2019年06月29日公開

2019年06月29日更新

怖い人ってどんな人?男女別の特徴と「怖い人」というイメージの改善策5つ

別に普通の表情をしていただけなのに、「怖い」と言われてしまった。ただ立っていただけなのに、みんなが避けていく。みんなはどんな人を「怖い人」と思うのでしょうか?怖い人と思われないためには、どうしたらいいのでしょうか?今回は怖い人について分析してみましょう!

どうして「怖い人」だと思われるの?

ただ意見を言っているだけなのに「怖いよね、あの人」なんて陰口叩かれていた。別に怖くしているつもりもないのに、なんか怖い人って思われている。そして避けられてしまったり、みんながビビっていたり。話しかけてもらえなかったり。 どうして「怖い人」だと思われてしまうのでしょうか?見た目?雰囲気?何が原因となって人は「この人は怖い人」と判断するのでしょうか?今回は「怖い人」ってどんな人なのか、「怖い人」と思われてしまう人について考えてみたいと思います。 怖い人って思われる人が、そう思われないようイメージチェンジすることは出来るのでしょうか?今回は、怖い人ってどうして怖い人と思われるのか考え、そうならないためにはどうしたらいいか検討してみましょう。

怖い人だと思われる男性の特徴【見た目編】

立ってただけで、周りがよけて歩いていく、そんな見た目に怖い男性。どこを見て人は「怖い人」と思ってしまうのでしょうか?

見た目1:目が笑ってない

人は、相手を見るときに、まず目から見ることが多いです。目は、人の印象を決める重要なポイントになっています。笑顔かどうかは、確かに怖い人かどうかを判断するときに重要ですが、笑顔でも目が笑っていないと怖い人な印象を与えてしまいます。 目が笑ってない笑顔は、意外とパッと見てすぐにわかります。実は真顔でいるよりも、しかめっ面でいるよりも、何より怖く見えるのは目が笑っていない笑顔です。目が笑っていない男性は「怖い人」と思われがちです。

見た目2:冬なのに真っ黒でがっちり体型

冬だというのに、明らかに真っ黒に焼けていて、しかもがっちり体型となると、それだけでちょっと強そう、怒らせたらやばそう…と見えます。それで笑顔で立っていればそうは見えないかもしれませんが、ずっと笑顔でもいられません。 真っ黒で、がっちりした体型の男性が、真顔で立っていると、やはり威圧感が強く「怖い人だろう」と思われがちになってしまうのです。

見た目3:強そうな眉をしている

眉は目と同じくらい表情を決めるパーツです。強く吊り上がった眉や、太すぎる眉、反りこんである細すぎる眉なども「怖い人」と思われがちです。目の行きやすいパーツなだけに、印象を決めるのに重要です。 眉の動きで相手の気持ちをうかがい知ることができるくらい眉は重要です。笑顔の時は気にならないかもしれませんが、ちょっと考え事をしていたり、真顔でぼんやりしていたりすると「怖い人」と思われてしまいます。

見た目4:神経質そうな表情

神経質そうな表情をする人も、怖い人かもしれないと思われがちです。というのも、神経質な人は、割と不快感を表面に出しやすく、不平不満も言葉として出してきがちです。攻撃してくるようなことが多いので、怖い人と感じられてしまうのです。 神経質そうな表情というと、眉間に縦じわがあったり、口角が下がっていたり、うつむき加減で無表情だったりします。そういった表情が怖い人と思われる原因となってしまいます。

怖い人だと思われる男性の特徴【態度・言動編】

態度や言動からも「怖い人だろうな」と思われる特徴があります。

態度・言動1:ちょっとしたことで声が荒くなる

普段はそうでもないけれど、ちょっとしたことですぐに声が荒くなる人というのは「怖い人」と思われがちです。声が大きくなってしまったり、言葉遣いが荒っぽくなってしまったりすることで、怒りやすい人なんだなという印象を与えます。 やはり怒るということは相手を怖がらせる感情です。その怒りが割と簡単に噴出してしまい、しかもそれをコントロールできなさそうとなると、周りは怖い人と感じてしまいます。

態度・言動2:ジロッとにらむ

怖い人と思われるのは言葉からだけではありません。目線もやはり重要です。人が失敗した時などに、ジロッとにらむ様子は、怖い人だな…と思われがちな行動です。 本人はそれほど意識していないかもしれませんが、顔は動かさずに目だけ動かしているとにらんでいるように見えてしまいます。また、真顔だったり、眉がぐっと上がっていたり、眉間にしわが寄っていたりすると、にらんでいると思われても仕方がありません。 ジロっとにらむ行動は人から「怖い人」と思われる行動です。

