2019年06月24日公開

2019年06月24日更新

遅刻癖がある人の10の特徴!原因と遅刻癖を直す方法・対処法も!

遅刻癖がある人は自分でそのくせを治そうとせず、いつまでも遅刻を続けます。あなたの周りにも何度言っても遅刻を繰り返す人がいませんか?この記事では遅刻癖のある人の特徴・心理・原因・よくある言い訳の他に、遅刻癖のある人の対処法と遅刻癖の直し方について紹介します。

遅刻癖がある人周りにいませんか?

あなたの周りにもいつも仕事でもプライベートでもいつも集合時間に遅れて、イライラさせられる人がいませんか? 遅刻癖のある人はスケジュール管理が甘かったり自分の能力を過信しすぎていて、「もっと早く仕事をこなせる」「この時間に動き出せば十分間に合う」と考えています。 この記事では遅刻癖のある人の特徴・心理・原因・よくある言い訳の他に、遅刻癖のある人の対処法と遅刻癖の直し方について紹介します。

遅刻癖がある人の特徴

まずは遅刻癖のある人によく見られる行動の特徴です。 遅刻癖のある人はスケジュール管理が甘く、時間間隔が他の人に比べてザルで、「そんな短時間でできるわけ無いじゃん!」というスケジュールを平気で立ててしまいます。そういった特徴をまずは10個確認してみましょう。

特徴1:スケジューリングが適当

遅刻癖がある人の1つ目の特徴は、「スケジューリングが適当」なことです。 遅刻癖がある人はスケジュール管理が非常に適当で、他の人から考えれば「そんなスケジュールで間に合うわけない!」というタイトなスケジュールの組み方を平気でしてしまいます。 これは自分の能力を過信していたり、1つ1つの仕事や作業の完了時間の見積もりが短すぎることが原因です。そうしたスケジュールの組み方をしていることで出発に間に合わなくなり、毎回毎回遅刻してしまいます。

特徴2:期限ギリギリにならないと行動できない

遅刻癖がある人の2つ目の特徴は、「期限ギリギリにならないと行動できない」ことです。 遅刻癖がある人はズボラで危機管理ができません。そのため先読みした行動ができず、期限ギリギリにならないと行動できません。夏休みの宿題を前日から始めたり、仕事も納期の前日になっても半分も終わっていない人が特にこの特徴がある人です。 こういった傾向がある人は、出発時間も遅れる傾向があります。出発以前の仕事ややることのスケジュール野立て方もザルなので、出発する前段階で既に遅刻が決まっているようなものです。

特徴3:目先のことに囚われすぎている

遅刻癖がある人の3つ目の特徴は、「目先のことに囚われすぎている」ことです。 遅刻癖がある人は眼の前の仕事に囚われすぎてしまい、その先のことを予測したり危機管理しながら行動することができません。つまり先々のスケジュールが管理できなかったり、頭から抜けてしまうということです。 そのため、気付いた時には時間ギリギリになっていて、毎回出発時間ギリギリになってから焦り始め、待ち合わせ時間にも遅刻するようになってしまいます。こういうタイプの人は普段から視野が狭いので分かりやすい特徴をしています。

特徴4:必要なことをやろうとすると他のことが目につく

遅刻癖がある人の4つ目の特徴は、「必要なことをやろうとすると他のことが目につく」ことです。 遅刻癖がある人は、やらなければいけないことを始めると他のことが目につくことも多いです。学生時代に勉強しようとして机の上を掃除を始めてなかなか勉強に入れない人がこういった傾向がある人です。 この傾向がある人はおとなになって仕事を始めてもやるべきことが全く進まず、仕事の前段階の行動に時間がかかります。その結果時間がどんどん押すようになって出発が遅れ、遅刻するようになります。

