2019年06月26日公開

2019年06月26日更新

本気になれないのはなぜ?仕事に本気になれない理由と本気になる方法を解説!

仕事に本気になれないと、あなたにとって多くのデメリットが生じます。あなたは仕事に本気になれないと感じたことがありますか。そんな、仕事に本気になれずに、日々悶々と仕事をするあなたのために、仕事に本気になれない人の特徴や、本気になれる方法などをご紹介していきます。

どうも最近仕事に本気になれない...

あなたは最近、仕事に本気になれないと感じたことがありますか?もしそうなら、あまりにも1日が長く、一刻も早く帰宅して、好きなテレビでも観たいと思うのではないでしょうか。でも、それはあなただけではありません。誰だって、本気になれないと感じたことがあります。 でも、あまりも長く、仕事に本気になれない日々が続くと、職場に行くのが憂鬱になったり、仕事自体に身が入りません。そのため、周りに迷惑をかけてしまうこともあります。 そこで、できることなら、仕事に本気になれない自分を克服して、一刻も早く本気になりたいと願うあなたのために、仕事に本気になれない理由と、本気になるための方法についてご紹介していきます。

仕事に本気になれない人の特徴

仕事に本気になれない人には、ある共通する特徴があります。それらの特徴の中には、あなたにも当てはまる特徴があるかもしれません。たとえそうであっても、決して落胆する必要はありません。むしろ、本気になれない自分を変えるきっかけになると、前向きに捉えましょう。

やりたいことがわからない

仕事で本気になれない人の特徴の一つに、自分がやりたい仕事がわからないというものがあります。特に、学校を卒業したばかりの人に、そのような特徴がある人が多くいます。 なぜなら、そのような人は仕事に従事した経験が少ないので、自分が本気になれる仕事を判断する材料に乏しいからです。そして、卒業を機会にいざ企業に入社しても、仕事の面白みが感じられれず、仕事に本気になれないと感じてしまいます。 もちろん、最初からやりたい仕事が明確な人がいます。でも、やる前には本気モードでも、いざ仕事を始めてみると、「こんなはずではなかった」とがっかりする人がいます。それでも、一生懸命努力しても、仕事に本気になれない気持ちを、簡単には克服できません。

何をやっても中途半端

仕事に本気になれない人の中には、仕事に限らず、何をやっても中途半端な特徴を持つ人がいます。そのような人は、たとえ周りの人が尻拭いをしても、「やってもらって良かった」と思うだけで、人に迷惑をかけているなどとは、微塵も感じていません。 なぜなら、そのような人は、小さな頃から達成感を味わったことがないので、物事を最後までやりきる姿勢に欠けます。すると、何事にも中途半端が当たり前になり、大人になっても、仕事に本気になれないまま成長します。 たとえば、良い指導者につけば、最後までやりきる喜びを知ることができるでしょう。でも、そのような人を本気にさせる、根気ある指導者に巡り会わなければ、いつまでたっても、仕事に本気になれない気持ちを持ち続けるでしょう。

本気になるのがカッコ悪いと感じている

仕事に本気になるのがカッコ悪いと感じているというのも、仕事に本気になれない特徴の一つに挙げられます。 なぜなら、そのような特徴の人は、一生懸命仕事に打ち込む姿を見せることが苦手で、むしろ、何事もなくサラッとこなすことを、カッコいいことだと信じているからです。そして、額に汗して働く人を鼻で笑い、自分は決して本気になって仕事に取り組もうとはしません。 もちろん、すべての仕事をサラッとこなせれば、問題はありません。でも、そのような人は、自分ができないと感じた仕事は絶対に引き受けず、他の人にやらせようようとします。そして、自分がその仕事で本気になることを回避し、いつまでも仕事に本気になれないままです。

本気になれないデメリット

あなたも感じているように、仕事に本気になれないのは、決して褒められたことではありません。もしろ、本気になれないことで多くのデメリットを被ります。 そのような、自分にとって都合の悪いデメリットを被らないためにも、あらかじめ、仕事に本気でなれないことで、どのようなデメリットがあるのか理解しておきましょう。

自己成長の機会が失われる

仕事に本気になれないデメリットに、自己成長の機会が失われるというがあります。そして、自己成長できない仕事は楽しくなく、決して長続きしません。 なぜなら、たとえ困難な仕事でも、一生懸命取り組んだ結果として、多くのことが学べるからです。達成できれば、もっと大きな仕事ができるという自信につながり、たとえ達成できなくても、そこから多くのことが学べます。 たとえば、あなたは本気になれないままダラダラと仕事をして、仕事が楽しいと感じますか。もしそうなら、誰も本気に仕事をしようとは思いません。本気になって仕事をすることで、自分の成長が感じられるので、仕事が楽しくて仕方がなくなるのです。

