2019年07月03日公開

2019年07月03日更新

やりたいことがないと悩んでいるあなたへ!やりたいことの探し方を解説

毎日それなりに仕事や学業に追われていながら、案外と本当に自分がやりたいことがない、見つからないという人が多いものです。大人になってからもやりたいことがない、そう悩んでいる方への、やりたいことの探し方などをご紹介していく内容です。

「やりたいことがない!」と悩んでいるあなたへ

あなたは、今とてもやりたいと考えている何かを持っていますか?世の中にはやりたいことがないと悩んでいる方が意外と多いと聞きます。 やりたいことがない、将来への夢を持てないという方へ、今回は、やりたいことがない理由についての詳細と、本当に心からやりたいと思えることを、どのように探したら良いのかという方法についてご紹介していきます。

やりたいことがない人の特徴

やりたいことがないというのも、人の心の状態を表しています。元々持っている性格がそうさせている場合、過去に遭ったトラウマからそうなった場合など、幾つかの要因が考えられます。 やりたいことがないという人は、いつもやりたいことに充ち溢れている人と比べて、どのようなことが足りないのでしょうか?やりたいことがないという考え方にはどういった心の動きが見られるのでしょうか?ここでは、やりたいことがない人の主な特徴をご紹介します。

ものごとを中途半端にしてしまう

やりたいことがない人の特徴として最も顕著なのが、ものごとへの取り組み方が中途半端であるという点です。常にやりたいことがない自分を悩みながら、その時々に進められたことを試すこともあるのですが、なかなか長続きしません。 飽きっぽく新しいことに気が移りやすいため、一貫した行動に乏しいことが原因で、やりたいことがない状態になっています。

失敗することを恐れている

やりたいことがないという人は、性格的に弱い部分が目立ちます。それは元々の気質なのかもしれませんし、過去に何かが起こったことを引き金にして、それを今でも引き摺っているのかもしれません。 いずれにしても、もしまた失敗したらどうしようという恐怖に苛まれているので、やりたいことへのチャレンジそのものを、想像すること自体に怯えています。やりたいことがないと言っているほうが安心だからです。

好奇心を持っていない

やりたいことがない人のうち、ものごとへの関心度が低いということが原因なタイプもいます。趣味や特技といったものを持っておらず、ただ何となく外部から与えられたものへ、無意識に頼ったまま暮らしてきたことが積み重なっています。 世の中のトレンドにも興味がないので、社会や人々がどう動いているのかも理解できていません。好奇心が無い自分を当たり前にしているから、やりたいことがないのです。

最初から行動力がない

やりたいことへ挑むという際は、行動力が付きものです。何はともあれ、やってみなくては始まらないわけなので、先ずは一歩踏み出すしかありません。しかし、行動力が無いタイプの人もいます。 そのような人はやりたいことがないままでは駄目だと感じていながら、目の前に出された提案やチャンスをみすみす逃してきています。つまり勇気がないのでそれを行うことができないからです。 やりたいことがないのではなく、目の前に現れても、言い訳をしてやろうとしないタイプです。

自己主張をしようとしない

性格上おとなしくて、あまり自分から積極的に発言をしたり動くことができないタイプの人の中にも、やりたいことがないと嘆いている方が多く見受けられます。謙遜する姿勢そのものは悪いことではなく、日本人の謙虚さとして美徳とされています。 しかしそれも限度があり、自己実現の最悪な妨げとなってしまいやりたいことがない状態に陥ってしまいます。言いたいことがあるのなら、言うべき時に言う心得を失ってはなりません。

他人の意見に同調し過ぎる

他人への気配りは大切ですが、それはあくまでも協調性がある場合に有効です。しかし日本人の悪い点は、周りの意見に流されてそのまま同調してしまう癖があるということです。 「あれがいい」と誰かが言えば、そういうものだと思い込み過ぎています。そのため、周りの声に自分が合わせることにばかり執着していき、やりたいことがない自分になっていることにすら感づいていません。 本来ならやりたいことがないのではなく、他人のやりたいことに同調しているだけの人です。自分の感じたことや意見がなくてはなりません。

存在感が薄い

前述してきた、自己主張しないタイプや周りと同調しやすいタイプの人とも共通です。自分が目立つことを考えないというのは、控えめで謙虚さがあるという側面もありつつ、一体何が言いたいのか、何をしたいのかを自らが確立しておらず、やりたいことがない状態にいます。 夢はあったほうがいいと感じていながら、その具体案を絞りだ出ません。なぜなら、主導権を持って物事に取り組むことに慣れていないからです。そのような人は存在感が無いので、どこからもチャンスが巡ってこないと言えます。

