2019年06月26日公開

2019年06月26日更新

手段を選ばない人の特徴&診断!目的のために手段を選ばないのは悪いこと?

皆さんの周りには手段を選ばない人はいますか?手段を選ばずに自分の目的のために何でもするという様子は、怖いとも思ってしまうしまうものです。実際に被害を受けてしまうと人間不信に陥ることも多いですね。今回は手段を選ばない人の特徴や対処方を徹底解説していきます。

手段を選ばない人ほどうまくいく?

皆さんの周りにも手段を選ばない人はいるのではないでしょうか?そして、彼らはなぜか成功を手にしてしまっていることも多いですね。実際に真面目に頑張っている方が馬鹿をみて、辛い思いをすることもとても多くなっています。 そこで今回は、手段を選ばない人の心理や特徴を詳しく解説していきます。手段を選ばないことは、周りから反感を買ってしまいます。誰かのためになり傷つく人がいなければ素晴らしいことですが、他人を傷つけたり迷惑をかけてしまっては意味がありません。

「手段を選ばない」の意味とは?

「手段を選ばない」とは、目的のためには非道徳的な手段を含めてなんでも行うことを指します。非道徳的な手段には他人を陥れたり嘘をつく、迷惑や危害を加えるといったことも含みます。時には、法やルールを破るといった異常な行動に発展する場合もあります。

「手段を選ばない」の四字熟語

「手段を選ばない」と似た意味を持つ四字熟語には「我田引水」があります。「我田引水」は自分の田んぼだけに水をいれて利益を得ることが起源となる言葉で、自分の都合の良いように行動したり発言することを意味します。 この他にも手段を選ばない様子には、恥を知らずに面の皮が厚いという意味の「厚顔無恥」などが当てられることもあります。

「手段を選ばない」の英語表現

手段を選ばないことに対する英語表現で、「Use any means」や「Whatever it takes」などが使われることが多いです。「Use any means」は文字通り「どんな方法を使ってでも」という意味があります。 「Whatever it takes」は何が何でもという意味であり、共通してなりふり構わず目的を達成しようとする様子を表しています。

手段を選ばない女の特徴

こちらでは、手段を選ばない女性の特徴を紹介していきます。基本的に手段を選ばない人には性別関係なく共通の行動が多いですが、女性という立場を利用した行動も多いです。陥れられないためにもしっかりと把握しておきましょう。

損得で人間関係を判断する

手段を選ばない女性の特徴に、損得で人間関係を判断するというものがあります。手段を選ばない女性は、基本的にメリットがある人としか付き合いません。意識的に一緒にいることで得をしたり、上手く利用することで自分に大きな利益を生み出すような人を選んでいます。 また一度メリットがあると判断すると、どんな手を使ってでも自分になびかせようとする傾向があります。手段を選ばない女性は、自分に対するメリットにしか興味がなく、デメリットのある関係を上手に回避することが多いです。

他人を道具として見ている

他人を道具としてしか見ていないことも手段を選ばない女性の特徴です。手段を選ばない女性は、利用目的や金銭目的、自分のステータスをより輝かせるためなど、目的を達成する道具として他人を見ています。 よく見かける例であれば、社長などの権力を持った人に異常にすり寄っていく女性であったり、相手の年収・職業にしか興味がない女性などがあげられます。そして、さんざん利用したあげくに、利用価値がなくなると縁を切ることも手段を選ばない女性の特徴です。

自己愛が強い

また、手段を選ばない女性は自己愛が強い傾向があります。もっと自分を良く見せたい、他人よりも上でありたいと思っており、自己誇大をしてしまうことが多いです。また、自分を大きく見せるだけでなく、他人を見下したり自分より劣っているとアピールすることもあります。 このため、自分に対立する人や、ライバルなどに対しては冷淡かつ攻撃的な態度をとります。一度敵として認識されてしまうと、とても厄介な人物へと豹変することも、手段を選ばない女性の大きな特徴です。

