2019年06月26日公開

2019年06月26日更新

「仏滅」とはどんな日?正しい意味や結婚式・引越し・納車などの吉凶を解説!

みなさんは「仏滅」がどんな日だか知っていますか?縁起の悪い日という印象が強い「仏滅」。今回は「仏滅」の正しい意味や、結婚式や法事などやってもいいこと、いけないことを解説していきます。「仏滅」がどんな日か分かれば少し違った過ごし方ができるかもしれません。

カレンダーに書いてある「仏滅」は気にするべき?

みなさんは「仏滅」を気にして行動していますか?カレンダーにも書いてある「仏滅」、なんとなく縁起のよくない日として認識している方も多いのではないでしょうか。いざ「仏滅ってどんな日?」と聞かれると、きちんと内容まで答えられないのも事実です。 今回はそんな「仏滅」についてまとめてみました。「仏滅」の正しい意味と、「仏滅」の日にやってはいけないこと、やってもいいことを解説していきます。結婚式や法事など冠婚葬祭以外にも、「仏滅」を意識しが方がいいこともあるようです。 縁起を担ぎたい方も、あまり気にしてなかった方も、なにか行動を起こすときや冠婚葬祭を行う際の参考にしてみてください。

仏滅の意味とは?

仏滅は中国で誕生した六曜のひとつで、六曜の中でもっとも縁起の良くない日とされています。仏滅の意味は「すべてにおいて凶日」「勝負なしの日」。つまりイメージ通り「最凶日」を指します。特に婚礼などの祝事を避ける日ともいわれています。

「仏」という字が入っていることから仏教を連想させますが、六曜の仏滅は仏教とは無関係です。仏教の仏滅は釈迦の入滅、つまりお釈迦様の死を意味するもの。一方で六曜の仏滅は本来は「物滅」と表記されていたのが、近年になって「仏」の字を用いるようになったもの。 室町時代に中国から伝来した当初も「空亡」もしくは「虚亡」といわれていました。「すべてが虚しい日」から「物滅」と呼ばれるようになったのです。今使われている仏滅は「仏も滅びる大凶日」として後から当てはめられたものなので、仏の死とは関係がないのです。

「新しいことを始める日」という解釈も

仏滅は「新しいことを始める日」とも捉えられていますが、これは本来表記されていた「物滅」から読み解くことができます。「物滅」、つまり「あらゆる物が滅びる」ことから「今までのことがリセットされて、新しく始めるのには良い日」と解釈されるようになったのです。 いいイメージのない仏滅ですが、そう考えるとまた違った捉え方もできますね。

仏滅の午後からは大安になる!?

そんな大凶日である仏滅ですが、「仏滅の日の午後からは大安になる」とも考えられているようですが本当なのでしょうか?これは六曜を順番に並べていくと、仏滅の次の日は「大安」になるがその理由です。 「仏滅の午後からは次の日の大安に向けて運気が上がっていくだろう」と解釈されています。確かに「一日中なにをやってもよくない日」と捉えるよりは、「今が一番運気が下がっているのだから、これからは上がるだけだ」と思っていた方が気分も明るくなりますね。

入籍や結婚式は?仏滅の日にやってはいけないこと

では実際に仏滅の日にやってはいけないとされている事柄をみていきましょう。仏滅の意味を調べたときにも、結婚式などの「祝事は避けなければいけない」とありました。結婚式の他にもやってはいけないことがあるのかも一緒に確認していきましょう。

やってはいけないこと1:入籍・結婚式

入籍や結婚式などの婚礼に関わる行事は、仏滅の日にはしないほうがいいイメージがある方も多いでしょう。入籍や結婚式は仏滅の日にやってはいけないことの代表であるともいえます。 メインの入籍や結婚式だけでなく、両家顔合わせや結納といった関連する行事についても仏滅の日は避けた方がいいでしょう。ただもし仏滅を気にしないのであれば、仏滅に結婚式を挙げるメリットもあります。 多くの人が避ける仏滅には仏滅割引が設定されていることも近年では増え、最大でなんと半額近くお得になるケースもあるようです。予約も取りやすい利点もありますが、結婚は当人だけでなく家と家との大事な行事でもあるので話し合って決めた方がよさそうです。

入籍も仏滅は縁起がよくないとして一般的に避ける傾向がありますが、どうしてもその日にちに入籍したい場合は気にしないで行うことが多いようです。入籍日がたまたま仏滅だったとしても毎年仏滅になるわけではないので、結婚式より気にする必要はないといえるでしょう。 入籍や結婚式を仏滅にすると離婚率が高くなるという説もあるようですが、これも全く関係ありません。正確なデータがあるわけでもないので安心していいでしょう。また婚礼に直接的に関わること以外でも注意が必要です。 例えば結婚式の招待状や内祝いを送る日なども仏滅を避けるのがマナーとなっています。結婚式に関わらずお祝い事全般は仏滅以外にしましょう。普段仏滅を意識していない方でも相手方が気にしている場合も多いので、このときだけは仏滅を避けた方が安全です。

