2019年06月28日公開

2019年06月28日更新

27歳症候群とは?27歳女性が婚活や仕事で輝くためにすべきこと!

27歳症候群とは女性が結婚や将来のことが気になり始めてしまうことです。あなたも27歳近くになって将来のことが急に不安になっていませんか?この記事では27歳女性のあるある・結婚観・恋愛観・転職のメリットやデメリット、27歳頃からやっておくべきことを紹介します。

27歳は転職や結婚を考える大切な時期

27歳は社会人として新人といえる年齢は卒業している一方で、また一人前にはなりきれていない状況で、不安定な時期です。その一方で、プライベートでは結婚・出産など先々のことも真剣に考えなければいけない時期に入っており、こちらについてもしっかりと考えなければいけません。 この記事を読んでいる方は27歳前後の方が多いともいますが、将来設計やライフプランニングはちゃんとできていますか? この記事は特に27歳前後の女性に注目して、あるあるや27歳女性の恋愛・結婚観の他に、20代のうちにやっておくべきことや、お金事情について紹介します。

27歳の女性にはどんな特徴がある?あるある8選

まずは27歳女性のあるあるを紹介します。 今27歳前後のあなたはここで紹介する悩みを抱えていたり日常生活でこんな傾向があると思います。

アラサーの重圧と避難

27歳女性によく見られる1つ目の特徴は、「アラサーの重圧と避難」があることです。 27歳は四捨五入すれば30歳で紛れもなくアラサーです。大学を卒業したり社会人になりたての頃の気楽さは通用しなくなり、大人としての立ち振舞いを求められるようになっている年齢です。 30歳に近づくに連れてそれまでの甘さも通用しなくなり、会社に勤めていれば後輩の世話をしたり、責任ある立場になっている方も多いです。また27歳は世間的にもそうした立ち振舞いを求められるようになっています。

20代前半の女性が羨ましい

27歳女性によく見られる2つ目の特徴は、「20代前半の女性が羨ましい」ことです。 27歳は将来のことを真剣に考えさせられる年齢で、それまでのように自分のやりたいことをやりたいようにやっていられる年齢ではありません。そういった状況にいるため、20代前半の女性のことが羨ましくなってしまいます。 27歳頃から自分のしたい恋愛を楽しめる・友達と旅行を楽しめる・夜更かししても翌日肌荒れしないといった、若い女性のことが羨ましくなってしまいます。

流行りがわからなくなっている

27歳女性によく見られる3つ目の特徴は、「流行りがわからなくなっている」ことです。 27歳頃になって仕事に追われる日々が続くと学生時代のようにエンタテインメントについて情報収集している時間はなくなっていきます。毎晩TVを見るよりも仕事を片付ける必要が出たり、家に帰れば疲れて寝るだけの生活になります。 そのため、仕事の関係上必要なことは知っているけどけど世の中で何が流行っているか分からなくな理始めるのが27歳前後で、この頃から「社会に取り残されている」感が出てしまいます。

飲み会がきつい

27歳女性によく見られる4つ目の特徴は、「飲み会がきつい」ことです。 若い頃に比べると体も弱ってきていて、たくさん飲んだり、盛り上がるのが辛くなってきます。社会人になりたての頃は同僚や学生時代の頃の友達と飲み会に行っても十分盛り上がれましたが、27歳になるとそうも行かなくなります。 こうした肉体的な変化に加えて、27歳頃から将来のことも真剣に考えるようになるので、経済的な理由で飲み会に参加したくないとも考えるようになります。結婚やその後のお金をためておく必要性を感じて飲み会に参加したくなることもあります。

見た目は若く、考えは大人

27歳女性によく見られる5つ目の特徴は、「見た目は若く、考えは大人」なことです。 見た目はまだまだ20代女性の若々しさが残っているので、合コンでもまだちやほやされる年齢です。そのためこれから恋人を作っていくこともまだハードルは低く、まだ恋愛結婚も現実的に考えて可能な年齢と言えます。 一方で中身は現実的な考え方を持っていて、恋愛についても慎重です。男性を見る目も肥えていて、出会った男性の職業から年収などのスペックを推測する能力もついています。

