2019年06月25日公開

2019年06月25日更新

根暗な人に共通する特徴とは?恋愛傾向や適職・改善方法も紹介!

根暗な人は自分から人に接することはなく、とっつきづらい印象を持たれる人です。あなたの周りにもいつも暗い表情でふさぎ込んでいる人がいませんか?この記事では根暗な人の特徴・性格・恋愛傾向・根暗になる原因・根暗の長所と短所・適職と根暗の克服方法を紹介します。

根暗な性格は変えられる?

根暗な人は元々の性格で暗い人と生活環境や過去の経験が原因で暗くなってしまう人がいます。 あなたの周りにも表情が少なくいつもうつむき加減な人がいたり、あなた自身がなかなか人の輪にとけ込むことができずに、いつも1人でいることがありませんか? この記事では「根暗」な性格の人の特徴・性格・恋愛傾向や、根暗な性格になってしまう原因・長所・短所、根暗な性格を改善する方法などを紹介します。

「根暗」の意味とは?根暗な人ってどんな人?

「根暗」とは表情の変化が乏しく常に暗い表情で、社交性がなく内向的な人のことを言います。 こうした特徴から周りの人から「とっつきづらい」「あまり積極的に人と関わろうとしない人」という印象を持たれることが多く、職場などでは孤立してしまう傾向があります。

根暗の類語

根暗の類語には「陰気」「引っ込み思案」「くらい」「内向的」「陰鬱」などがあります。 どの言葉も暗い印象を持たれる言葉が多く、自分から積極的に周りの人と関わろうとせず、明るく楽しい場所を好まずに自分一人で生活するような人というニュアンスの言葉です。

根暗の英語表現

「根暗」を英語で表現すると、「gloomy」です。 Gloomy people are always in their own world. (根暗な人はいつも自分の世界に入り込んでしまっている。) 「gloomy people」で「根暗な人」という意味になります。

根暗な人の特徴

次は根暗な人によく見られる行動特徴を見てみましょう。 根暗な人は「根暗」という漢字から分かる通り、明るい印象を持たれることは少なく、いつも暗くネガティブな印象で、社交性・積極性が見られない行動が目立ちます。それぞれの特徴について詳しく見てみましょう。

特徴1:いつもうつむいている

根暗な人の1つ目の特徴は、「いつもうつむいている」ことです。 これは根暗な人に最もよく見られる典型的な特徴です。根暗な人はいつもうつむいていて周りの人から敬遠されやすい雰囲気を醸し出しています。職場でも周りの人と関わる必要がないように意図的にうつむいて、会話をする必要がなくなるようにしています。 その結果、「友達」と言える人はいつも少なくなる傾向がありますが、そうなること自体が根暗な人が望んでいる状態でもあり、自分と同じようなくらい性格の人とだけ関わるようにしています。

特徴2:自分から話しかけることは少ない

根暗な人の2つ目の特徴は、「自分から話しかけることは少ない」ことです。 根暗な人は自分から人に話しかけることは少ないです。人から話しかけられれば必要最低限の返事はしますが、そこから関係を深めるためのコミュニケーションを取ったり、相手の人間性を理解するための質問を投げかけることはほとんどありません。 質問には答える、ただ自分から距離を縮めようとはしない(できない)のが根暗な人の特徴なので、始めて出会った時に関係を深めようとしてもなかなか会話が弾まない人は根暗な人と考えるべきです。

特徴3:声が小さい

根暗な人の3つ目の特徴は、「声が小さい」ことです。 根暗な人は自分に自信がなかったり、自分の考えが周りの人に知られることやそれによって自分がつっ込まれるのを恐れていて、声が小さくなりがちです。なるべく自分のことを知られないための1つの特徴と言えます。 「気の弱さ」が原因とも言えますが、根暗な人は自己主張など自分のことを積極的に発信するのが苦手な人が多いので、大きな声で周りの人に自分の意見を言うことはほとんどありません。

特徴4:笑顔が少ない

根暗な人の4つ目の特徴は、「笑顔が少ない」ことです。 根暗な人はネガティブで自分自身のことや自分の周りのことを常に否定的に捉えていることが多いため、暗い表情になってしまい笑顔が少なくなります。 周りの人が楽しくコミュニケーションを取っている時にも、根暗な人はその話のネタをネガティブに捉えてしまい、その性格上笑顔になれることが非常に少なくなってしまいます。

