2019年06月26日公開

2019年06月26日更新

かっこいい人の特徴やかっこいい人になる方法を男女別に解説

端正な顔つきであるとか、モデル並みのスタイルの良さではない、かっこいい人はあなたの周りにはいますか?憧れの存在であったり、見習いたい言動ができる人、うらやましいですよね。今回はかっこいい人になることを目指して、特徴や方法をご紹介します。

かっこいい人はどんな人?

かっこいい人と聞いて、どんな人を思い浮かべるでしょうか。モデルのような高身長で端正な顔立ちの人でしょうか。それとも、内面の芯の通った潔い性格のかっこいい人でしょうか。ほかにも人それぞれイメージがあると思います。 ここでは見た目や内面、行動でかっこいいと思う男性、女性をそれぞれどんな人なのかお話ししていきます。

かっこいい人の特徴【男性編】

まずは、かっこいい人の特徴、男性編です。見た目、性格、行動に分けて順にご紹介します。

かっこいい人の見た目

かっこいい人だなと思うのは、初見ならやはり見た目から判断されることでしょう。顔立ちのかっこよさではなく、好印象な見た目と思って読み進めてみてください。

見た目1:清潔感がある

まずは、やはり見た目の清潔感は、かっこいい人の大事なポイントではないでしょうか。サラリーマンなどの会社員の男性であれば、カッターシャツはパリッとプレスされていて、スーツのパンツもしっかりとセンタープレスされています。

見た目2:自分に似合うファッション

かっこいい人は自分に合ったファッションを知っていて、着こなしています。たいていは自分の好みで洋服なども選んでしまうところですが、好みと似合うものとは違います。 また、先ほどに続き、スーツでのお仕事をしている男性なら、カッターシャツも季節感があったり、おしゃれな柄物を着こなしていると、それもかっこいい人だなと思うことでしょう。

見た目3:年齢に見合った持ち物

高級ブランド品を若い世代の人が持つと違和感があるように、かっこいい人は自分の年代に見合った小物や持ち物を持っています。 逆に、ある程度の年代でありながら、チープな小物だったり、使い込んでよれよれっだったりするとがっかりポイントになるでしょう。

かっこいい人の性格

かっこいい人の性格はどういったものがあるのでしょうか。こちらもかっこいい人と言われる大きなポイントとなりますね。

性格1:頼りがいがある

リーダーシップな雰囲気のかっこいい人、やんわりとした空気感があり、的確な判断ができるかっこいい人、いずれも頼りがいがありかっこいい人と思うことでしょう。 どちらもそのかっこいい人の決断力であったり、的確な指示が出せたりするところに頼りがいを感じますね。

性格2:自分に自信がある

自分に自信があるそぶりは全く見せず、態度や行動、発言でかっこいい人である印象を与えます。あえて自分に自信があるように見せたり言動を起こす人は、本当は自信のない自分に虚勢を張り自信がある人を演じています。 注意して観察してみると、違いが明らかにわかります。発言に伴った成果があげられているかが一番よくわかると思います。

性格3:冷静である

何か突発的にトラブルが起こったとしても、かっこいい人は冷静に適切な判断をすることができます。事が大きければ慌てたりパニックになったりしそうなところですが、そこをうまく対処します。 そんな姿が周囲の人の信頼を集め、かっこいい人だと印象付けます。

かっこいい人の行動

では、次にかっこいい人の行動を順にお話ししていきます。なるほどと納得することばかりだと思います。

行動1:有言実行

なかなかできそうでできない、有言実行。かっこいい人は言葉で発したことはどんどんチャレンジして、たとえ難関であろうと見事にクリアしていきます。 その中に失敗があったとしても、それも経験しなければわからないこと。やってみて初めて分かることもあるので、失敗もよしとして、次へのステップの糧と変えていける力も持っています。

行動2:後回しにしない

誰にでも心当たりがあるのでは…期限がまだ先だからと放置したり、少し手のかかる作業だったりすると億劫に思って、ギリギリまで手付かずでいるなどの後回しの癖。 自分を律していなければそうなると知っているので、かっこいい人は後回しにせず、急ぐこと、時間がかかりそうなことなど、それぞれの作業時間を予測して順に取りかかっていきます。 引き延ばしたところでいずれはやらなければいけないのなら、さっさと取りかかってしまう方が余計なストレスを感じなくて済みます。

