2020年09月30日公開

2020年09月30日更新

髪を触る心理を男女別に紹介!髪の触り方別の心理・男性が女性の髪を触る心理とは

髪を触る癖がある人の心理を考えたことはあるでしょうか。髪型が気になって触っている人もいますが、その癖には見えない心理が隠されています。髪を触るという行為にはどんな心理が働いているのでしょうか。また、男女にはどのような差があるのかみてみましょう。

髪を触る人の心理が知りたい!

あなたは自分の髪をよく触りますか?意識しなくても、気付いたら髪の毛を触っていたということは、意外と珍しくないものです。そこには様々な心理が含まれているものですが、なぜ「髪の毛を触る」という行為になるのでしょう。 今回は、髪を触る心理について考えていきます。男女別の心理や、触り方による心理の違い、癖の直し方までご紹介していきます。無意識の行動について、自分の心理も見つめなおしてみましょう。

自分の髪を触る人の心理【男女別】

自分の髪を触るときには、無意識の行動ではあっても、自分ではよく考えていない心理が隠されていることがあります。心に何かを含んでいるので、髪を触る行為で代替しようとしているのです。 そして、同じ髪を触るでも、男女で心理は変わってきます。同性同士であれば、自分の心理を参考にもできますが、異性ともなると自分と同じと考えるわけにはいきません。髪を触るという行為に対しての心理を、男女別にみてみましょう。

男性が髪を触る心理6個

まずは、男性が髪を触るときの心理からみていきます。男性と女性の大きな違いは、主張がしっかりできることです。つまり、言いたいことを我慢するというだけで、強いストレスを感じます。そのストレスが、髪をさわることで解消されることもあります。 具体的にはどのような心理が考えられるのか、挙げていきましょう。

心理1:考え事をしている

考え事をしている男性が、頭に手を置いて髪を指先でいじっている場面をみたことはありますか?これは、考え事をするために集中したくて、髪を触っているのです。髪を触るということに、あまり特別な意識はもっていないでしょう。 また、考えが行き詰まると、ぐしゃぐしゃと髪を掻き乱すこともあります。考え事をしているときの心理状況で触り方も変わりますが、髪を触る行為は、総じて考えをまとめようという心理によるものです。

心理2:緊張している

緊張している男性が、何度も髪を触る男性もいます。大事な取引やデートの前に、鏡の前で熱心に髪を整える男性っていますよね。もちろん身だしなみを整えていることもありますが、緊張を和らげるためということも考えられます。 髪の毛は自分の顔の印象を変える一番大きな要素です。髪の毛を触って落ち着きながら、その落ち着きを表情で確認するためにも、鏡の前で髪を触ることが多いでしょう。神経質な男性は、なかなかやめることのできない癖です。

心理3:格好つけようとしている

身だしなみの一環で、自分をよく見せたくて、格好つけるために髪を触ることもあります。髪が顔の印象を変えるとお話しましたが、それは首から上で一番変幻自在だからです。男性は女性のようにメイクをしないですよね。髪で格好良さをアピールするのは必然ともいえます。 髪を触る行為は、ナルシズムの心理も含んでいます。自分には魅力があることを、髪を触ってアピールしています。男性が、自信に満ちていて髪を触るようであれば、自分の格好良さに気付いて欲しいというメッセージかもしれません。

心理4:照れをごまかそうとしている

女性にも通じる心理ですが、照れや恥ずかしさを隠すという心理も考えられます。髪を触ることで、自分は落ち着こうとして、人に対してはごまかそうとするのです。髪をがしがしと掻いたり、前髪を指先でつまんでみたりと触り方などが多いでしょう。 好きな女性を前にした男性は、自分が積極的に好意を伝えることができたとしても、予期せぬ展開には動揺しがちです。意図せず褒められた、狙ったタイミングでないのに好意がばれたなど、動揺をごまかそうと髪を触ることがあるのです。

心理5:退屈だと感じている

男性が髪を触る心理に、退屈だと感じていることがあります。退屈でその場を離れたかったり、退屈な時間を無為にしないように、髪を触ります。髪を触りながら時間の経過を待っているのでしょう。 人と話していても、退屈だと感じるとストレスを感じるようになります。退屈にストレスが加わると、今度はイライラしはじめてしまいます。そうならないためにも、気持ちを平たんにするために髪を触るのです。