特徴5:姿勢が悪い

根暗な人の5つ目の特徴は、「姿勢が悪い」ことです。 根暗な人はネガティブ・自信がない・人と関わるのが苦手といった一般的に悪い印象を持たれる人間性であることが多く、そうしたことから自分に対する自信がありません。その結果萎縮してしまい姿勢が悪くなります。 必要以上に周りの人に対して劣等感を抱いているので、日常的に「自分は大したことない人間」と思いこんでいて、その心理傾向からいつも姿勢が悪くなり、目立たないようにしている印象を持たれます。

特徴6:集団行動が苦手

根暗な人の6つ目の特徴は、「集団行動が苦手」ことです。 根暗な人はコミュニケーション能力が低かったり、そもそも人と会話するのが苦手な人が多いので、必然的に集団行動が苦手な人が多くなります。集団行動が必要にな理想な時にはその場から遠ざかるようになる人もいます。 集団行動では周りの人と上手くコミュニケーションを取ってチームで仕事に取り掛かったり、結果を出すために協力する必要があります。ただ、根暗な人はそうした連携プレーが苦手です。

特徴7:飲み会では端の方に溜まっている

根暗な人の7つ目の特徴は、「飲み会では端の方に溜まっている」ことです。 根暗な人はコミュニケーションが苦手で、飲み会の場でもハメを外したり冗談を言い合って楽しく過ごすことが苦手なので、会社の飲み会などでも端の方にたまり共通の趣味を持つ人とその話をしていることが多いです。 たまに他の人に話を振られても上手く笑いにして返すことができなかったり、どう関われば良いのかわからなくなってしまうので、その場でモゴモゴしてしまうことも多くなります。

特徴8:行動力がない

根暗な人の8つ目の特徴は、「行動力がない」ことです。 根暗な人はネガティブな考えが先行してしまうので、新しいことにチャレンジしたり今置かれている状態を改善するための行動を取ることがなかなかできません。 そのため、普通の人以上に行動力がないと思われてしまうことも多く、いつまでも同じ問題を抱え込んで状況を変えることができません。

根暗な人の性格

次は根暗な人の性格を見てみます。 前の見出しで紹介した根暗な人によく見られる行動特徴は、ここで紹介する性格から来ています。根暗な人の性格をより詳しく見てみましょう。

性格1:他人の反応が気になる

根暗な人の1つ目の性格は、「他人の反応が気になる」ことです。 「自意識過剰」とも言えますが、根暗な人はいつも自分の行動に対する周りの人の目を気にしていて、「笑われてしまうのではないか?」「嫌われるのではないか?」と考えてしまいます。 そのため、自分が思ったとおりに行動することができず、いつも「どうすれば人に笑われずに済むか」を考えてしまいます。そのため、周りの人からは「面白みのない人」と思われることもあります。

性格2:自己肯定感が低い

根暗な人の2つ目の性格は、「自己肯定感が低い」ことです。 根暗な人は「自分は大したことない人間」「何もできない人」と思っていることが多く、自己肯定感が非常に低い人が多いです。その自己肯定感の低さが暗い表情・コミュニケーション能力の低さとなっています。 その結果、善意で話しかけてくれた人に対しても、「なんで自分に話しかけてきたんだろう?」と変な疑問を持つようにもなってしまい、うまく人と関わることができなくなってしまいます。

性格3:ネガティブ

根暗な人の3つ目の性格は、「ネガティブ」なことです。 ここまでにも何度が紹介しましたが、根暗な人はネガティブな考えが常に先行します。物事がうまくいっている状態では、「もうすぐ悪いことが起こる」と考えてしまい、悪い状況にいる時は「自分はこういう人間なんだ」と考えてしまいます。 つまり、物事の悪い側面しか見ることができなかったり悪い側面が気になってしまい、明るく振る舞ったり人と楽しく過ごすことができなくなってしまいます。

性格4:引っ込み思案

根暗な人の4つ目の性格は、「引っ込み思案」ことです。 これは人との接し方に特に見られる性格で、新しい環境に入っていく時には周りの人に積極的に話しかけることができなかったり、話しかけられてもその人とうまくコミュニケーションをとることができません。 また、職場で何かの代表を募っている時に自ら立候補することもできず、リーダーになると言うよりは人の言うことを聞いて動くチームメンバーとして行動することが多くなります。

