2019年06月29日公開

2019年06月29日更新

さもしいの意味や由来は?さもしい人の特徴や接し方・付き合い方も解説!

さもしいという言葉はなんとなくネガティブな言葉だと思っても、正確な意味は分からない人も多いでしょう。さもしいの意味やさもしい人の特徴や接し方、うまく付き合う方法を見ていきましょう。さもしい人にならない方法もご紹介します。

さもしいとは?

さもしいは現代の会話で使われることはあまりありませんが、ネガティブな言葉で相手の非難するために使われます。さもしい人はさまざまな問題があるため、多くの人に嫌われます。 さもしい人と付き合うのは結構大変です。しかし、さもしい人はどこにでもいるものなので、うまい付き合い方を学んでおく必要があります。 さもしいの意味や使い方、さもしい人の特徴などをご紹介します。さもしい人との付き合い方、さもしい人にならないための方法もまとめてみました。

さもしいの意味

さもしいという言葉は、心が貧しいという意味や意地汚いなどの意味で使われます。主に人間の性格について悪く言う意味で使われることが多いです。ただし、みすぼらしいなど見た目が良くないという意味で使われることもまれにあります。 かなり相手をバカにした言い方なので、さもしいを使う場合は注意が必要です。「さみしい」と字は似ていますが、全く違う意味なので間違えないように注意しましょう。 最近はあまり使わない言葉なので、さもしいの意味を知らない人も少なくありません。また、さもしいには漢字がないため、基本的にひらがなで書くことになります。

さもしいの由来・語源

さもしいの由来や語源には2つの説があります。1つ目は「様悪し(さまあし)」という言葉の音が変化して、さもしいになったという説です。様が悪いと書くようにその人の見た目が悪いことを意味する言葉が変化して、さもしいになったと言われています。 2つ目はサンスクリット語のサマナが由来になったという説です。このサマナは僧侶という意味ですが、「沙門(さもん)」という字が当てられました。沙門は日本ではみすぼらしい修行僧のことを呼んでいました。 外見がみすぼらしいことと托鉢などすることから沙門のイメージは悪く、さもしいの由来になったと考えられているのです。

さもしいの使い方・例文

さもしいは精神的な意味で使われることが多いので、たかったりする人に「さもしい根性の男。」などと使うことが多いです。相手の態度を非難するために「そんなさもしい人だとは思わなかった。」などとも使われます。 また、貧しい食事に対して「さもしい食事」と表現したり、時代劇では「さもしい百姓」などと表現する場合もあります。これらは精神的な意味ではなく、単純に見た目が貧しいことを表します。 現代では、相手の性格や根性などを非難するために使われることがほとんどでしょう。

さもしいの類語

さもしいの類語には「卑しい」、「意地汚い」などがあります。「卑しい」は品が悪いことや、がつがつして欲深いことを表します。元々は身分が低いこと人に対して使われる言葉でした。 「意地汚い」は食事の食べ方が汚いことにも使われますが、欲望が強くてみっともないことを表します。 どちらも、ネガティブな言葉で相手を批判する意味で使われます。さもしいよりも意味がわかりやすい言葉なので、現代人はより悪い意味に取りやすいと言えます。

「さもしい」と「あさましい」の違い

「さもしい」と「あさましい」は、ほとんど同じ意味で使われます。あさましいは元々驚きを表す言葉が変化して、悪い意味で驚いたことを表すようになりました。 さもしいが単純に相手の精神を非難する意味が強いのに対して、あさましいの方が驚くニュアンスが含まれています。そのため、さもしいよりもあさましいの方が、批判の意味合いが強いです。 また、あさましいの方が現代では、よく使われる言葉でしょう。そのため、さもしいよりも意味が伝わりやすいです。

さもしい男性の4つの特徴・性格

さもしい人は自分のことばかりで、人の迷惑を考えないので大勢の人に嫌がられます。さもしい人にはどんな特徴があるのでしょうか?さもしい男性の特徴や性格をまとめてみました。

特徴・性格1:もらえるものは何でももらおうとする

さもしい男性は人におごってもらうのが大好きです。気前のいい人がいるとその人についていき、おごってもらおうとします。自分でお金を出す必要がない食事会や飲み会などが、大好きで積極的に参加するのです。 いくら頼んでもタダだと思うと、どんどん食事やお酒を注文しようとします。また、お土産や差し入れなどがもらえる場合は、人を押しのけて自分が余分にもらおうとすることも珍しくありません。 人にもらえるものは執拗に手に入れようとするのが、さもしい男性の特徴です。