心理6:イライラしている

退屈とストレスの相乗効果で、完全にイライラしてしまうと、今度が髪を乱雑に触るようになります。退屈はなくて、単純にイライラしているときもそうでしょう。荒々しく髪を掻いたりして、やり場のない怒りをどうにかしようとします。 ストレスの吐き出しを狙うと同時に、気持ちを穏やかにしようという気があります。感情をそのままぶつけることができない時など、髪を触って深呼吸をして、落ち着こうとしているのです。

女性が髪を触る心理7個

それでは、女性が髪を触る心理といえばどんなものがあるのでしょう。男性と通じる心理もあれば、女性特有の心理もあります。大体の女性は、男性よりも髪が長いという特徴もあります。その分気を使う面もあるでしょう。 女性が髪を触る心理いついて、具体的な例をみていきましょう。

心理1:落ち着こうとしている

男性の心理の紹介で、何度かお話しましたが、女性も落ち着こうとするために髪を触ることがあります。喜怒哀楽が高まりすぎると、髪を触ることで興奮を落ち着けるのです。女性は男性とは逆に主張しにくいものです。感情的になるのも頷けます。 よくも悪くも感情的になったときに、自然と髪を触ってしまうのは、指先が安心しようとするからです。緊張や興奮を、髪を触る行為で回避しています。指先が動くと脳も落ち着きを取り戻しやすくなります。科学的な面でみても、髪を触るという行為は落ち着きを得られるのです。

心理2:甘えたいと感じている

落ち着きを得ようとすると同時に、甘えたい心理からも髪を触ることがあります。髪を触ることで、はっきりとは口にできない心理をアピールしているのです。上目遣いなど、視線でも訴えるものがあれば髪を触る行為は甘えたい心理があるのでしょう。 女性は自己主張が控えめで、苦手なこともあります。いう前に察して欲しいという思っているので、素直に甘えたいということも苦手です。その分髪を触ることでメッセージを伝えようとしています。

心理3:その場を離れたいと思っている

退屈で合ったり、その場での居心地が悪いと感じるときにも髪を触ることがあります。心ここにあらずの状態で髪をいじっています。自分の気持ちを落ち着かせようとする意味もあり、相手にも退屈していることを伝えようとしています。 どんな仕草をすれば相手に自分の心理を伝えられるかを、よく知っています。無意識的に触る場合もありますが、意識して触っていることもあるのです。髪を触りすぎることで、相手の気持ちが引いていくのを待っています。

心理4:アピールしようとしている

甘えや退屈も含め、自分の心理全般をアピールすることは、女性の得意とするところです。自分の魅力を伝えるときにも、髪を触っています。表情をよく見せようとするので、髪を掻き上げたり払ったりしています。 気になる異性の前では特に、そうでしょう。髪を触ると相手の目線は必然的に顔に集中します。見られていると思うと、女性は表情にも仕草にも気を付けます。自分に注目してほしいと思えば、まずは髪を触ることが多いようです。

心理5:好意に気付いてほしいと思っている

相手に好意をもっていることに気付いて欲しい心理を、髪を触って気付いてもらおうとします。女性が好意を伝える手段はいくつかありますが、自分の髪に自信がある人であれば、やたらと髪を触って主張します。 男性は女性の綺麗な髪に女性らしさを感じます。艶やかでさらさらな髪を見ていると、それだけでドキドキしてしまうのです。その心理を逆手にとって、自分の好意にも気づいてもらおうとします。

心理6:可愛くみせようとしている

自分を可愛く見せるために、髪を触る女性もいます。男性の格好よくみせようとする心理と似通い、少なからずナルシズムな心理も働いています。自分に似合う髪型にセットして、一番可愛くみえるようにするのです。 女性のおしゃれ意識は全身に気を使いますよね。服やメイク以外よりも髪は持ち前の女性らしさです。だからこそ、女性は髪を綺麗に保つことを心がけます。そして可愛くみせるために、自慢の髪を触ってアピールするのです。

心理7:不安を感じている

不安を感じる心理は、髪を触ることで落ち着けることができます。男性もそうですが、不安なときには何かに触っていないと落ち着かないでしょう。それが自分の一部であれば、落ち着きやすいといえます。髪を縛り直したり、梳かしたり、そわそわと髪を触るでしょう。 不安んが増していくと、髪を掻き乱してストレスを晴らそうとします。じっとしていられないので、髪をぐしゃぐしゃにして感情を一時的に発散させます。この癖がひどくなると、髪を抜いたりしてしまうこともあるので、気を付ける必要があります。