性格5:寂しがり

根暗な人の5つ目の性格は、「寂しがり」ことです。 根暗な人は人とうまくコミュニケーションをとることができないので、場合によっては「人と関わることに必要性を感じていない人」と思われることもありますが、実は寂しがりやで、「もっとしっかり人と話をしたい」と思っていることもあります。 常に「もっと楽しく会話がしたい、でもどうすれば良いのかわからない」というジレンマに悩んでいるのが根暗な人で、思いとは裏腹のコミュニケーション能力の低さでいつも寂しさを感じています。

性格6:気が弱い

根暗な人の6つ目の性格は、「気が弱い」ことです。 根暗な人は「笑われる」「怒られる」「場の空気を見出してしまう」ということを必要以上に恐れていて、萎縮してしまいます。つまり気が弱く、その性格から姿勢が悪くなったり、声が小さくなってしまいます。 普通の人はそこまで気にしていないことやおかしな発言をしてしまうことも、「個性の一つ」と考えていても、根暗な人にとっては「笑われることは自分を否定されている」と深く考えすぎています。

根暗な人の恋愛傾向

次は根暗な人の恋愛傾向を見てみます。 ここまでに説明してきたとおり、根暗な人はネガティブで自分に自信がない人が多いので、恋愛についても自分から積極的に人にアプローチするのが苦手です。

傾向1:自分からアプローチできない

根暗な人の1つ目の恋愛傾向は、「自分からアプローチできない」ことです。 根暗な人はコミュニケーション能力が低く自分に自信がないので、基本的に恋愛でも自分からアプローチすることができません。 根暗な人は「自分は大したことない人」と考えているので、気になる人がいても「多分この人も自分に興味を持ってくれない」と考えてしまい、指をくわえるだけで声をかけられないことが多くなります。

傾向2:恋愛経験が少ない

根暗な人の2つ目の恋愛傾向は、「恋愛経験が少ない」ことです。 自分からアプローチできないことに加えて、常に暗そうな雰囲気を出しているので、周りの人からアプローチされることも少なくなり、必然的に恋愛経験も少なくなります。 どう異性と接すれば良いのかわからないので、そのまま歳を重ねていくことも多く、年齢=彼氏・彼女いない歴となることも多いです。

傾向3:イケメン・美女に対する劣等感が強い

根暗な人の3つ目の恋愛傾向は、「イケメン・美女に対する劣等感が強い」ことです。 根暗な人はいわゆるイケメン・美女と言われる外見が整っている人に対する劣等感が非常に強いです。実際はそんなに大差はなくても外見の差に対して大きな劣等感を感じていて、気になる異性に上手くアプローチできなくなります。 しかし、目立つ行動をすることができないので、ファッションなど他の方法で異性に魅力を感じてもらうための行動ができず、結果的に恋愛に発展することも少なくなってしまいます。

傾向4:必要以上に気を使う

根暗な人の4つ目の恋愛傾向は、「必要以上に気を使う」ことです。 根暗な人は自分自身の劣等感と気の小ささや恋愛経験の少なさから、異性に対して必要以上に気を使ってしまいます。デート中にも細かい確認や質問が多く、相手に「尋問されてるのかな?」と感じさせてしまうことすらあります。 言い方を変えれば「いい人」とも言えますが、あまり気を使いすぎて相手からは「そんなに細かいこと気にしなくていいのに…」と逆に相手に気を使わせてしまい、落ち着いて一緒にいることができなくなります。

根暗な性格になる原因とは?

次は、根暗な人がどうしてそういった性格になってしまうのかを見てみます。 周りに根暗な人がいる場合にはここで紹介することが原因になってなくらになっていることがあるので、それを理解した上で根暗な人と接するようにしましょう。

原因1:厳しい家庭環境

根暗な性格になる1つ目の原因は、「厳しい家庭環境」です。 生まれた家庭が非常に厳しい教育をする人であったり、強制的に親の言うとおりにさせるような教育方針だった人は、幼い頃から自分の意見を言えずに抑圧されているので、自分の思い通りにすることができず、くらい性格になってしまいます。 暗い性格になる上に、「自分の意見を言ってはいけない」ということが潜在意識の中にあるので、大人になっても自分の意見を言うのが苦手になってしまいます。

原因2:人間関係のトラウマ

根暗な性格になる2つ目の原因は、「人間関係のトラウマ」ことです。 学生時代に友達に裏切られた・いじめられたことがあり、人のことを簡単に信じられなくなっている人も根暗な人になりやすいです。 こういったトラウマを持つ人は「人と関わってもいつか必ず嫌われる」「いつかみはなされる」と考えているので、意識的に人とはかかわらないようになってしまいます。

