2020年09月12日公開

2020年09月12日更新

過去生の意味や知る方法5つ!過去生を知るメリット・デメリットも紹介

過去生とは過去に生きてきたすべての人生です。今の人生で深い悩みや生きにくさを感じることはありませんか?それには過去生のカルマが大きく関係しているかもしれません。過去生を知る効果的な方法とともに、過去生を知ることのメリットやデメリットもご紹介します。

過去生の意味とは?

過去生とは、過去に生きてきた人生の積み重ねです。その意味で、よく言われる前世とは意味合いが違います。前世というのは、今の人生のひとつ前の人生ですが、過去生はこれまでに生きてきたすべての人生である点で大きく違います。過去生の回数には個人差があります。 過去生での行ないが今の人生にすべて跳ね返ってきます。それがカルマと呼ばれるものです。カルマと聞くと、悪いイメージがあるかもしれませんが、カルマには良いカルマも悪いカルマもあります。良いカルマであれば問題ないですが、悪いカルマは浄化する必要があります。 人生に生きにくさや違和感を感じることはありませんか?何かとトラブルに遭ったり、いくら努力しても報われないなど、生きにくさや辛さがあるとしたら、それは過去生のカルマが関係している可能性が高いです。過去生での行ないがカルマとなって表れているのでしょう。

人間は肉体を失っても、魂は永遠ですから、何度も輪廻転生を繰り返します。この輪廻転生が多いほどに、過去生も増えていきますから、カルマも増えることになります。悪いカルマは生きている間に浄化して克服しておかないと、次の人生に持ち越すことになってしまいます。 今回は過去生の特徴や過去生を知ることのメリットやデメリットについてご紹介します。また、過去生を知るための方法についてもご紹介しますので、人生での悩みを解決する糸口になるでしょう。現在のところ、科学では証明できないけれど、確かに存在します。

過去生を知るメリット・デメリット

過去生を知ることがメリットになるかデメリットになるかは、かなりのところ、個々人の主観によって左右される問題です。メリットの方が圧倒的に大きいと思われますが、人によっては過去生を知ることがマイナスになることも事実です。 気持ちの持ち方や、現在の自分の状況によっても変わってくるでしょう。現実に起こる現象に対して良いとか悪いとかいった、評価を与えるのは自分の感情だからです。 人間は膨大な数の過去生を積み重ねて現在の人生を生きています。魂が未熟な人であれば、まだ過去生は少ないです。その逆に、魂の修行がかなり進んでいる場合は、過去生の回数が多くなっていきます。

過去生を知ることにはメリットもデメリットもあることを理解したうえで、どのように活用すれば自分の人生にとってメリットがあるかを考えるようにするといいでしょう。

過去生を知るメリット

過去生を知るメリットは、どのように生きるべきかのヒントになることでしょう。過去生がわかれば、問題がすべて解決するわけではないものの、人生の目的を知るきっかけになる可能性が高いです。人間が迷うのは、どう生きるべきかがわからないことが大きな原因です。 その根本的な疑問が過去生を知ることで解消する可能性があります。過去生からのメッセージを読み解く努力は必要ですが、それができるなら、大いに役立つでしょう。 人間が輪廻転生を繰り返して人生を積み重ねるのは、魂のレベルを上げるためですから、過去生で経験してきたことは決して無駄にはなりません。

過去生を知ることは自分自身を知ることです。自分ではわからない本来の自分を知るためには過去生を知ることが不可欠です。今生きている自分だけが自分ではありません。過去生からつながっている魂を知ることで、次のようなメリットにつながるでしょう。

メリット1:自分の使命がわかる

過去生を知ることのメリットのひとつが、自分の使命がわかることです。人間がわざわざ人生を繰り返して、過去生を積み重ねるのは単なる偶然ではありません。意味があるからこそ、膨大な過去生が存在しています。自分の使命がわかることは大きなメリットです。

