2019年04月16日公開

2019年06月09日更新

心に余裕がないと感じるあなたへ。その原因と心に余裕をもって生きる方法

「心に余裕がない」人はいつも落ち着きがなく短気な人と思われがちです。いつもリラックスして楽しく行きたいと思ったことはありませんか?この記事では心に余裕がなくなっている時の特徴・性格・心理について説明し、余裕がある時と無い時の違いや余裕を作る方法をお伝えします。

心に余裕が無いと感じるあなたへ

心に余裕が無いと感じている方は、周りの些細なことが気になったり、頭の中で解決したいけどどうにもならない」と抱え込んでしまっている悩みが沢山あったり、そうした悩みに気を取られてしまっている自分を未熟で情けないと思ってしまっていることがよくあります。 人と比べて自分に出来ることが少ないとその人に追いつくために焦ってしまったり、全て自分でなんとかしようとしてしまいがちです。ただ人それぞれ自分のペースがあるので、周りを必要以上に気にしてしまってがんじがらめになってしまう必要はありません。 まずはこの記事を読んで頂き、余裕がなくなっている時はどんな心理状態や考え方になっているかを確認して、余裕のない状態を克服する方法を身に着けましょう。

心に余裕がない人の特徴

心に余裕がない人はいつもせかせかしていたり、細かいことが気になったり、自信がなくておどおどしてしまったりします。 周囲の環境に緊張したり、自分の能力の至らなさから自分を卑下したくなることもあると思いますが、まずここで余裕がない人によく見られる特徴を確認して、自分もそうなっていないかを客観的に見直してみて下さい。

神経質

心に余裕がない人はとても神経質になってしまいます。 電車に乗っていて隣の人と方がぶつかるだけでイライラしたり、任せた仕事をこなせない部下に対して憤りを感じたり、恋人やパートナーの気が利かない態度にすぐカッとなってしまいます。 余裕がある時や普通の人なら全く気にならないことに対しても、過敏に反応してしまいストレスがどんどん貯まり、更に余裕がなくなってしまいます。

視野が狭い

余裕がない人は自分の考えに固執してしまっていて、視野が狭くなっています。 余裕がなくなっているとずっと考え事をしているので周りのことが目に入らなくなり、外を歩いていれば人にぶつかったり、家ではすぐにものを落としたり、仕事では客観的に考えればもっと効率的な対処方法が見つかることも自分一人で堂々巡りしてしまいます。 そのせいで普段ならしないようなミスが出やすくなり、ケアレスミスをしている自分が嫌になり、更にふさぎ込んでしまいます。

いつもせかせかしている

心に余裕がない人はいつもせかせかしています。 余裕が無い時は先々のことも見えていないことが多いので計画的な行動が出来ません。計画が立っていないのでいつまでに何をすると言った目標が見えておらず、「とりあえず早くしなきゃ」と思ってせかせかしてしまいます。 そのせいで手や体の動きは早くなりますが、やっている事自体は要領が悪いので、ハッキリと具体化されてはいないものの心の中で自分が求めているゴールになかなかたどり着けずに、またせかせかし始めてしまいます。

環境の変化に対応するのが下手

心に余裕がない人は環境の変化への対応が下手です。 進学や就職したり転職して新しい環境での生活が始まった時に、周りに気を使いすぎて動きがぎこちなくなってしまうのが心に余裕がない人の特徴です。 そうなっている自分を見るとそれを克服しなければならないと思って、仕事や勉強以外のことも気にしだすため、余裕がなくなってしまいます。

安心して仕事が任せられない

安心して仕事を任せづらいのも余裕がない人の特徴です。 心に余裕がない人に仕事を任せようと思っても、周りの人は「この人変なミスしないかな?」と心配になってしまい、難しい仕事は任せられなくなってしまいます。 そうなれば簡単な仕事しか振られなくなったり、仕事を振ってくれる人に余計な気遣いをさせてしまうため、スキルアップや昇進のチャンスを逃してしまうことになります。

表情が硬い

心に余裕がないと表情が硬くなります。 心に余裕が無いとはずっと「緊張状態」が続いているということで、それが表情にも出てしまい常にこわばった表情になってしまいます。 本人は気づいていなくても表情が硬くなることで周りの人から気遣われるようになり、その気遣いに気づくと「また気を使わせてしまってる」と思って卑屈になってしまいます。

