2019年06月25日公開

2019年06月25日更新

自信過剰な人との付き合い方は?自信過剰の治し方や診断テストも!

自信過剰な人はどこにでもいるものですが、周囲から嫌われることが多いです。人はなぜ自信過剰になるのでしょうか?自信過剰な人の特徴や自信過剰な人との付き合い方、自信過剰かどうかを診断するためのテストをご紹介します。自信過剰を改善するための方法もまとめてみました。

自信過剰の意味とは?自信過剰な人ってどんな人?

自信過剰は自信があり過ぎて問題があることを意味します。自信は自分を信頼するという意味でポジティブな意味合いの言葉ですが、自信過剰は自分を優れた人間だと考えるせいで様々な弊害が出てきます。 自信過剰の使い方や自信過剰な人の性格、自信過剰になる心理的な理由、自信過剰を改善する方法などをご紹介します。

自信過剰の使い方・例文

過剰は多すぎて困ることを意味するので、自信過剰がポジティブな意味合いで使われることはありません。「自信過剰な人は身を亡ぼす。」などと、自信過剰だとどうなるかという意味で使われることがあります。 また、単純に「あの人は自信過剰だ。」と、自信過剰だということを表すために使われます。

自信過剰の類語

自信過剰の類義語には「自信満々」や「自己過信」、「自惚れ」などがあります。自信満々は自信に溢れているという意味ですがネガティブなニュアンスはなく、単純に自信があることを表します。 自己過信は自分の能力を信じすぎているという意味で、自信過剰とかなり近い意味です。自惚れも自分はすごいと思っている意味の言葉で、自信過剰に意味は近いといえます。ただし、自惚れの方が自分のことが好きというニュアンスが強いです。

自信過剰の対義語

自信過剰に明確な対義語はありませんが、自信不足や謙虚などが対義語と言えるでしょう。自信不足は自分に自信がないという意味で、ほとんど自信過剰の反対の意味で使われます。ただし自信不足も自信がないせいで、失敗する場合を現したりするネガティブな言葉です。 謙虚は自分のこと過小評価して控えめにすることも表しますが、素直に相手の意見を受け入れるなどポジティブなニュアンスのある言葉です。

自信過剰の英語表現

自信過剰は英語では「overconfident」という英語単語で表現されます。「overconfident」は形容詞で「自信過剰の」、「うぬぼれの強い」という意味になります。 「overconfident of people」で自信過剰な人という意味になり、「Don't be overconfident」で「自信過剰になってはいけないなど」と訳されます

自信過剰な男性の特徴・あるある

自信過剰な男性にはどんな特徴があるのでしょうか?基本的に自信過剰な人が与える印象はよくありません。自信過剰な男性の特徴についてまとめてみました。

特徴1:自慢話をよくする

自信過剰の男性の特徴として、自慢話をすることが多いことが挙げられます。自信過剰の男性はちょっとした手柄を自慢したり、人と比較して自分が優れていることをアピールしようとします。 自信過剰の男性の自慢話の内容はほとんど内容がないことも多く、自分が優れていることを自慢したいだけです。意味もない自慢話なので、周りからも嫌がられます。 しかし、この手の話を聞かないと、自信過剰の男性は不機嫌になります。うまく付き合うにはある程度、自慢話を聞いてあげた方がいいでしょう。

特徴2:イケメンだと勘違いしている

自信過剰な男性の特徴として挙げられることが多いのが、自分をイケメンだと思い込んでいるということです。自信過剰な人は自分のことをあらゆる面で高く評価しているものですが、男性は自分のことをイケメンでモテると勘違いしている人が多くいます。 実際は全然モテていないとしても、自分がモテることを疑うことはなくイケメンだと信じているのです。自信過剰な男性は自分でカッコイイと思う写真を撮って、SNSで公開する人も少なくありません。 実際にカッコいい人はあまりいない上に、本当に顔が良くても性格のせいで嫌がられることも多いです。

特徴3:仕事ができると思い込んでいる

自信過剰な男性は自分は仕事ができると思い込んでいることが多いです。実際に仕事ができるかどうかは関係なく、自分は仕事ができると無条件で考えています。 また、協力して成功させた仕事を自分1人の手柄のように自慢するのも、自信過剰な男性の特徴といえます。自分はミスをしても、人の手柄を自分のもののように話します。 当然嫌がられますが、自分は周りから信頼されるのが当たり前だと信じています。それが態度に現れるので、更に嫌われてしまうのです。

