2019年06月30日公開

2019年06月30日更新

飲み込みが早い人の特徴とは?共通点や飲み込みが早くなるための習慣を紹介

人より物覚えの良い人を飲み込みが早いと言います。飲み込みが早いと周りから評価されやすく、そんな人を見ると羨ましいと思うこともあるでしょう。今回は飲み込みが早いと言われる人の特徴や、どうすれば飲み込みが早い人になれるのか、その方法についてご紹介していきます。

「飲み込みが早いね」と言われる人になりたい!

君、飲み込みが早いね。仕事でも趣味でもそう言われると嬉しいですよね。ですがなかなか飲み込みが早いと言ってもらえる機会は多くありません。そんな中でも周りから見たときに飲み込みが早いと思われる人にはいくつもの特徴があります。 今回は誰が見ても飲み込みが早いと言われる人の特徴や、飲み込みが早くなる方法についてご紹介していきます。仕事や勉強で効率の悪さに頭を悩ませている人も目を通してみてくださいね。

飲み込みが早い意味とは?飲み込みが早い人ってどんな人?

一般的に飲み込みが早い人というのは、食べるのが早いという意味ではなく、物覚えの良い人のことを指します。他の人が一週間かかって覚えるものを三日でこなしたり、一度聞いたことを忘れずに実行したりするのも飲み込みが早い人と呼べるでしょう。 会社や趣味の場など、比較する対象がいる環境で使用される言葉です。誰でもできるような簡単なことではなく、誰もが躓きそうなものをすぐに理解できると飲み込みが早いと言われることも多くなります。 同じような意味で「吸収が早い」という表現もあります。土が水を吸うようにという比喩から生まれた言葉ですが、こちらも「飲み込みが早い」と同じように物覚えが良い人に使われますが、こちらの場合は記憶力の側面よりも成長の意味合いで使われることが多いです。

使い方の例

「飲み込みが早い」彼は飲み込みが早いため難しい機械の操作もすぐに理解した。 「吸収が早い」彼女は吸収が早いためすぐに先輩よりも早いタイムを出した。

飲み込みが早い人に共通する特徴

飲み込みが早い人には共通する特徴がいくつかあります。もし自分が言われたことはないという人も、この特徴に当てはまっていれば飲み込みが早いと言えるでしょう。

特徴1:優れた観察力を持っている

飲み込みが早い人は自分が行っているものを周りの人がどうやっているかを良く見ています。特に長くそのことに従事している人のことを参考にして自分に落とし込むことを得意です。また、自分に合うやり方を理解し、参考にする人や情報の取捨選択が上手なのも飲み込みが早い人の大きな特徴です。 それは仕事や趣味以外でも活きてきます。優れた観察力を持っていれば自分にとって得となる人や味方になる人も感覚的に察知できますから、飲み込みが早い人は対人関係がこじれにくいという特徴もあるのです。

特徴2:何ができていないのかの理解が早い

飲み込みが早い人も決して失敗をしないわけではありません。ですが失敗してしまった理由の追求が上手く、理解が早いため修正をするのがとても得意です。そのため同じ失敗をすることは少なくなり、要領も良く見えるのが飲み込みが早い人の特徴です。 そのため飲み込みが早い人と話している人はストレスを感じることが少なく、こちらの言いたいことが伝わるため、仕事をどんどん任せてみようという気にさせることも多いです。

特徴3:コツをつかむのが上手い

どうすれば上手くいくのか、どう動けば正解なのかを導き出すのが早いのも飲み込みが早い人の特徴です。言われたことや読んだものがどういう糸を持っているのかを感覚的に捉えることができ、ハイセンスな一面を持ち合わせています。 スポーツだとわかりやすいです。サッカーが得意な人がバスケや野球など他のスポーツもある程度行えるのは、体をどう動かすのが正解かを分かっているからこそですから。つまり他からの経験をこれから行おうとしているものに応用するのも飲み込みが早い人は上手いと言えますね。

飲み込みが早い人の性格

ではそんな飲み込みが早い人はどのような性格をしているのでしょう。物事の理解や理由の追求が上手な背景には、その考え方を支える性格が大きく関係しています。素直なのが良いのか、きちっとスケジュール通り動くのが良いのか、飲み込みが早い人の性格をまとめてみましょう。

