2019年07月07日公開

2019年07月07日更新

引き笑いする女性の心理は?周りからの印象・引き笑いをやめる方法も解説!

こちらの話を聞いている女性が引き笑いしている姿を見たことがありませんか?本人は楽しそうに笑っていても、その気味の悪い姿から周囲に引かれている可能性があります。今回は、そんな引き笑いをする女性について紹介します。原因や心理状態についてチェックしましょう。

「引き笑い」ってどう思う!?

皆様は引き笑いをしている女性を見たことがありますか?過呼吸になっているのではと心配になりそうな姿が特徴的なその笑い方は、本人に悪気がなくても引き笑いを見ている周囲にとっては気味が悪いと感じずにいられない場合があります。実際、嫌な気持ちになるという人もいる為、見逃せない問題です。 今回は、そんな引き笑いをしてしまう女性の心理や特徴について紹介して行きます。引き笑いを治すための方法や原因についても一つずつ紹介して行くので、チェックしましょう。

引き笑いの意味は?どんな笑い方?

引き笑いとは、息を吸いながら笑う状態を表します。例えば、一般的な笑い方は面白い話を耳にした時に「面白い」と感じたら息を吐きながら笑うため「ハッハッハ」という声になりますが、引き笑いは息を吸いながら笑うため「ヒー」という声になります。そのため、引き笑いをしない人にとっては引き笑いがもつ個性的な声が印象深く残るのです。

引き笑いの英語表現は「goose cough laugh」

引き笑いとは、息を吸いながら笑う状態を表します。例えば、一般的な笑い方は面白い話を耳にした時に「面白い」と感じたら息を吐きながら笑うため「ハッハッハ」という声になりますが、引き笑いは息を吸いながら笑うため「ヒー」という声になります。そのため、引き笑いをしない人にとっては引き笑いがもつ個性的な声が印象深く残るのです。

引き笑いを英語で表現すると「goose cough laugh」になります。これらの英単語の意味は「goose=がちょう」「cough=咳」「laugh=笑い」となります。つまり、海外では引き笑いをしている人はガチョウの咳に似た笑い方をしている人と同じとされています。ちなみに、咳を意味する「cough」を含まずにGoose laughと表現する場合もあります。

引き笑いをする女性の印象は?周囲からどう思われている?

引き笑いをする女性に対する印象は、千差万別です。そのため、「明るそう」といった良い印象を持つ人もいれば「下品」といった悪い印象を持つ人もいます。その中から、特に多い意見を紹介していきます。

特徴1:笑える状況が大好き

バラエティやコメディ番組に出てくる芸人や俳優のように、引き笑いとともに大げさなリアクションを取りながら楽しんでいるので、人によっては引き笑いをしている姿を出して場を盛り上げていると考える人がいます。また、引き笑いは芸人がよくやる行為というイメージも強いため、お笑い好きな関西人という印象も強く残るでしょう。

特徴2:下品なイメージがある

引き笑いをする人は卑劣な性格を持っているという印象が強いため、こちらの短所や欠点を見つけてはわざと指摘したり揚げ足をとったりして自分を格上だと見せつけてくるのではと思われがちです。引き笑いをする人が、実際にそれをする気が無かったとしても、払拭できないでしょう。 また、引き笑いをする女性の性格だけでなく行動にも悪いイメージを持つ場合があります。例えば、大雑把で身なりを意識してなさそうとか、ゴミの分別を一切してなさそうと行ったものがあります。

特徴3:オタクな性格を持っていそう

引き笑いにはオタク特有のおどおどしさを連想させる効果があるため、相手にオタク感を与えてしまいます。オタクらしい一面として、内心不安でいっぱいで自分に自信がないことが挙げられますが、これは引き笑いをする人の特徴の一つ「自分に自信がない」と一致します。そのため、オタクらしい自信のなさ=引き笑いをする人はオタクというイメージがついてしまうのです。

特徴4:うるさそう

世間には引き笑いが特徴的な俳優や芸能人がたくさんいます。その人たちの影響で、引き笑いをする人はその場をうるさくするだろうという印象が生まれています。引き笑いをする人が全てうるさい存在ではありませんが、一般的なイメージ的にはそうであるため、物静かな人でも騒がしくするだろうと考えらえてしまいます。

特徴5:陽気な性格を持っている

些細なことでも引き笑いをするほど受けてくれるので、明るい印象を与えやすい傾向にあります。このタイプの人は笑いのハードルが低くゲラな特性も持っているので、オヤジギャグでも笑ってくれるでしょう。また、なんでも引き笑いする姿は、周囲を和やかかつ盛り上げるための材料にもなり得るので、ムードメーカーの一面も持っていると言えます。

引き笑いになるのは何が原因?