態度・言動3:大きな音をたてる

ドアをバン!と閉めたり、物を乱暴に置いて、わざと大きな音をたてるような感じで行動する人も、怖い人と思われがちです。大きな音は相手を驚かせます。つまり威嚇しているような感じになるのです。 そういった大きな音を男性が立てると、もう少ししたら自分がああいう扱いをされるのでは…という不安を喚起します。大きな音をたてる行動も怖い人と思われがちになる行動なのです。

態度・言動4:言葉遣いが汚い

男性で怖い人と思われがちな人は、言葉遣いが汚かったりします。その言葉遣いの汚さは相手を問わず出してきます。例え相手が自分より目上の人でも、とても失礼な言葉で話していたりします。 しかも自分の意見を無理やり通そうとしたり、相手の話を聞こうとしなかったりする態度は「怖い人だな」という印象を与えがちです。言葉の汚さに加えてコミュニケーションスキルの低さも怖い人と思われる原因となってしまいます。

怖い人だと思われる女性の特徴【見た目編】

この人怖い人なんだろうなと思われる女性というのは、どういう見た目をしているのでしょうか?

見た目1:キリっとした目をしている

やはり目というのは、相手に与える印象の大半を担っています。目がキリっとしている女性は気が強そうに見えるため、怖い人に見えがちです。普段は知的でクールな印象を与えますが、少しいら立ちが表情に現れると、そのキリっとした目が一層キリっとしてしまいます。 そうなると、強いインパクトを目から与えてしまいます。もともとつり目というだけでなく、アイラインがしっかり引かれていたりすると、より強い印象を与えます。強そうな女性というのは、やはり怖い人と思われがちなのです。

見た目2:口角が下がっている

口角が下がっているというのも怖い人と思われがちです。本人は普通の表情をしているつもりでも、口角が下がっていることで不満そうに見えたり怒っているように見えたりしてしまいます。そうなると、そういう感情をそのまま出す人、怖い人と思われがちなのです。 目と同様に口も表情を決めるのに重要なパーツです。目がキリっとしていても口角が上がっていれば怖い印象は与えませんし、目が垂れ目ですと口角が下がっていてもそれほど怖い印象は与えません。

見た目3:眉間にしわが入っている

眉間に縦しわが残っている人は、怖い人と思われがちです。眉間に縦しわが入るということは、どうしても眉間にしわを寄せることが多かったということです。つまりイライラしたり怒ったりしていたことが多かったと自然と想像できてしまいます。 しわはその人の普段の表情を表します。眉間の縦しわは怖い人と思われるパーツになってしまうのです。

見た目4:太りすぎているか痩せすぎている

怖い人と思われがちな女性は、太りすぎているか痩せすぎている体型であることが多いです。太りすぎていると、どうしても座った時に、ふんぞり返った体勢になることが多く、それが怖い人に見えたりもします。 逆に痩せすぎている人は神経質そうに見えてしまい、いちいち文句を言いそうな怖い人に見えてしまいがちです。人並み外れた体型であることで、そう思われるリスクが上がってしまうのです。

怖い人だと思われる女性の特徴【態度・言動編】

怖い人だと思われる女性は、態度からして怖そうな雰囲気が出ています。怖いと思われる女性の態度や言動はどのようなものなのでしょうか?

態度・言動1:ふてぶてしい

ふてぶてしい態度をとっている女性は、怖い人なんだろうなと思われがちです。何かしてもらっても当然といったような態度でお礼の一言もなかったりすると、なんか怖いな…と思ってしまうのです。 やたらとグループの中心にいたがったり、周りを引っ掻き回すのが好きだったりするような行動も、怖い人だなと思われがちです。

態度・言動2:意見をはっきりと言い切る

たくさん人が居ても、臆することなく手を挙げて自分の意見をはっきりと言い切る人というのも怖い人と思われがちです。 誰が相手でもビビることなく立ち向かっていくその姿は、カッコいいのですが、「敵に回したくないな…」という意味で怖いと思われがちになってしまうのです。 また意見を述べた後で、誰かが異論を唱えた時に、ひかずに持論をぶつけ続けるような行動も「怖い人だな」と思われがちです。相手の意見をさえぎるように自分の意見を畳みかけるように言ってみたり、なんとしても譲らなかったりすると、周りは「怖い」と感じるのです。