性格1:プライドが高くなく柔軟

飲み込みが早い人は、その場その場の環境に合わせてやり方を変えることができます。自分のやり方や価値観に固執せず、相手の話を受け止めてあげるだけの柔軟性を飲み込みが早い人は兼ね揃えているのです。 プライドが高いと一つのやり方に縛られたり、素直に相手のやり方を認めることができず視野の狭い人になってしまいかねません。飲み込みの早い人は、自分のやり方は一つの方法として残しつつ、相手のやり方を尊重できる柔軟な性格の持ち主なのです。

性格2:争いごとを避ける謙虚な姿勢

飲み込みが早い人は、できる限り争いを避ける性格をしています。争いではなく自分が一歩引いてもっと上を目指そうという謙虚さと向上心も強いです。自分が覚えればみんなの助けになれると思い、その気持ちが飲み込みの早さに繋がっています。争いごとも含め、足を引っ張る行動はできる限りしないように心がける傾向にあります。 そのため仕事はできてもリーダー役はあまり自分から買って出ないということも。もう一人管理する人が上にいて、その下に飲み込みが早い人がいる現場は効率よく業務をこなせる環境であると言えます。

性格3:メモをよく取り整理が上手

メモを取ってと言われなくてもメモを取るような性格の人に飲み込みが早い人は多いです。メモを取るのが下手だったり、言われてからメモを取り出すような人は同じ質問をしてしまったり、仕事が遅いと思われがちになります。実際にメモを取らずとも脳内でしっかりと整理できている人も飲み込みが早いと言えるでしょう。 つまり仕事の場合、何を優先すべきかの順位づけをしっかりと行うことができる、相手の話している中で特に大事としているものを念頭におけるのが飲み込みが早い人と言うことでもあります。メモはそれをわかりやすくするための手段でもあるのです。

飲み込みが早い人の長所

飲み込みが早い人には多くの長所があります。そのいずれも会社や学校、趣味の場で役立つものばかりです。どういったものがあるのか、いくつご紹介していきます。

長所1:効率的に勉強できる

飲み込みが早い人は覚えるべきものと覚えなくて良いものの取捨選択に秀でています。そのため余分な時間をかけることなく勉強に集中することができ、効率的に学ぶ癖がついているのです。その際の集中力も強い傾向にあり、効率的に時間を使っている分、広い知識をつける事も可能にしています。

長所2:仕事覚えが早い

飲み込みが早い人は一度聞いたことをしっかりと覚えています。またその聞いたものを自分なりのマニュアル化することに秀でています。そのため仕事覚えが早いだけじゃなく、教える側の人にとっても手間がかからず、非常に助かる人材になれるのです。

長所3:余計な労力を負わない

飲み込みが早い人は覚えるものの取捨選択、仕事覚えの早さから余計な労力を追わないという長所が生まれます。何度も同じ失敗をする人と一度で覚えられる人とでは疲れる差は歴然ですよね。自分の中にある力の配分に優れており、無理をしなくても仕事や勉強を進められるため、エネルギッシュに活動することが可能なのです。

長所4:周囲からの評判が上がる

飲み込みが早い人は仕事ができると言われがちです。会社にとって一番ありがたいのは戦力となる人員が早く育つこと。新人として入社してすぐにそう言った印象を与えられれば、周囲からの評判は向上しますし、より大きな難しい仕事も任せられるようになるでしょう。 新人だけじゃありません、もし仕事の現場に飲み込みの早い先輩や上司がいたらどうでしょうか。新人として悩みを打ち明けたり、仕事でわからないことを聞いたときにしっかりと的を射る答えをくれる人についていこうとなりますよね。飲み込みが早くなるだけで、人が集まるようになるのも大きな長所です。

飲み込みが早い人になるための習慣

効率的で周囲からの評判も上がりやすい飲み込みが早い人になるのは今からだって可能です。そのためにはいくつか気をつけなければならない習慣があります。少しでもそれを意識できれば、明日からだって印象を変える事も可能ですから、今飲み込みが遅い、効率よく動けないと感じている方はぜひ読んでみてください。

