2019年07月01日公開

2019年07月01日更新

あなたもライトワーカーかも?その特徴・性格とライトワーカーの使命

あなたはライトワーカーという言葉をきいたことがありますか?ライトワーカーは精神性が高く、他人を癒す能力があるといわれています。今回はライトワーカーの特徴や性格から、ライトワーカーとしての能力を覚醒する方法、使命について紹介します。ライトワーカー診断もあります。

ひょっとしてあなたもライトワーカー?

あなたは「ライトワーカー」という言葉を聞いたことがありますか?またはもしかすると「自分はライトワーカーだ」と考えていますか? ライトワーカーとは「魂の精神年齢が高く」「精神性があり、人を癒すことができる人」といわれています。ライトワーカーは「スターシード」や「インディゴ・チルドレン」という言い方をされることもあります。 今回はライトワーカーの特徴や性格から考え、ライトワーカーの使命はどのようなことかについて考えていきましょう。

ライトワーカーとは

「ライトワーカー」とは地球に住む人たちにスピリチュアル的な気付きをあたえたり、心が傷ついている人たちを癒すことを使命に生まれてきた人たちのことをいいます。そのためライトワーカーは「スピリチュアルと人間の架け橋」になるとよくいわれています。 ライトワーカーの最大の使命は人々を癒したり、助けたりすることによって、地球の波動を上げ、人類をより霊的な進化を促す役割を持っています。しかし、そうした使命をもって地球に生まれたものの、ライトワーカーの役割があることを自覚している人はごくわずかです。 ライトワーカーの人、すべてに霊感など特別な能力はありません。また、ライトワーカーであるすべての人がチャネラーやヒーラーなどスピリチュアルに関連する職業に就いているわけではなく、医療、福祉関係など人を癒す仕事についているケースが多いといわれています。

ライトワーカーの特徴・性格

ライトワーカーとして地球に生まれてきた人たちにはどのような特徴や性格があるのでしょうか。ライトワーカーという使命を持って生まれたゆえに地球での社会生活に違和感を持ったり、なぜか大勢の人たちと過ごすことに不快感を感じる人もいます。 ライトワーカーとして生まれてきた人たちの特徴や性格について、考えてみましょう。

社会から孤独感を抱く

ライトワーカーの人は自分が周りから疎外されているような「孤独感」を抱く人が多いといわれています。このライトワーカーの人が持つ孤独感は、早い人だと物心ついたときからあり、社会生活の中で他人には説明できないモヤモヤとした孤独感を感じます。 一般の人は「社会から遮断されているとき」や「人と関わりたいものの、人と関わる機会がない」など人間関係で孤独感を感じます。しかし、ライトワーカーの人の孤独感は「自分の居場所はここではない」というその人が所属している社会に対して違和感を感じます。 ライトワーカーの人が抱える孤独は社会への違和感や社会から抑圧されることにより「自分は認められていない」ことや「自分の個を大切にしてくれない」と感じたときに孤独感を感じます。このような孤独は社会に対しての絶望的な気持ちも入っていることになります。

自分の使命はなにかわからないけど、一刻も早く人を助けることをしたいと思っている

ライトワーカーの人は幼いときから「自分の使命」がなにかわからないけど、一刻も早く人の助けることをしたいと思っています。「自分の使命」にまだ気づけていないライトワーカーの人は「人を助けたい」という気持ちに駆られます。 自分がどのようにして、他人と関わるのが「人を助ける」ことになるのかわからず、絶望的な気持ちになります。そのようなとき、自分の人生なのにまるで他人の人生を生きているような感覚になります。 しかし、そのような気持ちを抱えて生きてきたライトワーカーの人は自分の能力を見つけて、人を助けることができるようになると、ライトワーカーとして覚醒し、大活躍します。