特徴5:集合時間以外の約束ごとも破りがち

遅刻癖がある人の5つ目の特徴は、「集合時間以外の約束ごとも破りがち」ことです。 遅刻癖がある人は待ち合わせ以外の人との約束の管理もできないことが多いです。いつまでにどの仕事をこなす・友達の誕生日のプレゼントを買っておく・飲み会の場所を調べておくという簡単な約束も果たすことができません。 人とのありとあらゆる約束を破りがちな傾向があり、周りの人からは「あの人になにか頼みごとすると上手く先に進まなくなる」と思われるようになり、一緒に痛くない人というレッテルが貼られやすくなります。

特徴6:整理整頓が苦手

遅刻癖がある人の6つ目の特徴は、「整理整頓が苦手」ことです。 遅刻癖があるひとはスケジュール管理が苦手です。スケジュール管理とは自分のスケジュールを整理して動きやすく管理しておくことですが、この管理や整理ができない人は自分の部屋や身の回りの整理も整理できません。 そのためいつも部屋が汚く、朝出かけようと思った時にも必要なものが見つからず、捜し物に時間がかかってしまい、毎朝気付いた時には出発時間を過ぎていて、遅刻することになります。

特徴7:憎めない性格

遅刻癖がある人の7つ目の特徴は、「憎めない性格」なことです。 憎めない性格な人はちょっとした失敗をいつも許されてしまう傾向があります。これはある意味その人の長所ではありますが、そのせいで遅刻しても周りの人の指摘がゆるくなってしまいます。 その結果、本人の遅刻することへの罪悪感やことの重大さが感じられなくなり、本人に遅刻癖を直す意思がなければ「遅刻してもそんなに厳しいことは言われないから大丈夫」と思うようになり、いつまでも遅刻癖が治らなくなります。

特徴8:いつも曖昧な表現をする

遅刻癖がある人の8つ目の特徴は、「いつも曖昧な表現をする」ことです。 遅刻癖がある人はスケジュール管理が甘いですが、その詰めの甘さは普段の言葉遣いにも出ていて、「約」「だいたい」「およそ」といった曖昧な表現をすることが多いです。こうした「おおよその見積りで大丈夫」という意識が遅刻癖がある人の基本的な考え方です。 そのため、約束の日も「これくらいに出発すれば間に合うろう」と楽観的に考えてしまい、いざ当日の朝になって間に合わなくなったり、支度が十分にできていなかったりして、結局遅刻することになります。

特徴9:翌日の予定を答えられない

遅刻癖がある人の9つ目の特徴は、「翌日の予定を答えられない」ことです。 スケジュール管理が甘いことは何度かお伝えしましたが、遅刻癖がある人は翌日や近日中のの予定も頭に入っていません。そのため、事前に事後のスケジュールを見越した行動ができず、「まあまだ大丈夫だろう」という曖昧な見積もりで行動を続けます。 その結果、翌日・翌々日になってどんどん仕事が溜まっていき、いずれ身動きが取れなくなり、気付いた時には取り返しの付かないことになっていて、ひどい場合には前日には遅刻が確定しているようなこともあります。

特徴10:総じて詰めが甘い

遅刻癖がある人の10つ目の特徴は、「総じて詰めが甘い」ことです。 ここまでに紹介した特徴から分かる通り、遅刻癖がある人は総じて詰めが甘いです。スケジュール管理が甘いということは細かい部分の管理が上手くできていないということで、スケジュール管理以外もザルになる傾向があります。 仕事の仕方がゆるく会議で遅刻癖がある人の主張は論理の詰めが甘い。人との関わり方も 言っちゃいけないことを平気で言ってしまいデリカシーがない人と思われることが多いと言ったことがあります。

遅刻癖がある人の隠れた心理

次は遅刻癖がある人の隠れた心理です。 遅刻癖がある人は前の見出しで紹介したような自己管理能力の低さの他にも、対人関係の問題からよく遅刻をするようになる人もいます。ここでは遅刻癖がある人の5つの心理を紹介します。