習慣1:積極的にメモを取る

今までメモを取る習慣がなかった人はまず話を聞くときにメモを取るように意識しましょう。今はスマホやタブレット端末などで簡単にメモが保存できますし、紙とペンを常に携帯しておけばいつどんな大事な話をされてもすぐに取り出せます。他の人が見逃しがちなポイントや聞き流しているようなことに気付ければ飲み込みの早い人になれるのも時間の問題です。 ただしメモを取ることに集中しすぎて話を聞けなかったということのないように気をつけましょう。あくまでメモはメモ。全てを書くのではなく要点をしっかりと押さえて効率よくメモを取れるようになることが飲み込みが早い人になるために大切です。

習慣2:説明から状況を具体的にイメージする

飲み込みが早い人は説明を聞いているときに、具体的に状況をイメージすることを習慣としています。マニュアルや教科書をただ文字として読んでも頭に入らないことは多いですが、もしそれが映像化されればとても分かりやすくなりますよね。飲み込みが早い人は他の人よりもそのイメージを鮮明にすることができるのです。 特に勉強面では英語でよくこのイメージ力を鍛えられます。英会話をリスニングで聞いているときに、なんの会話をしているのか、相手は何をしたいのか、聞きたいのかを想像することで足りない語彙力を補えることもあるのです。もしイメージするのが苦手な人は、自分が得意とするジャンルの小説を読んで、それが映画化されたらどうなるかを考えてみると良いですね。

習慣3:分からないことは早めに聞く

飲み込みの早い人でも全てを一度で理解できるわけではありません。その点は普通の人と同じで、当然分からないこともあります。では何が違うのかというと、その分からないことを蓄積させないように習慣づけられているのです。一つ分からない程度ならいつか解消されるかもしれませんが、もし二つ三つと分からないものが積み重なると、俗にいう何が分からないのか分からない状態になってしまいます。 それでは仕事に支障をきたしてしまいますね。そうならないよう、分からないことがあったら早めに聞き、納得のいく答えをもらった上で進めるようにしましょう。混乱しないうちに整理できると、非常に効率的に動けます。

習慣4:できていないことを明確化しておく

飲み込みの早い人は自分が何を得意として、何ができていないのかを明確化するよう意識しています。仕事であれば、電話でうまく対応できなかった、書類の作成がうまく捗らなかったなど飲み込みの早い人でも起こります。ただそれをなんとなく次は失敗しないようにしよう、としておかないのがポイントです。 どうして失敗したのか、なぜ上手くいかなかったのかを明確化し、少しでも次回できないことを減らすような意識。それを習慣づけられれば、最初は仕事ができなくても、自ずと効率よく成長することが可能になりますからね。

飲み込みの早さは努力次第で向上する

飲み込みの早さは生まれつき身についている能力も確かにあります。ですがそれだけではなく、これまでの経験やこれからの努力次第で向上させることが可能な部分です。特に今飲み込みが遅い、要領が悪いと自分で感じている方は、諦めずに上述した習慣を一つでも行ってみてください。 大切なのは自分から仕事ができない、勉強ができないと思い込まないことです。どんな人でも完璧に失敗なくこなせる人はいません。大事なのは繰り返さないことです。同じことを繰り返していなければしっかりとした成長に繋がります。 まずは今持っている意識を変え、自主的に実行すること。誰かに言われてから行う動作よりも、自分から動いた経験は記憶に残りやすいですからね。

飲み込みが早い人はいつだって目指せる

才能のあるなしや体力のあるなしに関係なく、飲み込みが早い人を目指すことはいつだってできます。30歳でも40歳でも、50歳以降でも飲み込みが早い人になれるのです。まずは自分の中にあるこれまでの取り組み方や考え方を大きく変えてみてください。 最初は大変に感じるかもしれませんが飲み込みが早い人の習慣を意識せずとも実行できるようになれば、勉強面でも仕事面でも周りから一目置かれる存在になれるでしょう。一度そういう考え方になれれば、多くのことに応用できますから、変えることのできるうちに意識改革に取り組んでみてくださいね。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

No Image

天草雫

転職・ビジネス・SEO・心理学・占い・美容健康など幅広いジャンルでライターとして活動しております。分...

人気記事

新着記事