2019年07月11日公開

2019年07月11日更新

字が汚い女は損?字が汚い女の性格・原因から字が綺麗になる方法までを紹介

字が汚い女性、たまに見かけますよね。字が汚い女性はどのような性格の方が多いのでしょうか。また、その原因はどのようなものなのでしょう。字が汚い女性は損をしていることもあるのです。今回は字が汚い女性の性格や原因から綺麗な字を書ける方法を紹介していきます。

字が汚い女をどう思いますか?

あなたの周りに字が汚い女性はいませんか?身近に字が汚い女性がいるとしたらどう思いますか? 例えば、あなたは仕事中に少し席を外していました。その間に自分宛に電話があったとしましょう。社内の誰かが代わりに電話対応をしててメモを残しておいてくれました。

しかし、殴り書きのような文字で内容が分かりません…。仕事中にこのようなことが起こったら困ってしまいますよね。 または、あなた自身、大事な書類に文字を書くときに「キレイに書く自信がない…」なんてことありませんか?今回は字が汚い女性について掘り下げていきます。

字が汚い女の特徴

字が汚い女性とはどんな人なのでしょう。文字が汚い女性の特徴をいくつか紹介していきます。身近に字が汚い女性がいる人、「私ってあまり字がキレイではないかも…」と思う方は、どの特徴に当てはまるか見てみてください。

特徴1:字が汚い女性は「せっかち」

せっかちな人は時間を無駄にしたくないという意識が強いです。1分でも無駄な時間を使いたくないため、常に先のことを考えて早めの行動をとっていますよね。ですから、文字を丁寧に書く時間すらも惜しく感じているのです。 せっかちな女性の書いた文字を見てみてください。「早く書いて他のことに時間を割きたい」という考えで文字を書いているため、走り書きのような文字になっていませんか?

特徴2:字が汚い女性は「大雑把」

字の汚い女性は細かいことを気にしない「大雑把」な性格です。大雑把な女性の書く文字の特徴としては「豪快で思い切りよく、大きな文字」であることです。このようなタイプの女性は、画数の多い漢字や細かい文字を書くのは苦手です。

特徴3:字が汚い女性は「サバサバしている」

あなたの周りにサバサバしている女性はいませんか?「周りの人にどう思われようが、自分は自分」と自分のスタイルを貫くタイプの女性が書く文字に注目してみてください。なんだか、性格が出ていると思いませんか? サバサバしている女性は「可愛らしい丸文字」ではなく、サッパリとしたクセの少ない文字を書きます。

特徴4:字が汚い女性は「面倒くさがり」

字が汚い女性は面倒くさがりな一面を持っています。近頃、便利な世の中になってきていますよね。わざわざ紙を用意して文字を書かなくても、スマホやタブレットさえあれば完結してしまうことも増えてきました。 今では学生もタブレット端末で授業を受けたり、社会人は業務上必要な書類が電子化していたり、と文字を書く機会が圧倒的に減っています。面倒くさがりの人からしたら普段しないことをするということははっきり言って面倒です。その結果、文字が雑になってしまうのです。

特徴5:字が汚い女性は「自己中心的な考えをもっている」

文字が汚いことに気づいてはいるけど、自分さえ読めれば良いという考えをもっている人もいます。このタイプの女性は「なんて書いてあるか分からなければ、聞いてくれれば良いんだもの。」と考えているため、文字を書くときに周りの人のことは考えません。

特徴6:字が汚い女性は「不器用」

細かい作業をこなしたり、同時に複数の作業を進めることが苦手な不器用な女性は、キレイな文字を書くことも苦手です。特に漢字の中には、画数が多く細かいものも沢山あります。バランスの良さも重要なポイントです。 不器用な女性にとって、文字をバランス良くキレイに書くということは難しいことなのです。文字をキレイに書くということは、「とめ・はね・はらい」など複数の要素や文字の大きさや全体のバランスなど様々なことを気にしなくてはならないからです。

字が汚い女の字が汚い原因とは

ここまで文字が汚い女性の特徴をご紹介してきましたが、そもそも文字が汚い原因ってなんなのか気になりますよね。次は文字が汚い原因についていくつかご紹介していきます。

原因1:字が汚い女性は「頭の回転が速い」

突然ですが、「頭の回転が速い人は文字が汚い」と聞いたことはありますか?頭の回転の速さに対して、文字を書くスピードを合わせようとするため殴り書きのような文字になってしまうのです。自分の頭の中でアイディアが次々に溢れ出てくるため、文字を丁寧にゆっくり書いている余裕はありません。