物欲があまりない

人として生まれた以上、何かしらの欲があるはずです。しかしそんな欲に気がついていない人も増えているようです。近年では「ミニマリスト」と呼ばれている人々が出現しています。生活の無駄を省きながら不要な所持をしないというシンプルな考え方をします。 ミニマリストには物欲がないため、その延長とも言える願望についても希薄になりやりたいことがないままです。能動的ではないから欲と向き合わず、やりたいことがないまま過ごしています。 実用的でなければ価値がないという考え方は、かえって心がすさんでいきます。一見無駄に思えるものでも、そこに趣味や娯楽、生きがいが宿れば大切な役目を果たしてくれます。

他人との争いごとを避ける

欲と欲が交わることで争いが発生しやすくなるのは言うまでもありません。そのため、他人との争いを避けたいという気持ちが強くなりすぎて、自らの欲を捨ててしまうという傾向がある人は、やりたいことがないという状況にも陥っていきやすくなります。 例えば、恋愛などが顕著で、他人を押しのけてまで相手を自分のものにしたいという欲求を抑えてしまい、次第に前向きな行動ができなくなりやりたいことがないような状態に陥ってしまいます。 本来付き合いたい相手だったにもかかわらず、人同士の関係性を拒み面倒になっていくからです。

やりたいことが見つからない理由

やりたいことがないと嘆いていながら、そんな自分から脱却する方法そのものが分からないという方もたくさんおられることでしょう。 やりたいことを見つける術があれば、もしかしたら、やりたいことがない自分を卒業できるのでは?という方、先ずは、あなたのやりたいことがない理由、見つからない理由について向き合ってみましょう。 なぜやりたいことがないのか、以下のような理由に心当たりはありませんか?

いつもあきらめモードなままでいる

やりたいことがないという人の理由で特に多いのが、ものごとへの集中力がなく何事も途中で飽きて辞めてしまうという性格です。これは理由も様々で、鬱などのメンタル的障害が原因で引き起こしていたり、元からの性格の場合もあります。 どちらにしても、いつもあきらめモードなので一つのことが成就しません。やりたいことがないのは、せっかく始めた物事の本当の魅力を知る直前で、勝手に投げてしまっているから、中途半端で終わってしまいます。怖くて一つのことをやり遂げる度胸がないのです。

自分には殻があってそれを破っていない

自分に壁や限界を設けてしまっている人もいます。こんなこと自分にはできない、やったことがない、どうせやっても無駄などの言い訳をしながらいつも生きています。 確かに人それぞれ得手不得手があり、やれることややれないことがあるのは当然です。しかし最初から試してもいないことへ、勝手に結論を思い描いている程度の人がやりたいことがないなどと言い出します。 自分の限界や殻はいつか破らない限り、やりたいことがない人生が続いてしまいます。

劣等感ばかり抱いている

自分のやりたいことが見つからない、やりたいことがないと感じている人の心理には、覇気がなく消極的なマイナスイメージが蔓延っています。その原因は個人差もありますが、何かしらの劣等感が働いてしまい、やりたいことがないのだと錯覚してしまいます。 劣等感により頭で思っていることを言動に移せないようです。誰も何も批判をしていないというのに、自分が自分をがんじがらめにしているのという可能性が高いようです。

コンプレックスを持っている

やりたいことがないという悩みとは無関係に思われそうなことですが、意外と自分の容姿にコンプレックスを抱いていることが、理由になってしまっているケースもあります。 自分の姿に何らかの不満を持っていて、鏡を見ても目をそらしてしまう、そんなコンプレックスを抱えています。外見がすべてとは言えませんが、確かに自分に自信があって堂々としている人は、容姿にもこだわりがあり、自分らしい嗜みを持って取り組んでいます。 やりたいことがない自分をやりたいことへ近づけるためには、先ずは形から入るというのも行動の一つです。鏡の中の自分と向き合って、これからどんな人物のようになりたいのかを空想してみることです。 著名人などをモデルにするとわかりやすいでしょう。そんな些細なことをきっかけに、やりたいことがない自分から脱却できる糸口が見いだせるものです。