原因3:要領が悪く何をしてもうまくいかないという劣等感

根暗な性格になる3つ目の原因は、「要領が悪く何をしてもうまくいかないという劣等感」です。 根暗な人は常に周りの人たちに対して強烈な劣等感を感じています。本当は大した実力差はなかったり気にする必要がなかったとしても、「周りの人はすごい人、自分は何もできない大したことのない人」ということを無意識のうちに考えています。 つまり、日常的に「自分は大したことない人」と自分自身に言い聞かせているので、それが潜在意識に刷り込まれていき、気付いた時には本当にそういう人になってしまっていて、そのせいで更に根暗な性格になってしまいます。

原因4:何にも興味を持てない

根暗な性格になる4つ目の原因は、「何にも興味を持てない」ことです。 根暗な人は身の回りで起きていることに興味を持てず、趣味などを持てなくなることもあります。そのせいで「自分は面白みのない人」「何にも興味を持てない人」と考えるようになり、不必要な劣等感・自己否定を繰り返すようになります。 そのせいで、自分のことを日常的に卑下するようになり、どんどん根暗になるという負のスパイラルに陥っていることが多いです。

原因5:プライドが高い

根暗な性格になる5つ目の原因は、「プライドが高い」ことです。 根暗な人は自己否定をしていますが、実はそれは「プライドが高い」ことが原因になっていることが多いです。つまり自分のことを認めてあげられる基準があまりにも高く、そうなっていない時の自分は大したことのない人間と考えているということです。 「プライドが高い人」は「No.1」「非の打ち所がない人間」「圧倒的な実力」ということに意識を取られすぎていて、それ以外の状態にある自分を肯定してあげられなくなっています。

根暗な人の長所・短所

次は根暗な人の長所と短所を見てみましょう。 ここまでの説明で、根暗な人にはネガティブな点が目立ちますが必ずしもネガティブな点ばかりなわけではありません。ここで紹介する長所があることも確認しておきましょう。

根暗な人の長所

まずは根暗な人の長所です。 根暗な人の長所は「気分で行動しない」ことや「冷静さ」です。詳しく見てみましょう。

長所1:羽目を外さないので信用されやすい

根暗な人の1つ目の長所は、「羽目を外さないので信用されやすい」ことです。 根暗な人は常に「周りからどう思われるか」ということを意識しているので、羽目を外すことがありません。 つまり、ハメを外して秘密を漏らしたり言ってはいけないことを言いふらすことが少ないので、人から信用されやすいです。

長所2:いつも冷静・客観的

根暗な人の2つ目の長所は、「いつも冷静・客観的」ことです。 羽目を外さないことの1つの要素でもありますが、根暗な人はいつも周りの状況や自分自身のことを冷静に・客観的に見ています。 そのため、突然その場の空気を悪くするようなことを言わなかったり、自分自身の信用を失ってしまうことをすることもほとんどありません。この冷静さや客観的な目線を持ち続けられることは根暗と言われる人の1番の長所です。

根暗な人の短所

次は根暗な人の短所を見てみましょう。 根暗な人はとっつきづらい印象を持たれるので、人脈が広がりません。ここまでにも「短所」と取れることを紹介してきましたが、代表的なものを2つ確認しましょう。

短所1:人が近寄りづらい

根暗な人の1つ目の短所は、「人が近寄りづらい」ことです。 根暗な人は積極的に人と関わろうとせず、コミュニケーションが苦手で、姿勢が悪いので人が近寄りづらいです。 会社の部署異動などがあって新しい職場環境になった時にも自分から部署の人と関係を作ることができず、周りの人もとっつきづらいので、信頼関係を構築するのにも時間がかかります。

短所2:人脈が広がらない

根暗な人の2つ目の短所は、「人脈が広がらない」ことです。 根暗な人は人が近寄りづらいことと、自分から積極的に人と関わろうとすることもないので、人脈が広がりません。 人脈が広がらなければ新しい情報もなかなか入ってこなくなってしまったり、休みの日に遊びにいける友達もいなくなってしまいます。

根暗な人には面白い人が多い!?

根暗な人はここまでの説明から考えると「ネガティブで面白みのない人」という印象が先行しますが、実はじっくり話してみると面白い人が多いです。 芸能人でもバラエティ番組で根暗な人が司会者にその人の考え方を深く掘り下げられると、独特の感性を持っていたりします。 これは、周りの人とコミュニケーションを取っていない代わりに、自分の世界観ができ上がるので、よく話を聞いてみると独特の視点を持っていて、話をしていて楽しくなることが多いです。

根暗な人に向いている仕事・職業とは?

