2019年06月21日公開

2019年06月21日更新

話が噛み合わないのは何が原因?話の特徴や心理・対処方法を紹介!

あなたの周りに話が噛み合わない人はいませんか?話が噛み合わない人と会話をすると、イライラすることがあるでしょう。どうして話が噛み合わないのでしょうか。ここでは、話が噛み合わない原因や特徴や心理などについてご紹介していきます。

話が噛み合わないあの人にイライラする!

話が噛み合わないとイライラすることはありませんか?話が噛み合わない人に出会うとストレスを感じる人は、意外と多かったりします。また、本人は相手にストレスを与えていることに気づいていない場合もあります。 ここでは、そんな話が噛み合わない人の特徴や心理についてご紹介していきます。また、話が噛み合わない人への対処法や、話が噛み合わないと言われた時の改善方法についても見ていきます。

話が噛み合わない人の特徴

話が噛み合わない人を理解するには、その特徴を知ることが大切です。ここでは、話が噛み合わない人の特徴についてご紹介していきます。

特徴1:会話に主語がない

話が噛み合わない人は会話に主語がないという特徴があります。自分の中ではすでに会話が成り立っているからです。話が噛み合わない人は、会話が自分の頭の中でどんどん進んでいます。ですが、それらすべてを言葉に出して表現しているわけではありません。 そのため、いきなり会話が始まることが良くあります。しかも明らかに会話の途中からだとわかるような話し方をします。話が噛み合わない人は、実際に自分が言葉で表現していることと、頭の中で組み立てていることを一致させることが苦手なのです。

特徴2:話すタイミングが悪い

話すタイミングが悪いというのも、話が噛み合わない人の特徴と言えます。話が噛み合わない人は自分のタイミングで話し始めます。相手が何か話したそうにしているなどのような、雰囲気や空気を読むことは苦手なのです。 また、相手が忙しい時にでも平気で会話を始めたりします。相手の都合を考えていないからです。話が噛み合わない人は、自分が話したくなった時に突然会話を持ちかけてきます。

特徴3:人の話を聞かない

話が噛み合わない人は、人の話を聞きません。他の人が話をしている時は、他のことを考えていたりします。また、興味がない話を相手がしている場合には、露骨に退屈そうな雰囲気を醸し出したりします。時には、他人が話題を奪って自分の話をしたりすることもあります。 話が噛み合わない人は、他人の話を聞く必要がないと思っています。そのため、他人の話を聞こうとしないのです。また、他人の話よりも自分の話を聞いて欲しいとも思っています。だから、他人が話している最中でも平気で自分の話をし始めたりするのです。

特徴4:自慢話が多い

話が噛み合わない人は、自慢話が多いという特徴があります。自分が関わったことで何らかの成果が得られたことを、かなり誇張して話します。そして、自分の頑張りや活躍を何度も話を聞いている人にアピールします。 話を聞いている人が何らかの褒め言葉や賞賛の言葉を言わないければ、ずっとアピールし続けるでしょう。表現方法を変えて、褒めてもらえるまで同じ話を何度もするという特徴もあわせ持っています。

特徴5:決めつけた口調をする

話が噛み合わない人は、決めつけた口調で話すことが良くあります。「絶対にそうだから」や「こういうことに間違いないから」などのように話します。自分の意見や考えと異なることを言われると、間違えていると決めつけて指摘したりします。

特徴6:否定されると怒る

話が噛み合わない人は、否定されると怒ります。自分の意見や考えを話していて、「それは間違っているよ」などと言われると、怒りを爆発させることが良くあります。否定されたり間違いを指摘されたりすることが嫌いだからです。 こちらが良かれと思って間違いを指摘したり否定したりしても、その気持ちが話が噛み合わない人に届くことはほとんどありません。場合によってはライバル視されることがあります。

特徴7:早口で話す

話が噛み合わない人は早口で話します。自分の中では話が完結しているので、一気に結論まで話を持っていきたいからです。早く結論を話して、聞いている人の反応が見たいとも思っています。聞いている人の反応を期待しているのです。 気持ちが焦って早口になる人がいます。話が噛み合わない人もこれと同じです。早く結論を話してしまいたい、という焦りがあるのです。相手が自分の話についてこれなくてもお構いなしです。自分の言いたいことだけを相手に伝えようとします。