態度・言動3:常に冷静

女性でありながら、常に冷静で理路整然と話が出来る人というのも、怖い人と思われがちです。女性は割と感情的になりがちな性質をそもそも持っています。でも、あまりにも冷静沈着で話をすると結論から話し、理路整然としていると、人は「怖い人」と思ってしまいがちです。 たまに慌てふためくようなことがあると、なんとなく安心感を与えることができますが、みんなが慌てている中であまりにも冷静にしていると「血が通ってないのかな…」「鉄の女だ」など思われ、それが「怖い人」という印象につながります。

態度・言動4:好戦的

女性の中でも、好戦的な態度をとる人は、やはり怖い人と思われがちです。ちょっと論議になろうものなら、前のめりになって戦います。少しでも気になることがあれば追及の手をゆるめません。 そういう好戦的な態度をとる女性は、やはり「怖い人」と思われがちです。何か戦いが始まると、そういう女性は、すぐに目つきが鋭くなり、体を乗り出します。いかにも自分の出番であるかのように入ってくるのです。 そもそもの女性というものへのイメージが根強いので、そういった戦を好む性格をしているというだけで、怖い人なんだろうと想像されがちになってしまうのです。

【番外編】怒ると怖い人の特徴

普段は怖くないけど、怒ると怖い人いますよね。そういう人はどういった特徴を持っているのでしょうか?

普段はめちゃくちゃ優しい

怒ると怖い人というのは、やはりそのギャップが大きいことが原因となります。普段は常に笑顔で、穏やかな声や言葉遣いで話をしていたりします。温和で優しそうな人が、怒りだした時というのは、本当に怖いと感じてしまうことが多いです。 あんな優しい人が怒るならよほどのことだろうと思うと、余計に怖さが増します。また、普段がとても優しいうえに、その怒り方が、割とTOPギアで怒鳴って怒るような感じだと余計に怖い人と思われがちになります。

顔立ちが濃い

顔立ちが濃い人というのは、ひとつひとつの顔のパーツのインパクトが強いです。怒るとそのパーツの濃さが際立って見え、とても怖い印象を与えます。薄い顔立ちの人よりも、濃い顔立ちの人が怒る方が、怒っている様子がとてもはっきりと目で見えるのです。 特に目が大きい人というのは、怒っている時に、さらに目をぐっと開いたりします。そうすると、ますます目の力が強くなり、とても威圧感が増してしまうのです。顔立ちが濃いことで、怒ったら怖いと感じさせるということはあります。

声が大きい

声が大きい人が怒ると、やはり余計に声が大きくなるため「怖い人」と思われがちになってしまいます。大きな声というのは威圧的で相手を威嚇する力を持っています。そもそも大きな声の人が、最大限声を出して怒鳴ったりすると、非常に強いインパクトです。 また通る声の人が怒るのも怖いと思われがちです。耳にガツンと怒っている声が入ってきて、怒られているわけでない周りの人も、「怖い人」と感じてしまうほどです。声の大きさは怖さに関係しています。

理路整然と淡々と怒る

逆に怒っているのに、とても冷静で淡々と怒る人というのも怖い人という印象があります。目が笑っておらず、表情は冷酷そのもの。そして声を荒げることなく、淡々と諭すように怒ってくる人というのは、大声で怒る人とは違う怖さを感じさせます。 怖い人の中でも、なんだか背中がひんやりしてくるような怖さを感じさせるのがこのタイプの怒り方をする人です。普段はそうでもないのですが、怒りだすと、理詰めで畳みかけてきたりし、傍目にも怒ってるのがわかります。そういう怒り方をする人は、また逆に、怖い人と思われがちです。

急に怒る

本人の中では、きちんと順序があって怒っているのかもしれませんが、周りから見ると急に怒った感じに見えるのは怒ると怖い人と思われる原因となります。瞬間湯沸かし器のように、今まで平然とした顔をしていたのに、急にスイッチが入って激怒は怖いです。 割と我慢強く、一所懸命に気持ちを堪えている人に多いです。

「怖い人」というイメージの改善策5つ【男性編】

あの人は怖い人かも…と思われてしまうのが嫌な人。そういったイメージを持たれにくくなるにはどうしたらいいか考えてみましょう。

改善策1:自然な印象を心掛ける

眉を細くしすぎたり、奇抜な髪型をしていたりすると、どうしても目立ってしまい怖い人と思われがちになってしまいます。もし怖い人と思われたくないのであれば、自然な印象を心掛けてみましょう。

