2019年06月29日公開

2019年06月30日更新

温室育ちの特徴って?温室育ちのメリット・デメリットを解説!

温室育ちの人は、基本的に「品が良く」見えることが多くあります。 これは、温厚で優しく心に余裕があるため、行動や言動が上品に見えるためです。 そんな意外性もある温室育ちの方の特徴やメリット・デメリットを詳しくご紹介していきます。

温室育ちの人って品が良く見える!

温室育ちの人は、基本的に「品が良く」見えることが多くあります。 これは、温厚で優しく心に余裕があるため、行動や言動が上品に見えるためです。 あまり強く物事にこだわったり執着しない、経済的に恵まれてあまり苦労を知らない、常に気持ちが和やかでいる等が温室育ちの方にはあります。 その印象が、相手にもそのまま伝わって「品が良い人」という風に見えるのです。 温室育ちの人は、上品で好感度も高く、人気のある性格・性質の人だといえるでしょう。 「温室育ち」と聞いてマイナスイメージのまま接してみたら、案外素敵な人だった…というのは、よくあることですよね。 そんな意外性もある温室育ちの方の特徴やメリット・デメリットを詳しくご紹介していきます。

「温室育ち」の意味と類語・対義語

「温室育ち」の類語としてはちょっとネガティブなイメージのものが並びます。 ・世間知らず ・箱入り娘 ・坊ちゃん育ち ・過保護 ・苦労知らず 対義語としては、以下のようなものがあります。 ・雑草育ち ・放任 ・地育ち 温室のように恵まれた環境で育つのではなく、どんなに過酷な環境に置かれても負けずに育ってきた人、といった意味が多く含まれています。

温室育ちの人の特徴って?

人によってイメージが大きく異なる「温室育ち」。 貴方は「温室育ち」と聞いてポジティブさを感じますか?それともネガティブさの方が強いでしょうか? この項目では、温室育ちの方の特徴を解説していきます。

優しい

温室育ちの方はほとんどの人が優しい性格を持ちます。 温室育ちと呼ばれる人は幼い頃から周囲に大切にされ、優しく育てられてきた記憶や経験がそのまま反映されています。 「人の温かさ」をしっかり持ち、誰にでも優しく接します。 異性として見た時、この部分に強く惹かれる方が多いようです。

穏やか

人に接する時に決して警戒したりケンカ腰にならず、とても穏やかに接するのも温室育ちの方の特徴です。 他社に対する警戒心が薄く、まず「善人」であることを前提に対応するため、とても穏やかで柔らかい印象を持たせてくれるのです。 態度が穏やかな人に対して突然警戒したりケンカ腰のまま接する人は少ないでしょう。お互いに穏やかな気持ちで人間関係を築き上げていけるのも、温室育ちの方ならではの特徴です。

綺麗で整っている環境を好む

温室育ちの方は、元々環境が綺麗で整っている世界で育っています。荒んだ環境や社会とは無縁で、そういったものを受け付けない、寄せ付けない性質を持ちます。 無意識で綺麗で整っている環境を選んでいくことで、周囲の人達を含めた自分の精神や心を安定させ、その維持ができます。 カフェやレストランを選ぶ時にもその兆候は強く出ます。綺麗で整っている環境は、温室育ちの方にとって常に必要としているものだといえるでしょう。

温室育ちのメリット

温室育ちの方が持つメリットとはどんなものでしょうか?順に見ていきましょう。

心遣いが細やか

温室育ちの方は相手の感情に配慮し、心を寄り添わせて対応することを得意としています。 これは「育ちが良い」方にも共通することですが、自分が配慮され、心を寄り添わされて育った方は、その育ちがそのまま性格に影響します。 相手の気持ちになって考えてくれる、配慮して行動してくれることは誰でも嬉しいことです。温室育ちの方の大きなメリットといえますね。

寛容である

寛容とは、「心が広く、人の行動や言動を大らかに受け止め、受け入れる気質」のことを指します。この寛容さも温室育ちの方が持つ大きなメリットです。 例え人が失敗したり間違ったりしても、その事を責めることなく寛大な心で対応する。理想的ともいえる気質です。 これも心遣いと同じく、育った環境によるものです。失敗や間違いをしても寛容に受け入れてもらった過去があるのでしょう。 こういった友人や知人がいると勇気づけられますね。