特徴4:勝手にリーダーのように振る舞う

周りから信頼されているわけでもないのに、リーダーのように振る舞うのも自信過剰な男性の特徴です。自分がリーダーであるのが当然のように行動して、周りの意見は無視して仕切りたがります。 能力とは無関係にリーダーとして行動するため、能力がないと周りからバカにされることも珍しくありません。しかし自信過剰なためか、本人は気づかないないことが多いようです。 周りのことを考えて積極的に行動する人もいますが押し付けになってしまうため、周りの人からはあまり感謝されません。リーダーと認められていないのに、リーダーとして行動して嫌がられるのも自信過剰な男性の特徴です。

自信過剰な女性編の特徴・あるある

自信過剰な女性の特徴についてみてみましょう。自信過剰な男性との共通点も多いですが、微妙な違いも見えてきます。

特徴1:美意識が高い

自信過剰な女性は美意識が高いことが多いです。自信過剰なため自分の容姿にも自信があり、ファッションやヘアスタイルなどを常に意識しています。実際に美人の女性も多いためチヤホヤされることも多く、ますます自信過剰になるといえます。 常に自分が見られていることを意識しています。しかし、自意識も過剰なため実際には見られてもいないのに、自分が見られていると勘違いしていることも多いです。 自分のことを見せようという意識が見え見えなことも多いため、反感を持たれたり嫌われてしまうこともよくあります。

特徴2:行動的である

自信過剰の女性は行動的な人が多いです。グループ内では率先して行動するため、リーダーになりやすいといえます。人の面倒を見るのも好きですが押しつけがましいことが多いため、嫌がられることもよくあります。 自信過剰なため周りからの忠告を聞くことはなく、間違っていると周囲に止められても言うことを聞きません。 周囲を振り回すことも多いですが、本人に悪気はありません。しかも、本人は正しいと思っている上に善意で行動しています。そのため、厄介なトラブルを起こす場合もあるのです。

特徴3:意見を変えない頑固さがある

自信過剰な女性は、頑固で自分の意見は変えようとしません。自慢話ばかりしてくる上に、人の話を聞こうとせずに最初から決めつけて話をしてきます。 最初から自分の意見が正しいという前提が変わることはなく、話をしても意見を変えないことがほとんどです。意見を変えることがないため、煙たがられることも珍しくありません。 特に集団で協力して作業に当たる場合は、面倒なことになります。自分1人の考えで作業を進めてしまうため嫌がられます。

特徴4:特別扱いされないと不機嫌になる

自信過剰な女性は、特別扱いされないと不機嫌になります。自信過剰な女性は、自分の頼みを相手が聞くのが当然のような態度を取ります。相手が言うことを聞かないと不機嫌になるのです。 周囲は不機嫌になるのを嫌がって、言う通りにすることが多いです。しかし、それは自分が特別だからだと考えて、ますます自信過剰になっていきます。 周囲は面倒に思っているだけなのですが、自信過剰な女性はそのせいで勘違いしてしまうのです。

自信過剰な人の性格

自信過剰な人は自分に対する評価が非常に高く、自意識過剰な人が多いです。自分のことが好きで人に認められたいという欲求が強いこともわかります、自信過剰な人の性格について見ていきましょう。

性格1:自分の能力を過大評価する

自信過剰な人は、自分の能力を過大評価する性格が多いです。自信過剰な人は周囲の評価を気にせず、自分の能力を客観的に見ようとはしません。 自信過剰な人は根拠もなく自分のことを非常に優れた人間だと思っており、自分の容姿や能力、価値観に非常に自信を持っています。 本当に優れているかどうかとは無関係に根拠のない自信を持っており、自分の事を否定するような意見は一切受け入れようとしません。だからこそ、自信過剰でいられるのですが、そのせいでトラブルになることも珍しくありません。

性格2:自分のことが大好きである

自信過剰な人は自分のことが大好きな性格が多いです。自信過剰な人は自分のことを無条件に非常に優れた人間だと思っており、そんな自分が大好きなのです。自分が優れていることを信じて疑いません。 それを否定する相手は、自分の素晴らしさに嫉妬していると本気で考えています。客観的に明らかに周囲より劣っている部分があったとしても、自分のことが大好きなのでそういった部分には気づきません。 だからこそ自信過剰になってしまうのかもしれませんが、自分のことが大好きなので自分を否定しないのです。