特徴8:細かな説明をしない

話が噛み合わない人は、細かな説明をほとんどしません。これも、早く結論を話してしまいたいという焦りがあるからです。自分の中では結論が出ています。そのため、相手にも細かな説明は必要ないとも思っているのです。 話が噛み合わない人は、聞き手が自分の会話の背景を知る必要があるとは思っていません。会話の背景は自分で想像して理解して欲しいと思っている場合もあります。そのため、詳しい説明を求めると露骨に嫌な顔をすることがあります。

特徴9:コミュニケーションをあまり取ろうとしない

話が噛み合わない人の中には、コミュニケーションをあまり取ろうとしない特徴を持っている人もいます。どんな風に他人とコミュニケーションを取れば良いのかわからないのです。 コミュニケーションの取り方がわからないからと言って他人との接触を避けると、ますますコミュニケーションの取り方がわからなくなります。話が噛み合わない人の中には、このような負のループに迷い込んでいる人もいるのです。

特徴10:人間関係の範囲が狭い

話が噛み合わない人は、人間関係の範囲が狭いことが良くあります。話が噛み合わないことで、周囲の人たちが苛立ちを感じているからです。ストレスが溜まるような人と仲良くしたいと思う人は少ないでしょう。そのため、人間関係の範囲が狭くなってしまっているのです。

話が噛み合わなくなるのはなぜ?話が噛み合わない人の心理とは

話が噛み合わない理由には、心理が隠されていることも良くあります。ここでは、そんな話が噛み合わない人の心理についてご紹介していきます。

心理1:自分の意見が正しいと思い込んでいる

話が噛み合わない人の中には、自分の意見が正しいと思い込んでいることがあります。自分の意見は絶対に正しいと思い込んでいる為、相手の意見や考えは受け入れられないのです。自分は正しいのだから相手は間違っている、という考え方を持っています。 自分の意見が正しいと思い込んでいる為、周囲の人たちがどれだけ説得してもその説得を受け入れることはありません。「自分の意見や考えは一部分かもしれない」という柔軟な発想ができないのです。そのため、ますます話が噛み合わない状態になります。

心理2:自分の価値観を相手に押し付けようとする

話が噛み合わない人は、自分の価値観を相手に押し付けようとします。自分の価値観がすべてだと思い込んでいるからです。話が噛み合わない人は、狭い世界観や視野を持っています。『井の中の蛙大海を知らず』なのです。 世界観や視野が狭くなると、自分とは異なった価値観が受け入れられなくなります。「そんなはずがない」などのように考えてしまうからです。考え方に柔軟性がなくなってしまいます。また、自分は正しいという性格の持ち主も大いに影響しています。

心理3:自分を認めて欲しい

話が噛み合わない人の中には、自分を認めて欲しいという心理を抱いている人もいます。承認欲求が強い性格の持ち主なのです。そのため、自分の意見や考えを相手に押し付けようとします。他人の意見や考えは受け入れたくないのです。 自分を認めて欲しいという心理が強くなると、わがままな性格も強くなってきます。自分の意見や考えが受け入れてもらえないと、自分の存在そのものが否定されたような気持ちになります。その結果、わがままな性格が前面に出たりします。

心理4:相手の言っている言葉が理解できない

話が噛み合わない人の中には、相手の言っている言葉が理解できないという心理を持っていることもあります。理解力が足りない性格の持ち主なのです。また、想像力に乏しい性格であるとも言えるでしょう。相手の言っていることを自分に置き換えて想像できないのです。 相手の言っている言葉が理解できないので、自分の意見や考えばかりを押し通そうとします。話が噛み合わない人は自分が理解できないことは、頭の中で削除してしまうのです。そのため、ますます話が噛み合わない状態になります。

心理5:自分のペースを守りたい

自分のペースを守りたい、という心理を抱いている話が噛み合わない人もいます。すべてを自分のペースで進めたいのです。会話のテンポも自分のペースで進めたいと思っています。また、仕事なども自分のペースで進めようとしています。 とてもマイペースな性格だということです。またマイペースな性格の人は頑固な性格でもあります。どんなことがあっても自分のペースを守ろうとするのです。相手の都合や状況を考えないため、話が噛み合わないということが起こります。