行動3:さりげない気配り

嫌味なく、そして、さりげない気配りのできる男性、かっこいい人だと思います。上手く相手を立てるようにサポートしたりする姿は、目立とうとしなくても見る人が見ればわかります。 男性は目立って自分をアピールしたがる人もいますが、それもなんとなくみっともないと感じる時もあります。そうでなく、さらっと他人を引き立てる姿がかっこいい人だなと思うのです。

行動4:レディファースト

男性なら誰でも、女性に譲ったりする意識はあることでしょう。しかし、いかにも女性に優しくしていますというのはNG。先ほどの行動と同じく、さりげなさが大事なポイントでしょう。 かっこいい人は、レディファーストもスマートにできます。女性もすんなりと受け入れられてお礼の言えるレディファーストは嬉しいですよね。 例えば、重い荷物をサラッと代わりに持ってくれたりすると嬉しいもの。はー、重い!と女性が言葉にだしてから気付くのはすでに時遅し。そこがかっこいい人とそうでない人の行動の違いだと思います。

かっこいい人の特徴【女性編】

ここからは、かっこいい人の女性編です。かっこいいという言葉がふさわしい素敵な女性はどんな特徴があるか、ご紹介しましょう。

かっこいい人の見た目

女性のかっこいい人の見た目についてお話しします。あなたならどんな女性を思い浮かべますか?

見た目1:ビジネススタイルが似合う

女性でかっこいい人と言えば、街中を颯爽とビジネススタイルで歩く姿は素敵ですね。映画の「プリティウーマン」を見て憧れを抱いた人もたくさんいるのではないでしょうか。 ビジネススタイルが似合うというのと同時に、仕事もできるイメージを持ちます。女性らしさを上手く取り入れたコーディネイトもかっこいい人の魅力です。

見た目2:自分に似合うメイク

かっこいい人のメイクはナチュラルで、派手さや華美さはありません。ある程度の相手に失礼のない程度のメイクは、社会人であれば身だしなみとして必要ですし、濃いめのメイクは品がありません。 かっこいい人は自分に似合うメイク術を取得し、TPOに応じてメイクを変えることもでき、さらに自分をかっこよく見せることができます。

見た目3:バッグや財布がコンパクト

かっこいい人はやたらに大きなバッグは持ち歩きません。大きくなるなら、小さめのショルダーにキャリーバッグを使ったり、そもそも、普段の持ち歩くものも多くないです。 大きな荷物を持ったり背負ったりすることで、着ている服がよれたりして、美しくありません。また、近頃は急激にキャッシュレスが進み、スマホがあれば決済ができて、現金で支払う機会も減りました。 そんな理由から、重い財布を持ち歩く必要もなってどんどん持ち物がコンパクトに収まるようになり、かっこいい人はあえてバッグや財布を小さくしています。

かっこいい人の性格

女性のかっこいい人はどのような性格をしているのでしょう。内面からにじみ出るかっこいい人の性格をお話しします。

性格1:気分が安定している

女性特有の気分のムラでとばっちりを食らった、なんて経験のある人もいることでしょう。誰しもあることだ、仕方がない、それはそうなのですが、そこを自分なりにコントロールして、気分を安定させている、そこがかっこいい人であると言えます。 自分に我慢をさせたり、周りに合わせてばかりいるのではなく、きちんと自分の意見は持ち、相手の意見も聞き入れられる心の余裕も持っています。そして、いつどんなときも気分が安定しているので、周りの人も安心して接することができます。

性格2:相手を立てる

気の強い女性などはなかなか難しいところではないかと思うのですが、かっこいい人は相手をまず立てること、謙虚な性格であるでしょう。自分の評価を得る、認めてもらうためにはがんがん自己アピールが必要と思われがちですが、かっこいい人は違います。 穏やかでありながら相手を立てる、そんな女性ならではの性格を持っています。かっこいい人は目立ってヒーローのような人というのも一つあると思いますが、内面からにじみ出るかっこよさ、それも魅力の内ではないでしょうか。