心理1:遅刻しても大丈夫な相手だと思っている

遅刻癖がある人の1つ目の心理は、「遅刻しても大丈夫な相手だと思っている」ことです。 遅刻癖のある人の中には相手を選んで行動している人がいます。「この人は遅刻しても大丈夫だな」と相手のことを軽く見ている場合には、遅刻してもそんなに怒られないと思っているため、遅刻することの罪悪感を感じなくなります。 相手によって、後々自分がこうむる被害や相手にかける迷惑はそんなに無いと考えてしまうので、事前の自分のスケジュール管理や当日の出発時間も遅くなり、遅刻する用になってしまいます。

心理2:待ち合わせする相手のことが苦手

遅刻癖がある人の2つ目の心理は、「待ち合わせする相手のことが苦手」なことです。 待ち合わせの相手が苦手な場合には当日の身支度が気が重くなります。「行きたくない」「あの人と1日過ごすのは気が重いな」という思いが頭を埋め尽くしてしまい、見字抱くにも時間がかかってしまいます。 その結果支度に時間がかかってしまい、気付いた時には出発時間を過ぎてしまい、待ち合わせ時間に遅れてしまうことになります。精神的な理由から出発時間が遅れてちこkにつながる典型例とも言えます。

心理3:「なんとかなる」と楽観的に考えすぎている

遅刻癖がある人の3つ目の心理は、「なんとかなる」と楽観的に考えすぎていることです。 遅刻癖がある人はスケジュール管理が甘いので、「このくらいのスケジュールで大丈夫だろう」という楽観的な考えでいつも行動しています。細かいタスクが見えておらず、いざ行動し始めると当初予定していた以上に仕事が増えて、スケジュールが狂い始めます。 その結果、想定以上に身支度や事前にこなしておく仕事に時間がかかってしまいます。しかもこうした傾向があることを本人は学ばないので、毎回遅刻することになります。

心理4:自分の能力を過信しすぎている

遅刻癖がある人の4つ目の心理は、「自分の能力を過信しすぎている」ことです。 これは遅刻癖がある人が「自分は上手くできる」「効率よく仕事をこなせる」と思い込んでいるということです。これも実際に手を付けてみるとわからないことがどんどん出てきて、仕事量が増えていく原因です。 その結果、想定以上の時間がかかることになり、毎回待ち合わせ時間に遅れてしまうことになります。

心理5:「待つのは時間の無駄」と考えている

遅刻癖がある人の5つ目の心理は、「待つのは時間の無駄」と考えていることです。 遅刻癖がある人の中には希にスケジュール管理は完璧なうえで遅刻する人もいて、その人は「待つのは時間の無駄」という考え方の場合です。このタイプの人は「自己中心的」とも言えます。 自分が待つのが嫌なので、「待ち合わせ時間ギリギリに行こう」と考えるようになり、出発や移動時間がタイトになります。その結果毎回ちょっとだけ遅れて集合場所に登場することになります。

遅刻癖が治らない原因

次は遅刻癖が治らない原因を4つ紹介します。 あなた自身が遅刻癖がある人の場合には、ここで紹介する4つの原因を踏まえて改善を試みてください。周りに遅刻癖がある人がいる方はこの原因を理解した上で改善する方法を提案してあげましょう。

原因1:計画錯誤がひどい

遅刻癖が治らない1つ目の原因は、「計画錯誤がひどい」ことです。 計画錯誤とは2002年にノーベル経済科学省を受賞したダニエル・カーネマンが提唱した、行動心理で、人は行動が完了するまでにかかる実際の時間に対して40%少なく見積もる傾向があるという特徴です。 つまり、本当は完了するまでに1時間かかる仕事を、計画段階では30〜40分程度で終わると考えることです。この計画語がひどい人は出発するまでに係る時間を極端に少なく見積もっているため、実際に出かける時には既に遅刻が決定していることが多いです。