特徴・性格2:自分のお金は使わないようにする

人がくれるものは何でも手に入れようとしますが、自分のお金は出したがらないのがさもしい男性の特徴です。送別会など自分がお金を出す必要がある集まりは、理由をつけて欠席しようとします。 割り勘で飲みに行った場合などは会計になると遠くに離れてしまい、気づかないふりをして自分だけ払わないで済ませようとするのです。自動販売機で全員の飲み物を買う場合なども、持ち合わせがないと言って立て替えさせることもよくあるパターンでしょう。 そのまま、忘れたふりをして支払おうとしないなど、なんとかして自分のお金を使おうとしないのが、さもしい男性の特徴です。

特徴・性格3:儲け話が好きでよく騙される

お金に汚いのがさもしい男性の特徴の1つですが、儲け話も大好きです。うまい儲け話があるとさもしい男性は簡単に乗ろうとします。そういった話は大抵詐欺ですが、さもしい男性は深く考えずに飛びつくため、騙されることも多いです。 いいかげんなマルチ商法をすることもよくあるので、周りの人を巻き込んで被害を出すことも珍しくありません。その結果、お金をだまし取られることもよくあるパターンといえます。 さもしい男性から怪しげな話を持ち掛けられた際には、被害に巻き込まれないように注意しましょう。

特徴・性格4:損得ばかり考える

さもしい男性は損得勘定ばかり考える性格で、態度をころっと変えることがよくあります。人間が損得勘定で動くことは珍しくありませんが、さもしい男性は非常にあからさまです。 付き合っていた方が得だと思う相手には親切にしますが、自分がメリットのない相手には何の興味を示しません。頼みごとをされた場合などは、自分には何のメリットもないと言って断る場合もあります。 今まで、親切にしていた相手でも自分に必要ないと考えると、さもしい男性はあからさまに態度を変えます。しかし、あまりにもあからさまなため、周囲から相手にされなくなることもよくあるのです。

さもしい女性の4つの特徴・性格

さもしい男性が大勢いるように、さもしい女性も大勢います。男性の特徴につづいて、さもしい女性の性格や特徴を見ていきましょう。

特徴・性格1:無料や割引が好きで利用する

さもしい女性は無料や割引という言葉が大好きです。物を安く買いたいというのは、当然の心理ではあります。さもしい女性は人よりも、得をしたいと考えているのでこういった情報に飛びつきます。 しかし、無料サービスや割引などはそれに付随して、他の商品やサービスで稼ごうという販売戦略です。さもしい女性は無料や割引という言葉に踊らされて、かえって余分な出費をしてしまうこともよくあります。 人より得をしたいというさもしい精神のせいで、かえって損をして気づかないことも珍しくありません。

特徴・性格2:自分より上の者に対する妬みを口にする

人に対する妬みが強いのもさもしい女性の特徴です。目立ったり、周囲に認められている人に対する妬みが強く、そういう相手の悪口をよく言っています。認められている人に対してかなり強いライバル心を持っています。 ただし、張り合って努力したりすることはなく、相手の悪口を言うだけなのもさもしい女性の特徴です。

特徴・性格3:自分が優位に立つために人を貶める

さもしい女性は人を貶めようとするのも特徴です。さもしい女性は自分で積極的に何かしようとしないのに、人に褒められたい、目立ちたいという承認欲求を異様に強く持っています。 しかし、何もしないのですから、人に認められるはずもありません。さもしい女性は自分が人に認められないので、人を貶めて自分が優位に立とうとするのです。そんなことを続けていれば、周囲に嫌われてしまいます。 自分の行動のせいで嫌われてしまうことを棚に上げて、自分は理由もなく周囲に嫌われていると考えたりする被害妄想の持ち主も少なくありません。

特徴・性格4:恥ずかしいことを平気でする

さもしい女性は、恥を恥とも思わない性格であることも珍しくありません。普通の人なら隠れてやるような行動を人前で平気で行います。 そもそもさもしいと言われるような行動自体が、普通なら恥ずかしいと感じるものです。そう考えると、さもしい女性がそういったことを平気でするのは仕方ないのかもしれません。 それどころか、普通なら隠そうとするようなことを自慢話として、話す場合もあります。さもしい女性には、普通なら恥ずかしい、情けないと感じる気持ちが極端に欠けているのです。