原因2:字が汚い女性は「急いで書く癖がある」

思わず「そんなに急がなくても…。」と突っ込みたくなるくらいものすごいスピードで文字を書く人を見かけたことはありませんか?文字を書くスピードは人それぞれですが急げば急ぐほど、文字は雑になります。 忙しい環境に身を置いていたり、せっかちな性格な方は文字を急いで書く傾向にあります。例えば、業務の中で「この書類にサインをしてほしい。」と依頼される機会が多いとしましょう。目の前でサインを書き終えるのを待っていてくれていると思うと、急いで書かないといけないという気持ちになりませんか? 日常的に急かされる状況にいると急いで書くことが癖になります。急いで書いた文字ってお世辞にもキレイとは言えませんよね。

原因3:字が汚い女性は「ペンの持ち方を間違えている」

たまに個性的なペンの持ち方の人を見かけることはありませんか?ペンの持ち方が正しくないと、力加減が上手く調整できずキレイな文字を書くことができません。また、誤ったペンの持ち方は「ペンだこ」の原因にもなりますし、指先の疲労の原因にもなります。

原因4:字が汚い女性は「字を書く機会が減り、書き方を忘れている」

久しぶりに書いた文字ってなんだか汚いな…と感じることはありませんか?「字が汚い女の特徴」の「特徴4」でも触れていますがここ数年、IT化が進んでいます。そもそも、文字を書くという機会が減っています。 文字を書く機会が減れば、身体に染みついていた文字の書き方も段々薄れていき、キレイな文字が書けなくなります。

原因5:字が汚い女性は「マイナスな感情が溜まっている」

文字にはその時の精神状態が表れることもあります。例えば、疲労が溜まっているときって、何もしたくありませんよね。文字を書くということすら面倒に感じてしまうものです。その疲労こそ、文字に「雑さ」という形で表れます。 また、殴り書きのような文字を書いている人は心の中に怒りの感情を抱えていることがあります。特に、筆圧強めの殴り書きは「溜まっているストレス」が文字に表れている可能性があります。周りにそのような文字を書く人がいたら、悩みがないか聞いたり、一緒にストレス発散になるようなことをしてあげると良さそうです。

字が汚い女に対する男性からの印象とは

男性からすれば、字がキレイな女性はやはり好印象なものです。具体的にどのような印象をもっているのでしょうか。男性からの印象をご紹介していきます。

印象1:字が汚い女性は個性的

字が汚い女性は「個性的な子」という印象を持たれます。例えば、ギャル文字を彷彿とさせる文字や、「はね」の部分が大きいものや、サインのような文字を書く女性は個性的で変わった子と思われることがあるでしょう。プラスに捉えれば、男性から覚えてもらいやすい女性とも言えますね。

印象2:字が汚い女性は幼稚な印象

字が汚い女性は幼稚な印象を持たれがちです。例えば、好きな男性とレストランに行ったとしましょう。店内は混んでいて、順番待ちの用紙に名前を書かなくてはならない状況です。 ただ名前を書くだけですが、文字が汚いと「なんだか残念だなー、この子って意外と幼稚なのかも。」と思われてしまいます。どうしても子どもっぽく幼い印象を与えてしまうのです。

印象3:字が汚い女性は「親近感が湧く」

これは意外かもしれません。字が汚い女性は男性に親近感を与える場合もあるのです。文字がキレイなことは、とても良いことです。 しかし、少し砕けたような字を書く女性は「俺と似ている部分があるかも」、「近寄りがたいと思っていたけど、案外話しかけやすい子なのかも」という印象を与えることもあります。

印象4:字が汚い女性は「仕事が出来なさそう」

字が汚いと「適当な仕事をしそう」、「任せた仕事も後回しにして忘れられそう」などマイナスな印象を持たれてしまいます。一生懸命仕事をしていても、文字一つでそのような印象を持たれてしまうとしたら…悲しいですよね。ビジネスシーンにおいて、キレイな文字を書くということは信用に値するのかの判断材料にもなるのです。

