2019年07月05日公開

2019年07月05日更新

第三の目が開眼するときの前兆は?開眼方法や開眼するとできること!

第三の目が開眼する時にはおでこや眉間の上がむずむずするなどの前兆があると言われています。第三の目が開眼する時の前兆、第三の目が開眼することで得られるもの、第三の目が開眼している人の特徴や、開眼する方法についてご紹介していきます。

第三の目とは?

人にはみな第三の目があることをご存知でしょうか?第三の目というと、漫画「3×3Eyes」では三只眼吽迦羅(さんじやんうんから)が第三の目を持つ少女の話を思い出す人もいるかもしれませんね。 普段、物や人を見る目は第一の目、第二の目は聴覚や触覚など、目の代わりになる知覚器官をいいます。 そして第三の目は脳の松果体のチャクラによるもの、と言われています。第一の目、第二の目は実感できる目ですが第三の目は実感できるものではありません。 そこで、第三の目が開眼するとどういうことができるようになるのか、どんな方法で第三の目が開眼できるのか、第三の目を持つ人の特徴や、開眼方法など詳しくみていきましょう。

第三の目は「第六チャクラ」

チャクラはエネルギー(気)の出入り口で、人には7つのチャクラの出入り口があります。第三の目は6番目で、脳内にある松果体によって司られているチャクラで眉間の上あたりに位置します。 7つのチャクラには役割がそれぞれありますが、第三の目の第六チャクラは、目や神経系統、脳や感覚器官においてとても関係が深く、開眼するとこれらの働きによってセルフコントロールや直感力が研ぎ澄まされるようになると言われています。 第三の目である6番目のチャクラから入るエネルギーはスピリチュアルな面が大きく第六感と呼ばれる能力もこのチャクラです。

第三の目の英語表現

第三の目はを英語でいうと、そのままズバリ「Third Eye」となります。海外でも第三の目の存在を信じる人々は多いです。 サードアイと言えば、シックスセンスと近い意味合いかもしれません。 ちなみに、第六チャクラは「アージュニャー・チャクラ」と呼ばれています。

第三の目が開眼している人の特徴は?

実際に、第三の目は目に見えるものではありません。普通に見ても第三の目が開眼しているかどうか、能力者ではない限りわかりません。 しかし、第三の目が開眼している人にはある程度の特徴があるのです。第三の目が開眼している人にはどんな特徴があるのかみていきましょう。

特徴1:強い目力

第三の目が開眼している人の最大の特徴が目力の強さです。周囲の人が見てもわかるほどの目力は、目が大きい、小さいということではなく、目そのものに意思を感じられる力をいいます。 その人の目を見ていると、知らぬ間に吸い込まれるような引力を感じ、この目力は、この人には嘘をつけないと思わせてしまうほどです。 第三の目が開眼すると、真偽を見抜く力がつきますが、これは目力の強さがあるからこそです。

特徴2:仏眼線、神秘十字線などの手相が現れる

第三の目が開眼している人に表れやすい特徴の2つ目が手相です。 スピリチュアルな手相という相があり、第三の目が開眼している人には仏眼線と神秘十字線という手相がある人が多いのです。 仏眼線は親指の第一関節部分に仏の目のような形をした相で、とてもレアな手相と言われています。また、神秘十字線は手のひらの中央のくぼみあたりに十字が現れる相で、波乱万丈かつ神秘的な人生を示唆する手相と言われています。 自分の第三の目が開眼しているかどうか、わからない方は手相を見て確認してみてもよいですね。

特徴3:静電気が起きやすい

第三の目が開眼している人はスピリチュアルな力や目に見えないエネルギーや力を持っているため、電気を引き寄せやすい傾向があります。 常に、静電気を体内に溜めこんでいる状態のため、冬や乾燥している季節でもないのに、静電気が起こりやすい人は、第三の目が開眼しかかっているのかもしれません。

第三の目ができること

スピリチュアルな力を持っている人が持つとされる第三の目。その第三の目が開眼すると、どんなことができるようになるのでしょうか。 詳しくみていきましょう。

真実を見抜く

1970年代以降、使命を持ちこの地球に生まれてきた魂のグループ「インディゴチルドレン」をご存知ですか? インディゴカラーなオーラを持つ、インディゴチルドレンは第三の目サードアイを生まれ持っています。そのため、彼らの前に偽善は通用しません。真実を見極める目を持っているため、親や先生、上司などが自分に愛情を持ち、その上で怒っているのか、周囲の目を気にして怒っているならば、それは彼らにはすべてお見通しとなってしまいます。