精神的なものに価値観をおいているため、直観力がある

ライトワーカーの人は精神的なものに価値観をおいています。そのため、自分の直観力を信じて行動する傾向にあるといわれています。ライトワーカーの人はお金や名誉、物質に関心が薄いです。 ライトワーカーの人は自分のお金や名誉のための行動はあまりせず、自分の心が揺れ動くことに直観を研ぎ澄まして、直観に従い行動します。自分が感動、感激することや他人への無償の愛を送ることなど精神的なことを軸に物事を考えます。 ライトワーカーの人が物質に執着しないのは、富や名声は一時のまやかしでしかないことを知っているからです。そのため、ライトワーカーは富や名声を上げることに虚しさや疑問を持っています。周りに物質に執着している人がいるとライトワーカーの人は疲れてしまいます。

社会、学校になじめることができず、他人から「変わっている人」とよく評価される

ライトワーカーの使命を持っている人は、社会や学校など、世の中になぜか馴染むことができず、他人から「変わっている人」と思われる人が多いみたいです。ライトワーカーの人は社会のルールや常識をなぜか受け入れることができず、違和感を多く感じています。 ライトワーカーが社会のルールや常識に違和感がある理由は、ライトワーカーは地球の意識を次元上昇させるため、社会変革を促す役割を持っているからです。一般の人たちは社会のルールや常識を受け入れます。常識がなければ社会は成り立たないと考えているからです。 しかし、ライトワーカーの人は社会のルールや常識が作られた背景を考え、社会の常識は誰が利用しやすいのかを考え、社会常識の本質に気づいたとき、社会のルールや常識に従わない選択をします。

感受性豊かで、臆病な性格である

ライトワーカーの使命を持っている人は、感受性が豊かで臆病な性格の持ち主が多いといわれています。ライトワーカーの人はふとしたときにセンチメンタルな気持ちに襲われたり、風景や芸術作品、映画などで感情が揺さぶられやすいといわれています。 また、ライトワーカーの人は今まで手痛い人生経験をしてきているので、とても社会に対して臆病です。慎重になりすぎるくらい物事の決定をゆっくり行ったり、自分の感性で少しでも危険であると判断した場合はできるだけ、それを行わないようにします。 ライトワーカーが感性豊かで臆病なのは「人を救う、癒す」という使命があるからです。ライトワーカーが持つ、感性があるからこそ、人の気持ちを深く理解することができます。臆病な性格なので、他者より視野を広く持つことができ、危険を察知することができます。

なぜかスピリチュアルなど目に見えない世界が魅力的に感じる

ライトワーカーの使命を持って生まれてきた人たちは、なぜかスピリチュアルなど目に見えない世界が魅力的に感じています。これも小さいときから無意識に目に見えない世界が好きでファンタジーの物語に興味を持ったりします。 なぜ、ライトワーカーの人が目に見えない世界が魅力的に感じるかというと、それはライトワーカーの使命があることを気づかせるためにスピリチュアルな情報が自然に手に入りやすいように運命づけられているからです。 ライトワーカーの人は大人になると、書店で精神世界の本に興味を持ったり、オカルトや都市伝説などにも自然に興味を持つようになります。これは自分が何者なのかわからず、言葉にできない漠然とした悩みを抱えているからです。

ライトワーカー診断!実はあなたはライトワーカー?

あなたはライトワーカーの特徴や性格で当てはまる面はありましたか?ここで、さらにライトワーカーの理解を深めるためにあなたがライトワーカーかどうかわかる質問10問を用意しました。「はい」の数が多ければ、あなたはライトワーカーの可能性が高いです。 1.ひとりでいることに苦痛を感じない。はい/いいえ 2.他人の表情、仕草から他人の体調や感情を読み取ることができる。はい/いいえ 3.直観が当たることがよくある。はい/いいえ 4.大勢の人がいるところは苦手。はい/いいえ 5.自分は他人とは何かが違うと子供のときから思っていた。はい/いいえ 6.自分の生きる意味を常に探している感覚がある。はい/いいえ 7.自分は聞き役で、よく他人から深い内容の相談をされやすい。はい/いいえ 8.ルールや決まり事について、なぜ自由ではないのだろうとと感じていた。はい/いいえ 9.多数決では少数側になることが多い。はい/いいえ 10.他人を癒す力を持っていると信じている。はい/いいえ

