2019年07月04日公開

2019年07月04日更新

第六感が鋭い人の特徴や鍛え方!第六感があるかの診断テストも!

あなたは第六感を持っていると思いますか?そもそも第六感とは何なのでしょうか?第六感は人間が持つ五感以外の感覚をいいます。この記事では第六感が鋭い人の特徴や、第六感の鍛え方、そして第六感があなたにも備わっているかなどをご紹介します!

第六感とは?

あなたはたまに「勘がさえてる」時はありませんか?または「瞬間的に起こることが見えて、それが思い通りの展開になった」時はありませんか?そんなときは第六感が優れているのかもしれません。 第六感は人の五感である「視覚」、「聴覚」、「嗅覚」、「味覚」、「触覚」以外の理屈で説明しづらい感覚のことを指します。生物の感知能力などと考えられています。 状況に応じて勘がさえたり、一瞬で場の空気を感じ取るようなイメージです。この第六感が鋭い人は、まるでエスパーのように感知することが出来ます。

第六感の英語表現

英語では第六感をそのまま「six sense」、または「sixth sense」と呼ばれます。 第六感はそのまま呼ばれますが他の言葉で言い換えた場合、勘は「hunch」、直感は「intuition」、生まれもっての本能は「instinct」、悪い予感は「premonition」などと訳することが出来ます。

第六感が鋭い人の特徴

では、第六感が鋭い人はどのような特徴があるのでしょうか。第六感が優れているというと、スピリチュアルな感覚と認識されていますが、実生活でも第六感は滲み出しています。 ここでは5つの特徴を挙げています。身近な人がいるかどうか感じ取ってください。

特徴1:危険察知などの近い未来を予知する

第六感は主に自分の身の危険を回避するための感覚です。そのため自分や家族の危険がある前に、所謂「虫のしらせ」を感じ取ります。そこで行動して危険を回避できることが大きな特徴です。 また「嫌な予感」もこの第六感から来ていると考えられます。事前に予測を立てておくことで、心身の安定を図るようにしています。 先の危険を予測できるため、他の人には気付かなかった部分に気付くことができます。そのため細かい点にも着眼することができ、結果として人間関係にもいい影響を与えてくれます。

特徴2:男性よりも女性に多い

第六感は男性よりも比較的女性に多いと言われています。よく「女の勘は鋭い」と言われたり、「浮気をすぐ見抜く」とも言われています。 これは脳が関係していると考えられています。女性は脳梁と呼ばれる感情と言葉の橋渡しをしている脳のつくりが男性より多く、言葉がすぐに感情と結びつき勘が冴えるようにできています。 古来からの占い師や呪術師、巫女などは女性が多いです。言葉から感情を理解することが男性よりも優れているためです。女性のこのような勘も、第六感として扱われています。

特徴3:霊感が高い

第六感が鋭い人は霊感も高いです。スピリチュアルな感覚になりますが、幽霊や霊的なものについて察知や感知ができます。 男性と女性でホラースポットに行った時に、男性は何ともないのに女性は怖がってしまうという場面を見たことはありませんか?これは男性は力で何とかなるという考えがあるためと考えられますが女性はそうではありません。 女性はほとんどの方が非力であるため、目に見えない恐怖や脅威に対しては素早く察知して逃げるようにしなければなりません。そのため霊感が高くなり、危険を察知できるようになるのです。

特徴4:幸運だと感じている

第六感が鋭い人は運やツキを逃さないため、幸運だと感じている人が多いです。 危険予知ができるため不幸な状況になりにくく、また第六感が働いて宝くじを買ってみると高額当選したりなど、幸運になりやすい土台が出来ています。 また不幸になりにくいということは、失敗が少なくなり自信が持ちやすくなります。自信があれば第六感で危険予知しつつも大胆な行動をとり、結果成功していく好循環となっていきます。

特徴5:感受性・共感力が高い

第六感が鋭い人は感受性や共感力が高いです。感受性とは周囲の人が何を思っているのかを察知する能力で、共感力は相手の感情に共感できる能力です。 第六感は危険予知の能力の他に、こういった気配りの能力の側面もあります。感受性や共感力が高いことで、周囲に対する適切な気配りが出来ます。その結果周囲に慕われ、愛される人と評価されます。 感受性や共感力が高ければ、周囲に慕われ愛される人となれます。第六感に限らず、こういった感受性と共感力を磨いていきたいものです。

第六感診断!あなたには第六感がある?

