2019年07月02日公開

2019年07月02日更新

結婚したいと思うタイミングを男女別に紹介!男性が結婚に踏み切れない理由も解説

結婚は人生においてとても大事な出来事ですよね。人はどのようなタイミングに結婚したいと思うのでしょうか?今回は男女別にそのタイミングについて紹介します。また、男性が結婚に踏み切れない理由や、男性に結婚を決断させる方法も紹介するのでぜひ参考にしてみてくださいね。

結婚のタイミンングを逃していませんか?

「結婚」、それは人生において最も重要で、最も重大な決断ですよね。だからこそ、付き合うことはできても、なかなか結婚に踏み切ることができない人は少なくありません。とはいえ、結婚とはタイミングが重要ですよね。 「結婚するのか?しないのか?」でズルズル悩んでしまって、恋人に振られてしまったり、焦ったりと結婚のタイミングを逃してしまっている人もいるのが現状です。 ここでは、まず、そもそも結婚は付き合ってどれくらいがベストな時期なのか?をはじめ、男女別の結婚適齢期について紹介します。また、男性が結婚を考えるときや踏み切れない理由、彼氏に結婚を決断させる方法なども具体的に解説するので、ぜひ参考にしてくださいね。

結婚のタイミングは付き合ってどれくらいがベストなのか?

「結婚は付き合ってからどれくらいがベストな時期なのか?」というのは積年の課題ですよね。昔はお見合い形式など、親が結婚相手を決める時代もありましたが、今は自分が「好きだ」と思った人と付き合った上で結婚するのが一般的です。 とはいえ、付き合って恋人になってからどれくらい経って夫婦になるべきなのかは難しい問題です。確実に言えるのは、ベストは人それぞれということです。その上で、結婚となると、恋人とはいえ他人と一緒に住むようになるわけなのですよね。

そのため、お互いの生活リズムや、仕事の状況、物事や食事の好みがわかってから結婚する方が、結婚後のトラブルは少なくて済みます。しかし、付き合って何年か経った方が良いというのが主流でしたが、付き合ってその日にプロポーズという人も最近は増えてきました。 これにもメリットはあって、付き合ってすぐに結婚した方が、結婚相手の嫌な部分を「仕方ない」と割り切れる人が多いという実験結果があります。そのため、お互いのことをよく知る前に結婚するというのも、選択肢として十分にあります。

【男女別】結婚適齢期はいつ?

結婚適齢期という言葉を知っていますか?最近はあまり結婚適齢期という言葉を使わなくなりましたが、男性にも女性にも、一応は結婚適齢期という時期があります。 一昔前は結婚適齢期というとその時期に結婚しないと「あの人は婚期を逃した」と後ろ指を刺されたりしましたが、今は結婚するかしないかも自由になったのでそのようなことはほぼなくなりました。 そのため、ここで紹介する結婚適齢期は社会的にという意味や、子供を望むのであればという意味での結婚適齢期と捉えてくださいね。

男性の結婚適齢期

男性の結婚適齢期はいつなのでしょうか?男性は、当たり前ですがお産をすることはないので、ある程度経済的に自立して貯金もできたくらいの時期が、将来のこともある程度見通せるようになりますよね。そのため、比較的結婚をしやすい時期といえるでしょう。 実際、男性自身が思う結婚適齢期は、30歳前後とある程度経済的にも社会人としても落ち着いた時期を挙げているというアンケート結果もあります。そのため、男性の結婚適齢期を具体的に年齢でいうのであれば、28〜35歳くらいです。 これはあくまで、一般的にという話であって、若くして、経済的に、社会的に落ち着く人もいますしその逆もいます。必ずしもみんなに当てはまるということではないのを忘れないでくださいね。

女性の結婚適齢期

男性とは反対に、女性の結婚適齢期はいつなのでしょうか?女性の結婚適齢期は将来的に子どもを望むか望まないかに大きく分かれます。まず、結婚後子どもを望む人の結婚適齢期としては、35歳よりも前の方が良いでしょう。 というのも、人が老化するのと同じように、卵子も廊下し、卵子の質が下がります。その一定の基準として現在一般的に言われているのが、35歳以上になると、妊娠率が下がってしまう他にも、流産になりやすかったりするということです。 また、受精しても染色体異常などが起こってしまう可能性も高くなります。そのため、35歳を超えて妊娠となると、リスクが高かったり、不妊治療に莫大な金額を投資しないといけないことにもなってしまう可能性もあります。