性格3:自分の意見をしっかり持っている

相手の反応などには構わず、次々とああだこうだと自分の言いたいことををまくしたてる、そんな女性はどういう印象を持ちますか?圧倒されるか、距離を置こうと思うのではないでしょうか。 そのような女性をはっきり意見の言える、かっこいい人と思いがちですが、そうではありません。しっかりと自分の意見は持ちながら相手の意見を聞きつつ、お互いの意見をすり合わしていける、芯の通った性格の持ち主こそが、かっこいい人であると思います。

かっこいい人の行動

かっこいい人はどのような行動をしているときに、かっこいい人だと思われるのでしょうか。いくつかご紹介します。

行動1:女性同士で群れない

どこへ行くのも一緒、口を開けば誰かのうわさ話ばかり。かっこいい人はそんな女性特有の集団に身を置くことはありません。と言って、口も利かない、険悪な関係ではなく、ちょうどいい距離感で関係を築いています。 群れるのは嫌だ、一人でいいというスタンスでは、これも反感を買う原因となります。かっこいい人はどのグループ、人と関わっても上手く対応できることを心掛けた行動をしています。

行動2:スマホやSNSとの距離を取る

誰にでもあることですが、スマホをのぞき込んで背筋が曲がり、首が前に出る姿勢を取ることが多くなりがちですね。かっこいい人はスマホを見ないのではなく、ある程度の距離を置いたりして、常にスマホとの距離感を意識しています。 仕事中でもそばにあれば気になるので、バッグやロッカーに置いたり、電源を切ったりしてオンオフをしっかりと切り替えています。持っていないと落ち着かない、SNSでの自分への反応が気になるなど、かっこいい人にはまずありません。

行動3:背筋が伸びて姿勢がいい

どんなときも背筋がピンと伸びて姿勢よく歩く姿は、かっこいい人だと思いませんか?女性であれば、座った時にも目につくのが足を開いている人。パンツスタイルでいる人が多くなったこともあるのでしょう、意識が向いていない女性を見かけます。 かっこいい人は座った姿も美しく、両膝を揃え、少し斜めに足をおろしています。ニュース番組などでも、女性のキャスターの足元はいつも揃っていますね。

行動4:すぐに行動に移す

よし、と思っても、なかなか行動に移せず、もやもやとしてしまうことがありますよね。かっこいい人は、潔く決断し、すぐに行動に移します。 後先考えずというわけではなく、それをするために必要な情報を集めたり、準備や手段など今やるべきことを次々と目の前に置いています。どうしようと悩んでいても、何も進まず時間の無駄と考え、かっこいい人は今の自分にできること、小さなことでも何か始めています。

かっこいい人になる方法【男性編】

記事を読み進めるうちに、かっこいい人になりたいなあと思った人もたくさんいることでしょう。自分には無理だと思わずに、まず、自分にできることから始めてみましょう。かっこいい人になる方法をまずは男性編からお伝えします。

方法1:常に向上心を持つ

男性であれば、かっこいい人でいるシチュエーションは会社などの社会の場であることが多いでしょう。また近年では企業に属さず、自分で起業しビジネスを始める働き方を選ぶ人も増えています。 そこで、かっこいい人でいるためには、常に向上心を持つことが大切です。何か新しいことを始めてみたり、一つのことにとどまらず、ステップアップするために学びを深めたりと、常に向上心を持ち、どんな変化にも対応できる力を持つこと。 自分には向上心がないという人は、自分のことをよく見つめてみましょう。今までの経験、やりたいこと、好きなこと、楽しいこといろんな自分を改めて見直すことで、何かが見えてくるかもしれません。

方法2:かっこいい=強さではない

男性でかっこいい人は、力が強くてたくましくて…という一面もあるでしょう。しかしそれだけでは本当のかっこいい人とは言えないのではないでしょうか。見かけばかりで中身が伴っていないのは残念な男性と言えます。 心の力強さを我慢強さと捉えられることもあると思いますが、そうではありません。気で例えるなら、太くまっすぐ伸びた太い木を我慢強さとしてみましょう。そこに嵐が来て激しい雨風にさらされるとどうなるか想像してみてください。 しなりがない分風の抵抗をまともに受け、枝は折れ根っこごと倒れてしまうことがあります。しかし、柳のような木はどうでしょう。どんな風が吹いてもしなりがあるので、その風に身を任せるようにゆらゆらと身を揺らし、風の抵抗を逃がしています。

