2019年07月08日公開

2019年07月08日更新

マンデラ効果の実例15選!最新の実例やマンデラ効果の由来を紹介!

マンデラ効果をご存知ですか?マンデラ効果とは、実在しないはずの現象の記憶を、多くの人が共有している現象を指します。現在もマンデラ効果についての議論は盛んに行われています。この記事では、マンデラ効果の定義について解説し、原因や実例についてもご紹介します。

マンデラ効果とは?

マンデラ効果とは「マンデラ・エフェクト」とも呼ばれる現象で、本来起きていないはずの出来事の記憶を不特定多数の人が持っている状態を指します。 一説では、パラレルワールドで起きた現象、もしくは過ごした記憶が現世の記憶に影響を及ぼしたとも言われます。

マンデラ効果が起こる原因は?

マンデラ効果が起こる原因はわかっていません。しかし、個人にだけ起こる事象ではなく何人もの人が同じ記憶を持つのですから、「記憶違い」と呼ぶには範囲が広すぎますよね。 また、「マンデラ効果」は「デジャヴ」とも似てるもと言われますが、デジャヴは明確な記憶を持たない状態なので、「マンデラ効果」とは全くの別物です。「マンデラ効果」はパラレルワールドの存在が裏付けされている証拠だともいえるのです。

マンデラ効果の由来

「マンデラ効果」の名前の由来は、ネルソン・マンデラ氏です。マンデラ氏は南アフリカので黒人差別撤廃のために動いた指導者であり、1964年に終身刑を言い渡されましたが1990年に釈放されています。 しかし、その記憶とは別の出来事が、一部の人々の記憶に刻み込まれていたのです。2013年にある作家が「マンデラ氏は1980年代に獄中死した記憶がある」と暴露したところ、なんと世界中にその記憶を持つ人が続出したのです。 この現象を、超常現象研究家で作家のフィオナ・ブルームが「マンデラ効果」と名付けたのが始まりなのです。

マンデラ効果の具体的な実例

「マンデラ効果」の事例は意外と多く存在しています。ここからはマンデラ効果の具体例をいくつかご紹介していこうと思います。

実例1:オーストラリアについてのマンデラ効果

幼い頃に見た地図の記憶と、現在の地図のオーストラリアの位置が若干違うという現象です。今地図を確認してみて下さい。違和感を覚えた方は居ませんか?それはマンデラ効果による現象かもしれません。 前まではもう少し真ん中にあったはずのオーストラリアが、今は真ん中より左に移動していると主張する人は今でも多くいます。

実例2:ピカチュウにまつわるマンデラ効果

ピカチュウの尻尾の色についても、「最初の色とは違う」という証言が存在します。最初はピカチュウの尻尾は「先の部分が黒かった」と記憶している人がいるようです。 ピカチュウの尻尾は、最初から今までずっと、黄色い尻尾に根元だけ茶色という配色です。一度も変わっていません。これもマンデラ効果による影響だといえるでしょう。

実例3:「セックス・イン・ザ・シティ」じゃない?

「セックス・イン・ザ・シティ」と聞いて、「ああ!あのドラマ(もしくは映画)ね!」とすぐに思い出した人も居るかもしれませんが、実はそんなタイトルのドラマも映画も存在していません。 正しくは「セックス・アンド・ザ・シティ」です。言葉のリズム的に記憶違いを起こしたと言えなくもないですが、何人もの人が同じように記憶しているのですから、マンデラ効果だと認めざるを得ないでしょう。

実例4:ミッキーマウスのマンデラ効果

白黒時代のミッキーマウスはサスペンダーつけてたよね!という記憶がある人も多いのではないでしょうか?たしかにサスペンダーをつけていたような気もしますが、実はミッキーマウスがサスペンダーを付けていたことは一度もありません。 ミッキーのサスペンダーの記憶も、多くの人が持っている記憶のひとつです。

実例5:おさるのジョージのマンデラ効果

これは固定観念が記憶を操作しているだけかもしれませんが、おさるのジョージに尻尾があった、という記憶です。実はジョージには最初から今まで尻尾があったことはないんですよ。 サルには尻尾があると思い込みがちですし、ジョージに尻尾が生えても不自然ではありません。この「ジョージに尻尾があっても自然だ」という発想自体もマンデラ効果に由来しているかもしれませんね。

実例6:キットカットのロゴもマンデラ効果?

キットカットって英語で書いてみて!と言われて、【Kit-Kat】と真ん中にハイフンを入れてしまった人はいませんか?実はそのハイフン、要りません。最初から【kitkat】です。 「いつから無くなったの?」と驚いた方も居るかもしれませんが、最初からハイフンなんてないのです。見間違いによる記憶違いだとも言えますが、ハイフンに違和感を持たないということはマンデラ効果の影響を受けている可能性があるとも言えるのです。

実例7:東京都「太田区」の記憶もマンデラ効果?