出世ができずに後悔する

仕事に本気になれないまま仕事を続けると、思うように仕事が捗らないばかりか、出世ができずに後悔することがあります。 なぜなら、仕事に本気になれない人は、与えられた最低限の仕事しかやるつもりがなく、プラスアルファの仕事をすることなど、一切考えていないからです。そのような人は、自分の仕事が終わっても周り人を手伝おうともせず、定時になるのを心待ちにしています。 たとえば、あなたが上司なら、仕事に本気になれないこのような部下と、仕事に本気で取り組む部下、どちらを出世させたいと感じますか。おそらく、仕事に本気になれない部下は、出世対象から外すでしょう。そして、本気になれない部下は、後悔しても取り返しがつきません。

周囲から孤立する

仕事に本気になれないと、周囲から孤立するデメリットがあります。一度周囲から孤立すると元に戻るのが困難になり、やがては職場を去らなければならないことさえあります。 職場で働く多くの人は、自分の生活やプライド、楽しみなどのために、仕事に本気になります。でも、一部の仕事に本気になれない人がいい加減な仕事をすると、一生懸命仕事をする人の足を引っ張ります。そして、やがては仕事に本気になれない人は疎ましく思われます。 最初のうちは大目に見てくれることもあるでしょう。でも、あまりに目に余るほど、本気になれない態度が続くと、周りの人は、仕事に本気になれない人と働くのが嫌になり、気がつけば、仕事に本気になれない人は周囲から孤立するデメリットを被ります。

なぜ本気になれないのか?

このようなデメリットがあるにも関わらず、なぜ仕事に本気になれない人がいるのでしょうか。次にあげる仕事に本気になれない原因の中には、あなた自身が気づかない、仕事に本気になれない理由がある可能性があります。 本気になれない自分を変える手がかりを見つけるために、自分と真剣に向き合って、なぜ、自分は仕事に本気になれないかと、自らに問いかけてみましょう。

今の仕事が本当にやりたい仕事ではない

もし、あなたが今の仕事に本気になれないのは、その仕事が自分が本当にやりたい仕事ではないのではないでしょうか。 なぜなら、上司から押し付けられたり、過去に失敗などの苦い経験のある仕事は、やらされ感や拒絶感が先立つので、簡単には本気にはなれません。むしろ、嫌々取り組むことで思うように仕事が捗らず、ますます本気になれない気持ちばかりが募っていきます。 もちろん、そのような仕事でも考え方を変えて取り組めば、本気になれる場合があります。でも、本気になるには相当のエネルギーと時間を要するので、強い心や柔軟な考え方ができない人は、途中で投げ出してしまうか、本気になれないままダラダラと仕事を続けます。

完璧な仕事したい

もしかして、あなたは、仕事に完璧を求めるタイプの人ではないでしょうか。それにしても、なぜ完璧な仕事をしたい人が、仕事に本気になれない気持ちになってしまうのでしょうか。 なぜなら、仕事に取り組む前は、誰だってこの仕事を完璧にこなしたいと決意します。でも、進めるうちに、不都合が発生することがあります。でも、仕事に完璧を目指す人は、仕事での失敗が受け入れらず、最初の意気込みが砕かれて、仕事に本気になれなくなります。 仕事に失敗はつきものです。ましてや、困難な仕事や初めての仕事に取り組むならなおさらです。完璧な仕事をしたい人は、「失敗してはいけない」と、あまりにも理想が高いので、少しの失敗でもがっかりと肩を落とし、仕事に本気になれないと感じてしまいます。

仕事に本気になっても報われなかった

あなたは過去に、仕事に本気になって取り組んだにもかかわらず、報われなかったことがありませんか。そのような体験をすると、仕事に本気になれない場合があります。 たとえば、本気になって仕事をしても、上司に正しい評価をされなかった。あるいは、同僚よりも仕事ができると思っていたにもかかわらず、出世を越された。これらの苦い経験をすると、本気になっていた反動も相まって、仕事に本気になれない気持ちが募ります。 もちろん、そのような苦境を跳ね返して、さらに本気度を高める人がいます。でも、そのようになるには、仕事のモチベーションを高められる、新たな目的を持たなければ、仕事に本気になれない気持ちを克服することが、とても難しく感じられてしまいます。

どうすれば本気になれるのか?