心に余裕がない人の性格

ここまでに挙げた余裕がない人の特徴はここで説明する性格が原因で起きてしまっている行動です。 どれもネガティブなイメージの性格が挙げられていますが、その性格との向き合い方や活かし方を変えれば周りの人よりも大きな成果を出せる人にもなります。 まずは自分を知るためにもどんな性格化を確認してみて下さい。

短気

余裕がない人は短気で、小さなことにもすぐに腹を立ててしまいます。 自分自身の小さなミスがあったり分別のない行動をする人などがいると、余裕がある時なら軽く受け流せることも心理的にいっぱいいっぱいになっている時は過敏に反応してしまいます。 また、なにか始めてから結果が出るまでに時間がかかる場合もイライラしてしまい、結果が出る前に手放してしまうことが続き、いつまでも目立った成果を出せないこともあります。

思い込みが激しい

余裕がない人は思い込みが激しく、自分の置かれている状態を客観視出来ていません。 自分に出来ること・出来ないことや周りの人が自分のことをどう思っているかについて根拠もないのに自分勝手に理由をつけて考えてしまい、あたかもそれが真実であるように思い込んでしまいます。 余裕がなくなっている人は自分がいま頭の中で考えていることが事実に基づいたことなのか、自分勝手な思い込みなのかを一歩引いて見直す必要があります。

完璧主義

完璧主義なために心に余裕がなくなっていることもあります。 完璧主義な人は「ミスをしたくない」「目標は100%達成する」「かっこ悪いところは見せない」という思いが人一倍強いです。もちろんこうした事を意識するのは大切ですし、目標は達成出来た方が自己肯定感も増します。 人はだれでもミスはしますし意図せずに恥ずかしいところを見られてしまうこともあります。必要以上に気にしすぎないようにしたり、笑顔でやり過ごせるように工夫すると自然と余裕も出てきます。

欲深い

余裕のなさは欲深さから来ていることもあります。 自己承認欲求・独占欲・出世欲・性欲(モテたい)など様々な欲がありますが、この欲求を高い水準で満たそうとして欲を深追いしていると、いつの間にかその欲に支配されてしまい自分自身が疲弊してしまいます。 適度に翼を持つことは自己成長にも繋がりますが、欲に飲み込まれないように注意しなければなりません。

責任感が強い

余裕がない人は責任感が人一倍強いことも考えられます。 やるべきことをやったり任された仕事をしっかり遂行する意識を持つことは大事ですが、必要以上に自分の責任を意識しすぎると、失敗した時の心配ばかりしてしまい後ろ向きな感情しか持てなくなって余裕がなくなってしまいます。 自分の責任が及ぶ範囲だと思っていることも、周りの人からすればあなたが責任を取る必要のないことだと考えているかもしれません。自分が気にかける必要があるのは何かを明確にすると良いです。

自分に自信がない

余裕がない人は自分に自信がないこともあります。 人はだれでも自分の得意なことをする時は何をすれば良いのかわかっているので心に余裕が生まれ、心配することがありません。ただ慣れないことや苦手なことをする時は上手く出来るかわからないため精神的に余裕がなくなってしまいます。 何に対しても自信が持てない人は常に八方塞がりになってしまい、どこにっても余裕がない状態になってしまいます。

心に余裕がない時の心理

心に余裕が無い人が自分自身や周りの状況に対してどのように感じているかという心理の動きについてここで説明します。 簡単に言うと「ネガティブになり必要以上に気にしてしまっている」と言えます。余裕が無い時の心理について4つの例を紹介していますので確認してみて下さい。

自己責任と考えている

心に余裕が無い時は周りで起きること全てに対して過剰に「自己責任」を意識しています。 自分の力の及ばないことに対しても「なんとかすれば解決出来たんじゃないか?」と考え始めてしまい、余計な問題を抱え込んでしまうため、心の余裕がなくなってしまいます。 周りの状況がうまく進んでいないのは全て自分に責任があると極端な考え方になっている可能性がありますので、自分に出来ること・出来ないことを考えたり、どうにもならないことは考えないようにする必要があります。

自分は何も出来ないと思ってしまう

余裕がない人は周りの人が上手く出来ている状況を見ると、自分は何も出来ない人だと感じてしまいます。 本当は何も出来ないわけでは無く、たまたま自分がやったことのないことであったり、その人が得意だっただけであって自分を卑下する必要はないことでも、劣等感や敗北感を感じてしまいそれを極端に意識してしまいます。 その結果時間を掛けるべきではないことに時間をかけてしまい、本当にやるべきことに手が回らなくなったりしてどんどん余裕がなくなってしまいます。