さもしい人になってしまう3つの要因

さもしい人間は自分のことばかり考えて、他人のことを考えません。なぜ、人はさもしい人間になってしまうのでしょうか? 環境や人間関係のせいで、さもしい人になってしまうことが多いです。さもしい人になる要因をまとめてみました。

要因1:家庭環境のせい

さもしい人になってしまう最も大きな要因は、家庭環境でしょう。家庭はその人が幼い時から過ごしているので、非常に大きな影響を受けます。家庭が貧しくて余裕がない生活を送っていると自然とさもしい性格になりやすいです。 また、お金に余裕があっても親が自分のことしか考えないさもしい人間だと、子供も自然にさもしい人間になってしまいます。家庭環境が原因でさもしい人間になってしまうとそのことが当たり前なので、自覚がないことも多いです。

要因2:経済的理由のせい

経済的理由でさもしい人間になってしまうこともあります。お金がないと心に余裕がなくなり、お金がある人への妬みなどが生まれてくるのです。 何とか節約して生きようとしても、その結果が人を押しのけてでもお金を使おうとしないさもしい気持ちにつながるのです。 そういったことを当たり前に考えるようになる、さもしい行動を取ることが増えていきます。最終的にさもしいことを考えたり、行動することが当たり前になってしまうのです。

要因3:人に裏切られたせい

人に裏切られることが原因でさもしい人間になってしまうこともあります。競争社会では、相手を裏切って自分が競争に勝とうとすることは珍しくありません。友人を裏切ってでも、自分が勝ちたいというさもしい人間もいます。 しかし、仲の良い友人に裏切られたりすると、人を信じられなくなってしまうのも無理はありません。そうして、人に裏切られた人間は今度は自分が裏切ってでも勝とうとするさもしい人間になってしまうこともあります。 さもしい気持ちは人から人へ伝染することもあるのです。

心がさもしい人との接し方・付き合い方

さもしい人は自分のことばかり考えているため、争うとろくなことになりません。うまく付き合っていくのも大変でしょう。さもしい人との接し方や付き合い方をご紹介します。

接し方・付き合い方1:あえて譲る

さもしい相手と争うことになったら、あえて譲ってしまうことも一つの選択肢です。さもしい人は争いや競争になると、絶対に譲ろうとはしません。無理にさもしい人と張り合おうとしてしまうと、泥沼化して厄介なトラブルになることもあります。 先を急いでいる場合など、タクシーにどちらが乗るかで揉めることもあるでしょう。しかし、さもしい人と揉め事になると、傷害事件などに発展することも十分考えられます。 早く目的の場所に行こうとしているのに、そんなことになったら元も子もありません。さもしい人とは無理に争わずに、相手に譲ることも考えましょう。

接し方・付き合い方2:基本的に深く関わらないようにする

さもしい人と付き合う場合の基本スタンスは、深く関わらないようにすることです。職場の同僚など関係を完全に切ることができなくても、それ程親しくする必要のない相手なら深く関わらないようにしましょう。 さもしい人は深く関わると面倒な存在ですが、ちょっとした知り合い程度の関係ならそこまで迷惑な存在ではありません。何かあったら相手に譲るように決めておけば、争うこともなくそこまで腹を立てずにすみます。 ただし、気前良くしたりするとたかられる恐れがあるので、適当にあしらって深く関わらないことを忘れないようにしましょう。

接し方・付き合い方3:自分の中でどこまで付き合う決める

さもしい人とはあまり深く関わらないことが一番です。しかし、親戚や同僚などどうしても付き合いを切ることができない相手が、さもしい心を持っていることはあります。 そういう人と行動を共にする際は、どこまで付き合うか明確にしておいた方が良いです。深く考えずに一緒に行動していたせいで、その人のさもしい行動に巻き込まれて同類だと思われてしまうこともあります。 義理で付き合うにしても限界があるでしょう。これ以上は無理というラインを自分の中で明確にしておきましょう。うまい断り方も考えておけば、断るのに抵抗が少なくあります。