直観力が冴えわたる

第三の目は、脳にある松果体という部位にあるとされ、松果体は体の成長、代謝ホルモンに影響を与える部位です。 つまり、第三の目が開眼すると、代謝ホルモンの安定もはかれるようになるため、なんとなく疲れが取れない、眠れないということが少なくなります。 また、松果体は直感と知恵を司る部位でもあり、第三の目が開眼すると、頭の回転が速くなったり、自分では今まで思いつかなかったような言葉が出てきたリなどの変化を感じるようになります。

イマジネーションが沸き上がる

生きていると、様々な事柄や壁にぶつかるものですが、同じようなことが何度も続くと「なぜ、こんなことが繰り返し起こるのだろうか」と思うことがあるのではないでしょうか。 そんな時に、第三の目が開眼していると、内なる自分であるハイヤーセルフから、肉体的な自分自身を見つめ直すことができるようになります。

自分自身を見つめ直せることが簡単にできるようになるため、トラブルや障害に対しても、これはこういう成長や変化を自分が自分に求めているのだろうというイマジネーションが働くようになります。 何度も繰り返し起こる出来事こそ、あなたが乗り越えるべき使命であり、そのためにビジョンを与えているのです。第三の目が開眼すれば、乗り越えるべき使命であることも理解でき乗り越える力も乗り越えるためにはどうすべきかも理解できるようになります。

セルフコントロールできるようになる

第三の目が開眼すると、今まで知らなかった自分を知るようになり、さらに理解できるようになります。自分のことは自分が一番わからない、という人は意外と多いものです。 第三の目のチャクラである第六チャクラは、第三の目が開眼することで自分自身を理解できるようになります。自分自身を理解する、ということは、統合することができる、整理することができる、ということ。 つまり、自分自身との調和がとれるようになるということです。例えば、何かトラブルが起こると自暴自棄に陥ったり、むやみやたらと悲観したりという経験は誰もがあることでしょう。第三の目が開眼すれば、このようなことも冷静に見つけることができ、己との調和がとれるようになるのです。

夢に関する理解力が上がる

第三の目は脳の松果体部分のため、睡眠中の夢をも支配するチャクラでもあります。 夢は、一説では、眠る前に見たものを脳が整理するため、青い空を見た、赤いポストを見た結果、夢では青いポストが現れたということがある、と言われています。つじつまが合わない理由を考えると、そういう説にたどり着くようですが、それだけではありません。 つじつまが合わなく見たことがないものも出てきたリ、理解できないものや不思議な場面なども夢には出てきます。しかし、夢の中には重要なヒントや情報が非常に多く盛り込まれているため、その意図をできるだけ理解していきましょう。

第三の目にはデメリットもある

スピリチュアルな力を持つことができるようになる第三の目。第三の目が開眼することはあなた自身にとってはプラスな要素が多いのですが、開きすぎてもまた閉じていても、よくないものです。 第三の目を開眼する前にデメリットについてもしっかりと知識をつけておきましょう。

白黒で物事を判断しがち

第三の目が開眼すると、物事の真偽が直感的に理解できるようになります。 ところが、開きすぎてしまうと、この物事の真偽に対して、はっきりと判断を求めるようになってしまいます。結果、白黒で物事を判断しがちとなってしまい、周囲の人から煙たがられるような存在になってしまうこともあります。 一概では、これが悪いとは言い切れませんが、正義がすべて正しいというわけではありません。何事に対しても白黒で判断し、独断で判断することが増えれば、周囲から孤立してしまいます。

開いている人が閉じるとセルフコントロールが難しくなる

第三の目は開いたら開きっぱなしというわけではなく、閉じることもできます。 しかし、普段、第三の目をコントロールしながら開いているにも関わらず、閉じてしまうと、セルフコントロールがうまくいかなくなり、問題が発生しやすくなります。 松果体を司るチャクラなので、閉じればホルモンバランスが乱れたり、体内時計が狂い睡眠障害になってしまったり、将来に対して明るい未来が見えない、願望をかなえるイメージがわかない、などネガティブなほうに引っ張られていく傾向が強くなります。 第三の目を閉じるということは、肉体的だけではなくメンタル的にも閉じ込められてしまうため、自分自身をコントロールできず、身動きがとれない状態になります。 成功するビジョンが描けず失敗する前に、何に対してもやる気さえ失ってしまいます。