改善策2:無理して笑わない

笑っているのに、目が笑っていない人というのは、無理して笑おうと頑張っている人が多かったりもします。無理して笑おうとすると、余計にぎこちなくなったりして、なんだか怖い印象を与えがちです。 無理して笑わずに、笑いたいときに笑うというのもありです。笑いたいときに笑った笑顔は目もちゃんと笑っていて、人を和ます自然な笑顔です。怖い人と思われたくない時は、無理して笑うのはやめましょう。

改善策3:腕組はやめる

怖い人というのは、自然と腕組をしていることが多いです。腕組というのは人を拒絶するポーズです。人と話すときに、胸を開いて話す人は怖い印象を与えにくいです。でも人と話すときに、腕組をして後ろにふんぞり返っている人は怖い人という印象を与えます。 出来るだけ人と話しをするときは、腕組をするのはやめるようにしましょう。そうすることで、怖い人と思われてしまうことは減ります。

改善策4:アンガーマネージメントを実践する

自分の怒りの気持ちをうまくコントロールできると、イライラしたその場で大きな物音をたててしまったり、声を荒げてしまったりということがありません。そういった行動がないことで、怖い人と思われてしまうリスクを避けることができます。 自分の怒りの気持ちをコントロールするトレーニング方法としてアンガーマネージメントというのもあります。もし自分の気持ちがなかなかコントロールできない時は、そういったものを頼ってみるのも有効でしょう。

改善策5:視線の動かし方を意識する

怖い人というのは、視線を動かすときに、割と眼球だけで動かしがちです。そうすると、ジロっとにらんでいるように見えてしまうのです。誰かに視線を向けるときは、眼球だけを動かすのではなく、顔全体を動かすようにしましょう。 顔全体で動かして見れば、相手がにらまれたと感じるような感じの動きにはなりません。鏡を自分の横に置いて、眼球だけを動かして見ることで、にらんだ感じになることがわかると思います。ちょっと意識して顔ごと動かすようにしましょう。

「怖い人」というイメージの改善策5つ【女性編】

「あの人怖いよね」なんて陰で言われているのを聞いてしまったあなた。そうしようと思ってないのに、怖いと言われたら不本意ですよね。そういう時は、改善策があります。こういうことをしていると怖い人とは思われなくなります。

改善策1:常に口角をあげておく癖をつける

元々口角が上がっている人というのは、笑っていなくても笑っているような表情に見えます。口角が少し下がり気味な顔立ちだと思う人は普段から口角をあげておく癖をつけてみましょう。少し意識してると、意外と気をつけなくてもそういう表情になるものです。 最初は難しいかもしれませんが、鏡を見ながら口角を少しあげてみましょう。口角が上がっていると、怖い人という印象はまず持たれません。

改善策2:化粧の仕方を変える

怖い人だなと思われる女性は、割と凛々しい顔立ちの美人が多いです。そういった凛々しい美人がきちんとお化粧をすると、より怖い人に見えがちです。少し化粧の仕方を変えて、ふわっとした印象に見えるようにしてみましょう。 眉の形や口角など、お化粧で印象を変えられる部分はたくさんあります。柔らかい印象に見えるにはどうしたらいいか、化粧品売り場のBAさんなどに相談してみるといいアイディアが聞けるかもしれません。

改善策3:息抜きする

怖い人と思われがちな女性は、割と余裕がなくってイライラしがちで眉間にしわが寄っているような人が多かったりします。ただ、真面目で一所懸命なだけなのに、周りから怖い人なのかな?なんて印象を持たれるのは非常にもったいないことです。 そういう人は、少し息抜きをするようにするといいです。気持ちが緩み、常に寄っていた縦じわなども、息抜きすることで少し解消されます。縦じわもあまり深くなりすぎると消えなくなってしまいます。ぜひ息抜きをしましょう。

改善策4:アサーショントレーニングで意見の伝え方を学ぶ

怖い人と思われる女性は、割と意見の出し方が強すぎたりします。相手の言葉をさえぎって自分の意見を主張したり、意見が通るまで声を張って頑張ってしまったり。でもそういう伝え方をしていると、怖い人と思われがちになってしまいます。 そういった時に、アサーショントレーニングが効果的です。上手に自分の意見を伝えつつ相手の気持ちも尊重するというコミュニケーションスキルです。怖い人と思われがちな女性は、ぜひトライしてみてください。