では、妊娠出産を将来的に望まない女性の結婚適齢期は何歳くらいになるのでしょうか?このような場合は、男性と同じように、将来的に2人で過ごしていくのである程度貯金ができてからの方が経済的に安定した生活もできます。 しかし、恋人と遠距離恋愛の場合は、どちらかが一方の住んでいるところに引っ越す必要があります。そうなると、転職するのはまだまだ男性より女性の方が圧倒的に多いですよね。 結婚後、新しい職場でキャリアを築く必要があるのであれば、結婚はある程度キャリアも積んだ30歳前後の方がベストでしょう。

結婚を考えるタイミング5個【男性編】

男性はどのような時に結婚を考えるのでしょうか?今の彼氏と結婚したいと思っている人にとって、男性がどのような時に結婚を考えるのかは非常に重要なことですよね。ここではそのタイミングをいくつか紹介します。

タイミング1:彼女との子どもが欲しいと思った

結婚を考えるタイミングとしてまず最初にあげられるのは彼女との子どもが欲しいと思ったということです。やはり、子どもが欲しいというのは男性の意見として多いです。 さらに、「好きな人との子供が生まれたらきっとかわいいだろうなぁ」という男性の想像も、結婚を考える大きなタイミングになります。結婚するとなると、特に女性がある程度若くないと様々なリスクが伴います。 その点も考えながら、男性は、彼女との子どもが欲しいと思ったっ時に具体的にどうするかを考える人が多いです。

タイミング2:結婚後の生活像が見えた

結婚を考えるタイミングとして2番目にあげられるのは結婚後の生活像が見えたということです。結婚というのは、やはり人生の一大事ですし、特に初婚の人にとってみると結婚生活というものは未知との遭遇です。 そのような一大事なことを人はすぐには決められませんよね。けれど、彼女と過ごしている時間の中で、自然と「結婚後もこんな感じで生活していくのかな」と思えたり、具体的な生活像が見えたりすることが出てくるときがあることがあります。 このようなイメージができたりすると、その未知との遭遇を乗り越えられるような気持ちになりますし、大変だったとしても、二人で力を合わせて頑張ろうという気持ちになれますよね。このような過程を踏んで、結婚したいと感じる男性もとても多いです。

タイミング3:経済的に安定してきた

結婚を考えるタイミングとして3番目にあげられるのは経済的に安定してきたということです。「彼女と結婚したい」、「彼女のことが大好きだ」と感じていても、彼女のことを幸せにしようとすると、やはりお金も必要です。 お金がなくても幸せになれるという考えの人も多いかもしれません。しかし、金銭がないことで実現できない幸せはあっても、金銭があることで実現できない幸せはなかなかないですよね。 お金がないまま結婚してしまうと、その後もずっと苦労しないといけないという現実があります。やはり男性としては相応に貯金ができてきたりキャリアを築けてきたなと実感した時に結婚の文字が浮かんでくるという人も、とても多いです。

タイミング4:周りの友達が結婚した

結婚を考えるタイミングとして4番目にあげられるのは周りの友達が結婚したということです。友達が結婚するとなると、やはり自分も遅れてはいけないという気分になったりすることもありますよね。結婚だと大きいことなのでその心理を理解するのが難しいかもしれません。 小さなこととしては友達が持っているゲームを自分も羨ましく思うこともありますよね。結婚とゲームを同列には考えられませんが、このようなことを踏まえると、他人が結婚すると羨ましいという感情が湧いてくるのは自然と理解できるのではないでしょうか? 周りの友達が結婚して、さらに惚気られたり、幸せそうなSNSをみると、特に結婚を考えるきっかけになるという意見が多いです。

タイミング5:彼女を他の人に取られたくないと思った

結婚を考えるタイミングとして4番目にあげられるのは彼女を他の人に取られたくないと思ったということです。特に、彼女がモテる人だったりすると、取られたくないという気持ちに駆られる人が多いです。 また、どこかの噂などで自分の彼女が周りから良い印象で見られているという話を聞いたり、誰かが狙っているという話を聞いたり、誰かが鼻の下を伸ばして彼女のことを見ていたりすることもありますよね。 彼氏の嫉妬心が湧いたりすることや、彼女を取られたくないという気持ちに駆られて、早く結婚したいと考えるというケースもよくあります。