おでこむずむずは前兆?第三の目が開眼するときの変化

第三の目が開眼する時には、肉体的、精神的なものの変化があります。 おでこがむずむずするときは前兆と言われていますが、どのような変化が第三の目が開眼するときに起こる変化なのかみていきましょう。

おでこがむずむずするようになった

おでこのあたりの第三の目とされる脳の松果体がむずむずしている、なんだかゾワゾワして落ち着かない。それは第三の目の開眼の前兆かもしれません。 人には7つのチャクラがあり、おでこのあたりは第六チャクラである第三の目がある部分です。第三の目が開眼すると、おでこ周辺エネルギーが出入りすることになるため、開きかけていると、第三の目付近にむずむず、ゾワゾワとした違和感を感じることが増えるのです。 今まで気にならなかったのに、第三の目を開眼する方法をしていたら、おでこがむずむず、ゾワゾワしてきたという場合には、第三の目の開眼は間近なのかもしれません。

五感に変化が現れる

第三の目が開眼する前兆として、何事に対しても敏感かつ直観力が冴えるようになることが増えます。第三の目に関わる脳の松果体が訓練によって活性化されると、常に脳がフル回転し神経も研ぎ澄まされた状態になります。そのため、第三の目が開眼する前兆の1つとして物事に対して非常に敏感になる、と言われています。 例えば、天気予報は晴れだけどなんとなく気になるから傘を持っていったら雨が降ってきた、直感に従ってみたら良いことがあった、発見できたなどという場合にも第三の目が開眼する前兆ともいえるでしょう。 ただし、あまりにもストレスを溜めこんでしまったり、疲労状態が続くと、直観力は低下する、と言われているため、第三の目が開眼する直前であるときこそ、しっかりと休み、セルフコントロールすることが大切です。

予知夢を見やすくなる

夢は眠っている時の体の状態が原因から見る夢もありますが、それ以外に感情や経験が元になっている夢である心的夢というものがあります。それ以外には警告を知らせる夢や予知的な要素の強い夢もあります。第三の目が開眼する前兆に、このような夢を多く見るようになります。 危険を知らせてくれる警告夢は他の夢とは違い、良くないことが起こるということがはっきりとわかるものです。歯が抜ける夢を連続してみたり、地震の夢を見るなど、何らかの警告を夢でハイヤーセルフが知らせている場合があり、第三の目が開眼することで、これらの警告をはっきりと受け取ることができるようになるのです。 このような警告を知らせてくれる夢は明け方や目が覚める直前に見ることが多く、気になる方は夢日記をつけておくとよいでしょう。

気持ちが浮き沈みしやすくなる

普段は穏やかで気持ちの浮き沈むがあまりないという人でも気持ちが浮き沈みが最近激しいと思ったら、第三の目が開眼する前兆かもしれません。 ただし、その浮き沈みは自分の感情ではなく、他人の喜怒哀楽を共有してしまうことによるものです。第三の目が開眼する直前には、敏感になっているため、感受性も高くなり、人の気をもらいやすい状態になっています。 友人や同僚の話を聞いて、自分のことのように受け止め哀しんだり、怒ったりと頻繁に続けば、非常に疲れてしまいますが、これも第三の目が開眼する前兆となることが多いようです。 同じように人込みに行くと疲れる、具合が悪くなるといった場合も人の気を吸収してしまうことから起こるもので、第三の目が開眼する前兆とはいえ、セルフコントロールできるようしっかりとした自分を持っていなければなりません。

霊感が強い人と一緒にいることが増える

スピリチュアルな話を人にすると引かれると思っていたのに、ある友人に出会った途端に、今まで話してこなかったスピリチュアルな話を湯水が湧き出るように話しあっという間に第三の目が開眼した、ということもあるのです。 知らない間に、その友人があなたのハイヤーセルフに働きかけ、第三の目の開眼を促している、ということもあります。 不思議と、霊感の強い人や能力がある人とは、繋がるべくときに繋がるようにできています。あなたの第三の目が開眼する時にはあなたのそばに能力者がいる場合もあるのです。

他人と争うことが少なくなった

第三の目が開眼する前兆として人との争いごとが少なくなる傾向があります。争いごとや諍いは誰も好きこのんで行いませんが、時にはそういったことも必要になる場合もあります。 しかし、第三の目が開眼すると直感力によって、あえて争わなくても、物事にどう対処すべきかも理解できている可能性も高くなります。第三の目が開眼している人は、必要以上に他人と争うことは少ないかもしれません。

第三の目を開眼させる方法は?