印象5:字が汚い女性は「自由奔放に見える」

文字の大きさや文字間隔がバラバラで字が汚い女性は、男性から「自由奔放」なイメージを持たれることもあります。周りの目を気にせず、自分の思うとおりに生きている…そのような印象です。自由奔放をプラスに捉えるかマイナスに捉えるかは人それぞれですね。

字が汚い女が綺麗な字を書く方法

字が汚い女性がキレイな文字を書くためには、どうしたら良いのでしょうか。技術的な部分を改善と意識的な改善が必要です。ここでは、キレイな字を書くための方法についてご紹介していきます。

方法1:字をキレイに書けるよう練習する

字が汚い女性がキレイな字を書く方法ですが、まずは「練習あるのみ」でしょう。キレイな文字を書く練習といっても具体的にどのような方法があるのか、ご紹介していきます。

ペン字通信講座を利用する

ここ数年、ペン字の通信講座が流行していますよね。何事も形から入りたいという方は通信講座で学習するという方法がオススメです。通信講座で担当講師がついていてくれると、ちゃんと練習しようという気持ちになりますよね。 通信講座だと大抵、添削までしてくれるので自分では気づかない癖を知ることもできます。一人だとやる気が湧かない、誰かに見守ってほしいという方は通信講座を検討してみてはいかがでしょうか。

書店でペン字練習帳を購入する

通信講座はそれなりにお金もかかります。もう少し手軽に練習したいという方は書店で「ペン字練習帳」を購入するのも良いでしょう。

ネットを利用してペン字の練習をする

ネット上には無料でペン字のお手本用紙がダウンロードできるサイトも存在しています。PCと紙とペンとプリンターさえあれば無料で練習出来てしまいます。なお、PC上でなにかをダウンロードするときは、ウイルスなどセキュリティ上問題がないか自身で情報収集しましょう。

方法2:他人の目を意識する

これまで周りの目を気にしていなかった方も、周りの目を意識してみましょう。文字が汚いと損をします。ガサツだと思われたり、仕事ができないと思われたり、あまり良い印象はありません。 文字はその人自身を表します。他人に見られているという意識を持ち、丁寧な文字を書くように心掛けましょう。

方法3:ペンを正しく持つ練習をする

「字が汚い女の字が汚い原因とは」の「原因3」でも触れていますが、正しくキレイな文字を書くためにはペンを正しく持つことが重要です。ペンを正しく持つことが出来ないと力の強弱がつけられず「とめ、はね、はらい」が上手に出来ません。 正しいペンの持ち方のコツとしては、無駄な力を加えずペンを支えるように優しく持つことです。詳しくは、書店に並んでいるペン字の本や動画サイトで正しいペンの持ち方を見て真似してみましょう。

方法4:自分の中の意識を変える

キレイな文字を書くために、技術的な部分を変える努力は大切です。それと同時に自分の中の意識を変えるということも大事なのです。「ゆっくり丁寧に、気持ちを込めて書く」という気持ちを持ってみましょう。 手紙を書くときのことを考えてみてください。気持ちを込めて相手のことを想いながら、書きますよね?心のこもった文字は何も考えずに書いた文字よりも気持ちが伝わるものです。

大切なのは心を込めて書くということ

今回は、字が汚い女性の性格や特徴、字が汚い原因からキレイな字が書けるようになる方法についてご紹介させていただきました。文字にも人の性格が表れていると思うと、なんだか興味深いですね。 ビジネスシーンにおいてもプライベートにおいても、字がキレイだとしっかりした印象を与えることができます。反対に、字が汚い女性は「雑」、「子供っぽい」という印象になり損をすることもあります。

「私の字って汚いかも…」と心配な方は、キレイな文字が書けるよう練習してみましょう。キレイといっても達筆でなくて良いのです。一番大切なのは、心を込めて書くということです。 また、この機会にあなたの周りの人がどのような文字を書くのか、見てみてください。新しい発見があるかもしれませんよ。

好きなことをして年収1億!?

「こんなにあくせく働いて、この給料かよ...」そう感じているそこのあなた。 実は今、100年に一度のビジネスチャンスが到来しているのです。 好きなことだけをして年1000万、2000万と稼ぎ出す人があとを絶たない、そんな時代がやってきています。 一体なぜ彼らは好きなことで稼ぐことができているんでしょうか? その秘密は...詳細はこちら↓

関連記事

ライター

moguu

moguu

学生時代、心理学を学んでいました。 心理学に関すること、夢占いなどの記事を書いています。...

人気記事

新着記事