フレッシュさはない

27歳女性によく見られる6つ目の特徴は、「フレッシュさはない」ことです。 27歳の女性は良くも悪くも初々しさやフレッシュさはなくなっています。良い面は物事を客観的に見られるようになっていて落ち着いた行動が取れるようになっていて、仕事でもプライベートでも大きな失敗をしてしまうことは少なくなっているということです。 悪い面については、新社会人の頃のようにいつまでも失敗が許される年齢ではなくなっていて、一人前の社会人として扱われるようになっているということです。4大卒でも社会人3年目で会社からも結果を出すことをシビアに求められるようになっています。

後輩のフォローに入ることが多くなる

27歳女性によく見られる7つ目の特徴は、「後輩のフォローに入ることが多くなる」ことです。 仕事では27歳なら高卒なら8年目、4大卒なら4年目で十分に仕事の経験は積んでいます。そのため、人によってはそれまでの仕事ぶりが評価されて教えられる側から後輩に教える側の人になっていることもあります。 その結果、自分ひとりのことを心配していれば良いわけではなく、チーム全体のことを考えて行動することが求められるようになり、心配ごとや気を配らなければいけないことがどんどん増えています。

ご祝儀貧乏になる

27歳女性によく見られる8つ目の特徴は、「ご祝儀貧乏になる」ことです。 27歳は周りの女性も結婚を意識している年齢で、どんどん結婚する友人が増えていきます。その結果、友人の結婚式に参加する回数も増えていくことになり、結婚式に参加するたびにご祝儀を払うことになります。 27歳頃は多い時にはひと月で3回も結婚式があって、何万円もの出費が生まれてしまうことにもなります。そうなれば自分の生活にも響いてしまい、生活が苦しくなることもあります。

恋人がいる27歳の恋愛観と結婚観は?

次は27歳女性の恋愛観や結婚観について見てみます。 27歳女性は学生時代や社会人になりたての頃のような「ドキドキ感」を味わうような恋愛よりも、恋人との結婚を現実的に見た恋愛になります。

生涯のパートナーに今の恋人は適しているのか悩む

恋人がいる27歳女性の1つ目の恋愛観や結婚観は、「生涯のパートナーに今の恋人は適しているのか悩む」ことです。 20代前半の恋愛では、男性を性格・価値観・見た目で選んでいても全く問題ありませんでした。こうした基準で男性を選んでいても結婚するかどうかはまだ現実的に考えていないので、楽しむための恋愛ができたからです。 しかし、27歳を目前にして今付き合っている男性がいる場合には、本当にこの人で良いのか気になり始めます。年収や将来性などを考えて「この人と結婚して将来苦しくならないだろうか?」ということを本気で気にし始めます。

彼氏が結婚を考えてくれているのか本気で悩む

恋人がいる27歳女性の2つ目の恋愛観や結婚観は、「彼氏が結婚を考えてくれているのか本気で悩む」ことです。 自分自身が結婚で悩むことに加えて、彼氏も本気で結婚を考えてくれているのかが気になります。いくら自分が真剣に考えていても相手が自分のことを真剣に考えていなければ結婚はできないからです。 もし、27歳になって彼氏が結婚を考えていないのであれば他の男性を探す必要があるので、早めに彼氏に見切りをつける必要がありますし、結婚を考えているのならいつまでに結婚しようと思っているのかによって自分のライフプランも変わってきます。

彼氏の結婚観を探りたくなる

恋人がいる27歳女性の4つ目の恋愛観や結婚観は、「彼氏の結婚観を探りたくなる」ことです。 彼氏が結婚についてどんな考え方を持っているのか気になるのも27歳ごろです。どんな家族にしたいのか・何人子供が欲しいのか・子供の教育は・家事の分担はという細かい現実的な部分が気になるようになってきます。 こういったことを真剣に考えていなければその彼氏と結婚したとしても自分が苦しむだけの結婚生活になりますし、結婚してからこうしたことがわかるよりは結婚する前に知っておきたいと考えるからです。

正直プロポーズ待ち

恋人がいる27歳女性の3つ目の恋愛観や結婚観は、「正直プロポーズ待ち」なことです。 27歳女性で付き合っている男性がいる場合は、付き合っている男性からのプロポーズを待っていることが多いです。そのため、結婚をほのめかす話をするようになり、「子供ができたら…」「家族で過ごすなら…」という話をするようになります。 自分ひとりの時にもゼクシィなどの結婚雑誌をが目につくようになり、そこから「自分が思っている以上に結婚を意識しているんだ」と認識するようになります。

恋人がいない27歳の恋愛観・結婚観とは?