楽なことばかり考えている

社会の流れの一つとして、近年では無理に頑張らないことを推奨する動きもあり、「がんばらない」という言葉自体がもはやトレンドのような扱いになっています。そのため、楽に生きるほうがいいという風潮が台頭しています。 しかし、がんばらないのとやりたいことがないのとを同時に考えるのはナンセンスです。やりたいこととは指針であり心から湧きあがる何かです。そのためには、やるべきことをやらなくては実現しません。 楽なほう楽なほうとばかり執着してしまうと、本来のやりたいことから次第に離れてしまい、実現できたことですら手放してしまう悲しい結果になりかねません。

信じるものがない

やりたいことがないというのは、自分の軸がないことでもあります。人生をどのように描いて生きていこうかというビジョンがまったく見えていないとも言えます。その日暮らしをただ続けているようなタイプです。 余程の仙人や修行僧でもない限り、無欲なまま今を生きるほど、強い精神力など普通の人にはありません。信条がないまま生きていくことは、むしろハードルが高いことです。

経験が浅すぎる

やりたいことがない人の思考は、かなり狭いと言えます。つまり、ものごとを深く考えるという習慣が形成されてこなかったことが原因です。それは、幼少期にまで遡ってみる中で、一体どれほどの経験値が積まれてきたのかによります。 ぬくぬくと満足に育って、何でも与えられてきた生い立ちの人は、周囲から自分に与えることが当然だと思っています。自分から率先して何かを取りに行くという考えそのものが希薄なので、経験も乏しく思考が浅はかです。

今の状況に満足しきっている

やりたいことがない理由は、既に満たされていると感じている場合に起こりやすくなります。お腹がいっぱいだったり眠くなると動きたくないものです。誰しもなるべく動かなくても生きていけるものであればそうしたいですし、安定した暮らしをしていたいと願うものです。 不労所得とまではいかなくとも、ある程度今の暮らしに満足していれば、そこにわざわざ負荷やリスクを掛けたくないと思うのも無理はありません。しかし、一生そのまま満足な暮らしは誰も保証してくれていません。 それに人は進化をするからこそ、やりがいや生きがいがあるはずです。やりたいことがない満足な生活が、必ずしも幸せなこととは到底思えないはずです。

やりたいことってどこかにあるの?

自分にはやりたいことがないと嘆いている、あるいはそのことで悩んでいるという方の声はよく耳にします。しかし本当に本人は、心を痛めてまで悩んでいるのでしょうか? おそらくそのような方々の一部は真剣に悩んでいるのでしょうけど、概ねの人々はさほどではないというのが現実ではないでしょうか? 悩んだふりをしておけば、何かよい知らせが舞い込んでくるという淡い期待をしていたり、悩んだふりをすれば誰かが同情して援助してくれるという甘い考えがあるのかもしれません。

では、本当にやりたいこととはどこからやってくるのでしょう?このルーツは一つしかありません。自分自身の心の内面です。 心から情熱を持ってやりたいと感じたことが沸々と湧いてくる感覚を知るしかないのです。自分がやりたいことについては、自分が主体的にかつ具体性を持って表出させることで実現します。 やりたいことがないという言い訳に視点に向けたままではなく、やりたいことが湧き出るための、生活パターンを身につけていくことが重要です。

やりたいことの探し方

やりたいことがない悩みから解放されたいと本当に思うのであれば、解決方法はごくシンプルなことです。今すぐにでも、心から湧くほどにやりたいことを探し出すという作業をするしかありません。 では、やりたいこと探しの具体的な方法とはどのような例があるのでしょうか?ここでは、やりたいことを見つけるための、主な方法をご紹介していきます。

やりたくないことをリスト化してみる

やりたいことがないというのであれば、その逆の発想をしてみることが第一歩です。それは、自分が心から思う「やりたくないこと」にスポットを当ててみるという方法です。A4用紙一枚に向かって、今もこれからも、これはやりたくないという事柄を全部書いてみましょう。 この「書く」という行為自体をバカにしてやらないのも、やりたいことがない人の傾向です。そもそも真剣に考えていないからやらないわけです。