ライトワーカーが覚醒するとき

あなたはライトワーカーとしての可能性がありましたか?もし、ライトワーカーとしての可能性があるなら、もしかすると、あなたはまだライトワーカーとしての能力が覚醒していないかもしれません。 ライトワーカーの能力がある人がライトワーカーとして、覚醒するときはどのようなときなのか考えてみましょう。

ツインソウルと出会ったとき

ライトワーカーがツインソウルと出会ったとき、ライトワーカーとしての使命を思い出し、ライトワーカーとして覚醒します。人は生まれてくるときに、魂の片割れの存在と別れて、人として生まれます。その時に別れたもう一つの魂のことを「ツインソウル」と言います。 ライトワーカーのツインソウルもライトワーカーとしての使命を持っていたり、ライトワーカーである相手を支えるための使命を持って生まれています。そのため、ツインソウルの相手は必ず異性や恋愛パートナーではなく、同姓や友人、恩師など様々な関係性が考えられます。 例えば、ライトワーカーの人がツインソウルの相手と出会うことで、自分の能力を発揮することができる環境が整ったり、自分の能力をツインソウルの相手から見出してもらうことになります。

自分の能力に自信を持つ

ライトワーカーの人が自分の能力に自信を持つとライトワーカーとして覚醒することがあるといわれています。ライトワーカーの人は幼いときから、人生の中で苦難が多い人生を送ってきています。 そのため、自己肯定感がものすごく低く「どうせ、自分は何もすることができない」と絶望し、自分に自信を持つことが難しくなっています。ライトワーカーの人が自信を取り戻すきっかけは人によって様々です。 例えば、自分の能力を生かし、他人を救える経験や、自分自身の人生を振り返って「自分自身で結果を作り上げている」ことに気が付くことなどを経験したときに、自分の自信を取り戻すことができ、ライトワーカーとして生きる決心がつく人が多いようです。

自分の能力を生かすことができたとき

ライトワーカーとして自分の能力を生かすことが出来たとき、ライトワーカーとして覚醒します。ライトワーカーの人たちは自分が持っている特技や特性を生かすことで、自分の能力により、多くの人を救えたという経験がライトワーカーとして生きていく自信になります。 例えば、自分の言葉や自分の感性が他人に感動をあたやえすいことに気が付き、芸術家として発信活動をしたり、自分の言葉で人々の不安をやわらげ、勇気づけることができることに気が付き、看護師やカウンセラー、セラピストなどの仕事に就く例があります。

自分を許すことができたとき

ライトワーカーの人の多くは今の人生で逆境や苦難が多く自分を責め、自己肯定感がとても低い人が多いです。ライトワーカーの人は苦難が多い人生の中でどんなことも「自分がすべて悪い」と思っているため、自分のことを許すことができません。 普段生活している中でライトワーカーの人は自己犠牲する場面が多く、自分の本当の感情を押し殺して生きています。そういった自分の感情を押し殺している自分自身を「許す」ことでライトワーカーとして覚醒することがあります。 自己肯定感が低い人が自分を「許す」ということは並大抵のことではありません。人生を大きく変えるような出来事があり、自分を「許す」ということに気づき、その中で自分がライトワーカーとしての使命を思い出すことになるでしょう。

ライトワーカーの使命とは?