第三の目は選ばれた人のみが開眼できるわけではなく、日々の生活の心構えや過ごし方で誰でも第三の目を開眼できるのです。 第三の目を開眼させる方法についてみていきましょう。

方法1:アフォーメーションで自己肯定感を高める

第三の目を開眼させるためには訓練次第と聞くと、長い時間かかるのではないか、修行が必要なのではないかと思いがちですが、そうではありません。 見えないものが見える、感じる、聞こえるということは、特別な能力を持つ人だけのものではありません。小さいころから、霊が見える、感じるという人も多く存在します。 実際、第三の目を開眼するには20歳を超えてからでも遅くはなく、むしろほとんどの人が20歳を超えてから開眼しているのです。 私の能力は無限大である、とアファメーションすることで先入観を取り除き、活性化することが第三の目を開眼させるために1番最初に行うべきこととなります。

方法2:開眼効果のある音楽を聴く

第三の目を開眼させる音楽はソルフェジオ周波数を使ったものです。科学的根拠は不明なものの、ヒーリング効果があることから注目されるようになり、現在では簡単にyoutubeなどで聴くことができます。 ソルフェジオ周波数は174Hzから963Hzまで9つの種類があり、852Hzは第三の目を開眼させる能力に何等かの効果があるとされていることから、注目を集めています。

方法3:瞑想をする

瞑想しているうちに眠ってしまう、という人も多いかもしれません。しかし、これは目をつむり何もしないでいれば眠くなってしまうのは当たり前のことなのです。 瞑想は自分を無になれるような状態にするために目をつむり、自分自身の心と対話していくことです。正しい方法で瞑想を行うことで、脳が活性化され第三の目を開眼させやすくなるでしょう。 周囲の雑音に惑わされないよう静かな場所を選び、第三の目がある脳の松果体に意識を集中させ、深呼吸をして落ち着いて行うことがポイントです。何回か続けていくうちに、無の境地になることができます。

方法4:太陽を見つめる

太陽を見つめることをサンゲージングと言いますが、太陽を浴びることは睡眠を促し、成長ホルモンを促進し、うつを軽減させるなど色々な効果があることが知られています。 これは、松果体のホルモン分泌が活性化させることによって得られる効果ですが、第三の目を開眼させるためにも非常に重要なポイントになります。 太陽を見つめすぎると目を傷めてしまうため、日中よりも日の出から15分以内または日没までの15分など、光が弱い時間帯に見るようにしましょう。見る時間も徐々に長くしていき松果体を活性化させていきましょう。

方法5:パワーストーンを身につける

第三の目を開眼するために、パワーストーンを身につけるならば、インディゴチルドレンたちと同じ色である藍色や青い色のパワーストーンを身につけるとよいでしょう。 ラピスラズリ、ブルーメノウ、サファイアなど第三の目のチャクラに大きな影響を与えます。これらの天然石は宇宙と繋がることができ、直感力、霊能力などを高めることができます。

方法6:体に良い食生活をする

第三の目の開眼だけではなく、心身共に健康を維持するためにも身体に良い食事を心掛けることが大切です。脂っこいものや食品添加物は避け、野菜や魚を中心とした食生活を意識しましょう。 体に良い食事は松果体の活性化につながり、第三の目の開眼のためにも大切なことなのです。

第三の目の開眼の前兆を見逃さないようにしましょう

第三の目が開眼する時の前兆や開眼している人の特徴、開眼する方法についてまとめました。 第三の目が開眼すると、メンタル面でも肉体面においても大きな変化があり、自分の成長にも役立つことで日々の生活にも大きな変化をもたらすことになるはずです。第三の目が開眼すれば、プラスになることが多く今までとは違う自分を発見することもできるはずです。 自分自身を見つめ直したい、良くないことが続いている時こそ、第三の目の開眼を試みてはいかがでしょうか。

MindHackYoutubeチャンネル開設!

この度弊メディアMindHackは大好評につき、Youtubeチャンネルを開設いたしました! 仕事、恋愛、その他日常使える心理学やモチベーションアップ方法など、様々な場面でためになる情報を発信していきますので、チャンネル登録よろしくお願いいたします! Youtubeチャンネルはこちら

関連記事

ライター

るじゅ

るじゅ

幼いころからスピリチュアルに興味があり、スピリチュアルを現在勉強中。さらに、仕事と心理の関係にも興味...

電話占いヴェルニ

人気記事

Feelフィール

新着記事