人に迷惑をかけていないかいつも心配してしまう

心に余裕がない人は過剰に周りを気にしています。 行きていく上で一切周りの人に迷惑をかけないというのは不可能です。迷惑ではないにしても自分一人で全てをこなし一切人の手を借りずに行きていくことは不可能です。それでも心に余裕がない人は「これを頼んだらめいわくがられるかな?」と考えてしまいます。 また周りからの自分の評価も気になってしまうため、「良い人」でいるために気遣いが増えてしまいます。

必要以上に自分を卑下してしまっている

ここまでに何度かお伝えしている通り余裕がない人は必要以上に自分のことを卑下しています。 出来ないこと・至らない点・苦手なこと・弱点は人には必ずありますが、そうしたポイントを余裕がない人は極端に嫌います。「完璧主義」と似ている特徴ですが、「なんでも出来る自分」という高すぎる自分の理想像と比べて、現実の自分が出来ない事については必要以上に卑下してしまいます。

心に余裕がないと良いことはあまりない

いつも周りのことが気になり余計なことに気を取られてしまい、すべてのことを自分の責任と感じてしまい、その状況を解決出来ない自分にも嫌気が差してしまいます。考えなくて良いことを考えたり必要以上に気にしてしまって心が落ち付く時間がないのが余裕がない人です。 こうした心理状態で過ごしているのは何年も使っている自転車をメンテナンスせずに使い続けているようなものです。自転車も使い続けていればネジが緩んだりブレーキが効かなくなったり、ブレーキを掛けた時に悲鳴を上げてしまいますし、最悪の場合は走っている途中に壊れてしまいます。 余裕がない人の心理状態も同じで、時にはリラックスする時間を作って心が休まる時間を作らなければいつか取り返しの付かないことになってしまいます。

心に余裕がある人とない人の違いは何?

心に余裕がある人とない人の違いは「自分の扱い方」「執着度・視野の広さ」「客観性」の3つにあります。 この3つの力があったり上手く出来ると余計な心配をせずに、やるべきことには集中しながらも常にリラックスした状態でいられるようになります。それぞれの項目について詳しく見てみましょう。

自分の扱い方

心に余裕がない人は、これまでに説明したとおり自分のことを必要以上に卑下してしまいますが、一つイメージしてみてほしいのがいま卑下している自分が赤の他人だったとしたら、その「他人」はあなたから罵られたり卑下され続けられたらどう思うでしょうか? 人から悪く言われていい気分でいる人はいません。心に余裕がない人が自分にしているのはそういうことです。人から悪く言われれば傷つくのと同じように、余裕がない人は自分のことを自分で傷つけているのです。 一方で余裕がる人は自分の過ちがあった時非があったことは認めて反省しますが、自分の人間性について卑下することはありません。自分がやったこと・選択した行動に間違いがあったことは反省して同じことをしないように反省するだけです。

執着度・視野の広さ

心に余裕がない人は目の前のことに執着しすぎてしまい、うまくいかないことがあったりイライラするとそのことにこだわってしまったり、解決の糸口を見つけようとせずにアレやコレや言って自分の不快感を示すだけで先に進もうとしません。 そのためいつまで立っても進展がなく、結果として自分自身の成長もないためまた同じことでイライラしてしまいます。 その一方で余裕がある人は目の前の状況を常に一歩引いて見ています。周りを見ればもっと簡単に解決出来ることがあったり、周りの人が対して気にしていないことに執着しする必要はないと考え、むやみ深入りしないようにしています。

客観性

執着度にも似ていますが、心に余裕がない人は目の前の物事にも自分自身も客観的に見ることが出来ません。そのため起きたことに対する自分の感情に意識を向けてしまい、論理的に考えることが出来なくなっていきます。 一方で余裕がある人は目の前の状況についても自分自身の感情の動きについても客観的に見ることが出来るため、論理的に状況分析をして先に進むための解決方法を考えることが出来ます。 また目の前の状況に対する自分の感情についても客観的に理解して、どうすれば自分の感情がポジティブな状態に戻るかを考えて実行することが出来ます。

心に余裕があるとこんなにも人生が変わる

心に余裕が出来ると常にリラックスした状態でいられるようになり視野も広がります。 ここでは余裕が出来ることによってどんな人生を送れるようになるかを説明しますので、ここでお伝えするような余裕のある生き方をしたい方は次の「心に余裕を持っていきたい!心の余裕の作り方」も併せて読んでみて下さい。

