2019年06月27日公開

2019年06月27日更新

自我が強い人の特徴や性格とは?改善法や上手な付き合い方のコツを紹介

自分の意思をはっきりと持っていて、それを貫き通す力、自我。そんな自我が強い人というのは、どういう特徴を持っているのでしょうか?また性格面はどういう風になるのでしょうか?強すぎる自我の改善方法や、自我が強い人との上手な付き合い方を紹介します!

「自我が強い」のはいい?悪い?

自分がどういう風に考えているのかきちんと把握していて、それをどんな状況であっても、最優先に貫き通そうとする自我の強い人。傍目にはわがままに見えたり、横暴に見えたりします。時には意志を貫くカッコいい人にも見えます。 そんな自我が強いという状態って、はたしていいことなのでしょうか?悪いことなのでしょうか?今回は自我が強いというのは、実際にどういう人のことを表しているのかを掘り下げてみましょう。 自我が強すぎて周りに迷惑がかかる時の改善方法や、自我が強すぎる人の上手な対処法もご紹介します。

自我が強いの意味とは?

自我が強いと聞いて、なんとなくのイメージは湧くかもしれません。でも具体的にどんな人なのか?もしくはわがままな人との微妙な差などは少しわかりにくいですよね。実際に自我が強い人というのがどういう人なのかわかるように意味から考えてみましょう。

自我が強いの使い方・例文

自我が強いというのは、その人の意志がとても強いと感じられるときに使います。例えば「その大学は難しいと思うけど…どうしても行きたいんだね。君は自我が強いよね」などです。 これは、傍から見れば無理なことでも自分がそうしたいからと貫こうとする意志の強さへの呆れ感半分称賛半分のような気持ちを示しています。また、別の言い方では「また暴走してるよ」「あの人自我が強いよね」という会話などに使われます。 これは少し陰口的な使い方で、意味合い的にはわがままなどに近い印象となっています。ひとりで勝手にどんどん思うように進めてしまっていて、周りが少し引いている様を表しています。

「自我が強い」「気が強い」「我が強い」の違い

よく似た言葉で、どれも同じような意味合いで使われていたり、間違って使われていることも多い言葉です。まず「気が強い」は、自分に自信があり、何事にも物おじしない積極的な性格のことを表します。 「自我が強い」は自分と他人の境界線がしっかりしており、自分の意見がはっきりしていることです。つまり「気が強い」というのは、自分の意見であるかどうかという内面は別として、人に向かってどのような態度で付き合うかの外向きの性格を表しているのです。 一方「我が強い」というのは、自我に比べると、もう少しわがまま感が強い言葉になります。自分の意思をはっきりと持っていることは「自我が強い」と同じですが、「我が強い」は、それを貫き通そうとする力が強いというほうに重点を置いた表現です。

自我が強いの類語

類語を見ると、もう少し自我が強いの意味が明確になります。例えば「芯が強い」こうだと思う信念がしっかりとしており、そこがブレない様です。 また「意志の強い」というのも類語になります。これも、「自我が強い」の核となっている部分を表現している言葉です。こうだと決めたことをやり遂げる様です。

自我が強いの対義語

自我が強いの対義語としては、自我が弱いが一番しっくりきます。自我が弱いとは、自分の意志がはっきりしない様子を表します。例えば「何食べたい?」と聞かれて「よくわからない」と答えるような人は自我が弱い人です。 また意志が弱いなども対義語となります。これは、こうだという意思はあっても、他の人の意見にすぐに流されてしまったり、状況ですぐ変化してしまうような様子を表しています。

自我が強いの英語表現

「自我が強い」は英語で言うと、「have to have one's own way」 になります。自分のやり方にしなくては気が済まないといったような訳になります。

自我が強い人の特徴

自我が強い人の特徴としては、こういったものがあります。こういう特徴がある人は「自我が強い人」なのです。

特徴1:Iメッセージが多い

自我が強い人はIメッセージが強いという特徴があります。「わたしは~」「俺は~」など一人称から始まる言葉が多いのです。「何食べたい?」「わたしは、洋食かな」など、自分はどう考えているのかをはっきりと伝えるのです。 また、「これってどうするべきかな?」と相談しても「わたしならこうする」と自分ならどうするかをまずは提案してくれます。 自我が強いというほどではない人は「そうだなあ、一般的にはこうだよね」など一般論を語ったりするので、ここでIメッセージで答えるというのは、やはり自我が強い証拠なのです。

特徴2:自分がどうしたいか明確

自我が強い人は、自分がどうしたいかが明確という特徴があります。「あなたはどう?」と聞かれて言いよどんだり「んー…」と考え込んだりということはあまりありません。簡単なところでは、食べたいもの、行きたい場所など、たいがい聞けばはっきりと答えます。 また将来のことなども、自分がどういう風に過ごしていきたいか、先々まで割と明確に計画を立てていたりします。自分が常にどうしたいのかということにアンテナをしっかりと張っているのです。