表向きは魅力的である

表向きはとても魅力的であることも手段を選ばない女性の特徴です。自分を良く見せるスキルに長けており、不要な衝突や敵対関係を作らないために人当たりの良い性格を演じています。また、ネガティブな一面を隠すことも得意なため一目では判断することも難しいです。 このため、手段を選ばない女性は多くの人から好感を抱かれることが多く、運悪く敵対してしまうと周囲の人を味方にして襲い掛かってくることも多いです。しかし、深層心理では他人を道具としか思っていないため、本当に信頼している人は一人もいません。

手段を選ばない男の特徴

こちらでは、手段を選ばな男性の特徴を紹介していきます。女性よりも男性の方が、考えていることが態度に出やすい傾向があります。一目見ただけでは判断しにくい、「手段を選ばない人」ですが、態度に出やすいぶん男性のほうが判断しやすいと言えます。

合理主義者

手段を選ばない男性は、合理主義者であることが多いです。いかに効率よく地位や名誉を手に入れるかを常に考えており、非効率的なものを嫌う傾向があります。また、非効率的なものに対しては異常に嫌悪感を抱いており、激しく批判するというシーンも多いです。 冷静で常に成果を出しているため、周りからは「仕事ができる人」として評判が良いことも多いです。しかし、目的のためであれば他人を平気で利用したり犠牲にする性格のため、簡単に他人を裏切ってしまいます。

傲慢な性格

傲慢な性格であることも手段を選ばない男性の特徴です。自分は特別な存在で権利を持っていると思い込んでいるため自己誇大をすることが多く、他人を見下した姿勢をとる傾向があります。 特に自分の有能さと他人の無能な様子を声を雄弁に語ることが多いです。常に他人の弱みやミスを探しており、発見すると異常なまでに批判します。しかし、本人の能力は低い場合もあり、周りから反感を抱かれることも多いです。 また、自分が特別で権利を持っていると思っているので、簡単にルールや規則を破ってしまいます。破ったことに対しても悪いことである認識はあるものの、罪悪感があることはほとんどありません。

共感性が低い

他人を物と思っていたり自分の延長と考えているため、手段を選ばない男性は共感性が低いです。自分の発言や態度により相手がどのように感じるかということを考えないため、傲慢な態度で相手を不快にさせてしまいます。 しかし、表向きは良い人であったり能力がある人であるため、深く関わりのない人からは好感を抱かれていることが殆どです。共感性は低いですが、他人をだましたり嘘をつくことがとても上手いため、孤立することがないことも特徴です。

自分しか信じていない

手段を選ばない男性は自分のことしか信用していません。仮に、「信用している」と言葉に出しても深層心理では全く信用していないことも多いです。このため、利用価値がないと判断すると急に冷たくなり、平気で部下や他人をを斬り捨てることもあります。 そして、支配的であり対等な関係を作ろうとしないことも特徴です。常に支配することを考えており、親しい人でも弱みを握って交渉に利用したりしようと考えています。相手の努力も信用できないため、結果を出さないと批判するという場面も多いです。

成功者や偉人には手段を選ばない人が多い

成功者や偉人には手段を選ばない人が多いと言われています。手段を選ばない人に良く見られるパーソナリティには、他人を平気で利用するマキャベリストや、自分に陶酔し、自分を優先し行動するナルシシストが挙げられます。 実際にCEOや政治家などにはこれらの特性を持つ方が多く、歴史に名を刻んでいる人にもこの特性があるのではないかと言われる人が数多くいます。日本の偉人では織田信長があげられ、自分しか信じず批判的な他者へは異常な攻撃性を見せていたとされています。 こういったナルシシズムだけでなく、容赦なく他人を利用するマキャベリズムも持ち合わせていた織田信長ですが、そのカリスマ性から多くの人に慕われていました。 このように、手段を選ばないと聞くと抵抗感を示す方も多いかもしれませんが、絶大なカリスマ性と大きな成果は人々から支持され、地位や名声を手に入れることも多いです。

目的のために手段を選ばないのは悪いこと?