心理8:落ち込んでいる

落ち込んでいるときに、髪を触っていることはありませんか?気持ちが晴れないので、何かをする気にもなれず、一番身近な髪を触って気を紛らわせています。そのときは、無意識に触っていることがほとんどですが、その仕草で実際に気が紛れるのです。 落ち込んだ時に外に出てリフレッシュしようという気持ちにならないと、髪を触る癖はなくならないでしょう。これもまた、ひどくなると不安を感じる時と同様に、髪を引っ張ったりしてしまうので、気を付けたほうがいいですね。

自分の髪の触り方でわかる心理7個

髪を触るといっても、いろんな触り方があります。髪全体を触ったり、部分的に触ったり、優しく触ったり乱暴に触ったりと、心理状況で触り方も変わってくるのです。何気なく髪を触っているだけにしても、自分の心理に気付くことができるので、一度触り方による心理を考えてみましょう。 どんな時にどんな風に髪を触っているのか、そこに隠れた心理をご紹介します。

優しく撫でる時の心理:安心したい

髪に限らず頭全体を撫でる行為には、安心感を得る効果があります。子供のころに親から頭を撫でてもらい安心を感じたように、大人になってからも髪を撫でることで安心できまう。緊張していたり、不安を感じているときに髪を撫でるのは落ち着くためでしょう。 ですが、落ち着きたいから髪を撫でようと意識すると、逆に緊張や不安を強調してしまい落ち着くことも難しくなります。髪を撫でることで落ち着くのは、無意識のほうが効果はあるのです。

雑に掻き乱す:イライラしている

ぐしゃぐしゃと髪を掻き乱すのは、イライラしていたり、気持ちが不安定なときが多いようです。そのイライラがひどくなると、髪を乱すだけではなく、頭皮まで掻きむしってしまうこともあります。何かに集中しているときなどは、無意識に髪を掻き乱しているのです。 考えこんで頭がパンクして、髪を掻き乱すことで衝動を抑えています。一息いれたり、リフレッシュすることができればいいのですが、それができないと髪を触って落ち着こうとします。イライラを感じ始めたら、すぐに身体を動かしたりして気分転換をしましょう。

毛先で遊ぶ時の心理:退屈している

毛先をくるくる回して遊んだり、枝毛を見つけたり、髪の毛先で遊ぶ人は退屈を感じています。気持ちが乗り気ではない状態なので、会話にも相手にも集中することができません。話を聞いてるのかどうか怪しく、髪の毛ばかりいじっていると相手は気を悪くするでしょう。 こういった仕草は、本人は無意識にやっていることでも、相手が察しやすいものでもあります。そのうちに話の内容よりも、髪の毛のほうが気になってしまいます。相手が不機嫌いなりはじめたら、自分の髪を触る癖が出ていないか気を付けてみましょう。

髪を掻き上げる時の心理:アピールしたい

髪を掻き上げる仕草は、自分をよく見せたかったり、アピールしたい心理を表しています。女性が髪をかきあげると色っぽさを感じる人もいますよね。かったるそうなその仕草にドキドキしてしまう男性は多いのです。 自分に注目して欲しいと感じると、髪を掻き上げたり後ろに払ったりして、動きを強調します。自分に自信がある人は、その仕草だけでも充分魅力を伝えることができるでしょう。そこまで自信がなくても、興味を持ってもらおうと髪に触ってアピールします。

髪を整える時の心理:印象をよくしたい

髪を整えるように触るときには、自分をよく見せようとしている心理が働いています。もともとは、髪をセットしなおす目的で、そのまま癖になってしまったことも考えられます。髪が乱れていないか、など人前に出る前には自然と髪を触る人は、人の目を気にしているのでしょう。 人からの印象をよくするためには、確かに乱れた髪よりも整った髪の方がいいですね。気にし過ぎてしょっちゅう触っているのは少し考え物ですが、礼儀として髪を気にしているのは社会人として必要な部分かもしれません。