特徴3:妄信的

自我が強い人は、割と妄信的なところがあります。「これが好き」と一度思うと、それがなかなかブレません。徹底的に信じ込んで、ほころびを見つけても見なかったふりをしてしまうほどです。 自分が信じているものにケチが付くようなことは嫌います。例えば自分が信頼している人が誰かに悪く言われると、非常に嫌そうな表情や態度を示します。ただ、あまりにもそういう悪い噂が付きまとうと、急に気持ちが冷め、冷めると全く眼中に入らなくなります。

特徴4:失敗を隠す

自我が強い人は自分が失敗した時に、隠そうとするところがあります。なんとか取り繕おうとするのです。なぜかというと、自分の意志がはっきりとしており、そこに向かって突き進んだ結果失敗なんて自分が認められないからです。 だから、ちょっと失敗すると、必死に取り繕って周りに失敗がバレないようにしようとします。自分の意思を貫いたことが失敗したなんて思われたくないのです。

自我が強い人の性格

自我が強い人はどういう性格をしているのでしょうか?

性格1:リーダー気質

自我が強い人は、自分の意志がハッキリしている分、出来るだけ自分の思うように物事を運びたくなります。意見がハッキリしていない人にリーダーを委ねるくらいなら、自分がやると、たいがいリーダーに名乗り出てきます。 実際に自分の意志がハッキリしているので、人を引っ張っていく力にもたけています。あまり自我が強くない集団の中では、良きリーダーとしてグループを導きます。 ただ、自我が強い人が他にもいる集団ですと、どうしても衝突が起こってしまいグループが分裂してしまうリスクをはらみます。自我が強い人は、とにかくいつもリーダーの立場に立っていたりするのが特徴です。

性格2:頑固

自我が強い人は、自分がこうだと思うと、なかなか人の意見を聞こうとしません。聞いたとしても、自分の意思を曲げるところまではなかなか至らないのが現実です。つまり自我が強い人は頑固な性格をしているのです。 「わたしがこうするって言ったらこうするの!」と周りの助言や心配をよそに自分の思った通りに動こうとします。その意思に反するような言葉かけは耳に入れようとしません。気持ちが揺らぎそうなことは、極力避けようとします。自我が強い人は非常に頑固です。

性格3:積極的

自我が強い人は、常に積極的な性格をしています。何事に対しても積極的に行動をします。仕事に対してもプライベートに対しても、自ら出来ることを見つけ、自分で動く力を持っています。 また恋愛に対しても積極的で、自分が好きな人には自分から告白します。相手がどんな状況であっても、自分が好きと思ったらその気持ちを伝えずにはいられません。ぐいぐいアプローチしていくのです。自我が強い人は、とても積極的な性格をしています。

性格4:冷淡なところがある

自我が強い人は、自分と他人の境界線がはっきりしています。それゆえ、あまり人に共感して涙を流したりという場面がありません。人は人、自分は自分という線引きが出来ているので、同情はしますが共感はしません。 そのため、どこか冷めたようなところを持っており、たいがいの人が感動して泣くようなドキュメントを見ていても、「こういうこともあるんだな」と客観視して見ていたりします。そのためドキュメントを見て涙することもないのです。 自我が強い人は冷淡な性格も持ち合わせているのです。

自我が強い人の心理

自我が強い人というのは、どういった心理状態になるのでしょうか?

心理1:思い通りでないと気持ち悪い

自我が強い人は、自分の意志がはっきりしているため、具体的に先のことを想像しています。そうなると、その通りに事が運ばずに思い描いたものとは違う状態になったりしたときに、なんとなく気持ち悪い感じになってしまうのです。 自我が強い人は、少しでも自分の思い通りでないと、そこを修正したくてたまらなくなります。落ち着かない状態になってしまうのです。そしてそれをなんとか修正しようともがきます。普通は思い描いたものとズレていても、柔軟に対応をします。 でも自我が強い人は、そこのズレに対して普通以上に気持ち悪いと感じてしまいがちなのです。

心理2:大事なのは自分の意思

自我が強い人は、自分の意思を大事にしています。ルールや常識よりも自分の意志がどうかが大事なのです。そのため、多少のルール違反は意志をとおすためなら、犯してしまいがちになります。 また非常識だと言われても、自分の意志がはっきりしているなら、そこで立ち止まらずに突き進んでいきます。人がどう思うかどう見られるかよりも、自分の意思が大事なのです。

心理3:意思を揺さぶられたくない

自我が強い人は、自分の意志がハッキリしています。ただ、全く周りの話を聞かない人ではありません。周りの意見や助言も耳には入ってきています。ただ、その意見や助言が自分の意志を揺さぶるようなものであったときに、自我が強い人は無意識にシャットアウトしてしまいます。 自我が強い人でも、もっともな意見を言われてしまうと、意思が揺さぶられてしまうのです。でもその意思が揺さぶられるというのは、自我が強い人にとっては不本意なことです。 だから、物理的にそういうことを言う人を避けたり、言葉をさえぎって言わせないようにしたりします。もしくは聞いたふりをして実は聞いていないようにしてしまったりもします。周りから頑固に見えてしまう原因です。

自我が強い人のメリット

自我が強いことで持てるメリットはなんでしょうか?