次は恋人がいない27歳女性の恋愛観や結婚感について見てみます。 恋人がいない27歳女性の場合には1人でいることに慣れていったり、これから付き合う男性を見る目がシビアになっていくといった特徴があります。

「お一人様」に慣れていく不安

恋人がいない27歳女性の1つ目の結婚観や恋愛観は、「お一人様」に慣れていく不安ことです。 27歳の女性は20代前半の頃と比べて精神的に強くなっています。そのため、ランチを1人で食べたり休日に1人で出かけることも、以前に比べて寂しさや孤独感を感じなくなっていることがあります。 それは人として成長していると考えれば良い点ですが、その反面彼氏がいないことの惨めさを感じるようになり、「このまま1人で行きていくことになるのかな」と不安に思うこともあります。

男性の年収・職業が気になる

恋人がいない27歳女性の1つ目の結婚観や恋愛観は、「男性の年収・職業が気になる」ことです。 27歳の時点で恋人がいない女性は、出会う男性の職業や年収も気になるようになります。というのも職業が分かればその人の年収や将来性を推測できるからです。 これから付き合う男性は結婚を考えていることがほとんどなので、年収・職業などを見て結婚を考えて交際していい男性なのかということを、これまで以上にシビアに考えてしまうことが多くなります。

年下の男性が気になり始める

恋人がいない27歳女性の1つ目の結婚観や恋愛観は、「年下の男性が気になり始める」ことです。 27歳の女性の中には自分で生活をコントロールできるようになり、精神的にも強くなっているので、「年下の若い男性を面倒見てあげたい」と考える人もいて、年下の男性に興味をもつようになる人もいます。 こういう女性は「ハイスペック男子」と結婚して経済的に余裕のある生活を手に入れるというよりは、自分自身が仕事が好きで能力を高めていきたいと考えている女性が多い場合があります。

彼氏がいないのはいい出会いがないからと考えている

恋人がいない27歳女性の1つ目の結婚観や恋愛観は、「彼氏がいないのはいい出会いがなからと考えている」ことです。 27歳になって彼氏がいない女性の中には「いい出会いがないからだ」と考えている人もいます。この場合、そもそも出会いの場に行っていない、出会いの場に行っても理想が高すぎて「いい男性」に出会えないということが良くなります。 なかなかいませんが、「30代で年収1000万円・大企業勤務・高学歴・家柄完璧・人望も厚くて優しい」という男性を探しているものの、そういう男性と出会える場所に自分から出向いていないということもよくあります。

27歳で結婚するメリット

次にここまで紹介したように、価値観や人生の節目である27歳で女性が結婚するメリットを紹介します。 27歳での結婚は比較的若い年齢での結婚になるので、出産・育児も体力的な余裕があり、異性を慎重に選べるので離婚率がより若い年齢層に比べて低くなります。

出産が楽で健康優良児が生まれる可能性が高い

27歳で女性が結婚する1つ目のメリットは、「出産が楽で健康優良児が生まれる可能性が高い」ことです。 27歳は母体である女性も出産年齢が若く体力があるので30代以降に出産するよりも体力的に楽だと言われています。 また母体の年齢が若いので生まれてくる子供も若い親から生まれてくることで健康体で生まれてくる可能性が高いとも言われています。

体力勝負の育児もなんとか乗り越えられる

27歳で女性が結婚する2つ目のメリットは、「体力勝負の育児もなんとか乗り越えられる」ことです。 体力が必要なのは出産だけではなく、育児も非常に体力が必要です。子供は昼夜問わず泣きますし、何を訴えたくて泣いているのかも分からず毎日手探りで子育をすることになります。 専業主婦であればまだ良いですが、働きながらの育児となれば仕事と子育両方に体力を使うことになるので、30代で結婚するよりは20代のうちに結婚した方が体力的な面で乗り切りやすいと言えます。

離婚率が比較的低い

27歳で女性が結婚する3つ目のメリットは、「離婚率が比較的低い」ことです。 このメリットは20代前半で結婚するのと比べた場合のメリットで、20代後半の結婚は20代未満や20代前半で結婚するよりも離婚率が比較的低いと言われています。 原因は相手の性格や結婚観などを慎重に見極められるようになっていることです。20代前半の結婚では、一緒に生活してみてから相手の理解できない部分が目立つようになり、結果的に離婚に繋がる可能性が高いとされています。

27歳症候群で悶々・転職はOK?