顔の周りの髪を触る時の心理:コンプレックスを感じている

前髪や顔の周りの髪を、上から下に撫でつけたり、指を通して梳く場合はコンプレックスを感じているのでしょう。どんなコンプレックスでも、とにかく顔を隠そうとするのが人間です。特に、顔や髪にコンプレックスを抱いている人は、髪を触りながら俯いたりといった特徴も見られるでしょう。 髪を隠してコンプレックスを隠そうとしても、髪を触る時点で余計に注視されてしまいます。隠そうとしているのに逆効果ですよね。強いコンプレックスを感じている場合には、隠そうとするよりも、開き直ってオープンにしたほうがいいでしょう。

強く引っ張る時の心理:ストレスを抱えている

髪の毛を強く引っ張ったり、ひどければ抜いてしまうという場合は、強いストレスを感じているのでしょう。ストレスとは苛立ちに鍵非ず、不安や興奮、悲しみなども含まれます。その中には自己嫌悪のように、自分に対する不満を抱えている場合もあります。 自分に不満を抱えている場合は、自分を攻撃しているととれます。自分に対する負の感情でなくても、髪を強く触ることですっきりするという人は、そのまま「抜毛症」などの精神疾患を起こすこともあります。自分の髪を触り、攻撃していないか考えなおしてみましょう。

女性の髪を触る男性の心理とは?

男性が女性の髪を触るときには、なにも考えていないのでしょうか。「触りたい」という意思があってのことですから、必ず何かしらの心理を抱いています。男性に髪を触られるとドキッとすることもあると思います。逆にいやだなと感じることもあるかもしれませんね。 男性のどんな心理が、「髪を触りたい」と思わせるのかみてみましょう。

心理1:可愛いと思っている

男性が女性の髪を優しく撫でるときには、女性らしさを感じたり、人間性そのものを可愛いと感じています。女性に対する可愛いという感情は、女性らしさを認めていることにもなり、例え彼女でなくてもそういった心理から髪を撫でることがあるでしょう。 恋人関係でない場合、女性の方は戸惑ってしまうかもしれません。ですが、優しい眼差しと優しい手で髪を撫でられると、悪い気がしないもの事実ではないでしょうか。触りすぎると警戒の元なので、男性は気を付けましょう。

心理2:愛しいと思っている

恋人関係において、男性が女性を愛しいと再認識したときにも、髪を撫でたくなるものです。付き合っている恋人で、長い交際期間を経ている恋人でも、男性が不意に女性を愛しく感じる出来事があれば、髪を撫でてくれるでしょう。 最近恋人らしさを忘れてしまった、というほど長い付き合いがある恋人も、付き合いたての恋人も、男性の仕草に気を付けておきましょう。髪に触れる行為が見られたら、いつでも反応できるようにしておいた方がいいですね。

心理3:独占したいと思っている

優しく撫でるというよりは、髪を撫でながらくしゃくしゃにしたり、なんとなく掴まれている気がするということはありませんか?その場合、男性はその女性のことを独占したいと思っています。髪を乱したり軽くつかむことで、自分のものだと感じているのです。 独占欲は、相手を逃がしたくないと思っています。そういった心理が働いて、優しさよりも少し荒々しさを感じる触り方になってしまいます。恋人や近くにいる男性に、そういった仕草が見られたときには、互いの関係や環境を確認してみましょう。

心理4:親身になりたいと思っている

恋人に関わらず、友達や家族にも、親身になりたいと考える男性は髪を撫でることがあるでしょう。撫でるというよりも、軽くポンポンと叩いたりいたずらに髪をくしゃくしゃにしたりします。 これはペットなどにも見られる触れ方で、男性の方は深い意味を持っていない事があるので、注意が必要です。自分が困ったときなど、話を聞いてくれて髪を撫でられたとします。これだけで「自分に惚れている?」と思ってしまいがちです。勘違いをしてからでは遅いので、あまり深読みしないようにしましょう。

心理5:心から綺麗な髪だと思っている

女性の美を表す髪ですが、男性が髪を心から綺麗だと感じると、触りたくなる傾向があります。ツヤツヤでサラサラで、となるとその感触を楽しみたくて髪に手を伸ばします。見惚れている髪が、触れるとどんな感触なんだろうという触りたくなるのです。 好奇心から触れたいと思っているので、綺麗だからといって髪に触り、それを全ての女性が受け入れるとは限りません。男性も好意をもった女性だから触りたくなります。むやみやたらに綺麗な髪に触りたがる癖は、控えたほういいでしょう。