ライトワーカーの使命とは「人に気づきをあたえること」と「人を癒すこと」「人の次元上昇を促すこと」の3つであるといえます。なぜ、今この時代にライトワーカーとして3つの使命を持って、地球に生まれてきたのかというと、現在のこの時期は時代の転換点だからです。 長らく続いた物質中心の考え方が終わりを迎え、これからは「精神を大切にする考え方」に人の意識が移行するからです。「精神を大切にする考え方」とは人間の意識を今よりも高次元に持っていく必要があります。

これからは自分の心を大切にする時代になります。今までの時代の人は「世のため」「人のため」と自分の本心を押し殺し、我慢や自己犠牲をして生きてきました。しかし、時代の流れが精神性に進んでいる今、人が苦しい思いを抱えながら生きるのには限界を迎えつつあります。 時代の変化に気が付いていない人は「今までは無理できたのに、なぜできないのだろう」と漠然とした悩みや苦悩を抱えています。ライトワーカーはそうした人たちの心を癒し、新しい時代に向かうために気づきをあたえるのが使命であるともいえます。

1つ目のライトワーカーの使命である「人に気づきをあたえること」というのは、ライトワーカーとして他人に精神性の大切さを気づかせるということです。ライトワーカーの人は他人からよく相談をされます。 その際、悩んでいる人の悩みの原因は物質の価値観に依存しすぎているから、悩みが発生することを伝えましょう。悩みを抱えている人がお金に執着していたり、人のことをまるで物のように扱っていたりしていたら、一度立ち止まって考え直すように伝えましょう。 伝え方は「私はこう思うけど、あなたはどのように考えてますか」というように、問題を解決のヒントの見つけるのは相手であるかのように伝え、相手に気づいてもらうアプローチをしましょう。これは心理カウンセリングの手法である「I(アイ)メッセージ」という方法です。

2つ目のライトワーカーの使命である「人を癒すこと」は物質中心の考えと精神を大切にする考えのズレから来る「人の不安」を癒すということです。 ライトワーカー1人1人が悩みや不安を抱えている人たちを癒すことによって、人間の集合意識そのものの悩みや不安を解消することができます。人間の集合意識(ワンネス)に不安があるからこそ、自然災害が発生したり、悲惨な事故、事件などが発生するといわれています。 ライトワーカーの人たちが1人でも多くの人の悩み、不安を取り払ってあげることで地球そのものの調和を作ることもできます。ライトワーカーが人々の気持ちを癒し、穏やかにすることで自然に自然災害や悲惨な事故、事件などは減っていくでしょう。

3つ目の使命である「人の次元上昇を促すこと」とは人の意識を物質世界から意識世界に引き上げることをいいます。次元上昇は「アセンション」ともいわれています。次元上昇は物質中心の「3次元」から精神性中心の「5次元」へ次元を上昇させるという意味です。 つまり、次元上昇は「精神を大切にする考え方」と同じ意味です。多くの人に次元上昇を促すことはライトワーカーの「もっとも重要な使命」です。 ライトワーカーの人が今の社会のルールや常識に違和感があるのは、社会のルールや常識を物質的な考え方から、精神的な考え方にアップデートさせる役割があるからです。ライトワーカーが、新時代の精神性がある社会のルールや常識を作っていくことになるでしょう。

ライトワーカーは次の時代の架け橋になる

ライトワーカーの人たちは、自分がライトワーカーであるという使命に気が付けていないとき、自分が何もできていないのではないかと、自分の今の現状にモヤモヤしている人が多いと思います。 また、ライトワーカーとしての素質を持つ、多くの人が精神性が豊かなので現代の物質中心で物事を考える社会になじむことができず、苦労している人も多いと思います。 しかし、自分がライトワーカーとしての使命に気が付き、自分の能力を使って多くの人を癒したり、励ましたりすることができると情熱的にライトワーカーとしての使命を全うすることになるはずです。あなたの能力で精神性が高い新しい社会を作り上げていきましょう。

MindHackYoutubeチャンネル開設!

この度弊メディアMindHackは大好評につき、Youtubeチャンネルを開設いたしました! 仕事、恋愛、その他日常使える心理学やモチベーションアップ方法など、様々な場面でためになる情報を発信していきますので、チャンネル登録よろしくお願いいたします! Youtubeチャンネルはこちら

関連記事

ライター

佐藤ゆうき

佐藤ゆうき

カウンセラーとして、生活困窮者向けの就労カウンセラーの経験があります。 その経験の中で、自己肯定感...

電話占いヴェルニ

人気記事

Feelフィール

新着記事