2019年06月23日公開

2019年06月23日更新

家族思いの意味や類語は?家族思いな人の性格・特徴・心理ついても解説!

家族思いとは、家族への思いが強く、家族のために努めようとすることを言います。生まれた瞬間から人生を歩んできた家族に対して、思いを向けられているでしょうか。家族思いな人の心理や特徴を見ながら、自分が家族に対してどこまで心を向けられるか、考えてみましょう。

家族が大好き!家族思いの人

あなたは家族が大好きですか?それとも、煩わしい存在だと思いますか?家族というものは、切っても切り離せない特別な存在です。人生のスタートから共に歩んできた家族を大切にできる家族思いな人は、心から家族に対して「何かしたい」と努めていることでしょう。 今回は、家族思いな人についてご紹介します。どんな心理を持っているのか、どうして家族を大切にできるのか、わかっているようでわかっていなかったことも見えてくるかもしれません。家族と心を繋げるために、ぜひ参考にしてみてください。

家族思いの意味とは?

家族思いとは、家族への思いが強いことを意味します。家族に対して「何かしてあげたい」という優しさや慈愛の心を持てる人が、家族思いだといえます。そういった人は、家族が困っていたら、「自分には何ができるか」と我が身事以上に考えることもあるでしょう。

家族思いの類語

家族思いの類語には、親愛・家族愛・敬愛などが挙げられます。親愛は、人に対して親しみと愛情を持っていることです。家族愛は、家族に対しての愛情です。敬愛は、他人を尊び敬う気持ちになる尊敬の意を表します。

家族思いの英語表現

「家族思い」を英語表現に変換すると「devoted to family」となります。「devoted」は「献身的な」という意味になります。「to family」は「家族に対して」なので、繋げて「家族に対して献身的」といった意味になります。

家族思いな人の特徴・あるある

家族思いな人には、共通する特徴がいくつかあります。家族を大事にするほかにも、ご紹介する特徴が普段から見られるでしょう。日常の中で「あるある!」といってしまうような特徴をご紹介していきます。 自分が家族思いでいられてるか疑問に感じた方も、ご紹介する特徴があてはまるかどうか、みてみましょう。

特徴1:感謝の気持ちを忘れない

家族思いな人は、家族に対してだけではなく感謝の気持ちを忘れません。自分が生んでもらい育ててもらったという人生で最大の感謝を感じているので、他人に対しても素直な気持ちで「ありがとう」がいえる人です。感謝を感じることができると、人と素直に向き合うことができます。 家族と離れて暮らしてみて、初めて家族のありがたみを知ることってありませんか?生活の面でも精神面でも、家族と当たり前に過ごしていた時間が空虚に感じることもあるでしょう。そんな時に「家族ってありがたかったな」と感じることができるのです。

特徴2:家族とまめに連絡をとっている

家族とまめに連絡を取っている人は、やはり家族思いと言えるでしょう。義務的な連絡ではなく、「元気にしているかな」「そろそろ電話しようかな」など、家族のことを気にかけているのでその都度連絡をとるのは自然なことなのです。 毎日何度も連絡をとるのではなく、家族に伝えたいことがあるときには、先延ばしにしないでさっさと家族と連絡をとるでしょう。親でも兄弟でも、自然体で連絡をとっている人を見ると、「家族思いなんだな」と感じたりするのではないでしょうか。

特徴3:誰にでも優しい

家族思いな人には、優しいという特徴もあります。友人や恋人、同僚などの知人はもちろん、知らない人にも優しく接することができます。家族思いな人は、家族からしっかり優しさや愛情を与えてもらっているでしょう。 人にも優しくなりたいのは、これらを満足するまで受けているからです。優しい人とは、甘やかすばかりではなく、時には厳しくすることも愛情です。優しさは、その人の心の支えになることだと考えています。家族にそうされてきたように、家族思いな人も、周りの人に同じように接していくでしょう。