周囲の人を大切にする

子どもの頃から大切にされてきた温室育ちの方は、周囲の人も大切にします。 大切にされた記憶はそのまま思いやりの心に変わり、多くの人に対して優しく大らかな気持ちで接することができるのです。 温室育ちの方が持つ思いやりはメリットやデメリットを考えるものではなく、無条件の思いやりであり優しさです。 その優しい気持ちや見返りを求めない行動が愛され、大切にされていきます。 これも大きなメリットですね。

温室育ちのデメリット

ここまでは温室育ちの方のメリットについてご紹介してきました。 ここからはデメリットについて詳しくご紹介していきます。

打たれ弱い

恵まれていてなおかつ安定した環境に置かれていた温室育ちの方は、非常に心身も穏やかで安定しています。 しかし、他の人よりも圧倒的に足りないものがあります。それが、経験や体験です。 辛い経験や苦い思い出といったマイナスなものに対しての耐性がないため、ちょっとしたトラブルや問題に対して対応できない、打たれ弱い面があります。 よく、辛い経験や苦い思い出・記憶は「心を育てる」ことに大きく役立つといわれます。その経験が他者よりも少ないのが、温室育ちの方によくあるデメリットです。

向上心や競争心がない

近年、日本の若者は「向上心が欠如している」という評価が多く見られます。 出世したくない、役職に就きたくないという人が増えている傾向にあるそうです。 温室育ちの方はこの傾向がさらに顕著です。元々の生活が豊かで満ち足りていることが大半で、いわゆる「ハングリー精神」が欠如しているといわれています。 他者と競争して何かを勝ち得るよりも、平和に物事が進めばそれでいい。 生活の品質や個人の存在価値が尊重されていれば、あえて競争して勝ち負けを意識することはない、というのが温室育ちの方には多いようです。

プライド・自己愛が強く傷つきやすい

思いやりや優しさといったものを温室育ちの方のメリットとして上げましたが、裏を返せば「自分にも思いやりを持って優しくして欲しい」ということです。 温室育ちの方は基本的に大切に育てられ、ある程度のワガママも許してもらえる環境です。 そのためプライドや自己愛は非常に高く、そこを傷つけられると非常に傷つき、時には激高してしまいます。 社会に出てから、上司や先輩といった上下関係で上手くいかない…と悩んでしまうのも、温室育ちの方に多い悩みです。 厳しくすればするほどプライドややる気が失われ、仕事やプライベートでも生きづらくなってしまうでしょう。 広く優しい心と思いやりで接するのが、温室育ちの方と上手くやっていくためのコツといえますね。

温室育ちの環境で育った人は使い物にならないのか?

温室育ちの方のデメリットを見ていくと、社会で生きていくには難しいように感じるかもしれません。 本人はもちろんの事ですが、周囲も扱いづらくどう接したらいいのかわからない…といった悩みを持ってしまいます。 しかし、いくつかのポイントを押さえておけば、意外に「使える」印象になっていきます。 そのポイントをご紹介していきます。

1.「決して怒っている・責めている訳ではない」ことを前提に注意する

仕事をしている時やプライベートで接する時、こちらがイライラしたり思わず怒鳴りたくなるようなシーンがいくつも出てくるでしょう。 しかしそれを注意する時、明らかに「怒る」「責める」といった口調で話すと、温室育ちの方はあっという間に心を閉ざしてしまいます。 特に職場で注意を受けてしまうと極端に傷ついてしまい仕事に支障が出てしまうことがあり、言い方に注意が必要です。 プライベートでも密接な関わりを持つ時はできるだけ穏やかな口調で優しく注意すると、案外しっかりと受け入れてくれます。

2.先々に起こる可能性のある問題やトラブルを予測して話しておく

温室育ちの方は、仕事でも人間関係でも苦労やトラブルの経験があまりありません。普通なら想像できるトラブルや問題も予測できず、思いがけないことが起きると一気にパニックになってしまいます。 特に職場でのパニックには要注意です。一度パニックになってしまうとなかなか収まらず、仕事にも支障が出てしまうでしょう。 これを回避するためには、職場や業務上であらかじめ起こる可能性のある問題やトラブルを話しておくことです。 自分だけではなく、相手にも予測させておくことにより、トラブルや問題が起きても冷静かつ理性的な対処ができるでしょう。

3.置かれている環境を大きく変化させない

温室育ちの方への理想的な対処法は「環境を変えない」ことです。 温室育ちの方は環境に対する変化に弱く、大きなストレスになります。 特に職場における頻繁な部署異動や配置換えは、パニックやトラブルの原因となります。 やむを得ず職場の環境を変えさせる場合は、なるべく早い段階で説明しておくことをお勧めします。 あるいは徐々に環境を変えていくといった配慮を行うと大きなパニックやトラブルが軽減されるでしょう。 どうやったら精神的に大きな負荷をかけないかを考えると、温室育ちの方でもしっかり社会で活躍できる存在になっていくはずです。