原因2:体内時計が狂っている

遅刻癖が治らない2つ目の原因は、「体内時計が狂っている」ことです。 体内時計が狂っていると、仕事や出発の支度をしていても自分が想定している以上に時間がかかってしまいます。これは自分が1つ1つの作業にどれくらい時間がかかるかを把握できていないとも言えます。 しかもそのことに本人は気づいておらず、「この感じで動いていれば遅刻する」ということを学習できません。そのせいで毎回集合時間に遅刻することになっています。

原因3:本人が遅刻癖を治そうとしていない

遅刻癖が治らない3つ目の原因は、「本人が遅刻癖を治そうとしていない」ことです。 本人が遅刻癖を治そうとしていない場合にも当然遅刻癖は治りません。遅刻癖があることを本人が重大視しておらず、「遅刻しても大丈夫だろう」という周りへの迷惑を考えない考え方になっていることがあります。 こういう人は痛い目を見なければ遅刻癖を治そうとする意識は働きづらいです。ただ、理由は何であれ遅刻することは悪いことなので、自分でなんとかして遅刻癖を治そうとする意識を持たなければいけません。

原因4:極度のストレスを抱えている

遅刻癖が治らない4つ目の原因は、「極度のストレスを抱えている」ことです。 極度のストレスを抱えている方は常にイライラしていて、集中スべきこと以外のことに気を取られてしまいます。その結果手元が狂ったり注意力が散漫になってミスが増えて、余計な仕事が増えてしまいます。 その結果仕事が終わるまでに想定していた以上の時間がかかるるようになってしまい、遅刻が多くなってしまいます。

遅刻癖がある人がよく言う4つの言い訳

次は遅刻癖がある人がよく使う4つの言い訳を紹介します。 遅刻癖がある人の言い訳の特徴は「自分は悪くない、止む終えない事情があった」ということを言外で伝えようとしています。ここで紹介することを言う人は今後頻繁に遅刻する可能性があるので、心の準備をしておきましょう。

電車やバスが遅れた

遅刻癖がある人がよく言う1つ目の言い訳は、「電車やバスが遅れた」です。 遅刻癖がある人の典型的な言い訳が、公共交通機関のトラブルのせいにすることです。電車やバスがちょっと遅れた、人身事故が起きて身動きが取れなくなったということを言い訳にします。 このタイプの言い訳は「遅刻したけど自分のスケジュール管理の甘さや出発が遅れたせいではない」と言いたいのであって、完全に逃げと責任転嫁が目的です。

来るまでにトラブルに巻き込まれた

遅刻癖がある人がよく言う2つ目の言い訳は、「来るまでにトラブルに巻き込まれた」です。 電車やバスの遅れもこの言い訳に含まれますが、公共交通機関トラブル以外にも外国人に道を聞かれた・子供を助けた・定期券を忘れたといったトラブルに見舞われたせいで遅刻したという言い訳です。 この言い訳も「予定通り出発はしたけど止む終えない事情で遅刻してしまった」という言い分で、自分に責任はないと言おうとしています。

持ってくるものが見つからなかった

遅刻癖がある人がよく言う3つ目の言い訳は、「持ってくるものが見つからなかった」です。 これは完全に自分の準備不足であることを自分で行っています。遅刻癖がある人は「整理整頓が苦手」と紹介しましたが、前日など時間がたっぷりある時に余裕を持って支度をしていないことが多いです。 そのため当日「あれがない!」と慌て始め、それを探すのに時間がかかってしまい、見つかった時には予定していた出発時刻を過ぎていて、結局遅刻しています。

体調が悪かった

遅刻癖がある人がよく言う4つ目の言い訳は、「体調が悪かった」です。 これは体調不良を出せば「遅刻したことは咎められず、さらに気を使ってもらえる」というせこい考え方から来る言い訳です。 「体調が悪いから朝なかなか出発できなかった」と言うことで周りの人に遅刻してしまったことを咎められなくなる雰囲気を作り、更に気を使わせるというどう仕様もない言い訳です。