次は女性が27歳で転職するのが良い選択と言えるのか、メリットとデメリットを見て見ます。

27歳で転職のメリット

27歳で女性が転職するメリットは、まだ専門的なスキルを身に付けられる可能性があることです。新卒で就職した会社で思った以上にスキルや経験を積めなかったとしても、27歳ならまだゼロからスタートしたとしても十分なスキルを身につけられる可能性があります。 また27歳までに働いていた会社で十分なスキルを身に付けていれば、新しいスキルを身につけることで市場価値を高めることも可能です。専門的なスキルを2つ身に付けていれば労働市場でも大きな戦力になる可能性が高いので、高条件で採用してくれる可能性もあります。

27歳で転職のデメリット

27歳で女性が転職するデメリットは2つあり、1つ目は結婚の時期が遠のくことです。新しい職場環境や新しい分野の仕事につけばその環境になれたり、新しい仕事を覚える必要が出るのでそれまでは結婚はできません。 もう1つのデメリットは失敗すれば今の会社よりも劣悪な環境で働くことになることです。転職は必ず成功するというものではありません。採用担当の話と実際の職場環境が違えば以前の職場よりも悪い環境で働かなければいけなくなる可能性もあります。

輝かしい未来のために!27歳女性のすべきこと

次は27歳女性が将来のために早めに始めておくべきことを10個紹介します。 ざっくりいうと自分自身を大切にする・将来のための準備をする・人間関係を見直すの3つです。それぞれ詳しく見てみましょう。

他人も自分自身も尊重できるようになる

27歳女性がすべきことの1つ目は、「他人も自分自身も尊重できるようになる」ことです。 27歳は1人前の社会人として見られ始める年齢です。大人として見られるようになる年齢なので、人の考えを尊重して行動できる人になりましょう。年齢相応の行動ができなければ男性からも結婚の対象として見られづらくなります。 ただし、人の意見ばかり聞き入れるのではなく、自分の意見も尊重できるようになりましょう。人の意見を尊重することも大切ですが、そればかりでは自分がやりたいことができなくなります。できれば相手と自分の意見を組み入れた折衷案を考えられるようになるとベストです。

常に責任について考えながら行動する

27歳女性がすべきことの2つ目は、「常に責任について考えながら行動する」ことです。 30代になってから大人を意識した行動をしようとしても遅いです。27歳はちょうど大人としての行動を意識させられる時期でもあるので、この年齢からしっかりと責任を意識して行動できるようになりましょう。 自分の行動に責任が伴うことを意識して行動できるようになれば、会社や協業者からも信頼されるようになり、より大きな仕事を任せてもらえるようになります。またそうした信用貯金を作っておくことで育児休暇を申請しやすくなることも考えられます。

ライフプランをしっかり考える

27歳女性がすべきことの3つ目は、「ライフプランをしっかり考える」ことです。 いつまでに結婚するか、結婚のためには何歳までに恋人を作るかということもしっかりと考えておきましょう。今恋人がいるなら相手の男性と結婚するのか・できるのかを考え、これから結婚を前提に付き合う男性を探すなら、付き合う男性の判断基準を明確にしておきましょう。 また、自分のライフプランについてどれだけのお金が必要になるのかも明確に計算しておき、その金額を達成するためにどんな仕事の仕方をすべきかも一度時間を取ってしっかりと考えましょう。

資格を取っておく

27歳女性がすべきことの4つ目は、「資格を取っておく」ことです。 正社員なら育児休暇の後に同じ会社で職場復帰できる可能性は高いですが、契約社員などの場合は難しいかもしれません。しかし結婚や出産を考えると育児で一時的に会社から離れることも止む終えません。 結婚する男性とよく話し合っておくことも大切ですが、自分自身が再就職しやすくなるように、今のうちに再就職に有利になる資格をとっておきましょう。育児をしながらの資格試験は子供の世話に時間が取られて難しいので、時間がある結婚前にしておく方が良いでしょう。

一般常識を身につける

27歳女性がすべきことの5つ目は、「一般常識を身につける」ことです。 30歳では「知らない」は通用しない年齢になります。20代のうちは仕事に関する知識があれば十分でしたが、30代になれば一般教養がない人は白い目で見られることもあります。そうならないための準備を早めに始めておきましょう。 いつもTV・YouTubeを見ているのであれば、その時間を「社会・経済・文化」的なことを知る時間に充てればよいです。教養が付けば話ができる人の幅が広がってもっといい人とも出会えるかもしれません。