引き笑いの意味は?の項でも説明した通り、引き笑いは息を吸いながら笑うことで発生する笑い方です。つまり、その人の呼吸の仕方に問題があると言えます。例えば、人が笑っている状態の場合、呼吸をある程度意識してコントロールしていますが、吐く分の息をたくさん消費するほど面白い状態の場合はコントロールが難しくなっています。この時、息を吐いた分吸わないといけないので無意識に呼吸をしようとします。 その結果、息を吸いながら笑う状態になるため自然と引き笑いになるのです。ちなみに、吸う息の量が大きいとその分引き笑いも大きくなるため、肺活量が大きいほど引き笑いの大きさも大きくなると言えます。

また、普通にしている時は息を吐きながら笑えるにも拘らず、プレッシャーがのしかかるような雰囲気になると引き笑いになる人は、緊張のあまり呼吸が浅くなり無意識に引き笑いになっています。この場合はその人に飲み物を提供したり深呼吸を促したりしてリラックスさせてあげると、いつもの通り息を吐きながら笑えるようになるでしょう。

引き笑いをする女性の心理状態とは?

心理1:せっかちな性質を持っている

一般的な人よりも先を急ぎがちな性質を持っているため、無意識のうちに行動に影響が及んでいます。その一例として、「息を吸いながら笑う」ことが挙げられます。引き笑いは息を吸いながら笑うことで発生するので、呼吸を終わらせる前に笑いたい・早く笑って次に進めたいという焦りが見えているのがわかります。 この性質を持っている人は、引き笑いをする以外にも、移動中は早歩きをして時間を切りつめたり、テレビを見ながら料理をするといった「ながら行為」をよくする傾向が見られます。つまり、引き笑いをする人はゆっくりと時間をかけることを嫌ったり時短行為を好むのです。

心理2:この場にいることに対して緊張している

プレッシャーに弱かったり周囲に自分よりも立場が上の人がたくさんいる場合、顔の筋肉が硬直してうまく口が動かなかったり精神的にリラックスできていない可能性があります。この場合、呼吸もうまく出来ない上に顔も引きつりがちなので必然的に引き笑いになってしまうのです。 このタイプの場合、会話の前に深呼吸をさせたり場の雰囲気に慣れさせてあげると引き笑いの回数が少なくなり、引き笑いではない一般的な笑い方を見せてくれるでしょう。

心理3:この場を盛り上げたい

現在よりもこの場を盛り上げたいと考える人は、テンションが低い雰囲気を嫌ったり無音の状態を苦手とするため、積極的に笑いのネタを提供したり自ら笑って周囲のテンションを上げようと努力しています。その結果、自分が盛り上げないといけないという緊張から引き笑いをしがちです。一見悪気のない行為ですが、周囲によっては困惑するでしょう。

心理4:誰かと一緒に話すのが好き

周りにいる引き笑いをする女性がいつも誰かとつるんでいたり積極的に話しかけるような人の場合、楽しい会話を望んで自ら場を盛り上がるネタを提供しようとします。その気持ちが早まっているため、呼吸などが追いつかずに引き笑いになっています。このタイプの場合、ハイスピードで話さずにゆっくりと話すことを意識すれば引き笑いが辞められるでしょう。

心理5:何事にも前向きに突き進める

引き笑いをしている人の大半は、面白い話やポジティブな話題を好んでいるため、周囲に元気を与えてくれそうな笑顔を見せてくれます。その引き笑いの表情通り、明るい気質が前面に出ているため何事にもくじけずにまっすぐ前を見つめられます。その姿を見た周囲の人々も、溢れる元気によって活性化するでしょう。このタイプの人は、人が集まりやすい傾向にあります。

引き笑いはやめるべき?