次は根暗な人に向いている仕事や適職を紹介します。 根暗な人は周囲の人とコミュニケーションを取るのは苦手な一方で、1人で黙々と作業をするのが得意です。

適職1:研究職

根暗な人の1つ目の適職は、「研究職」です。 研究職は自分ひとりで仮説の構築・実験・実験結果の収集・再検証を黙々と繰り返す職業です。つまり人とコミュニケーションをとる場面が少ないので根暗な人に向いています。 自分が本当に興味を持てる分野があればその研究をずっと続けていれば周りの人が全く追いつけないレベルの知識や見識を持つこともできるので、根暗と言われる人には最適の職業です。

適職2:ライター

根暗な人の2つ目の適職は、「ライター」です。 ライターも根暗な人にあっている職業です。ライターの仕事は情報収集・記事の執筆・リライトです。仕事の多くが自分ひとりで黙々とする作業なので、人とコミュニケーションをとる必要がありません。 ただ、記事を納品・提出した後にディレクターや編集長とコミュニケーションをとる場面があるので、そこでは会話が必要です。それでも自分ひとりの作業時間が多いので、根暗な人に向いていると言えます。

適職3:工場作業員

根暗な人の3つ目の適職は、「工場作業員」です。 工場作業員は商品の生産ラインで決められた仕事を繰り返すので、ほとんど周りの人と会話をすることがありません。 一度仕事を覚えてしまえば、一切会話をせずに仕事ができるので、根暗な人に向いている仕事と言えます。

根暗な性格は改善できる?明るく前向きな性格になる方法

最後に根暗な性格を直したいと考えている方に、前向きな性格になる方法を紹介します。 全ての方法を最初から実行するのは難しいかもしれません。1つずつできることから実践してみましょう。

改善方法1:イメチェンしてみる

根暗な性格を変える1つ目の方法は、「イメチェンしてみる」ことです。 イメチェンとは髪型・ファッション・メイクを変えてみるということです。見た目の印象が変わることはかなり大きな効果があり、周りの人のあなたへの関わり方が大きく変わります。 同じ根暗な性格でいても、見た目が華やかであれば「見た目に気を配れる人」「暗く見えるけど実は明るい一面もある」と思われるようになり、周りの人からあなたに声をかけてくれるようにもなります。

改善方法2:苦手なことに挑戦してみる

根暗な性格を変える2つ目の方法は、「苦手なことに挑戦してみる」ことです。 根暗な人は行動力が無く新しいことに挑戦するのが苦手ですが、その性格を克服できれば一気に自分の世界が広がって、明るい性格に変わることができます。 もちろん新しいことに挑戦するのは最初離れないことですが、新しい考え方・価値観が手に入ったり、今まで関わったことのない人と関わる楽しさを感じることができれば、一気に明るい性格に変わることができます。

改善方法3:常に姿勢を正すように意識してみる

根暗な性格を変える3つ目の方法は、「常に姿勢を正すように意識してみる」ことです。 姿勢を正すことも明るい性格に変わるための強力な1つの方法です。これは「行動から性格を変える」という考え方に基づいた方法です。 人の行動はその人の考えや価値観が反映されたものになっています。なので思考の結果である行動を変えることで、考え方を変えてみましょう。

改善方法4:毎日適度な運動をしてみる

根暗な性格を変える4つ目の方法は、「毎日適度な運動をしてみる」ことです。 運動することも明るい性格を手に入れる重要な1つの方法です。根暗ん人は運動しない人が多いですが。運動すれば気分転換ができるので、いつも気になっている小さなことも気にならなくなります。 毎日が難しくても週3日ジムに通ってランニングやトレーニングをすることでポジティブな考え方ができるようになります。また姿勢も良くなるので、一石二鳥です。

根暗は習慣や考え方でいくらでも変えられます

根暗は過去の経験などで形成されることが多い性格の1つの特徴です。 ただ、考え方を変えたりこの記事で紹介したような日々の習慣を取り入れることでいくらでも変えることができます。 どうしても明るい印象の人に変わりたい方はこの記事で紹介した方法を試してみてください。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

No Image

SHINJI.com

学生時代から継続して学んでいる セールスライティング(コピーライティング)の他、 それに関連する...

人気記事

新着記事