2019年07月02日公開

2019年07月02日更新

私って存在感が薄いかも?存在感がある人の特徴と存在感を出すための方法!

存在感のある人というのは、本人がアピールしなくても周囲に存在を知らせることができます。そんな存在感があればいいな、何か方法があればいいなと思うことはありませんか?そんな存在感とは一体なんなのか?存在感を出す方法なども含めて見て行きましょう。

存在感のある人になりたい!

私って、存在感薄いんじゃないかなと感じたことはありませんか?存在感が薄いと皆と一緒にいるのに、何故か自分は居ないように扱われいると感じてしまい孤独な気持ちになってしまったりします。 また、存在感のある人が人に囲まれている場面を見ると、自分も存在感を出したいと思う人もいるのではないでしょうか。今回は存在感がない人、ある人それぞれの特徴や、存在感を出す方法についてご紹介していきます。

存在感の意味とは?

存在感とは他人から見てしっかり認識されていることをいいます。生まれもった雰囲気や外見から感じることもあれば、その人が積み重ねてきたものや個性が、存在感として感じられることもあります。

存在感の使い方・例文

存在感の使い方として「彼がクラスに入ってくる瞬間にクラスの雰囲気がガラっと変わるくらいに存在感がある」その人の存在感が大きく、何も語らなくても、その場に入ってくるだけで皆に認識される様を表しています。 「彼女は大人しくてミステリアスだけど存在感がある」存在感のある人というのは、ハキハキ話せる人が多いが、大人しくても個性が強い人は存在感を強く感じさせることがあり、この様に表すことができます。 「いつからいたの?存在感が薄いからわからなかった」少し前からその場所にいたのに、まるでその場所にいなかったと認識され、実際はいたんだということにやっと気が付いてくれた時に言われる言葉です。

存在感の英語表現

存在感は英語で「presence」「sense of existence」などと訳されます。 「have a presence」で存在感がある、という英文になります。

存在感がない人の特徴

学校や職場などで存在感が薄いといわれたり、お店に入って店員さんに気づかれなかったという事はありませんか?存在感がないといわれる本人はその理由が解らない場合が多いのです。存在感のない人の特徴や性格をみていきましょう。

人とコミュニケーションをとることが苦手

最近では特に人とのコミュニケーションが重視されていますが、存在感がない人の中には会話を苦手という特徴があります。しかし誰かとコミュニケーションをとるという事は、自分の事を知ってもらう一番の近道なのです。 周囲の人たちに自分を知ってもらうということは、存在感に繋がることです。学校でも会社でも相手と自分の二人だけという場面は少ない中、コミュニケーションをとった相手は意識しやすくその人の存在が目にはいりやすくなります。 一方でコミュニケーションをとっていなければ、例え目にうつっていても見えていないという状況になりやすく、存在感が薄いという結果になってしまうのです。

声が小さい

声が小さいと勿論相手は聞き取り難くなります。更に声が伝わらない代わりに自信のなさが伝わってしまうのです。人は声が大きい方へ、自信のある人の方へと無意識に吸い寄せられるので、声が小さいと存在感がなくなる原因となります。

姿勢が悪い

存在感が薄い人というのは姿勢が悪いという特徴がみられます。特に原因として目につくのは猫背です。背中が丸まっている人というのは、無意識に自分に注目しないでくださいと発信している様なものなのです。 また、下を向く癖がある場合にも存在感は薄くなります。自分の存在を知らせる為に視線を向けるという行為は話しかける事と同じくらい役立つことです。 顔がいつも下向きになっている癖があると、なかなか人と視線が合うことが無くなり、存在感は低下します。

外見を気にしない

特に派手な格好しなければ存在感がないという事ではありません。しかしながら着る服に対して無頓着だったり、まったくアクセサリーなどのポイントがなかったり、髪型も数年同じで束ねるだけだったりすると存在感が薄れてしまいます。

自分の意見を言わない

どこに行きたいか問われてもどこでもよいと答えたり、一緒に食事に行っても同じものでよい、会社で意見を問われても特になく人に任せてしまう。それが続くとこの人は自分がない人だと周囲から見られてしまいます。 そうなりますと、いつの間にかこの人に聞かなくてもいいんだ、意識しなくていい人なんだと無意識にレッテルを貼られて、存在感は薄くなってしまいます。