引き笑いを良く思っている人は、明るくて元気・楽しい話題を提供してくれるといったポジティブな意見を持っていますが、逆に嫌だと考えている人は、下品でいやらしい・人目を気にしていそうといったネガティブな意見を持っています。もちろん、引き笑い自体興味ないという人もいます。しかし、これらの意見に影響されて引き笑いを治そうとする人も少なくはありません。 実際、引き笑いをする人の中にはコンプレックスを感じている人が多数存在しており、自分を変えるために引き笑いを矯正しようと努力している人もいます。ですが、無理に変えようとして結果的に悪い方向に転ぶと、引き笑いを魅力的に捉えていた人や笑う姿を好ましく見ていた人が悲しむ上に直した本人が笑い方を忘れてしまいます。どうしても治したい人は、本当に必要か考えた上で取り組むようにしましょう。

引き笑いをやめたい!引き笑いを治す方法

引き笑いが持つ特徴的な笑い方は、どうしても注目を浴びてしまうため、様々な人に見られてしまいます。その中には、引き笑いを好意的に受け止める人がいますが、当然不愉快に思う人もいます。後者のために引き笑いを無理矢理治す必要はありませんが、不快感を与えているという罪悪感を感じて治したくなる人もいるでしょう。また、引き笑いをしてしまう自分にコンプレックスを感じる人もいます。 そんな引き笑いを治したいという人のために、ここから先は引き笑いの治し方を紹介します。自分の心身を壊してまで治そうとすると、かえって悪い結果しか生まれないので、無理しない程度に行いましょう。

方法1:会話の前に深呼吸をする

人と話す機会を得られたら、話す前に一度深呼吸をしてみましょう。話す前に呼吸を整えることで、リラックスできる上に呼吸に意識が向くようになります。その結果、息を吸いながら笑う確率も減るため結果的に引き笑いの回数も減っていきます。このように会話の前に深呼吸する癖がつけば、引き笑いを相手に見せることもなくなるでしょう。

方法2:ゆっくり話すことを意識する

引き笑いをする人の心理の一つに、物事を急ぎ過ぎてしまうせっかちな一面があると紹介しましたが、その性質のせいで会話のテンポを速め過ぎて呼吸が追いつかずに引き笑いになってしまうのが原因の一つとしてあげられます。そこで、せっかちなおしゃべりを治すためにも、早口で喋り倒さずに、ゆっくりと言葉を紡いでいくようにしましょう。 例えば、言葉の一つ一つを聞き取りやすくするためにはっきりと喋ることを意識するだけでも今までよりもゆっくりとした会話になるので効果的です。それ以外にも、言葉の区切りを意識したり、話の整理ができる時間を設けるといった対策を取るのも良いでしょう。

方法3:他の人の笑い方を真似する

自分がしている引き笑いと普通の笑い方の違いがわからないという人は、一度他の人がしている笑い方を観察してから真似してみましょう。例えば、笑顔が素敵な女優が笑っているシーンを何度も見たり、友達や家族と会話している時の笑顔を確認すれば、引き笑いとの違いが分かるはずです。そして、観察した人の笑い方を真似して自分の引き笑いとの違いを理解できれば、真似の仕方もわかります。 観察が完了したら、相手が無意識にして自分が出来ていないことを自然にするためにも笑い方の練習をしましょう。何度も練習を積み重ねれば、笑い方が自然になり、印象も変わります。もし練習中にわからなくなって引き笑いに戻ってしまいそうになったら、もう一度観察してわからない部分を補完するようにしましょう。

方法4:見た人に指摘してもらう

深呼吸をしたりゆっくりと話しても、無意識のうちに引き笑いをしてしまう可能性があります。そうなってしまった時、すぐに止めるためにも周囲の人たちに協力してもらいましょう。例えば、会話が盛り上がった時に思わず引き笑いをした場合、引き笑いに気づいた周囲の人がすぐに指摘することでとっさにやめられます。これを続けていくことで段々引き笑いの頻度が少なくなり、治っていくでしょう。

方法5:口元を見せないように笑う

どんなに引き笑いを止める方法を試しても治らないという人は、笑う姿を見せるのではなく隠すことを心掛けてみましょう。例えば、思わず笑いそうになったら手や物を口元に寄せて、引き笑いを見せないように隠しましょう。これでけで自分のコンプレックスを簡単に隠せるだけでなく、相手に不愉快な思いをさせずに済みます。事前にマスクをつけるのも良いでしょう。

引き笑いに対するイメージは人によって異なる

引き笑いに対するイメージは人によって異なります。芸能人のように明るくてポジティブな印象を持つ人もいれば、オタクのように下品でおどおどした印象を持つ人がいます。そのため、無理矢理人に合わせるために引き笑いを矯正しなくても良いのです。しかし、引き笑いにコンプレックスを感じている人に対して「気にするな」というと逆効果になります。 どうしても引き笑いを治したい場合は、治し方にもあるように会話の前に呼吸を整えたりゆっくりと話すことを意識するようにしましょう。これによってコンプレックスが解消される可能性があります。ですが、意識し過ぎて逆に気を使わないようにしましょう。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

No Image

ymtr

よろしくお願いします。

人気記事

新着記事