メリット1:主体的に生きられる

自我が強い人は、主体的に生きています。つまり自分でどうしたいかきちんと考えて、それに向かって突き進む生き方をしているということです。自我が強い人は、生きている実感がとても強いです。「なんのために生きてるんだろう?」などと悩みません。 自分のしたいことを明確にし、日々それを実現するために邁進しているのです。そうなると自我が強い人は「1日24時間じゃ足りないな」「人生は短すぎるな」など人生が充実している人の考えることを考えます。自我が強いことで充実した人生を送れるのです。

メリット2:目標が達成しやすい

自我が強い人は、自分がどうしたのかがハッキリしています。そのため目標が達成しやすいのです。ゴールが明確だと、人はそこまでの道筋を考えるのが少し容易になります。つまり自我が強い人は、常にきちんとしたゴールを設定し、進んでいくことが効率よく出来るのです。 自我が強い人は、夢を叶える力に長けています。夢を叶えている人は、やはり自我が強かった人なのです。そして自分がかなえたい夢を叶えたあとも、自我が強い人は次々と次の目標を思いつきます。そこへ向かって邁進するのです。

自我が強い人のデメリット

自我が強いことで、メリットもあればデメリットもあります。

デメリット1:頑固者だと敬遠される

自我が強い人は、やはりその意思の強さ故に頑固者に見られがちです。頑固者というのは、周りの意見を聞かずに動くため、周りから面倒くさい人と思われることもしばしばあります。 そうなると周りから少し敬遠されてしまったりして寂しいお思いをすることも多いのです。また、毎回自分の意見を貫いていることで、ワンマンな印象を持たれたり、わがままだと感じられたりもしてしまいます。 頑固者やわがままなど、下手をするとあまりいい印象を持ってもらえないことは、自我が強いことのデメリットです。

デメリット2:うまくいかない時とても辛くなる

自我が強いということは、こういう風にしたいというイメージがハッキリしていて、その通りに進めたいという気持ちが人よりも強いということです。でも人生は思い通りにいかない時が結構あります。 そうなった時に、自我が強い人というのは人よりも強い葛藤を抱えることになります。「こうなりたい自分」と「現状の自分」のギャップに耐え切れなくなってしまうのです。それはとても強いストレスです。何かしらの症状をきたすこともあります。 そういううまくいかない時にとても辛く感じられてしまうことは、自我が強いことのデメリットです。

自我が強い性格を改善する方法

自我が強いのは、悪いことではありませんが、時として悪い方向へ働いてしまうことがあります。また自我も強すぎると、やはり人とうまくやっていけなくなる原因となってしまいます。 自我が強い性格を改善するにはどうしたらいいのでしょうか?

改善法1:自覚する

あなたは自分が自我が強いかどうか知っていますか?自分の意思が割とはっきりしている人は、自我が強い人です。まずはそれを自覚することが改善には有効です。なぜかというと、それを意識していないと、無意識に自分の意思を通そうとしてしまいがちになるからです。 意識することで、やりすぎている、突き進みすぎているということに自分で気が付くことができます。だから、まずは自分が自我が強い人間であるということを自覚することが大切なのです。

改善法2:思い通りにならないことでもやってみる

自我が強い人は、割とこれまでの人生で思い通りにいかなかったという経験が少なかったりします。思い通りにならなくても、思い通りになるように努力して事態を動かしてきたからです。 それゆえ自我が強い人は、思い通りにならないと避けてみたりしていると思います。思い通りにいかなそうなことに関しては、ずる休みしたり別の用事を入れてみたりしていませんか?たまには、思い通りにならないことも、そのまま飛び込んでみることも大事です。 そうすることで、思いどおりにならない時に対処できるようになるからです。そうすると自我を押し通そうとする無理やりな部分が少し弱まります。無理に自我を通さなくても、柔軟にやる力が身につくからです。

改善法3:何パターンか考えるようにする

自我が強い人は、こうだと思うとそのパターンから頭が離れなくなってしまいがちです。でも人よりも自分の気持ちには素直なので、少し意識すれば何パターン化自分の意見が出せると思います。 何パターンか用意できると、人の話が少し聞き入れやすくなります。このパターンはこの人の意見と合わせると確かにまずそう。だったらこっちのパターンなら大丈夫だろう、となるのです。 自我が強い部分は残しつつも、人の意見もくみ取れる人になれます。そうやって自分の中で譲歩していくことで、少しずつ自我が強すぎる状態が改善されます。

自我が強い人と上手に付き合うコツ

自我が強い人とうまく付き合っていくにはどうしたらいいでしょうか?