特徴4:家族の記念日を忘れない

家族の記念日には、電話やメールをしたり、プレゼントやケーキもしっかり購入する人っていますよね。単純な溺愛からではなく、本当に祝いたい気持ちが根底にあるのです。離れて暮らす人は、「この日くらいは帰ろうか」など、実家に帰ることもあるかもしれませんね。 家族思いな人は、家族の喜ぶ姿を見るだけで幸福感を感じることができます。サプライズで驚かせたり、たくさん喜んで欲しいと思っているのは、家族のことを自分のことのように大切に思うからなのです。

家族思いな人の性格

家族思いな人は、どんな性格をしていると思いますか?家族を大切に考える人と、家族に対して愛情を示せない人とでは、価値観も大きく変わってきます。性格がいいから家族を大切にできるわけではありません。 家族思いな人の、根底にはどんな考えがあるのか気になりますよね。具体例をみていきましょう。

性格1:愛情深い

家族思いなひとは、とても愛情深い性格をしています。こういった性格は、家族だけに対してだけではありません。自分が愛しいを感じるもの全てに、愛情深く接することができます。優しさを教えてもらうとともに、愛情もきちんと与えてもらったからでしょう。 愛情深い人は、感性が豊かでもあるので、人と喜んだり人のために涙を流すこともできます。愛情深い人が、自分の家庭を持つことになったら、きっとその家庭も家族が愛で満たされ人のために感情を豊かに表現できるようになるでしょう。

性格2:真面目

家族思いな人は、真面目すぎるくらい真面目でもあります。ふざけたりもしますが、ちゃんと切り替えることができます。真面目な人の律儀な部分が、家族にも周囲の人にも頼もしく感じられることでしょう。 真面目すぎると、融通がきかず「石頭」と言われることもあります。何事もほどほどがいいと言います。意外にも自分で気付きにくいことですので、自分が融通がきくのかその状況で見つめなおしてみるといいですね。

性格3:面倒見がいい

家族思いな人は、面倒見がいい性格をしています。家族の中に弟や妹がいたり、自分もよく面倒を見てもらって育った、という人は誰かの面倒を見ることになっても、文句が出てこないでしょう。むしろ、頼ってほしいと感じていることがほとんどです。 外での生活で、目上の人の面倒をみるということは、あまりないでしょう。自宅ではどうですか?高齢になった両親がだんだん助けを必要としてきます。家族思いな人は、すぐさまに面倒をみようと張り切ってくれます。

性格4:献身的

献身的な性格は、面倒見がいいのとは少し違い、求められなくても捧げたいと思う気持ちです。家族思いの人は、献身的で見返りを求めることもありません。それだけ愛情も深く、身を捧げるつもりでいるのです。 相手に尽くしたい、力になりたいと思えばすぐに行動に移すことが多いです。ただし、献身的な性格は、意味を間違えてしまうと、おせっかいな人になってしまいます。家族思いの人はタイミングも大事にして、何ができるのか考えましょう。

家族思いになる心理

家族思いな人がどんな性格であるのか、知ることができましたね。それでは心理に関してはどうでしょうか。家族思いな人の性格を見習っても、心理こそがずれていると家族のことを心から大切にできているとはいえない場合もあります。 家族思いな人が、その行動をとるときには一体どんなことを考えているのかをみてみましょう。

心理1:喜んで欲しい

家族が喜ぶことをしたいという心理は、家族思いの人なら誰でももっている心理でしょう。自己満足ではなく家族が本当に望んでいることをして、喜んで欲しいと思っています。家族思いの人は、家族のことをとよく知っています。自己満足にならずに応えてあげられるのです。 家族何かしてあげたい気持ちだけではありません。自分がしっかり自立をして、心配をかけない人間になることも喜ばせることだと知っています。家族思いの人は家族を大事にすると同時に、自分も大事にできるのです。

心理2:恩返しをしたい

家族思いの人は、自分を生んでくれたことから始まり、人生に関わるあらゆる点で家族に感謝を感じています。その感謝を恩返しという形で報いたいと考えている人は、多いのではないでしょうか。自分の人生とはいえ、家族がいたからこその人生だとも考えます。 家族の記念日を大事にしたり、普段から家族のことを気にかけていたり、些細なことでも家族に感謝の気持ちを示そうとします。どんな形で示すのかは、先にも話した通り家族が望む、喜んでくれることを意識して考えます。