本気になれないことで被るデメリットや、本気になれない原因を知れば知るほど、本気になれない自分をどうすれば変えられるのかと、強く感じるようになりませんか。そんな気持ちが湧いてきたあなたなら、ちょっとした努力で、仕事に本気になれない自分を克服できます。 最後に、仕事に本気になれない自分を変える方法を5つご紹介します。最初は、思い通りできなかったり、どれが自分に合った方法かを見極めることが難しいでしょう。それでも、やり続けることで手応えを感じて、本気になれない自分が変わるのが実感できます。

細分化した目標を立てる

細かく目標を立てることは、仕事に本気になれない自分を克服する手段として有効です。 なぜなら、細かい目標を一つ一つクリアすることで、その度ごとに達成感が感じられ、仕事に対するポジティブな気持ちを持ち続けられるからです。たとえ、ある目標につまずいても、細分化された目標ならすぐに取り返しがつき、仕事に本気になれないことが避けられます。

リスクを恐れない

リスクを恐れなければ、仕事に本気になれない気持ちを変えられることが期待できます。 なぜなら、仕事には失敗というリスクが付き物だからです。もちろん、全て思い通りに運ぶ仕事ができることもあるでしょう。でも、多くの人は様々な失敗を重ねながら、より高度な仕事ができるようになります。 最初からリスクを恐れるあまり、腰の引けた態度で仕事に望めば、新たなるリスクが発生します。リスクを恐れるあまり仕事に本気になれないよりも、リスクを発生させないことに本気になることが大切です。たとえ、それでリスクが起きても、その後の成功の糧になります。

仕事に完璧を期さない

仕事に完璧を求めず、自分にとって納得できる仕事をしようとすれば、仕事に本気になれないあなたが、仕事に本気になれるきっかけがつかめることが期待できます。 先述したように、完璧な仕事をしたいと望む人ほど、少しのつまずきで仕事に本気になれない気持ちに包まれます。仕事でには失敗が付き物です。むしろ、失敗からこそ多くのことが学べると考え、フレキシブルな考えで仕事に取り組んでみましょう。

人と比べない

人と比べないことは、仕事に本気になれる自分に変わることを、大いに手助けしてくれます。 なぜなら、自分と人とを比べても「百害あって一利なし」だからです。たとえ、ある人と比べて優越感を感じても、世の中には、あなたより勝る人はいくらでもいます。間違って、そのような人と比べてしまったら、あなたが劣等感に陥ることが目に見えています。 人と比べるということは、あなたが自信がない証拠です。自信に満ち溢れている人を想像してください。そのような人は、自分と人とを比べはせずに、自分がやるべきことが明確です。仕事についてもやるべきことがはっきりしているので、いつでも本気モード全開です。

仲間と助け合う

仲間と助け合いながら仕事をすることは、仕事で本気になれない自分に勇気を与えてくれる、最も有効な手段です。 仕事に本気になれない人の多くは、全てを自分で抱え込んでしまったり、周りの人たちとのコミュニケーションの不足が見受けられます。そのような態度では、思い通りの時には良くても、行き詰まった時には自分の殻に閉じこもり、仕事に本気になれなくなる時があります。 なるべく、周りの人とのコミュニケーションを深めて、お互い助け合いながら仕事をするスタンスで臨めば、いつの間にか、仕事に本気になれる自分を感じられるようになります。

仕事に本気になれない自分を克服してポジティブに仕事をこなそう!

誰でも仕事に本気になれない時があります。でも、あまりにも長い期間仕事になれないと、多くのデメリットを被る危険があります。 ぜひ、仕事に本気になれる方法を実践して、ポジティブに仕事をこなすあなたに生まれ変わりましょう。そうすれば、周りの人があなたを見る目が変わり、あなた自身も充実に満ちた日々を送れるようになります。

電話占い今なら3000円分無料クーポンプレゼント!?

「電話占いってやってみたいけど、値段高いんだよなぁ...」 なんと、ココナラなら今だけ、3000円分無料クーポンプレゼントしちゃいます! クーポンをゲットして手軽に電話占いを始める方法はこちら↓

関連記事

ライター

No Image

success10

お世話になっています。 僭越ながら、少しでも読者の方々のお役に立てる記事が提供できるよう、努力...

人気記事

新着記事