【番外】髪を触る癖の直し方5個

髪を触ることで落ち着きを取り戻したり、自分をアピールしようとしている心理があることがわかりました。しかし、髪を触る行為そのものが、衛生的によくないと思う人もいます。髪を触る行為が行き過ぎて、傷めつけてしまうこともあります。 髪を触る癖を直したいと思っても、無意識の癖になってしまっていてはどうすればいいのかわからないでしょう。自分の努力も必要ですが、周りの力を借りることもできます。髪を触る癖の直し方を、ご紹介します。

方法1:根本的なストレスを解消

髪を触る癖を直したいときには、ストレスが原因のことがほとんどではないでしょうか。ストレス=髪を触るという現状が、更なるストレスを生むので、なんとか改善したいと思うでしょう。だとしたら、根本的なストレスを解消することで髪を触る癖も改善できます。 運動をしたり、思い切り買い物をしたり、友達とおしゃべりしたり、心がすかっと晴れることをしましょう。ストレスは心に負荷として重く感じます。気持ちが軽くなりすっきりすれば、髪を触る行為も段々に減るでしょう。

方法2:人に指摘してもらう

髪を触る癖を直したいと思えば、人に指摘してもらうことで気をつけることもできます。人と接する機会増やして、髪を触っているようであれば注意してもらうようにお願いしましょう。人から見れば、目立つ癖なので見逃すこともありません。 髪を触る癖は、不衛生で汚いという見方をする人もいます。髪を触る本人が思っている以上に、「直してほしい」と思っている人もいるので、頼まれれば指摘しやすくなるでしょう。

方法3:髪型を変える

髪型を変えることも、髪を触る癖を直す方法としては効果的です。女性の場合は特に、髪型が乱れることを気にしますよね。お団子や編み込みなど、乱れの気になる髪型にすることで、今度は意識して髪を触らなくなります。 まとめるだけの長さがない女性や、元々短い男性の場合はワックスなどでセットしましょう。縛ったりしなくても髪がまとまった状態なので崩れることが気になってしまいます。長さのある女性は、ワックスでまとめるだけだと毛先を触ってしまうので、やはりまとめることをオススメします。

方法4:強い意志を持つ

「髪を触らないようにしよう」という強い意志も必要です。本人が気をつけなければ、どんなに努力をしても無意識の癖として、髪を触ってしまうでしょう。意志を強く持つことで、手元と髪に意識が向き癖も減っていきます。 意志を持続できそうにないと思ったら、啓発本などの力に頼ってもいいかもしれません。髪を触ることでの影響や、意志を強く持つ必要性のある本などを読むことで、揺らぎやすい自分の意志を固めることができます。

方法5:専門医に相談する

髪を触る癖が、髪を抜いたり自傷的な方向に向かうようなら、専門医に相談することも一つの手段でしょう。元々のストレスに加え、髪を触る行為が新たなストレスとして加わると、自分の力ではどうにもできなくなります。 髪を触る癖を直すアドバイスをもらったり、心に感じているストレスを軽減させる治療を受ける必要がある場合もあります。専門医に相談すれば、適格な改善法がわかるので、どうしても困ったら相談してみましょう。

自分が髪を触るときの心理を知っておこう

髪を触るという何気ない仕草にも、様々な心理が隠れていることがわかりました。その心理には、男女での違いもあるので、自分や気になる人の心理を見分けることに役立つのではないでしょうか。 髪の毛は自分の一部でもあり、自分をアピールするパーツでもあります。その分心理を表現するのによく使われることも多いのです。不安やさみしさがあるなら解消しておきたいし、気になる人のサインなら見逃したくないですよね。 自分が髪をさわる、または気になる人が髪をさわるといったことがあれば、一度その行為に隠れた心理を、じっくり考えてみましょう。気付かなかった心理を発見したり、気になる人との距離も縮まるかもしれません!

短期間であんなに音痴だった私が...?

歌がうまかったらなんて人生楽しいのだろう...そう何度も思ってきました。 昔の私は音痴で人とカラオケに行くことすら怖かったんです。 そんな私が、なんと「無料の講義内容を実践」するだけで、びっくりするくらい歌が上手くなったんです!! その秘密はこちら↓

関連記事

ライター

No Image

96neko

多感な時期にメンタルケアに触れる機会もあり、自分の中で日常的に心理学や偉人の言葉を考える事が当たり前...

人気記事

新着記事