友達や彼氏・彼女が遅刻する!遅刻魔の対処法

次はあなたの周りに遅刻癖がある人がいる場合の対処法を紹介します。 遅刻癖がある人は周りの人が対処法を教えたり、自分でなんとかするように意識を持たせなければいつまで経っても治りません。ここでは遅刻癖がある人の5つの対処法を紹介します。

対処法1:遅刻が不快であることを強く伝える

遅刻魔の1つ目の対処法は、「遅刻が不快であることを強く伝える」ことです。 遅刻癖がある人にはどこかのタイミングで「毎回毎回遅刻されるのがすごくイライラする」ということを強めに伝え、「二度としないで欲しい」とはっきりと伝えましょう。 遅刻癖がある人は自分にそういう傾向があることを分かっているものの、自分で改善しようとしないために、毎回遅刻します。そういう人には次遅刻した場合の精神的なプレッシャーを与えておきましょう。

対処法2:その人にだけ待ち合わせ時間を30分早く伝えておく

遅刻魔の2つ目の対処法は、「その人にだけ待ち合わせ時間を30分早く伝えておく」ことです。 これは遅刻癖がある人に対する最も典型的な対処法の一つで、遅刻することが分かっているならいつも遅刻してくる時間分早く待ち合わせ時間を伝えておくという方法です。 こうしておくことで、遅刻癖がある人の時間感覚に合わせて待ち合わせができ、当初の待ち合わせ時間丁度に全員が集合できるようになります。

対処法3:待ち合わせ前日と当日に連絡を入れる

遅刻魔の3つ目の対処法は、「待ち合わせ前日と当日に連絡を入れる」ことです。 遅刻癖がある人は自分でスケジュール管理ができません。なので、待ち合わせする人が待ち合わせ時間が決まった時点で連絡はもちろんのこと、待ち合わせ前日に連絡を入れて、事前準備もしておくように注意喚起しましょう。 そして、当日もできればモーニングコールして寝坊しないように無理やり起こします。またモーニングコールはちゃんと起きられているかの確認にもなるので、遅刻車が出た場合の対応も早くできます。

対処法4:あなたがスケジュール管理をしてしまう

遅刻魔の4つ目の対処法は、「あなたがスケジュール管理をしてしまう」ことです。 これは手間がかかることですが、毎回遅刻されるくらいなら自分でがスケジュール管理してしまった方がマシという考え方です。特にプライベートで遅刻癖がある人の場合はあなたで管理してしまっても良いかもしれません。 一方で、仕事で遅刻癖がある人はその人になんとしてでも改善してもらう必要があります。最初のうちは一緒にスケジュール管理をして、頃合いを見て自分でもスケジュール管理するように促しましょう。

対処法5:リラックスして待てる場所を待ち合わせ場所にする

遅刻魔の5つ目の対処法は、「リラックスして待てる場所を待ち合わせ場所にする」ことです。 遅刻癖がある人にイライラする原因は「時間が無駄になっている」という感覚も1つの原因です。なのであれば、遅刻する人との待ち合わせの過ごし方を工夫してみましょう。 どうせ遅刻するなら到着するまでの時間を有意義に過ごす方法を考え、カフェに入って本を読む・仕事を進めるなど遅刻されている時間を有効活用する方法を考えてみましょう。

遅刻癖の改善方法

最後に遅刻癖がある方に、遅刻癖の改善方法を紹介します。 遅刻癖は明らかに良くないことで、毎回周りの人に迷惑をかけているので必ず治す必要があります。ここで紹介する方法を1つずつでも実践して、少しでも早く遅刻癖を克服するようにしてください。