また、枝葉も風にあおられながらも嵐が収まれば、また、ゆらゆらと風に揺られています。近年の建造物の耐震構造も、揺らぐことで大きな力を逃がすように作られています。 そのように、外見はたくましく力強さがあって、内面我慢強かったり、傲慢・意固地という一見かっこいい人と思われがちですがそうではありません。どんな境遇・状況にあってもその難関を上手くくぐりぬけられるしなやかな心の強さを持った人が、かっこいい人と言えます。 よって、かっこいい人になるためには、かっこいい人=我慢強い人ではないと認識し、心のしなやかさを持つことを常に意識してみましょう。

方法3:見栄と虚勢は捨てる

男性にありがちなのが、自分のかっこよさをアピールするために、見栄っ張りになったり、虚勢を張ったりすること。それらをすればするほど、かっこいい人には程遠く、本当の自分に自信がないことをアピールしているのと同じことなのです。 以前はこんな職業をしていたと自慢気に言うのは、今の自分の職業に自信がない証です。また、実際よりも話を盛って威張るのも、虚勢でみっともないことです。 そんな口先だけで人の感情はコントロールできませんし、かっこいい人と思われることはまずないと思ってもいいのではないでしょうか。もし、自覚があるならこの機会にすっぱり捨ててしまいましょう。

かっこいい人になる方法【女性編】

では次にかっこいい人になる方法、女性編です。こちらも心のしなやかさを忘れずにいることが大切です。

方法1:姿勢よくいることを意識する

これはどんな人にでもすぐにできて、かっこいい人になるための第一歩ではないでしょうか。スマホをよく使う人は頭をもたげて、首に負担をかけるような姿勢が多いようです。 また、背筋も曲がり、肩が内側に巻き込むようになり、見た目もいくつか老けて見えてしまいます。そこで、良い姿勢でいることを常に意識してみましょう。 顔はまっすぐ前方を見るように上げ、胸を張って背筋を伸ばす。これだけでも幾分かの効果があると思います。また、この機会に正しい姿勢を身に付けるために、専門的な知識を持った方のサポートを受けることもいいのではないでしょうか。

方法2:~すべきを押し付けない

女性に見られがちなのが、ここはこうするべき、その判断は間違っていたなど、事細かいことまでジャッジすること。そうすることで自分に安心感を得られているように思いがちですが、それは違います。 かっこいい人を目指すなら、自分の普段の言動を思い起こしてみましょう。人を評価したり、言動にいちいち感情的になったりしていませんか?また、自分の正論を押し付けてはいないでしょうか。 そのような行動はいずれ自分の首を絞めることとなりかねません。また、かっこいい人の言動とは言えず、誰も理解してくれないと心が締め付けられる日がきます。自覚のある人はすぐに改めましょう。

方法3:自分の心を満たす

かっこいい人になるために、自分の心を満たしましょう。何のことかと疑問に思う人もいるでしょう。これは、我慢ばかりせず、自分の楽しみを見つけ、自分の心が喜ぶことをしましょうという意味です。 自分の楽しみがわからない、そんな人はのどが乾いたらすぐに自販機で飲み物を買って水分補給をしたり、ランチはそのとき食べたいものを素直に選んでみましょう。ここに共通することは、自分にケチらないこと。 あと10分我慢すれば自宅で水が飲めるとか、今日はこれが食べたいけど予算オーバーだなと、先にその思考が働きます。しかし、自分に我慢をさせず心を満たすこととはそういう行動から始まります。

本当にかっこいい人になるには内面を見つめることから

ここまで読んでいただいて、気付いたことや得られたことはあったでしょうか。それまでのかっこいい人の認識とは違ったものであった、そこにあったのかと感じた方もたくさんいるでしょう。 やはり見た目だけのかっこよさでは、いずれ心の温度差や違和感を感じるようになります。そこでさらに見た目の美しさに磨きをかけることや、高級志向に走ってしまっても心のむなしさしか残りません。 人はいつでも変わることができます。リスタートすることも何度でもできます。外見も内面もかっこいい人になることを目標としたなら、失敗を恐れずどんどんチャレンジして、理想の自分をワクワクしながら思い描いてみましょう。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

tiara

tiara

過去の経験や体験、自分なりに得た知識をもとに綴っていきます。少しでも多くの方の心に響けばと思います。...

人気記事

新着記事