あなたは第六感が鋭い人でしょうか。第六感があるかどうかのチェックをしてみましょう。以下の10個の項目にはい/いいえで答えてください。はいの数が多い程第六感があり、第六感が鋭いかもしれません。 1.幽霊を見たり感じたりしたことがある はい/いいえ 2.他人を見たときに色のオーラのような雰囲気が見える はい/いいえ 3.夢を見たとき、予知夢やデジャヴを良く感じる はい/いいえ 4.人の嘘や隠し事をすぐ見抜ける はい/いいえ 5.匂いに反応しやすい はい/いいえ 6.初めて触る機械を感覚ですぐ使えるようになる はい/いいえ 7.人に伝えるとき身振り手振りで伝える はい/いいえ 8.未来に起きることを少しでも予知できる はい/いいえ 9.背後に何かいると感じている はい/いいえ 10.神経が過敏で寝つきが悪い はい/いいえ

第六感の鍛え方

チェックしてみた結果、「今からじゃどうしようもない…」と思った方はいませんか。もしそう思ったとしても、第六感を鍛える方法はあります。 第六感は危険予知や察知の能力なので、心身を研ぎ澄ますようにすれば培われていきます。鍛え方を5つ紹介しますので、参考にしてみてください。

鍛え方1:五感の使い方を追求する

第六感を使えるようにするためには、まずは五感を高めなくてはなりません。五感を高めるためには、その使い方を追求する必要があります。五感の使い方を今一度見直してみましょう。 五感を鍛える際は特に味覚と嗅覚を鍛えるのがおススメです。この感覚は本能により近いので、本能の延長線上にある第六感に結びつきやすいです。 普段の食事をながら作業でしていませんか?それでは味覚と嗅覚を鍛えることはできません。どのような味やにおいかを感覚で理屈抜きに体感してみると、第六感が養われていきます。

鍛え方2:身近に起きた疑問をそのままにしない

第六感が働くときは、周囲の状況が違ったり、何かしら疑問を抱いたときです。その疑問を「ただの疑問」として忘れないようにする必要があります。 特徴の項でも述べましたが、第六感は危険を察知したときによくでます。周囲の疑問に敏感になることで、第六感が働くようになります。 そのため疑問に思ったことは調べたり他人に聞いてみたり、自分の中で回答したりしてみましょう。自分の知識も広がりますし、分からないことに対する探究心も養われます。

鍛え方3:第六感のある人をよく観察する

もし身近に第六感が鋭い人がいたら、その人が何に注意や着目しているかを観察してみてください。何を思い、どのように行動しているかを可能な限り自分も真似をしてみましょう。 第六感が鋭い人は着眼点がまず違います。その着眼点を理解し、学んでいくことで第六感が少しずつ鋭くなっていくと考えられます。ポイントは、「なぜ」「どうして」という点を深く掘り下げることです。 もしその人に不審に思われたら、「君の考え方がとても興味深い」など、ほめるようにして観察を続けましょう。

鍛え方4:瞑想をしてみる

第六感に限らず、精神を研ぎ澄ますのにはやはり瞑想です。五感を安定させ、自分に向き合えるためいいことだらけです。 瞑想をする時はできるだけ周りが騒がしい状況を避け、ゆっくり出来る所で行いましょう。精神統一をして、しっかりと自分に向き合い心身を研ぎ澄ましましょう。 瞑想は第六感を鋭くするのには最適ですが、それだけすればいいのではなく様々な経験も関係してくるのでそこを忘れないようにしてください。

鍛え方5:過剰な情報を自分に入れないようにする

瞑想とも少し被りますが、第六感を磨く場合は余計な情報は入れないようにしましょう。余計な情報というのは、自分にあまり役に立たない情報をいいます。 現代は情報過多社会です。スマホやパソコンで情報を入れることが簡単に出来ます。しかし、第六感を磨く場合はあまりにも情報が多いと、情報に気を取られてしまい何事にも集中できなくなってしまいます。 まずは不要なメルマガやLINEの広告などを出来るだけ受け取らないようにしましょう。そして自分に必要な情報を取捨選択し、必要な情報をよく理解しておくことが重要です。

人間の第六感を東大が発見?その結果!