心理6:自分の話に夢中になっている

話が噛み合わない人は、自分の話に夢中になっていることもあります。会話の内容の状況を鮮明に思い出し、自分自身に酔っているのです。会話の内容はもちろん、自分の話術も素晴らしいという心理を抱いていることもあります。 自分の話に夢中になっていますから、周囲の人たちの空気や感情を読み取ることはできません。自分に酔った状態でどんどん話を進めていってしまいます。自分の世界にどっぷりつかっている為、話が噛み合わないということが起こるのです。

話が噛み合わない人との付き合い方・対処法

話が噛み合わない人とはどんな風に付き合えば良いのか、悩んでいる人もいるかもしれません。ここでは、話が噛み合わない人の様々な立場に合わせた付き合い方や対処法についてご紹介していきます。

話が噛み合わない上司・部下との付き合い方

話が噛み合わない人が上司や部下だった場合は、まずは相手の話をじっくり聞きましょう。相手に言いたいことを先に言わせてあげると良いでしょう。その上で、自分の考えや意見を述べましょう。 また、どれだけ相手の話を聞いてあげても、こちらの考えや意見を理解できていない可能性もあります。そのような状況を避けるために、必ずメモやメールなどのような書いたもので証拠も残すようにしましょう。

話が噛み合わない夫(彼氏)・妻(彼女)との付き合い方

話が噛み合わない人が夫や彼氏、または妻や彼女だった場合は、何度も説得を試みることが大切です。話が噛み合わない人は一度や二度程度では、こちらの話に耳を傾けてくれません。ですが、何度も時間をおいて話をすることで聞いてくれるようになります。 かなり根気強さが必要です。気長に時間をおいて話をするということを繰り返しましょう。

話が噛み合わない友達との付き合い方

話が噛み合わない人が友達だった場合は、「そういう考え方の人なんだ」と思って付き合うようにすると良いでしょう。育った環境が異なっているので、価値観が違うことは良くあります。こちらが大人の対応をすることで、上手に付き合うことができるでしょう。

話が噛み合わない親との付き合い方

話が噛み合わない人が親だった場合は、受け入れることが一番大切です。「そういう考え方もあるね」などのように答えると良いでしょう。下手に反発すると喧嘩になる可能性があります。 親子だからと言って必ずしも話が噛み合うとは限りません。話が噛み合わない場合は、そういうこともあると受け止める方が良いでしょう。

話が噛み合わないと言われた時の改善方法

話が噛み合わないと言われたら、どうすれば良いのでしょうか。それは改善のチャンスです。これから気を付ければ良いのです。ここでは、話が噛み合わないと言われた時の改善方法についてご紹介していきます。

改善方法1:話を省略しない

話が噛み合わないことを改善するには、話を省略しないことです。あなたはわかっていても、聞き手がわからないことはたくさんあります。相手に自分の考えや意見を理解してもらうためにも、話を省略しないようにしましょう。

改善方法2:相手の話をよく聞く

話が噛み合わないことを改善するには、相手の話をよく聞くことも大切です。一方的にあなたばかりが話をしてしまうのは良くありません。相手の話に耳を傾けるということも意識しましょう。

改善方法3:相手の考えや気持ちを聞くことを意識する

相手の考えや気持ちを聞くことを意識することも、話が噛み合わないことを改善する良い方法です。話の最中に、「あなたはどう思いますか?」などのような質問を入れるように意識しましょう。相手に自分の意見や考えを伝えるチャンスを与えてあげてください。

話が噛み合わないことは本人では気づきにくい

話が噛み合わないということは、本人では気づきにくいことが良くあります。話が噛み合わないと感じたら、相手の為にもそのことを伝えてあげると良いでしょう。 また、話が噛み合わない人は相手の表情や雰囲気を観察する癖を身につけましょう。すると、話が噛み合わないという状況が解消されるでしょう。

好きなことをして年収1億!?

「こんなにあくせく働いて、この給料かよ...」そう感じているそこのあなた。 実は今、100年に一度のビジネスチャンスが到来しているのです。 好きなことだけをして年1000万、2000万と稼ぎ出す人があとを絶たない、そんな時代がやってきています。 一体なぜ彼らは好きなことで稼ぐことができているんでしょうか? その秘密は...詳細はこちら↓

関連記事

ライター

五月女 霞珠

五月女 霞珠

心理カウンセラーとしての資格を保有。心理カウンセラー、占い師を経て、現在はスピリチャルライターとして...

人気記事

新着記事