人と歩く時は一番後ろ

複数人で歩く時になぜか一番後ろになってしまう人がいます。それはいつも周りに遠慮して生きているという事の表れです。 本人は気を使っていたり、自分なんてという気持ちから後ろに自ら行っている場合もあるでしょうし、話しに入れなくて後ろになっていまう人もいます。 しかし一番後ろから付いていくばかりですと、周囲も意識しなくていいんだと無意識に思うのです。又、自分たちには興味が無いともとられ更に存在感が薄れる原因となります。

存在感がある人の特徴

あなたの周りには、そこに居るだけなのに存在感があるなと思う人はいますか?またそんな存在感がある人はどんな特徴があるのか気になる方もいるかと思います。それでは存在感のある人の特徴をご紹介していきます。

芯が強くブレない態度

話している内容と行動が同じというブレない態度は周囲からの信頼があつく、存在感もあるります。ブレない人というのは、芯が強く一度決めた事はやり通す力を備えている人が多く頼られる存在でもあり、更に存在感はアップします。

声が大きくハキハキしている

声が大きいと目立ちますがそれだけではありません。声の大きさと話し方から周囲の人は自信を感じ取り、そちらの方向へと吸い寄せられるのです。ハキハキと大きな声で話す内容というのは解りやすく自然と聞きたくなるものです。

コミュニケーション能力が高い

存在感のある人はコミュニケーション能力が高い人が多いのです。他人に興味をもち、耳を傾ける事が自然にできる人です。人と話す事が元々好きな性格という人が多く会話のキャッチボールが楽しいと感じています。 相手がどんなことを望み、苦手としているか把握する事が出来ますから相手も会話を楽しむ事ができるのです。そんなコミュニケーション能力が高い人がいれば、話したいと人が自然に集まり、存在感のある人となっていきます。

言葉に重みがある

存在感のある人の発言は、聞き入れられやすいことがあります。なぜなら日々必要な情報にアンテナをはり、教養を深めることを無意識にしていることが多いのです。誰でも思いつく発言や、当たり前のことを言われても聞きたいとは思いませんよね。 存在感のある人の言葉は知識を日々かさねた上での発言ですし、必要な時に必要な人に伝える力もあります。わからないことは本で調べ、気になる本は隙間時間に読むなどし、存在感のある人は知的さも持ち合わせていることが多いのです。

姿勢がよい

存在感のある人は姿勢がよいという特徴があります。シャンとした背中は自信の表れでもあります。人は見た目でその人の中身をイメージすることがあります。猫背の人と姿勢のよい人とどちらが声をかけやすいでしょうか? 姿勢の良い人は目線も人の顔を見える位置に自然とおいて歩くことが多いのです。視線が合いやすいことで話しやすくなります。積極性も感じられることから明るく返事してくれるだろうと想像してもらえることにも繋がります。

存在感って一体何?

存在感のある人、ない人の特徴を伝えてきましたが、そもそも存在感って一体何なんでしょうか?と疑問を感じた方もいるかと思います。存在感とは目立つ行為を自らしなくてもその存在自体がくっきりと周囲に認識されることなのです。 ただ目立つだけなら簡単に出来ます。しかし存在感というのは、ただ目立つ事ではありません。オーラを放つという言葉がしっくりきます。オーラというのはその人や物の日頃の積み重ねたもので放たれるもので、目に見えるものではありません。 それを見た瞬間に、見た人の認識の広さがその人に対する存在感であり、オーラを感じることなのです。そのオーラを放つのは一日、二日の積み重ねでは出ないのです。例えば一日だけ綺麗に着飾っただけでは綺麗という感情で終わってしまうのです。

自分らしさを積み重ねる

存在感とは、努力したから出せるものでもありません。何の根拠も無い自信から放つこともあります。しかしながらよく分析していくと、その根拠もない自信も日々の行動の積み重ねのかけらが積み重なって出来ています。 例えば綺麗になる為に努力をかさねる、或いは人と楽しく会話出来るように毎日心がけているなど、日々の積み重ねから放たれるものです。先ずは自分は何が好きで何が苦手なのか、自分を知ることが大切です。 自分を知っている人は自分の気持ちを発信します。そしてそれを受け取ってもらう。また行動もします。それをみてもらう、認めてもらう。これを繰り返していくと自然な個性が見えてきます。それは存在感をも出していくのです。