結婚を考えるタイミング5個【女性編】

男性の結婚を考えるタイミングを紹介しましたが、女性はどのような時に結婚を考えるのでしょうか?今の彼女と結婚したいと思っている人にとって、女性がどのような時に結婚を考えるのかは非常に重要なことですよね。 特に、プロポーズをするのはまだまだ男性側ということが多いです。プロポーズはタイミングも重要ですよね。ここでは女性がどういう時に結婚を考えるのかをいくつか紹介します。彼女にプロポーズしたいと思っている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

タイミング1:年齢を感じた

女性が結婚を考えるタイミングとしてまず最初にあげられるのは年齢を感じたときです。年齢を感じたというのは、上記でも説明したように、女性は自分の子どもを産もうと思うと、卵子の老化や、女性の身体的負担も考慮すると、やはり35歳が一つの大きな壁になってきます。 そのため、30歳あたりになった頃から、タイミングがないと感じて焦り出す女性が多いのが現実です。そのため、子どもを授かりたい女性は、30歳ごろから彼氏との結婚を考え出すことが多いです。 とはいえ、自分のキャリアの問題もあるので、いくら結婚したいと考えてもなかなか容易に踏み切れるというわけでもありません。

タイミング2:弱っていたとき

女性が結婚を考えるタイミングとして2番目にあげられるのは弱っていたときです。恋人はいても、同棲していないという場合、やはり一人という時間ができますよね。 一人の時間は自分の人生を充実させるために非常に大切なものですが、時にはとても寂しい時間になってしまうときがあります。それはどのようなときでしょうか?具体的には、自分が精神的に弱っていて、「しんどいな」と感じている時や、純粋に体調が悪い時です。 このような時に一人でいると、人は心細く感じます。だからこそ、ふと、この寂しさ、辛さを恋人にもわかってほしいと思って、このようなタイミングで「結婚したいな」と考える女性が多いです。

タイミング3:周りの友達が出産した

女性が結婚を考えるタイミングとして3番目にあげられるのは周りの友達が出産したときです。女性にとって、出産は非常に重大な出来事です。男性が考えるよりもずっと、シビアな問題でもあります。 そのような側面もありますが、もちろん、純粋に赤ちゃんは可愛いですよね。 特に、周りの知っている人の赤ちゃんとなるとかわいさもひとしおです。その愛らしい赤ちゃんの姿を見て、癒されたり一緒に遊んだりしたタイミングで女性は、自分も結婚したいなと思ったりするということもあります。

タイミング4:遠距離恋愛になることになった

女性が結婚を考えるタイミングとして4番目にあげられるのは遠距離恋愛になることになったときです。近距離恋愛の恋人にとって、遠距離恋愛になるとどうしても大きな壁が立ちふさがったように感じる出来事ですよね。 このような、彼氏、彼女、どちらかに転勤をしなければならないとなった時に、お互いに上記で示したような結婚適齢期になっていたら、もう結婚するかしないかの決断をするタイミングになるケースが多いです。 遠距離恋愛になると、どうしても続くかわからないという気持ちになったり、もう次のタイミングがないように感じたりする女性の心理は、男性ももちろん理解できますよね。この不安な感情は、ネガティブな感情が起点になっていますが結婚を考える大きなきっかにもなります。

タイミング5:将来像が見えてきた

女性が結婚を考えるタイミングとして5番目にあげられるのは将来像が見えてきたときです。彼氏との生活の中で、大体のリズムもつかめてきて、将来結婚したらこのような感じになるのではないかとある程度イメージがきちんとつくようになったタイミングは非常に重要です。 また、子どもがほしいと思っている女性にとってみると、夫となる人が普段からどれくらい家事してくれるか?子育てを手伝ってくれるか?が大切です。きちんと普段から家事もやってくれる彼氏をみると、ごく自然とふとしたタイミングで結婚したいなと思う人も多いです。

男性が結婚に踏み切れない理由とは?