心に余裕がある男性はモテる

まず男性の場合、心に余裕があると持てます。 女性の立場から考えれば、小さいことにこだわっていつもせかせかしていて事あるごとにムキになる男性よりは、いつも落ち着いた対応が出来てリラックスした雰囲気の男性といっしょにいたいと思うのは当然のことです。 また心の余裕が生まれれば自然と普段から表情も柔らかくなるため女性から近づきやすい男性になりますし、心の余裕は包容力にも繋がりますので一緒にいたい男性という印象を持たれやすくなります。

人が集まるようになる・友だちが増える

余裕がある人に対しては一緒にいる人も気を使ったりする必要がないため、一緒にいて心地いい人と感じてもらいやすいです。その結果友だちも増えていきます。 そういう人の周りには自然と人が集まり楽しく過ごすことが出来ますし、困ったことが起きたら周りの人からアドバイスをくれたりするので、余裕が無い時のように一つの物事に執着して先に進めなくなるということが少なくなります。

新しい考え方や価値観が身につくようになる

周りに人が集まるようになったり友だちが増えるようになれば自然とコミュニケーションが増えて、新しい考え方や価値観が身につくようになります。 そうなれば更に自分の視野や物事の捉え方が幅広くなり、自分ひとりで物事を対処しなければならなくなった時も幅広い視野から状況を理解出来るようになるので、余裕が無い時よりはより適切な意思決定が出来るようになります。

些細なことに一喜一憂しなくなる

余裕がある人は些細なことに一喜一憂することがなくなります。 余裕が無い時は小さなことにも腹を立てたりこだわったりしていましたが、余裕が出来ると小さなことにこだわる必要がないことに気づけます。 また嬉しいことが起きた時は思う存分喜び、不快なことが起きた時はまともに取り合わずに受け流すことも出来るので、ポジティブな精神状態を維持出来るようになります。

視野が広がり選択肢が増える

余裕のある生活が出来る用になるのが心に余裕がある人のメリットですが、余裕のある生活とは精神的にも肉体的にも金銭的な面についても当てはまります。 精神的な余裕はもちろんですが、過剰なストレスを溜め込んでいると胃が弱くなったり頭痛やめまいを起こしやすくなるため肉体的な負担も大きくなります。そうなれば健康を保つための余計な出費が増えて金銭的にも余裕がなくなります。 一方で余裕のある生活が出来ると休日には友人と体を動かして気分転換することが出来たり趣味に打ち込むことが出来ます。気分転換出来れば余計なストレスを軽減出来ますので仕事のパフォーマンスも上がりやすくなり、受け取る給料も上がり全体的に余裕が生まれてきます。

心に余裕を持って生きたい!心の余裕の作り方

心の余裕は意識することで簡単に作ることが出来ます。 余裕を作るための方法は簡単に家は余裕が無い時の考え方や行動とは真逆の事を意識したりやることです。「そんなことか」と思うかもしれませんが、それだけで余裕が生まれて今よりも行きやすくなるのであればやってみた方が良いですよね。 ここでは6つの方法を紹介していますので是非実践してみて下さい。

ストレス発散方法を知る

まず心の余裕を作る上で一番簡単に思いつく方法はストレスの発散方法を知るということです。具体的な方法は人それぞれ異なるので自分なりに一番ストレスが発散出来る方法を探っていく必要がありますが、探す際のポイントは「心から楽しめること」を選ぶか「無心になれること」を探すことです。 「心から楽しめること」は旅行に行ったり友達と遊びに行ったり映画を見たりなどが考えられますが、それをやっている時に思いっきり笑顔になれる事を探しましょう。 もう一つの「無心になれること」は禅のように一切の邪心を捨てて黙々と打ち込めることを探すということです。男性の場合はテレビゲームやプラモデル作りでもいいですし、女性であれば編み物やフラワーアレンジメントなどが考えられます。

人は人、自分は自分と考える

次の方法は「人は人、自分は自分」と割り切って考えることです。 余裕が無い時は周りの人が気になってしまって自分のことに意識が向かなくなってしまっています。そうならないために、自分はどんな人なのか・出来ること・出来ないことを理解して、それは周りの人と違うんだということを理解しましょう。 そして自分が出来て周りの人が出来ないことは自分が助けてあげるようにして、自分が出来ないことは人に助けてもらうようにしましょう。