性格3:目立ちたがり屋である

自信過剰な人は目立ちたがり屋も多いです。自信過剰な人は、自分に自信があるだけではなく周りから評価されたいと思っています。基本的に承認欲求が高く、周りから褒めてもらいたいのです。 周りから相手にされないことを嫌がるため、自分からアピールしようとします。そのため、自信過剰の人は自分が相手にされていないと感じると不機嫌になることが多いです。 逆に周りからチヤホヤされることはもちろん、誰かに頼られると喜びます。

性格4:指図したがる

自信過剰な人は周りに指図したがる性格です。相手が自分の言うとおりに行動することを喜んでいる部分もありますが、相手が困っている時などにアドバイスを送るのも大好きです。 そこには親切心もありますが、相手が自分のいう通りに行動して問題が解決することが好きなのです。そのため、言うことを聞かないと不機嫌になります。 自信過剰な人は基本的に自分の言う通りに相手が動くのが好きなので、何かあると指図したがります。アドバイスをするときも押し付けがましく、独りよがりになりがちです

性格5:否定されることを嫌っている

自信過剰な人は、自分が否定されることを嫌います。自信過剰な人は自分が優れた人間だということを信じてます。そのことを否定されても、認めることはありません。 自信過剰な人は自分の能力を否定されてもそのことを認めませんが、否定されることを自体を非常に嫌がります。 自分が優れた存在であることを周りが認めないのが気に入らないので、必死に否定するのです。自信過剰な人は自分を否定する相手には、攻撃的になることも多いので注意しましょう。

性格6:自分の失敗は否定する

自信過剰な人が、自分の失敗を認めることはまずありません。自信過剰な人は自分は非常に優れた人間だと考えています。そのことをアピールするのも大好きです。 その分、自信過剰な人にとって自分が失敗をすることは許せません。問題なのは失敗をした事実を認めるのが嫌なのであって、失敗をしたことを反省したり改めようとはしないことです。 自信過剰な人にとって失敗をした事実自体が許せません。そのため、失敗したことを否定して認めようとしないのです。

自信過剰になる心理的原因

自信過剰な人が自信過剰になる理由は様々です。正反対のことが原因になっている場合もありますが、自分の欠点などを認めたくない心理は共通点が多いです。自信過剰になる心理的な理由についてご紹介します。

原因1:幼少期に甘やかされた

自信過剰になる原因の1つとして、幼少期に甘やかされたことが考えられます。子供の頃に褒められた経験しかなく、過剰に褒められて育った場合はそのことが当たり前になってしまいます。 過剰に褒められるとそれが当たり前で、自分の能力と考えるようになるのです。自信過剰になるのも当然でしょう。普通は周りから否定されたり、失敗することで自分の能力に気づくものです。 しかし、そのまま大人になると自信過剰になってしまいます。子供の頃の経験が人格に与える影響は大きいので、子供の頃にあまり褒められすぎると自信過剰になりやすいでしょう。

原因2:挫折した経験がない

自信過剰な人は挫折した経験がない人もいます。人間は成功した経験を持つことで自信を得ますが、挫折や失敗を経験することで自分の限界などを学んでいきます。周囲の助けを借りることで周りと協力することも学んでいくのです。 挫折した経験や周囲の助けを借りることがないと、自信過剰になりやすくなります。挫折した経験を持たない理由は実際に能力が優れている場合や運が良かっただけなど、様々に考えられるでしょう。 しかし、こうした経験がないと自分は失敗することはなく、人の助けを借りる必要もないと勘違いしやすいのです。

原因3:優越感を味わいたい

自信過剰な人は自分の能力に対する評価は非常に高いですが、自分以外の人間に対しては非常に厳しい評価をすることが多いです。自分は人より優れていると考えることで、優越感を得ています。 そのため、自分より優れた人間には目を向けようとしません。自分より下だと思う人間に自慢話をしたり、面倒を見ることで優越感が味わえるのです。 人より優れているという満足感を味わうことで、ますます自分は優れた人間だと感じるようになります。どんどん自信過剰な人間になっていくのです。

原因4:注目を集めたい

自信過剰な人は、周囲から注目を集めることに快感を感じていることが多いです。自分の実力を人に見せたり、自慢話をすることで人から注目されると信じています。実際は、そのせいで嫌われていることも多いのです。 しかし、本人は自分は注目され、実力を認められていると信じています。自分のことを話したいわけですから、常に自分が話の中心です。 本人は周囲からどう考えているかなど、気にせず注目されていると信じています。その状態が快感なので、どんどん自信過剰になっていきます。