東京都の「ある区」ついてもある疑惑が浮上しています。今でこそ「東京都大田区」で定着していますし、変換でもすぐ大田区と出てきますが、一時期は「太田区だった」と主張する方が多いのです。 たしかに太田区だったはずなのに、いつの間にか東京都はしれっと大田区に変えている!という主張もよく見ますから、不思議です。

実例8:『巨人の星』の星飛馬のマンデラ効果

『巨人の星』の星飛雄馬といえば、日々激しいトレーニングを積み重ねていますよね。そのトレーニングの一環に、タイヤを引いてる場面があったような記憶はありませんか? 実はアニメの中で飛雄馬がタイヤを引いていたことは一度もないのです。ただ、なぜか飛馬がタイヤを引いているフィギュアは売られているようです。 また、『巨人の星』オープニングの「思い込んだら」を「重いコンダラ」だと解釈している人がいまだに多いことや、飛雄馬がコンダラを引いている場面を見たことがあるという人に関しても、同様にマンデラ効果の影響を受けていると言えます。

実例9:ファンタに関するマンデラ効果

様々な味を出し今も人気を誇る「ファンタ」ですが、1970年代に「ファンタのゴールデン・アップル味」があったという記憶を持っている人が存在しています。たしかにあってもおかしくない響きのフレーバーですよね。 ですが、実際には「ファンタのゴールデン・アップル味」が発売されたことはありません。不思議ですね。

実例10:「48都道府県」もマンデラ効果?

学校では現在でも「47都道府県」と習っているはずですが、中には「48都道府県存在した」という記憶を持つ人も一定数居ます。これもマンデラ効果のひとつだと言って良いでしょう。 ちなみに、そのもう一つの県とは「岡崎県」で、県庁所在地は「岡崎市」なのだそうです。パラレル・ワールドでは「岡崎県」が存在しているのかもしれませんね。

実例11:ダース・ベイダーのマンデラ効果

映画「スター・ウォーズ」のエピソード5においても、マンデラ効果と思しき現象は見られます。ルークとダース・ベイダー対面のシーンで何と言っていたか覚えていますか? 「Luke,Iam your father.」と言っていたような…と記憶している方、もしかするとマンデラ効果の影響を受けているかもしれません。本当の台詞は、「No,Iam your father.」であり、「ルーク」とは一言も呼んでいないのです。 でも「ルーク」と名指しで呼ばれた方が、台詞としてはしっくりくる気がしますよね。

実例12:C-3POのボディのマンデラ効果

こちらも「スター・ウォーズ」のお話になりますが、C-3POの身体の色についてもマンデラ効果がみられます。C-3POはどのような色でしたか?もちろん金色ですよね! ですが、本当は足の一部分は銀色なのです。これは足までよく見ていないと気付けないので、マンデラ効果と呼ぶには物足りない例かもしれません。

実例13:心霊動画の記憶違いもマンデラ効果?

心霊動画にもマンデラ効果が表れていると言われています。心霊系を読むだけでも苦手だという方はこの項目は読み飛ばして下さいね。 2019年現在もYouTubeにアップされている「顔ニュー」と呼ばれる心霊動画が存在しますが、この動画を見たことがある方にお聞きします。顔はどの方向から出てきますか? 実際の動画では「右」から顔は出てくるのですが、なぜか「左」から顔が出てくると記憶している人が存在するのです。どれだけ調べても、左から顔が出てくる心霊動画はありません。モノがモノだけに、少しゾッとしますね。

実例14:『天空の城ラピュタ』のマンデラ効果

『天空の城ラピュタ』にも、二通りのエンディングがあるという証言があります。通常のエンディングでは、滅びの呪文を唱えたあとにラピュタの木が宇宙を漂うものになっているのですが、地上波で放送された際には別のエンディングが流れたと言います。 そのエンディングとは、シータの故郷にパズーが出向くというものです。二人が握手するシーンや、飛行石を暖炉に隠す場面もあったと言われています。そのようなエンディングは描かれたことがないとのことですから、不思議な記憶ですね。

実例15:『ドラえもん』のマンデラ効果

『ドラえもん』のアニメにも、謎の記憶を持つ人々が存在しています。これは都市伝説にもなっているのですが、アニメ「ドラえもん」に、「タレント」という回がたしかに存在したと言われているのです。 内容は全くタレントに関係ないですが、「支離滅裂で不気味な回だった」という証言が多数寄せられています。本当に放映されていたのか、真偽のほどは不明です。

知らないうちにマンデラ効果は起きている?

ここまでマンデラ効果についてお話してきましたが、みなさんの中にもマンデラ効果と呼べそうな記憶は存在しているのではないでしょうか? 私たちは知らぬ間にパラレルワールドに紛れ込み、マンデラ効果の影響を受けているのかもしれませんね。

MindHackYoutubeチャンネル開設!

この度弊メディアMindHackは大好評につき、Youtubeチャンネルを開設いたしました! 仕事、恋愛、その他日常使える心理学やモチベーションアップ方法など、様々な場面でためになる情報を発信していきますので、チャンネル登録よろしくお願いいたします! Youtubeチャンネルはこちら

関連記事

ライター

torisky

torisky

みなさんの心に寄り添い、読みやすくわかりやすい記事の執筆を目指しています。...

電話占いヴェルニ

人気記事

Feelフィール

新着記事