4.良い点をしっかりと褒め、評価する

最もモチベーションが上がり、やる気を起こさせる有効な手段です。 プライドややる気を維持させるのと同時に、「自分も会社に貢献できている」「必要とされている」という意識を持たせることが重要です。 職場で「しっかりと会社や職場に貢献している」「職場にとって必要な人材である」存在であることを、人事査定や面談の時等にしっかり強調していきましょう。 温室育ちの方にとって、給料は大きな価値基準にはなりません。いかに会社から、他者から評価され、貢献していると感じるかを大切にします。 そのためにも、口に出して良い点をしっかりと褒め、評価してあげましょう。 温室育ちの方に「言わなくてもわかるだろう」は通用しません。良かった点と改善点を両立させながら接してあげるとさらに効果的です。

温室育ちのデメリットを克服する方法

今までの内容で「自分は温室育ちなのかもしれない…」と感じた方もいらっしゃるでしょう。 温室育ちは決して悪いことではありません。デメリットを克服できれば非常に評価される存在です。 その克服方法をご紹介していきます。

常に「謙虚である」ことを意識する

温室育ちの方が持つプライドや自己愛は、度が過ぎるとほぼ拒絶されてしまいます。 それを克服するためには、できるだけ「謙虚さ」を忘れないことです。 謙虚とは「自分を偉いものと思わず、素直に学ぶ気持ちがあること」を指します。 その意味の通り、自分の置かれていた立場や環境から物事を判断せず、他者からしっかり多くの事を学ぶ気持ちを持っていきましょう。 その姿勢を感じるだけでも、周囲の人の多くが理解を示してくれるはずです。

他者の意見や考え、経験則を聞き尊重する

「言われるうちが華」という言葉があります。これは「人が色々と注意しているうちは自分を気にしてくれ、可能性があるからこそ。耳を傾けておきなさい」という意味です。 温室育ちの方ではなくても、自分の意見や考え、経験則からものを言われるのは不愉快だと感じます。 しかし、言いにくい事を指摘して改善するよう促してくれるということは、その人に今後の「可能性」があるからこそであり、その人を思っての発言です。 そう考えると、他者の口出しもしっかり受け止められるはずです。意見を聞き、尊重する姿勢を持ちましょう。

わからないことは素直に質問する

仕事やプライベートで、わからないことは素直に聞いてみることが大切です。 この「聞く」という行動は、プライドの高い温室育ちの方には少し難しい部分があるかもしれません。 しかし、ここで聞けるかどうかが、温室育ちの方のデメリットを克服するためには非常に重要です。 自分自身のプライドでなかなか聞けないかもしれません。だからといって、自分の思うがままに行動してしまうと、多くの人から呆れられてしまいます。 わからないことはその都度質問する、簡単なことですが慣れるまでには時間がかかります。勇気を持って実践していきましょう。

温室育ちが持つ特徴をしっかり把握していい関係を築こう!

自分の近しい人が温室育ちだったら、あるいは自分が実は温室育ちだったら…?どちらにしても、温室育ちであることは決してマイナスなだけではありません。 温室育ちであることは何がメリットで何がデメリットなのか、どう対応しどう克服していけばいいのか。 大切なのは「正しい知識」とそれを活用する「行動力」です。 最近では人に対しても物事に対しても「多様性」を認め、受け入れることが大切だといわれています。温室育ちである事を受け入れ、改善できるところは改善していく。 その気持ちを持ち続けることで、温室育ちの方が持つメリットを最大限生かしていけるでしょう。 温室育ちであるかどうかも大切ですが、「どんな人か」を見極めることも大切です。 その上で自他共に気持ち良く過ごせる関係性を築いていけるようにしていけるといいですね。

短期間であんなに音痴だった私が...?

歌がうまかったらなんて人生楽しいのだろう...そう何度も思ってきました。 昔の私は音痴で人とカラオケに行くことすら怖かったんです。 そんな私が、なんと「無料の講義内容を実践」するだけで、びっくりするくらい歌が上手くなったんです!! その秘密はこちら↓

関連記事

ライター

まこと

まこと

フリーランサー&ライター&パワーストーンデザイナーという三足の草鞋を履くアラフォー。 メンタルや心...

人気記事

新着記事