原因5:弱い自分を認めたくない

自信過剰な人は過去に褒められたことがなかったり、大きな失敗をした経験がある場合があります。そういった経験が劣等感になっている場合は、自分の間違いや失敗を認めることができずに自分の成功をアピールしようとします。 自分の過去の劣等感を覆い隠すために、自分は優れた人間と思いこむために自信過剰になっていくのです。そのため、自分の失敗や能力が劣っていることは認めようとしません。 本心では劣等感を自覚している場合もありますが、それを認めたくないないために過剰な自信で誤魔化しているのです。

自信過剰な人との付き合い方

結構厄介な自信過剰な人ですが、ポイントを掴めば付き合っていくのは難しくありません。自信過剰な人とうまく付き合う方法をまとめてみました。

付き合い方1:褒めてあげる

自信過剰な人との付き合い方は適度に褒めることが重要です。自信過剰な人は自慢話が多いですが、自慢話の内容を否定してしまうと敵意を持たれます。また、自信過剰な人は自分を否定した相手のことを受け入れません。 自信過剰な人を否定することにほとんど意味はなく、敵意を持たれるだけです。しかし、自信過剰な人は褒めておけば、基本的に機嫌が良くなります。 自信過剰な人と付き合うには、適度に相手を褒めることです。意味もなく褒めすぎるとますます調子に乗ったり、場合によっては不機嫌になる場合もあります。褒める点を具体的にして、適度に褒めることが大切です。

付き合い方2:否定や反論はしないようにする

自信過剰な人と付き合うためには否定や反論はNGです。否定したり反論したりすると敵意を持たれて関係が壊れてしまいます。自慢話などを聞かされる場合は、反論したりするのはやめましょう。 自信過剰な人の生産性のない自慢話を聞くのはつらいかもしれませんが、ある程度は聞いてあげないと不機嫌になります。逆に熱心に聞いてしまうと、どんどん話をするようになってしまいます。 自信過剰な人の話はほどほどに耳を傾けて、適度な距離を保つことが大切です。どうしても否定する必要がある場合は、はっきり否定せずに相手の意見を受け入れた上で別の選択肢があることを話しましょう。

付き合い方3:おだててみる

自信過剰な人に頼みごとをする場合など、おだててみるのも有効です。自信過剰な人は基本的に人に頼りにされると喜びます。頼む際に「あなたにしかできない」などと伝えれば上機嫌で引き受けてくれます。 断られることはまずありません。自信過剰な人は自慢話をしたり、仕切りたがるため嫌がられますが、人の頼みごとを引き受けてくれることも多いです。うまく付き合うには頼りにすることも選択肢として考えましょう。

付き合い方4:敵対しないようにする

自信過剰な人とは敵対しないように付き合いましょう。自信過剰な人は敵意を持った相手には、かなり攻撃的になるので厄介です。しかし、敵対心を持っていない相手には、友好的に接します。 自慢話が多く仕切りたがることも多いため面倒な部分もありますが、付き合い方に注意すれば、自信過剰な人はそこまで厄介な存在ではありません。敵意を持たれないように適度に肯定しながら付き合うことを意識しましょう。

付き合い方5:どんな人なのか理解しようとする

自信過剰な人は良い印象を持たれないことが多いですが、うまく付き合うにはどんな性格なのか理解しようとすることも大切です。 自信過剰な人は自慢話ばかりする上に中身がない人が多く、嫌われていることが多いです。しかし、過去のトラウマなどで自分の弱さを隠すために、自信満々に見せようとしている人もいます。 嫌な人だと感じていても内面を理解したり、過去を知ることで親しみが湧いてくるかもしれません。自信過剰な人と付き合うにはその人のことを理解し、距離を縮めようとすることも大切です。

付き合い方6:前向きさを学んでみる

自信過剰な人はただ強がっているだけの場合もありますが、基本的に異常なほどポジティブでプラス思考な人が多いです。どんなことをする場合でも、自信過剰な人は失敗することは考えずに成功すると考えています。 その自信に根拠や実力が伴っていないことが問題ですが、徹底したポジティブな考え方は良い影響を周りに与えることもあります。何の根拠もないのにできると考えるのは問題があるでしょう。 しかし、自信過剰な人のポジティブな面を真似してみるのは悪いことではありません。良い意味で自信過剰な人のポジティブな精神を見習ってみましょう。

付き合い方7:深く関わないようにする

どうしても苦手な相手なら、深く関わらないようにすれば問題ありません。自信過剰な人は周囲から嫌がられることが多いですが、実害は大してありません。 人の手柄を自分のことのように話したり自意識過剰で不快に思われているとしても、実際に人に危害を加えるようなことはまずありません。 自慢話に適当に付き合うなどして、深く関わらないにすれば向こうから積極的に近づいてくることもないでしょう。自信過剰な人は否定されることを非常に嫌がるので、そのことに気をつけて付き合えば大丈夫です。

自信過剰度診断!あなたは自信過剰?