接し方・付き合い方4:周りの視線を意識させる

さもしい人が自分の行動がさもしいことや周囲の視線に気づいていないことは、珍しくありません。そのため、周囲からの視線に気づかせることができれば、自分がさもしいと思われていることも自覚して行動を改める可能性があります。 はっきりと伝えるのも1つの方法ではありますが、遠回しに周りから見られていることを伝えてみましょう。 よほど開き直った人間でない限り、自分がさもしいと思われていることに気づけば行動が変わるはずです。さもしい人との付き合い方として、うまい方法と言えます。

自分が「さもしい人」にならないための5つの心がけ

さもしいの意味が分かれば、さもしい心の持ち主になりたい人はいないでしょう。しかし、気づかないうちにさもしい人になってしまうこともあります。 さもしい人にならないためにはどうしたらいいのでしょうか?さもしい人にならないために、心がけたいことをまとめてみました。

心がけ1:常に感謝の気持ちを持つようにする

さもしい人にならないためには感謝を忘れないように心がけましょう。さもしい人は他人を押しのけてでも自分だけが得をしたいという考えや、人がどうなっても構わないという考えがを持っています。 強い悪意を持っているとは限りませんが、人への関心が薄く人に助けてもらっても感謝しようとはしません。だから、人にどう見られているかも気にしないのです。 人に助けてもらったら感謝することを忘れずに、毎日何かに感謝する習慣を作りましょう。感謝する気持ちを持っていれば、自然と他人に敬意を持ちます。人のことを良い意味で意識できるようになるので、さもしい気持ちを持たずにすむのです。

心がけ2:人に譲る余裕を持つようにする

さもしい人にならないためには、人に譲る余裕を持つようにしましょう。さもしい人は人と競争になったら、絶対に譲ろうとしません。人より自分が優先と考えているからですが、人に譲ったら絶対に損をすると無意識に考えています。 人と争った結果、どちらも損をするというのはよくあることですが、人に譲った方が得をすると考える余裕がないのです。 何でも損得勘定で考えるのもよくありませんが、譲った方がよほど得なことはいくらでもあります。人と争わずに譲る余裕を忘れなければ、さもしい人にならずにすむのです。

心がけ3:一歩引いて考えるようにする

さもしい人は深く考えずに条件反射で行動します。人に奢ってもらったり、ちょっとした割引で得をするために必死になりますが、その結果、自分がどうなるかということを考えません。 人のお金を当てにして呆れられたり、1つの安いもの目当てで余分な買い物をして出費を増やすとは考えないのです。人に呆れられたり損をするのは嫌なはずなのに、さもしい人にそこまで考える余裕はありません。 自分が普段していることを一歩引いて考える癖をつけましょう。自分の行動を少し客観的に見られるだけで、さもしい行動を取らずにすみます。

心がけ4:恥ずかしいと感じることはしないようにする

さもしい人になりたくないなら、自分が恥ずかしいと感じることはしないようしましょう。人の目を気にして自分がしたいことをしないのはよくありません。 しかし、さもしい人は本来恥ずべき行動を平気でするということで、全く意味が違います。単に自分の行動の意味に気づいていないだけの場合もありますが、開き直って恥ずかしさを感じなくなっている人もいるのです。 恥ずべき行動を平気で取るようになったら、人間は簡単には立ち直れません。周囲からも軽蔑されます。さもしい人になりたくないなら、恥ずかしい行動は取らないようにすることが大切です。

心がけ5:見返りを求めないようにする

さもしい人にならないようにするには見返りを求めないようしましょう。全てにおいて見返りを求めないのは難しいですが、なんにでも見返りを求めようとするとさもしい心の持つ主になってしまいます。 そもそも、損得勘定ばかり考えていたら、心が疲弊してしまいます。見返りを求める心で人に親切にしても、見抜かれて反感を持たれることもあります。逆に見返りを持たずに行動すれば、思わぬことで得をすることもあるのです。 難しく考えず、見返りを求めずに行動しましょう。その方が楽に生きられますし、結果として得をすることが多いです。

さもしい人にならないように生きよう

さもしいの意味やさもしい人の特徴、さもしい人との付き合い方やさもしい人にならないための方法をご紹介しました。感謝を忘れるなど、心の余裕を失ってしまうと自分ことしか考えられなくなります。 その結果、さもしい人になりやすくなってしまうのです。常に心に余裕を持ち、さもしい人にならないように注意しましょう。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

No Image

kgrrf339

心理学の専門家ではありませんが、丁寧にリサーチして書いていきます。よろしくお願いいたします。...

人気記事

新着記事