コツ1:少し時間をおいて意見する

自我が強い人が、こうしようと躍起になっている時は、特に人の話には聞く耳を持ちません。でも少し時間が経過してくると、人の情熱はそれほど長くは続かないので、自我が強い人でも少し意思が緩むときが出てきます。 そういった時に、客観的な意見を挟んでみると、「確かにそうかもしれない」と聞き入れてくれる可能性が高まります。どうしても躍起になっている時に、苦言を呈したくなるものですが、そこは少し我慢です。時間の経過で成功率がぐっと上がります。

コツ2:実際に失敗するまで見守ってから助言する

自我が強い人は、自分が実際にやってみるまで納得が出来ない場合もあります。それは無理でしょうと周りは思っていても、本人は「出来るかもしれない」という可能性が残っていると、どうしても試さずにはいられないのです。 そういう時は、危険がないようにだけ注意して見守ってあげましょう。そして失敗した時に、「じゃあこの手はどうかな?」と別の手を提示してみましょう。ここはあくまでも「ほら言ったこっちゃない!」というような攻撃はしないでください。 あくまでも、「じゃあこれは?」と提案するだけです。そうでないと、自我の強い人は失敗を隠そうとします。

自我が強い子どもへの接し方

子どもは1歳~2歳程度で自我が芽生えると言われています。この頃は、まだルールや常識など理解できず、自分がどうしたいのかということに忠実に行動する時期です。自我が芽生えるが故に「イヤイヤ期」が起こってきます。 自我が強い、駄々をこねまくる子どもへはどうやって接していったらいいでしょうか?

接し方1:ムキにならない

自我が強まっている子どもは、とにかく自分の思い通りでないと駄々をこね続けます。例えば、「バナナ食べたい」と言ってきたときに、家にバナナがなかったとしましょう。「バナナないよ」と言っても、子どもは引きません。 ギャーギャー泣きわめき、バナナを要求してきます。そういう時、どうしてもバナナを買ってきたり別のものを出して対応をしてしまいがちです。でもこういう時は「バナナおうちにないよ」とバナナを入れるところを見せて、その後はあまり声はかけずに少し離れましょう。 時間はかかりますが、子どもはある程度すると泣いても親が対応してくれないことに気が付きます。そして「バナナ」とは言わなくなります。自分で泣き止んだら「一緒に遊ぼう」と遊びに誘ってあげたり、「ジュースのもう」と別のものを提示してあげましょう。

あくまでも自我を通そうと泣きわめていている時は、ムキになって相手しないことです。そして泣き止んだら、優しく受け入れましょう。

接し方2:徹底する

自我が強い子どもは、なんとか親に要求をのんでもらおうと頑張ります。泣きわめいて、床に寝転がって、地団駄踏んで、奇声をあげて。でも親がそれで要求をのんであげると、子どもは学習するのです。自我を通すには泣きわめけばいいんだ。 すると容易に泣きわめいて自我を通そうとする子どもになってしまいます。つまり、子どもが何か要求を出してきたときに、対応できることならすぐに対応してあげる。対応できないことなら絶対に対応しない。それを徹底しましょう。 どっちつかずな対応をしたり、毎回対応が変わると、子どもの自我はますます強くなり自分でコントロールできなくなってしまいます。

自我の強さは生きる力だけど強すぎると孤独に

自我が強いということは、きちんと自分の気持ちを把握しており、しっかりと自分の足で人生を歩んでいく力があるということです。自分がどうしたいのかもわからないなんて、人生がつまらないものになってしまいます。 自我が強いことで、しっかりと積極的に生きる力となります。それにより楽しく主体的に人生を過ごせます。ただ、あまりにも強すぎる自我を持っていると、どうしても周りから敬遠されて孤独を感じてしまう人生となりがちです。 自我を持ち、出来るときはしっかりとそれを貫き通しながらも、人の意見や現状を受け入れ柔軟に対応できるようになれば、辛い現実が起こった時も、強く乗り越えていくことができます。適度な自我があなたの人生を幸せに導いてくれますよ。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

No Image

aiirococco

公認心理師、臨床心理士として総合病院にて働いております。自分のことを知れば、もっと生きやすくすること...

人気記事

新着記事