改善策5:たまには抜けたところも見せる

怖い人と思われがちな女性は、割と抜けたところがなく常に冷静沈着な鉄の女と呼ばれるような女性だったりします。そういった抜けのないところが、怖い人という印象になってしまうのです。でもそれはもったいないことです。 だから、たまには抜けたところを見せるということも大事です。例えば、持参のお弁当がめちゃくちゃ可愛かったり、お酒を飲んだら寝ちゃったり。そういう少しだらしないところを見せることで、怖い人という印象が一気に親しみやすい人に変わります。

あなたの職場に怖い人がいたらどうする?うまく付き合う5つの方法

もしあなたの職場に怖い人が居たらどうしたらいいでしょうか?声をかけるのも仕事を頼むのもドキドキしてしまいますね。どういうふうにしたら、うまく付き合っていけるのでしょうか?

方法1:あえて近づいていく

怖いからといって遠巻きにしていると、実際のその人がどういう人なのかわかりません。怖い人が怖い人のままで終わってしまいます。でも、あえて近づいてみると、その怖い人の実は可愛いところやとぼけたところを発見することができます。 そういったところを見つけると、人は「怖い人」と一度持ってしまったイメージを変えることができます。怖い人だと思って、敬遠するのではなく、あえて近づいてみるというのは非常に有効です。 ランチに誘ってみたり、おやつを渡してみたり、ちょっと歩み寄ってみましょう。きっと怖い人の別の側面が見られますよ。怖い人も無邪気に近寄ってくる人は邪険にできにくいものです。

方法2:他の人はどう感じているか聞いてみる

職場の人全員がその人のことを怖い人と思っているのでしょうか?意外とあなた以外の人は怖い人とは思っていないかもしれません。人によって怖い人と感じるところは違います。別の人から見たその人がどういう人か聞いてみると、面白い発見があります。 どうしても怖い人と思ってしまうと、イメージが変わりにくいものですが、他人の持っているイメージを聞くことで、少し違う面を見るきっかけ作りとなります。ぜひ色々な人に印象を聞いてみましょう。

方法3:よく観察する

怖い人と思うと、出来るだけ避けようとするのが人の心理です。でもよく観察していると、怖い人が実はとても優しい一面を持っていたり、怖い態度をとるのには理由があったりすることに気がついたりもします。 人と接していない時のその人の動きなどを少し意識して見てみましょう。人の尻ぬぐいなどをこそっとやっている人かもしれません。一見怖い人が実は優しい人というのはよくある話です。

方法4:仲間と支え合う

怖い人の中には、実際に怖い人もいます。威圧的な態度で周りを委縮させてきたり、パワハラを平気でしてきたり。そういう時は、仲間を作りましょう。ひとり敵がいると、まわりの結束は強くなるものです。 「こんな風に言われたよ!怖かった!」と仲間に話をしていると、なんとなく怖い人と関わるのもちょっと面白くなってきたりします。そうなれたら、怖い人のことも意外とちょっと好きになれたりもします。

方法5:笑顔で接する

怖い人というのも、同じ人間です。人は、相手の表情につられる部分があります。どんなに怖い人でも、相手がニコニコしていると、しかめっ面で対応し続けることが難しくなります。その原理を使って、怖い人と対峙するときは、あえてニコニコの笑顔で近づきましょう。 そして委縮せず堂々と話をしましょう。委縮してしまうと、相手も不快感を感じてしまったりします。怖い人も別に怖がらせたいわけではないかもしれません。そう信じて堂々とした態度で、怖い人と付き合っていきましょう。

怖い人なんて印象はすぐに変えられる!

いつも怖い人だと思われちゃうんだよな…と悩んでいる人は、今すぐにでも印象を変えることは可能です。少し口角をあげたり少し人に対して隙を見せたり。そういうちょっとした意識で、いくらでも人の印象は変えられるものなのです。 怖い人は、実は臆病な人だったり、気を遣いやすい人だったりします。意見をしっかり持っていてそれを伝えようと頑張る人だったりもします。それが表情や伝え方ひとつで「怖い人」と敬遠されてしまっているのなら、とってももったいない話です。 持ち前の良さを勝手な印象で見えなくしてしまっています。「怖い人」と言われて悩んでいる人は、ぜひ印象を変えて、その良いところ・魅力的なところを存分に発揮してください!

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

No Image

aiirococco

公認心理師、臨床心理士として総合病院にて働いております。自分のことを知れば、もっと生きやすくすること...

人気記事

新着記事