あなたが自信過剰かどうかをチェックするリストを用意しました。すべて「はい」「いいえ」で答えられるようになっています。 1:常に視線を意識している 2:注目されるのが当然だと思っている 3:鏡を見るのが好きである 4:自分は特別な人間だと思っている 5:自分のことが大好きである 6:自撮り写真はSNSにアップする 7:人の意見は聞かない方である 8:自分が失敗するのはあり得ないと思っている 9:自分が一番出ないと気が済まない 10:仕切るのが好きである 「はい」の数が多いほどあなたが自信過剰である可能性が高くなります。

自信過剰は治すことができる?自信過剰の改善方法

自信過剰の人は基本的に人の意見を聞きません。そのため、自信過剰を治すことは非常に難しいといえます。しかし、自分が自信過剰だと考えるようになった人が、自信過剰を改善するのはそこまで難しいことではありません。 自信過剰かもしれないと考えた時点で、既に自分の考えが絶対に正しいわけではないと気づいているからです。 普段自分が考えていることと別の見方をしていくことで、自信過剰は改善できます。自信過剰の改善方法についてご紹介します。

改善方法1:人は長所と短所があるのが当たり前だと考える

自信過剰な人は自分が全てにおいて、一番であるかのように思いこんでいます。そのため、自分の失敗を失敗や短所を認めることができないのです。しかし、人は長所と短所があるのが当たり前であり、何もかもできる人間はいません。 その当たり前の事実を受け入れるようにしましょう。これは自分のことではなく、人間全体のことなので比較的簡単に受け入れられるはずです。 人間は長所と短所があるのが当たり前だと感じるようになれば、少しずつ自分に対する見方も変わってきます。人間に短所があるのが当たり前だと思えれば、自信過剰も改善してきます。

改善方法2:不要なプライドを捨てる

自信過剰な人は過去の成功や努力してきたことに固執しています。それが自信過剰な人のプライドになっており、自分の弱い部分や劣ったことを認めることができないのです。 業績を残したことや努力したことは素晴らしいですが、それに固執して自分の弱い部分を認められないようでは成長することもできません。 まずはプライドが自信過剰になっている原因で、不要なものだと認めましょう。不要なプライドを捨てることで、過剰な自信は消えていきます。

改善方法3:自分自身を見つめ直してみる

自信過剰な人は自分が一番だと考えており、自分の劣った部分を認めることができません。そのため、自分が特に優れた部分ばかりに注目して、それ以外の部分には目を向けようとしないのです。 自信過剰な自分を治したいと思っているのなら、自分が人より劣っている部分などに意識を向けてみましょう。そして、自分にもそういった部分があると認めていくのです。 自分の中にある劣った部分や自分が自信が持てない部分を受け入れることができれば、自信過剰は自然と治っていきます。

改善方法4:自分より優れた人を意識してみる

自信過剰な人は自分より優れた人間を認めようとしません。まずは、自分より優れた人間を意識して、その存在を認めてみることです。自分より優れた人間がいることを意識するだけでも、視野が広がります。 自分より優れた人間は世の中にいくらでもいることに気づけば、自分が一番だと思うことに何の意味もないことがわかるでしょう。 身近に自分より優れた人間がいると感じたら、その人と付き合うのは自信過剰を治すには非常に有効です。

自信過剰な人とはうまく付き合おう

自信過剰な人の性格や自信過剰な人との付き合い方、自信過剰を改善する方法についてまとめてみました。程度の差はありますが、自信過剰な人はどこにでもいます。 自信過剰な人は嫌がられますが、適度に肯定することを忘れなければうまく付き合うことは難しくありません。自信過剰な人とはうまく付き合うようにしましょう。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

No Image

kgrrf339

心理学の専門家ではありませんが、丁寧にリサーチして書いていきます。よろしくお願いいたします。...

人気記事

新着記事