メリット2:カルマを克服できる

過去の人生での行ないがすべてカルマとして跳ね返ってきますが、悪いカルマであれば、克服しておく必要があります。しかし、カルマが何かがわからないと克服すべき対象を特定できません。過去生を知ることは克服すべきカルマがわかるメリットがあります。 過去生を知ることで、カルマを特定して、それが良いカルマなのか悪いカルマかを判断します。悪いとすれば、そのカルマを今の人生で克服することで魂が浄化されてレベルを上げることができます。

メリット3:生きづらさの理由がわかる

過去生を知ることで生きづらさの理由がわかるというのも大きなメリットです。生きづらさというものが単なる主観や気持ちの問題ではなく、過去生に原因があるのだとしたら、過去生を知らずに克服することはできません。その意味で、過去生を知ることがメリットになります。

メリット4:生まれてきた理由がわかる

なぜ生まれてきたのかがわかるのも、過去生を知ることのメリットです。人間が誕生日という特定の日に生まれてくるのはもちろん偶然ではありません。占いで人生を占えるのも、生年月日や生まれた時間というサインがあるからです。 これらの条件があるからこそ、生まれてきた意味を特定することができます。生年月日も過去生からのサインだと言えます。過去生を知ることで、今の人生の謎を解くことにもつながります。

メリット5:トラウマを解消できる

人間は誰でも大なり小なりトラウマを抱えて生きています。輪廻転生を認めない現代医学の立場では、トラウマというのは、今の人生の中で受けた心の傷として解釈されています。生まれてから現在までのどこかの時点で心が受けた衝撃がトラウマだと解釈しています。 しかし、トラウマをそのように解釈してしまうと、本当の意味でトラウマを解消するのはかなり難しくなります。今の人生という狭い枠の中で考えてしまうと、トラウマの本当の原因を間違えます。 過去生を知ることで、トラウマが過去生から現在までのどの時点で受けた心の傷なのかを特定しやすくなります。その意味でも過去生を知ることのメリットは大きいでしょう。

現代の精神医学ではトラウマの克服にあまり効果がないのは、過去生の存在を無視して、今の人生の中だけで原因を突き止めようとしているからです。過去生を知ることで、現代医学の限界を超えることができます。それがトラウマの解消につながります。

過去生を知るデメリット

過去生を知ることにはメリットが多い一方で、デメリットも存在していることは否めません。しかし、過去生を知ることがデメリットになるかは、かなりのところ個人差があります。 過去生を知るデメリットとして大きいのが、過去生に縛られて振り回される場合です。過去生を今生に活かすのではなく、今の自分を縛ってしまうようでは過去生を知ることがデメリットになるでしょう。 過去生がどうであれ、今の自分は前向きに生きるという感覚が必要なところですが、これができない人にとっては過去生を知ることがデメリットになるかもしれません。

過去生を知ることがデメリットになるかは、タイミングとも関係があります。過去生のマイナス点を知るタイミングが早過ぎると、デメリットになる可能性があります。過去生を知るデメリットとして、次のようなものが考えられます。

デメリット1:過去生に振り回される可能性がある

過去生に振り回されるのが、過去生を知ることの大きなデメリットになる可能性があります。過去生を知ることがメリットになるかデメリットになるかが個人差が大きいというのは、この点にあると言えるでしょう。過去生に振り回されるならデメリットになり得ます。

デメリット2:自分を過小評価してしまう

過去生を知ることで、その過去生に縛られるのがデメリットになるのは、過去生での自分を超えることができない場合です。過去生での自分を限界として、今の自分を過小評価してしまえば、過去生の自分を超えられずに、魂のレベルを上げることもできません。

デメリット3:今の人生がうまくいかなくなる

過去生を知ることのデメリットして、知らなくてもいいことを知ってしまうことで、今の人生がうまくいかなくなることです。たとえば、何か悪いことをした過去生を知ったことで、罪悪感にさいなまれて間違った方向にいってしまうなどです。