やりたいことリストを書いてみる

やりたくないことリストを書きあげたら、それを一度客観的に眺めてみましょう。自分がどのようなことについて嫌っているのかが分かります。譲れないことが分かれば、今度は許せることだって見えてきます。 やりたいこととは自分に許せる何かです。許可できるから行動に移せるわけです。次は「やりたいことリスト」を書いてみましょう。その際のポイントは、大義名分に踊らされないことです。自分の私的な欲をそのまま書き出すことです。 どんなに些細で下らない内容でも構いません。どこかの自己啓発に溺れて、日本や世界を変えなくてもいいのです。感謝など示さなくてもいいのです。心から湧いてくるやりたいことへ忠実に向き合いましょう。

自分史を書いてみる

誰しも、今までに生きた過程が横たわっています。大して劇的なことがなかったという人もいるかもしれませんが、果たしてそうなのでしょうか? 今の自分に通じるきっかけとなった出来事やエピソードについて、改めて検証してみると自分の未来に繋がるヒントが眠っている可能性があります。作家や著名人が自分史を書けば本となりますが、一般の人でも自分軸となるものを見つけるために自分史を書いてみましょう。 生まれた時からやりたいことがない人などいません。自分史を書いて振り返ることで見つかるものもあります。

誰かのアドバイスは素直に聞き入れる

やりたいことがないと本気で悩むのであれば、きっとその人は誰かに相談しているかもしれません。相談した相手からの回答について否定的な考えを持ってしまっては、一体何のために相談したのか分からなくなります。 あなたのためを思って答えたことは、駄目元で構わないので素直に聞き入れてすぐにでも試すことが肝心です。 やりたいことがない人というのは、概ねネガティブ思考に支配されています。アドバイスを求めながら、単に安心材料を求めているに過ぎず実行することを拒みます。だからやりたいことがないままなのです。

目標を作る習慣を持つ

やりたいことを見つける方法として、 目的や目標に目を付けることが有効的です。やりたいことがないという人は、さしあたっての自分が目指す場所すら見失っていると言えます。 小さいことで言えば、明日の自分の予定は組んであっても、それは一体何のためにやるのかが分かっていません。いつでも緊急ごとに振り回された毎日だからです。 緊急ではなく重要性の高い目的や目標を見つけると、人はそれに向かって行動しようとします。その過程でやりたいことが見つかっていくのです。 例えそれが、英語を話したいとか痩せたいといった小さくて当たり前な目標でも構いません。むしろ小さな目標を達成することに集中し、そこに到達した時の喜びを積み重ねると、自然とやりたいことがない自分から脱却していきます。

普段やらないことへ視野を広げる

本気でやりたいことがないと悩むというのであれば、何かしらやってみたいという意欲があることでもあります。そのような時にあれやこれやと頭の中でかすめる事象に注目してみましょう。 例えば、やりたいわけではないけど何故か偶然頭に浮かんだこと、それは何かの暗示かもしれません。機会を窺って挑戦してみたらどうでしょうか? 英語に興味があるわけではないけど、なぜか喋れたらいいなと感じた、音楽に興味はないけど楽器が弾けたらいいな、という閃きにしたがって実際にやってみるのです。 視野が広がっていくのと同時に、新しい分野が開拓される可能性があります。そこにやりたいことの原石が転がっています。

四の五の言わず行動してみる

そして、やりたいことがない自分から脱却するための最大の方法、それは「行動」です。とにかく頭の中であれこれと考えていることは誰にでもできるわけですが、それを実際に自分が体験しない限りは答えが出てきません。 思ったことは行動し証明するというモットーを持ち続けましょう。失敗はつきものだと考え思い切って挑戦しましょう。あなたの失敗など誰もとがめたりしません。またやり直しやり続ければいいのです。やりたいことがない自分が、いつしかやりたいことだらけになります。

やりたいことがない自分から脱却しよう

以上、やりたいことがないという心理や特徴、そこからやりたいことを見つける方法などについてご紹介しました。やりたいことや叶えたいことは、どうあれ欲です。欲は誰しも持っている自然な心の状態です。 本音でやりたい欲と向き合って素直になることが、やりたいことがない状態から抜け出す手掛かりです。

電話占い今なら3000円分無料クーポンプレゼント!?

「電話占いってやってみたいけど、値段高いんだよなぁ...」 なんと、ココナラなら今だけ、3000円分無料クーポンプレゼントしちゃいます! クーポンをゲットして手軽に電話占いを始める方法はこちら↓

関連記事

ライター

No Image

kuritch1

エンタメ、自己啓発、ビジネス系のキュレーション記事を中心に書いています。...

人気記事

新着記事