貯金を増やしておく

27歳女性がすべきことの6つ目は、「貯金を増やしておく」ことです。 結婚してからは結婚・出産・育児にお金がかかります。そのための準備をしておくことも大切です。 結婚してからでは遅いので、ライフプランニングも含めて必要な金額を出し、なるべく早めに貯金額を増やしておきましょう。

流行りに乗る必要があるか決める

27歳女性がすべきことの7つ目は、「流行りに乗る必要があるか決める」ことです。 20代後半になると世の中で何が流行っているのかがわからなくなってきます。ただ、ここで1度考える必要があるのは、「本当に流行りに乗る必要があるのか」ということです。というのも「流行り物」の情報は多くの場合無駄な情報だからです。 極端に言えば仕事や家族関係で必要になる情報以外は収集する必要がない可能性が高いです。単純に自分の趣味であったり娯楽に関する情報であれば何の生産性もない情報なのでわざわざついていく必要はありません。本当に必要な情報を取捨選択しましょう。

日々のスキンケアをしっかりこなす

27歳女性がすべきことの8つ目は、「日々のスキンケアをしっかりこなす」ことです。 30代になってから肌荒れが目立つようになり、見た目が悪くなれば最悪です。そうならないために27歳のうちから肌への負担を考えてスキンケアも丁寧に行うようにしましょう。 人が見た目で人のことを判断することは否めません。人の見た目を大きく左右する肌がシミ・シワ・くすみだらけではいい印象を持たれません。そうならないために早めに正しいスキンケアの方法を身に付けておきましょう。

彼氏と関係を続けるか現実的に判断する

27歳女性がすべきことの9つ目は、「彼氏と関係を続けるか現実的に判断する」ことです。 いま恋人がいるなら関係を真面目に考え直す時期です。本当に結婚していい相手なのか 相手が結婚をどう考えているのかを真剣に考えて置きましょう。 もし今の彼氏が結婚を真剣に考えていない可能性があるならい一度聞いてみるべきです。その反応を見て付き合い続けるか、新しい恋人を探すかも考えましょう。

友人関係も見直す

27歳女性がすべきことの10個目は、「友人関係も見直す」ことです。 楽しければいい人間関係は30代以上からはあまり良いな友人関係とは言えません。これからは真剣に話し合える人、仕事や生活の悩みを共有できる人との時間を増やしていくべきです。 本当にこの人と同じ時間を過ごしていて自分にとってどんなメリットが有るのか考え、率直に言って「無駄な時間」を過ごしてしまう人とは少しづつ距離をおきましょう。相手にはよく思われないかもしれませんが自分のためです。

27歳のお金事情は?

最後に27歳のお金事情を確認します。 今後の結婚・出産を考えて、あなたの収入や貯金額が平均以上・平均並み・平均以下なのか確認して、今後やるべきことも考えておきましょう。

27歳の年収

27歳の平均年収は350万円程度と言われています。 もしこれ以上の年収がある方は十分な収入を得られています。ただ、結婚や出産を考えている場合には相手の収入状況によって更に収入が必要になることも考えられます。350万円の収入は人ひとりを養っていくのにギリギリの収入です。 結婚・出産を考えている場合は相手の収入状況によっては更にお金が必要になります。出産すれば育児のために最低もうひとりを養うための収入が必要になりますので、収入を増やすための計画を立てましょう。

27歳の平均貯金額

27歳の平均貯金額は250万円程度と言われています。 250万円程度の貯金でも余裕があるとは言えませんが、250万円程度の貯金があれば結婚式・新婚旅行など結婚に関わる行事を全部やりたい場合にも十分行えるだけの額の貯金だと言えます。 ただ、その後の生活も考えるとより多くの金額があることに越したことはないので、更に収入を増加させるための現実的な方法を考えておきましょう。

27歳は「節目の年齢」一人前になる準備をしましょう

27歳は新社会人を卒業して一人前の大人としての立ち振舞が求められ始める年齢になります。 一般常識や大人としての人との関わり方を身に付けて、責任ある行動を取れる人になりましょう。 そして、結婚や出産を考えている方の場合にはそれに応じてお金が必要になりますし、将来の生活を考えれば経済的な問題は尽きません。いちいち悩むよりも今の時点で一度時間を設けて今後どのように収入を得ていくかを考えましょう。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

No Image

SHINJI.com

学生時代から継続して学んでいる セールスライティング(コピーライティング)の他、 それに関連する...

人気記事

新着記事