やってはいけないこと2:引越し

仏滅に引越しをするのも良くないとされています。仏滅は「すべてにおいて凶日」なので、なにもしない方が得策と考えられているためでしょう。仏滅に引越しをすると新生活がうまくいかないと解釈されています。 引越しに関連するご近所へのご挨拶も仏滅を避けた方がいいようです。こちらも婚礼と同じで仏滅の日は引越し費用が安くなり、予約も取りやすいメリットがあります。 仏滅の「新しいことを始める日」という解釈で考えれば、仏滅の日に引越しをするのも悪くはないともいえそうです。引越しよりも新築に関する引き渡しや地鎮祭の方が、仏滅にはやってはいけないともいわれています。

やってはいけないこと3:納車

仏滅の日には納車をするのも避けた方がいいようです。これも事故を起こさないように縁起を担ぐためといわれていて、実際にカーディーラーでも仏滅は意識されているようです。また車だけでなく、財布や靴を新調するのも仏滅の日にはしない方がいいといわれています。

やってはいけないこと4:お見舞い

仏滅の日にはお見舞いを避けるのもマナーです。お見舞いの品として利用されることの多いお花ですが、ここにもマナーとして避けるべきポイントがいくつかあります。 根の張る鉢植えの植物は「床に寝付く」ことを連想させ、菊は葬儀のイメージが強いことからお見舞いには向いていないとされるのが常識です。また「死」や「苦」を思い起こす「シクラメン」や、「4」と「9」の数字は不吉とされ避けなければなりません。 仏滅自体もその日に病気にかかると治りづらく、病気が長引くとされている日でもあります。いずれにせよ、自分だけでなく相手がいるような場合には仏滅を気にして行動するに越したことはなさそうですね。

やってはいけないこと5:開業や新規契約

新しいことを始める日という解釈もされる仏滅なので、開業や新規契約も問題ないように感じますが実際どうなのでしょう?どうやら開業や新規契約も仏滅を避けるのが一般的なようです。 特に商売にとっては縁起を担ぐのはとても大切なこと、建設業界や自動車業界では現在でも吉凶を重んじる傾向があります。仏滅に根拠がないとはいっても、縁起を担げるならした方がいいという考えが根付いているのです。

仏滅の日にやってもいいこと

今度は仏滅の日にやってもいいことをみていきましょう。凶日だからといってなにもしてはいけない、というわけでもなさそうです。

やってもいいこと1:お葬式・法事

仏滅にやってもいいのはお葬式や法事などの弔事です。仏滅の考え方としては、お葬式やお通夜、法事などの弔事は仏滅に適しているとされているので縁起が悪いともならず、全く問題ないのです。 お葬式を避けるのは「友引」で、火葬場も休館になります。これも仏教とは無関係ですが、常識的に縁起が良くないと考えられています。 また弔辞に関連するお悔み状や喪中はがきを送る場合にも仏滅は適しているようです。

やってもいいこと2:厄払いなど神社へのお参り

意外にも厄払いなど神社にお参りするのは仏滅でもやってもいいことになります。神事と六曜は関係ないので、仏滅を気にする心配はないのです。お祓いや厄払いなどは安心して行ってください。 注意が必要なのは七五三や安産祈願など、縁起を担いだ方が良さそうな事柄についてのお参りは仏滅を避けるようにすることです。 こちらも仏滅の日は空いているので予約は取りやすいようなのですが、子どもの成長を願う大切な行事ですのでせっかくなら縁起の良い日に執り行いたいものですね。

仏滅だからすべてがダメなわけではない

習慣になっているだけでなく、マナーとしても定着しているケースも多い「仏滅」。最近は仏滅を気にする人も少なくなってきましたが、案外身近な生活にも関係していることもありました。仏滅について知っておいて損はなさそうです。 「すべてにおいて凶日」という仏滅だからといってなにもしていけないわけではなく、考え方を変えればまた違う一日として過ごすこともできそうです。仏滅ならではのメリットもあるようなので、気にしない方にはお得な日にもなるかもしれません。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

オノデラ キヨ

オノデラ キヨ

建設業の現場監督や音楽活動、ナイトワークなどの経験を通じて様々な年代の人と関わり、ありのままの自分で...

人気記事

新着記事