目的のために手段を選ばないことは、一概には悪いこととは言えません。法律やルールを破り、他人に迷惑をかけてまで行うことはもちろん悪いことです。しかし、病気の治療や自分を向上させるためであれば、問題ないこともあります。 大切なのは、程度の問題で他者への迷惑や、法律違反などがなければ基本的には大丈夫だと言えます。しかし、なりふり構わない様子は周りから嫌悪感を抱かれることも多いため、「ほどほど」を意識することも大切です。 一生懸命さと、手段を選ばないことは全く違います。結果や成果をもとめることも大切ですが、今一度自分のやり方を見直してモラルに反していないか確認してみてもいいのではないでしょうか?

あなたの「手段を選ばない度」を診断!

こちらでは、「手段を選ばない度」を診断する10の項目を用意しました。6個以上当てはまった場合には、あなたが「手段を選ばない人」である確率は十分にあります。ぜひ診断して、自分の考えや現状と向かい合うきっかけにしてみてください。 ①他人を利用することに罪悪感がない 「はい/いいえ」 ②自分は特別な存在だと思う 「はい/いいえ」 ③必要であれば非道徳的な嘘をついても良い 「はい/いいえ」 ④友人やパートナーのステータスを重要視している 「はい/いいえ」 ⑤必要であればルールや法律を破る行為は仕方ない 「はい/いいえ」 ⑥プライベートでも見返りのない関係は嫌だ 「はい/いいえ」 ⑦他人の苦手なことや、ミスを探すことが好き 「はい/いいえ」 ⑧非難されるとついカッとなってしまう 「はい/いいえ」 ⑨基本的には、自分のことを優先する 「はい/いいえ」 ⑩手段を選ばないことは、現代社会を生き抜く上では必要だ 「はい/いいえ」

手段を選ばない人に出会ったら?陥れられないための対処法

こちらでは、手段を選ばない人に出会った場合の対処法を紹介していきます。手段を選ばない人は、こちらからの影響で行動を改めることはありません。また、一人ではどうしようもない状況を作るプロフェッショナルでもあります。 しっかりと把握して、手段を選ばない人から自分を守っていきましょう。そして、一人で立ち向かわずに、周りと協力することも忘れないでください。

適度に距離を置く

手段を選ばない人に出会ってしまったら、適度に距離を置くことを意識しましょう。全く関わらなくても良い関係であれば、関わらないことが一番です。しかし、そのような場面ばかりではなく、一定の関係を持たなければいけない場面もあります。 このときは、敵対しないように心がけながら必要最小限の関わりにとどめることを意識しましょう。深く関わると利用されたり裏切られる可能性があり、敵対してしまうと攻撃される危険性があります。 手段を選ばない人とは距離感をしっかりと意識して、上手に付き合うことがとても重要です。

相談できる場所を確認しておく

自分がターゲットにされる場合もあるため、相談できる場所をしっかりと確認しておくことも大切です。代表的なものであれば、人事部や労働関係の問題を扱う公共の期間、法律を専門とする機関が挙げられます。 実際に、自分がターゲットになった場合は一人ではどうしようもできないことが多いです。また、手段を選ばない人は支配してコントロールしようとする傾向があるため、ターゲットになったあとは誰にも相談できず一人で悩んでしまうこともあります。 手段を選ばない人と出会い今後も関係を持たなければいけないときには、相談する場所を確認するようにしましょう。そして、万が一ターゲットになってしまったときは、一人で悩まずにすぐに相談するようにしましょう。

他人を思いやり、フェアな行動を心がけよう!

手段を選ばない人は、自分の目的のために何でも行います。彼らが成果をあげていることは、手段を選ばないことだけでなく、「今ここ」に全力で立ち向かっていることが考えられます。 しかし、他人を排除したような考え方ではいずれ孤立し、虚しい人生を送ることになります。大切なことは、他人を思いやり信頼関係を築くことです。そしてルールを守りフェアな行動を心がけることで、周りから信頼されるようになります。 手段を選ばない人から学ぶことといえば、今ここに全力で挑んでいることです。現代社会では多くの人が今ここの感覚を失い、悩み苦しんでいます。この、今ここに全力を出すという1点を真似してみるだけでも、より良い毎日にすることができるのではないでしょうか?

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

Stonpsanxyz

Stonpsanxyz

毎日を充実させるために心理学を勉強しています。そして、心理学を生活の中に取り入れ、少しずつ良い方向に...

人気記事

新着記事