2019年3月20日、東大などの共同研究チームが人間の第六感は実在するという発表をしました。その内容としては、正確には本来人間は感じえなかった「磁力」の力を感じ取ることが出来たという内容です。 研究対象は18歳から68歳、日本人とアメリカ人の男女34名です。研究方法は、地球の磁気と同じ程度の磁気を頭にかけたという方法です。この実験は地球の磁気を遮断した空間で行い、地球の磁気を本来感じられない条件にしたものです。 その結果、無意識に対象の脳波に変化が見られたことから、大まかながらも磁気に反応するという結果となりました。これにより、第六感として「磁気に反応する感覚」が発見されました。

この実験をするまでは、磁気に反応するのは渡り鳥などの動物だけだと思われていました。そもそも渡り鳥は、地球を大きなコンパスに例えた上でその磁力にひかれて海を渡っていました。 渡り鳥以外には、ミツバチやサケなどの帰巣本能がある動物などがこの磁気によって動いていることが分かっています。人間にも動物と同じようにミネラルやたんぱく質があることで、磁気を感じられる可能性はありました。 しかし人間はいままでそのような磁石にひかれる感覚をもっているとはみなされておらず、五感が限界だと思われてきました。この実験結果でそれが覆り、人間は第六感として「磁気に反応する感覚」をもっているという解釈になりました。

今回の研究では、「磁力」を感じ取る感覚として第六感があるという結果となりました。まだまだ人間には可能性があるということが分かり、さらなる研究が期待できます。 一方で、磁気を感じ取るのは普段から行っているという見方もできます。もしかしたら他人の気持ちが察せられるようになるのも、その人の磁気が変化することによって起こるのかもしれません。 今現在の第六感の意味としてはまた違う結果でしたが、今後このスピリチュアルな感覚が解明されることが期待できます。

第六感よりも高次元の感覚

人間には誰しも備わっている第六感。実は第六感以上の第七感、第八感があることを知っていますか? ここでは第六感よりも高次元の感覚である、第七感と第八感をご紹介します。

第七感:ひらめき

第七感は「ひらめき」です。第六感と似ているところはありますが、第六感との違いはリラックス時に起こる感覚です。 感覚としては、天から考えが下りてくるといった感覚でしょうか。第六感が女性の方が優れているのに対して、第七感は男性の方が優れていることが多いです。発明を起こした人に男性が多いのも第七感が影響しているかもしれません。 第七感は空間認知力が関係しているとも言われています。また第六感よりも高次元のため人間にのみ備わっているとも考えられています。ぜひこの第七感を手に入れたいものですね。

第八感:神覚

第七感よりもさらに高次元である第八感は、一般的な言葉に直すと「神覚」です。この感覚はまさに超人的な感覚となります。 定義としては、「真理や神髄を極め、全てを受け入れる器を持っている感覚」と言われています。普通の感覚ではなく、神様のような悟りの極致と言えます。全てを悟り受け入れられる常人ならざる人でなければこの感覚は持っているとは言えません。 この感覚は、年齢と共に手に入れられる可能性があります。人生経験を積んだことにより世の中の真理に気づき、受け入れられる度量を持つことができるからと考えられます。この「神覚」をいつか手にしたいものです。

第六感を磨きましょう!

第六感は誰しも備わっている直感の感覚です。第六感を磨くことで、日々の生活にも大きな良い影響を与えてくれます。 通常の生活ではなかなか得られにくい感覚ではありますが、普段から意識して第六感を鍛えていくことで、自然と第六感を感じられるようになってきます。まずは日々の生活から見直してみるといいかもしれません。 第六感を磨き、日々の生活を豊かなものにしていきましょう!

MindHackYoutubeチャンネル開設!

この度弊メディアMindHackは大好評につき、Youtubeチャンネルを開設いたしました! 仕事、恋愛、その他日常使える心理学やモチベーションアップ方法など、様々な場面でためになる情報を発信していきますので、チャンネル登録よろしくお願いいたします! Youtubeチャンネルはこちら

関連記事

ライター

clanist

clanist

大学生で心理学を専攻しておりました。その他、様々な自己啓発や心理学に関わる本を読んでおります。こうし...

電話占いヴェルニ

人気記事

Feelフィール

新着記事