存在感を出す方法

あなたの周りには存在感のある方はいますか?そんな存在感のある人になりたいと思う方もいるのではないでしょうか?それでは存在感を出す方法をご紹介していきます。

挨拶からはじめてみる

目を合わせて挨拶をするだけという簡単な方法があります。たかが挨拶と思う方もいるかもしれませんが、目を合わせて挨拶するだけで存在を知らせるという大きな役目をしてくれるのです。 いきなり元気に大きな声でというのは逆効果です。何気なくスマートに笑顔で挨拶してみましょう。

積極的に自分を主張してみる

小さなことからでいいので、自分の考えを声に出して伝えてみることが大切です。私の意見なんか聞いてもらえないと考えるのではなく、私の意見を聞いてもらおうと意識することです。 その気持ちがあれば、人の輪に自然を入ってみようという気持ちになっていけますし、話しを聞いてもらうことで、他人に興味も出てきます。すると相手の事も聞いてみたくなりコミュニケーションが生まれ存在感へと繋がっていきます。

姿勢をよくする

家の鏡の前でただ体をうつすだけでは自分の姿勢は意外に解らないものです。鏡の前で行ったり来たり歩く姿や椅子に座った姿をチェックしてみて下さい。すると背中がどれくらい丸まっているのか確認することができます。 背筋を伸ばして歩く癖がつくだけで、人からの印象は大きく変わります。背中の丸い営業が訪ねてきた所を想像してみても、頼りなくて仕事を任せる気になりません。会社で存在感も薄いのだろうと想像できてしまうからです。 姿勢が良くなると話し方もよくなります。背中をピンとしただけで心がしまりますから、自ずとハキハキと話したくなるのです。すると存在感は数段アップしていきます。

話題を準備する

自分を少し主張できたり、積極的になれたりしたら、コミュニケーション能力も自然にアップしていきます。周囲の人と話せるチャンスがあっても何を話したらいいのだろうと考えてしまっては、話したいという前向きな気持ちが無駄になってしまいます。 話せるチャンスがあった時に話せるように、話題を準備しておきましょう。話題は朝のニュースを5分聞いただけでも、天気が普段と違っただけでもネタとなります。 周囲の人は深い話しよりも、誰でも話せるような身近な話題が話しやすいものです。

ファッションに興味を持ってみる

高価なブランド物を着て目立とうとしなくても、普段着ているものに少しプラスしてみるだけで、見た目の印象は変わります。極端な話、毎日同じデザインで同じ色を着ている人でも存在感のある人はいます。 何故なら、その人はただ着ているだけではないのです。例えばきちんとアイロンをかけてシワシワのまま着ていなかったり、全身黒い服であっても爪先におしゃれをして楽しんでいたりしているのです。 アクセサリーを変えてみたりとちょっとした工夫をしているのです。髪型を変えただけでも、周囲は話しかけやすくなり存在感も変わります。

聞き上手になる

自分の話ばかりしていると、会話が一方通行になってしまいコミュニケーションが取りにくくなります。何か話さないと間が持たないと焦る必要はありません。むしろ間があるくらい落ち着いていた方が会話は続くのです。 相槌をうつだけでも相手は話しやすくなり、聞いてもらっているという安心感も与えることができます。更に質問をゆっくりなげかけるだけで聞き上手になり、存在感はあがっていきます。

自分しだいで存在感がある人になれる

存在感のある人、ない人の特徴や方法をお伝えしましたがいかがでしたでしょうか?存在感があるというのは、他人が自分の存在を意識しているという事ですから、前に進みたい時や頑張りたいという時にモチベーションに繋がることもあります。 普段の自分の行動を少し意識するだけでも存在感は変わっていきます。是非自分の声や姿勢、そして自分の気持ちに耳を傾けて声に出してみてください。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

No Image

sarali

メンタルケアにとても興味を持ち、あらゆる面から独学で深く勉強して参りました。趣味がいつしか周りの人達...

人気記事

新着記事