改善方法1:計画の時間設定を常に前倒しして計画錯誤を正す

遅刻癖の1つ目の改善方法は、「計画の時間設定を常に前倒しして計画錯誤を正す」ことです。 「計画錯誤」とは1つの仕事を終える時間を短く見積もることです。であれば作業の開始時間をはやめに設定しましょう。想定以上の時間がかかることを予め見越しておき、早めに作業に取り掛かるようにしましょう。 そうすることで想定していた以上の時間がかかったとしても、待ち合わせに間に合わなくなるというリスクを減らすことができます。

改善方法2:自分の能力を過信しすぎない

遅刻癖の2つ目の改善方法は、「自分の能力を過信しすぎない」ことです。 これは「計画錯誤」を正すための1つの意識と言えますが、自分の作業スピードを改めて見直すということです。 仕事にかかる時間を計測し直して、あなたが様々な仕事をこなすのにかかる時間を性格に把握しましょう。その時間を計測した上でスケジュールを立てるようにすればスケジュール管理が正確になり、遅刻することも減ります。

改善方法3:前日に準備は全て済ませておく

遅刻癖の3つ目の改善方法は、「前日に準備は全て済ませておく」ことです。 これは朝の出発が遅れがちな人向けの方法です。遅刻癖の多くの原因は当日朝の支度に時間がかかっていることで、物が見つからない・ヘアスタイルのセットに時間がかかる・起きるのが遅いなどのことです。 当日の朝の支度に時間がかかるのであれば、前日の夜に翌日必要なものは全て揃えてパッキングまで完了させておく・ヘアスタイルのセッティングに必要なものも揃えておく・着る洋服も前日に揃えておくというふうにして、絶対に遅刻できない日の前日は早めに寝ましょう。

改善方法4:遅刻した場合のリスクを改めて理解する

遅刻癖の4つ目の改善方法は、「遅刻した場合のリスクを改めて理解する」ことです。 遅刻癖がある人は遅刻のリスクを理解できていません。仕事で言えば遅刻がある→信用を失う→大切な仕事を任されなくなる→昇進・昇給が遠のく→収入が上がらない→一生苦しい生活を強いられる。となります。 プライベートなら遅刻癖がある→信用を失う→友達が減る→休日に一緒に遊びにいける人がいなくなる→家に閉じこもるようになる→ストレスが発散できなくなる→根暗な人になる→周りに人が寄り付かなくなる→孤独な生き方になるといったリスクが考えられます。

改善方法5:朝の行動をルーティーン化しておく

遅刻癖の5つ目の改善方法は、「朝の行動をルーティーン化しておく」ことです。 朝が苦手で遅刻が多い人は1回朝やることをルーティーン化してしまいましょう。「起きる→洗顔(男性はひげそりも)→着替える(女性はメイクも)→ヘアスタイリング→朝食を食べる→歯磨く→出発」という一連の動作をルーティーンにしましょう。 そして、それぞれにかかる時間を計測しておき、毎朝出発する時間から逆算して少し余裕を持って起きる時間を設定しておきましょう。やることが固定化されてしまえば、起きる時間さえ遅くならなければ遅刻することはありません。

遅刻癖は「悪」です!ある方は早急に治しましょう

周りに遅刻癖がある方は遅刻してほしくないことをはっきりと伝えて、改善するように伝えましょう。 仕事で遅刻癖がある同僚がいる場合には上司などに掛け合ってなんとしてでも改善してもらうように働きかけましょう。 あなた自身が遅刻癖がある場合には周りの人に非常に迷惑をかけています。この記事で紹介した方法も含めて、一刻も早く改善するように務めましょう。

電話占い今なら3000円分無料クーポンプレゼント!?

「電話占いってやってみたいけど、値段高いんだよなぁ...」 なんと、ココナラなら今だけ、3000円分無料クーポンプレゼントしちゃいます! クーポンをゲットして手軽に電話占いを始める方法はこちら↓

関連記事

ライター

No Image

SHINJI.com

学生時代から継続して学んでいる セールスライティング(コピーライティング)の他、 それに関連する...

人気記事

新着記事