めてあげてください。一点で良いので、自分のことを褒められる物事を探すのです。「今日の仕事でミスしなかった」「困った人を助けた」など、とにかく一つ自分を褒めるのです。 自分の得意分野を考えてみるのもおすすめです。自分にはこんな特技がある、こんないい部分があるじゃないか、と寝る前などに自分に言い聞かせてみましょう。自分の魅力を自分で認めてあげるのも大切なことです。

克服方法2:現実を知る

蛙化現象の克服方法二つ目は、現実を知ることです。特に理想が高くなりすぎている女性は、物語の世界の恋愛と現実の恋愛を見極める必要があります。自分の理想を少しずつでいいですから、ある程度崩しておく必要があるでしょう。 恋人を作る、とまではいかなくても多くの男性とかかわりを持ちましょう。街コンへ出かけるのでも良いでしょうし、周りの男性と少しでもコミュニケーションをとってみるように心がけて下さい。

克服方法3:完璧な人間はいないと理解する

完璧な人間は、当然ながらいませんかそれを理解するのも蛙化現象の克服方法です。自分にだって欠点があるように同じ人間なのですから、他人にも欠点があります。 それは恋をしている男性にだって同じことが言えるでしょう。自分の理想にかなう男性がいたとしても、その人だって何か欠点を持っています。完璧な人間は存在しないのだ、自分自身に理解させるのが重要です。

克服方法4:人の恋バナを聞く

蛙化現象の克服方法四つ目は、人の恋バナを聞くことです。友達でも誰でも構いませんから、現実の恋愛を知るのが大切です。愚痴ではなく恋バナを聞く方が好ましいでしょう。 なるべく恋愛に対するネガティブな内容よりも、前向きで楽しそうな恋バナを聞きましょう。現実の恋愛がどういったものなのか、楽しさなどを知るきっかけとなりますよ。

克服方法5:ギャップは楽しむもの

最後にご紹介するのは、少々荒療治ではありますが、恋愛ではギャップを楽しむのも一種の手段です。あんなにかっこいい彼が、自分にだけ甘えてくれるなど可愛い面を見れるのは恋愛の醍醐味です。 ギャップに苦しむのではなく、彼の意外な一面があったのだ、と楽しむものおすすめです。そしてそのギャップは、自分しか知らない一面なのも嬉しい点でしょう。

蛙化現象はしっかりと自分と向き合えば克服できるものである

蛙化現象には、自分に対する自信のなさや恋愛において理想が高すぎるなど、それぞれ要因が隠されています。相手からの好意を気持ちが悪いと感じてしまう要因には、どういったものがあるのかをまずは知る必要があるでしょう。 しかし、しっかりと自分と向き合うことで蛙化現象は克服できるものでもあります。要因を知って、自分と向き合いしっかりと蛙化現象を克服して本当の幸せを手にしましょう。

電話占い今なら3000円分無料クーポンプレゼント!?

「電話占いってやってみたいけど、値段高いんだよなぁ...」 なんと、ココナラなら今だけ、3000円分無料クーポンプレゼントしちゃいます! クーポンをゲットして手軽に電話占いを始める方法はこちら↓

関連記事

ライター

すがわら

すがわら

大学生のころから文章関係の勉強をしており、雑誌の記事作成などを学んでおりました。 女性向けコンテン...

人気記事

新着記事