自分にも他人にも完璧を求めない

余裕を持つためには「完璧主義」を捨てることです。余裕がない人は一つのことに徹底的に取り組んで完璧を目指す傾向がありますが、これでは息苦しくなってしまいますし、仕事の場面でも言われますが「7割出来ればゴー!」という考え方を持つことです。 完璧に出来るに越したことはありませんが、物事の価値を決めるのは全体の中の2割の最も重要な部分です。それ以外のところに時間をかけすぎても大きく結果は変わりません。 細かいことにこだわりすぎず、抑えるべきところは抑えて7割くらい完成したら「それでよし」と考えて物事に向き合うことで余裕が生まれます。

出来ないことは素直に人に相談する

「人は人、自分は自分と考える」で少し触れましたが、自分に出来なことは素直に認めて自分よりも上手く出来る人に助けてもらうようにしましょう。 自分で全部解決しようとするよりも人の手を借りた方が早く解決出来ることは思っている以上に沢山あります。しかも自分よりも上手く出来る人がいるのであれば、その人にやってもらったり上手くこなす方法を教えてもらった方が、結果は圧倒的に良くなります。 なので全て自分で完結させようとするのはやめましょう。

自分を大切にする・愛する

自分を大切にして愛してあげることで余裕が生まれてきます。 周りの人への気配りを自分に対してもやってみることです。周りの人が試験に合格したり、就職先が決まったり、誕生日だったりした時に思いっきりお祝いしてあげたり、気に食わないことやイラッと来ることをされても節度を持って対応するように、自分にも同じように接してあげましょう。 苦手だった仕事をうまくこなせるようになったり、料理がうまくなったり、素直に謝れたりした時にはしっかりと自分を褒めてあげて、何かミスをした時は自分の人間性を攻めるのではなく、やってしまった行為は反省して次同じことをしないように工夫しましょう。

納得行くだけのお金を稼いでしまう

余裕に直結しやすいのはお金です。なので、自分が納得出来るだけのお金を稼いでしまって、精神的に余裕が出来るだけの貯蓄を作ってしまうのも一つの手です。 金銭的に余裕がないと馬車馬のように働く必要があるように感じてしまって、いつも余裕がなくなってしまいます。今は稼ぎ方は多様化していて、会社に務めていたり学生の場合でもスキマ時間を見つけながら稼げる仕事は沢山あります。 自分が納得出来るだけのお金を貯められるまでは我慢して仕事に集中してしまって、その後の人生の精神的な余裕を作ってしまうのも良いかもしれません。

心に余裕が無いと感じた時にためになる名言

最後に心の余裕がない時に参考になる名言を2つご紹介します。 誰もが知る女優のオードリー・ヘプバーンと、野球のイチロー選手の言葉をご紹介します。

心に余裕が無い時にためになる名言1

『幸福とは、健康と物忘れの早さである』 こちらはオードリー・ヘプバーンの言葉です。健康でなければ自分のやりたいことを思う存分することは出来ませんので普段から心がける必要があります。 「物忘れの早さ」も幸福になるための方法として挙げていますが、自分の気分を害してしまうようなことや恥ずかしい過去などは忘れてしまうのも良いかもしれません。ずっとそれが気になってしまいもやもやし続けるよりは遥かにましです。

心に余裕が無い時にためになる名言2

『打てない時期にこそ、勇気を持ってなるべくバットから離れるべきです。』 野球のイチロー選手の言葉です。上手く調子が乗らない時は一度そこから距離を置くと良いかもしれません。 もともと上手く出来ていたのに、調子が悪くなってしまったことはなんとかして調子を取り戻そうとしてそこに執着しそうになりますが、一度距離を置いて自分の状態を見てみたり、一度忘れて気分転換に徹するなどすることで思わぬ気づきを得られるかもしれません。

余裕を手に入れるためにも一歩引いてみよう

余裕がない時は強い執着心が生まれて主観的にしか物事を見られなくなってしまっていますが、そうなってしまっては進展はありません。 心の余裕を生み出すための第一歩は「一歩引く」ことです。余裕が無い時は「なんとかしなきゃ」と焦りも出てしまいますが、最後のイチロー選手の言葉にもある通り一度距離をおいて気分転換をすることで、執着してしまっていた時に見えていなかったことに気づき、一気に目の前の状況を突破出来るようになるかもしれません。

電話占い今なら3000円分無料クーポンプレゼント!?

「電話占いってやってみたいけど、値段高いんだよなぁ...」 なんと、ココナラなら今だけ、3000円分無料クーポンプレゼントしちゃいます! クーポンをゲットして手軽に電話占いを始める方法はこちら↓

関連記事

ライター

No Image

SHINJI.com

学生時代から継続して学んでいる セールスライティング(コピーライティング)の他、 それに関連する...

人気記事

新着記事