心理3:家族を理解したい

家族思いな人は、家族に対して強い情を持っています。愛情を含めた様々な感情を、家族いたいして純粋に向けています。家族のことをきちんと理解して、家族の人間性を尊重したい気持ちも、感情の中に含まれるでしょう。 そういった人は、歳を重ねていく親を見て切なくなったりするのでしょう。兄弟が悩んだり自分の子が苦しんでいると胸が締め付けられることもあるでしょう。家族の力になるために、家族のことをよく理解していたい願望は、家族思いな人の中にずっとあります。

心理4:無条件で家族が大切

家族思いな人の心理に、あれこれ理由を挙げなくても無条件に家族を愛している人もいます。血のつながりというと大げさに聞こえるかもしれませんが、他人には感じない絆を家族に感じているのです。親でも兄弟でも子供でも、自分のことより大事だと考える人もいるでしょう。 非常に愛情深い人は、家族からも一心に愛情を受けてきたことでしょう。また、愛情を与えていきたいと思っています。その中で明確な理由はなく、「家族だから大切」という気持ちがしっかり根底にあるのです。

心理5:自分の一部と感じている

血のつながりとは少し違いますが、家族を自分の一部だと感じている人もいます。それは、家族が自分のことを一番に理解してくれているからという気持ちからです。自分のことをよく理解していて、我が身事のように考えてくれる家族に対して、こちらもまた我が身事のように感じるのです。 人は、良くも悪くも自分の心に強く響いたことをいつまでも記憶します。家族思いの人の場合、家族が自分のためにしてくれたことがいつまでも残り、自分に家族ができた時にそうでありたいと考えるでしょう。血のつながり以上に心の絆が強いからなのです。

家族思いとマザコンの違いは?

家族思いの中でも、母親への愛情をマザコンと誤解されることもあります。ですが、母親思いとマザコンは、根底に愛情があるという共通点があっても、その実は違うものなのです。 母親思いとマザコンの決定的な違いは、親離れができているかどうかです。いつまでも自立心が育たずに、なんでも母親の言うとおりで、母親に甘え切った依存傾向があるようなら、それはマザコンと呼ばれるでしょう。 母親思いの場合は、しっかり自立心も育っていますし、母親に迷惑や心配をかけたくないという気持ちがあるので、必要以上に相談もしません。どんなに困った状況でも、すぐに母親に救いを求めるということもありません。

家族思いな人と付き合うと幸せになる?

いつでも家族を大切に思い、家族のために動ける人は男女問わず魅力的でしょう。家族思いな人と付き合えば、自分も大切にされるのではと思うのも必然です。しかし、本当に家族思いな人と付き合うと幸せになれるのでしょうか? 家族になる前、恋人であってもあくまでも他人で、家族を優先されて不快な思いをすることもあります。自分が家族を蔑ろにしているわけでなくても、その価値観がずれていると、温度差も出てくるでしょう。家族思いだから付き合って幸せになれる、と思うのは、少し焦った考えかもしれません。

家族思いな人は心の絆を大事にできる人

家族というものは、血の繋がりだけでなく、過ごしてきた時間が濃密で長いものです。そして、躾や習慣はすべて家族から吸収するもので、それは人格の形成にもなるので自分の一部に感じることもあります。家族は、特別なものなのです。 家族を思う形に決まりはありません。誕生日にケーキを買っても花を買っても、家族の喜ぶ顔を想像しながら用意するのですから、立派な家族思いです。どんな形でも、家族の幸せを感じることが出来るのであれば、心の絆がしっかり繋がっているのでしょう。 家族思いな人は、愛し愛される心地よさや温かさを知っています。あなたという人間を一番理解しているのも、きっと家族でしょう。家族にはいろんな形があり境遇があります、あなたの家族との間にある絆を見詰め、家族を大切にしてあげてくださいね。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

No Image

96neko

多感な時期にメンタルケアに触れる機会もあり、自分の中で日常的に心理学や偉人の言葉を考える事が当たり前...

人気記事

新着記事