結婚したいのになかなかプロポーズしてくれないという彼氏もいますよね。そのような男性はどうして結婚に踏み切れないのでしょうか?ここでは、男性が結婚に踏み切れない理由について紹介します。

理由1:責任を感じる

男性が結婚に踏み切れない理由としてまず最初にあげられるのは責任を感じるというものです。やはり、結婚するとなると男性は緊張します。 家族を持つということはそれなりの社会的な責任を伴いますが、それよりももっと、一人の女性を幸せ人しないといけないと難しく考えてしまう傾向にあります。 そのため、本当は結婚したいと思っていても、なかなか結婚しようと言えないというケースがよく見られます。

理由2:経済的に不安定

男性が結婚に踏み切れない理由として2番目にあげられるのは経済的に不安定ということです。結婚するのは気持ちだけではできません。やはり、結婚するとなるとそれ相応の金銭が必要になってきます。 男性は特に、経済的に安定することが大切だと考える人が多いです。経済的にある程度安定してこそ妻となる人を安心させられるという考え方を持っているのです。女性にとっても男性が経済的に安定していると嬉しいですよね。 男性は、女性のこのような心理もわかっているので経済的安定というレベルを非常に高いものにしてしまって、なかなかそれに到達できず、結婚に踏み切れないという人が多いです。

理由3:拘束されるのがいや

男性が結婚に踏み切れない理由として2番目にあげられるのは拘束されるのがいやだということです。結婚すると、当たり前ですが、今までのように恋愛することはなくなりますよね。一人の人にきちんと誓いを立てるということは、ある種拘束力があります。 だからこそ、世間は浮気や不倫を許しません。男性からすると、「今の彼女はとても好きだけどもう遊べなくなるのは嫌だ」という心理もあります。また、既婚者だというカテゴリーに入るのが嫌だという人もいます。 まだまだ遊びたいという男性の心理が、結婚に踏み切れない大きな理由になっているのです。

結婚してくれない彼氏に決断させる方法3個

結婚はタイミングだといいますが、実際問題なかなか結婚するタイミングを作れないのが現実です。ということは、結婚するための小さなきっかけ作りをすることが大切になってきますよね。 ここでは、なかなか結婚してくれない彼氏に結婚を決断させる方法を紹介します。

方法1:将来の話を2人でする

結婚してくれない彼氏に決断させる方法としてまず最初にあげられるのは、将来の話を2人でするということです。これがどう重要かというと、結婚を考えるタイミングで、男女ともに将来の想像ができたという項目がありますよね。 つまり、将来のことを2人で話すということは、その将来の想像を具体的にできる絶好のタイミングです。男性の中には、恋人がいて、その恋人のことがもちろん大好きだけれど結婚があまり想像できないという人もいます。 だからこそ、女性の側から積極的に、結婚を考えるタイミング作りをすることで、男性に「結婚」ということを意識させることができますよ。

方法2:貯金などの具体的な話を提示する

結婚してくれない彼氏に決断させる方法として2番目にあげられるのは、貯金などの具体的な話を提示するということです。結婚において重要なのは、双方がある程度お金がたまったタイミングかどうかですよね。 だからこそ、ある程度お金がたまって結婚しても良いタイミングなのに彼氏が一向に結婚の話を持ち出して来ない場合は、今の自分の貯金額など具体的な話をする方が良いでしょう。 そうすることで、男性側も、結婚ということを意識しますし、そこまで具体的に考えてくれているという女性側の誠意も見せることができますよ。

方法3:結婚願望があることを伝える

結婚してくれない彼氏に決断させる方法として3番目にあげられるのは、結婚願望があることを伝えるということです。結婚願望を彼氏はきちんと知っているでしょうか? もしかすると、彼氏側は結婚したいと思っていても、女性側が結婚したいと思っているかわかっていなくて踏み切れていない可能性もあります。 だからこそ、女性側から一度、「結婚したらこういう時にこうなるよね」というような具体例を出してみることをおすすめします。

大好きな彼氏と幸せな生活を

結婚はタイミングが非常に大切です。お互いに結婚願望があるのかからきちんと確かめて、そのほかにもプロセスはたくさんありますが、それを乗り越えて一緒に幸せになってくださいね。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

橘 梨花

橘 梨花

心理学、哲学などの勉強を通し、人の心についてて日々思考を重ねています。...

人気記事

新着記事