過去生を知ることで人生が豊かになる

過去生を知ることにはメリットもデメリットもあるとしても、メリットの方が多いと考えた方が人生が豊かになるでしょう。過去生はたしかに今の人生に影響を与えるものではあっても、過去生を活かしてどのような人生にするかは自分次第です。 いかに過去生で成功した人生を送ったとしても、今の人生で何も努力しなければ、今の人生での成功はあり得ないでしょう。過去生と今の人生が関連し合っていても、主役はあくまでも今の自分です。 この点を間違えると、せっかく過去生を知っても、それがマイナスに作用する可能性があります。過去の自分について知っても、それがデメリットばかりであれば、知る意味がありません。

過去生を知ることが最初はデメリットに感じられても、魂を浄化させることで、メリットに転換させることができます。過去生を自分の魂のバックボーンにできる人ほど人生が豊かになるでしょう。 人生には良い人生とか悪い人生という定義は存在しません。自分が良い人生か悪い人生かを決めているに過ぎません。過去生を知ることをデメリットにするか、メリットにするかは自分次第です。

過去生を知る方法5つ

過去生を知ることが人生に大きな影響を与えるものであるとしても、過去生を知ることは簡単ではありません。そもそも、どうすれば過去生がわかるのかをほとんどの人は知りません。 それはしかし、当然だと言えるでしょう。自分の過去生について疑問に思っている人の割合など、非常に低いのが一般的な感覚だからです。しかし、その一方で、過去生を知ることで人生が大きく変わる人が少なくないのも事実です。 ここでは、その点を踏まえて、過去生を知るための効果的な方法を5つご紹介します。

方法1:夢を分析する

毎晩寝ているときに見ている夢を分析することで、過去生がわかる場合があります。夢というのは毎晩見ているにもかかわらず、ほとんどの夢のことは目覚めた瞬間に忘れてしまいます。しかし、中には、どうしても忘れられない夢があります。 印象が強い夢や何度も同じような夢を見るならば、それは過去生からのメッセージである可能性があります。睡眠中には潜在意識や宇宙と意識がつながっていて、過去生からのメッセージを受け取りやすい状態になっています。

方法2:記憶を分析する

記憶を分析することで過去生がわかることが少なくありません。記憶というのは脳に蓄積されるものとされていますが、魂に蓄積されるものの方が重要な役割を果たしています。脳に蓄積された記憶は肉体を失えば消えてしまいますが、魂の記憶は永遠に消えません。 初めて訪れた場所に懐かしや親しみを感じたり、初対面の人なのに親近感を感じたりするのは、過去生でご縁が深かった場所や人だからです。これらの記憶は魂に蓄積されています。

方法3:退行催眠を活用する

退行催眠という方法も過去生を知るうえで効果的です。この退行催眠では、対象者を催眠状態にして、過去の記憶を見ていきます。遠い過去から近い過去、今生の記憶も見ることができるので、過去生を知るうえでかなり効果的な方法として普及しています。 ただ、この方法は危険が伴う点に注意が必要です。やり方を間違えると、催眠状態から元の状態に戻れなくなる可能性があるからです。そのため、この方法で過去生を知りたいならば、信頼できる専門家に頼むようにしましょう。自己流で行なうのは危険です。

方法4:ハイヤーセルフとつながる

ハイヤーセルフとつながるのも過去生を知る効果的な方法です。ハイヤーセルフというのは、高次元の自我などと言われるように、誰でも持っているものです。日本では守護霊と表現されることもありますし、欧米では天使と呼ばれることもあります。 いずれにしても、自分を守ってくれている存在であることに違いありません。ハイヤーセルフとは簡単にはつながれないのが難点です。ハイヤーセルフとつながる最も効果的な方法は瞑想をすることです。瞑想状態になれば、潜在意識にアクセスしやすくなります。

方法5:過去生リーディングをしてもらう

専門家に過去生リーディングをしてもらうのも過去生を知る効果的な方法です。リーディングをする人の能力によっては、過去生を知る最も確実な方法と言えるでしょう。過去生リーディングをしている人たちは、カウンセラーや霊能者を名乗っていることが多いです。 占い師の場合もありますが、呼び方が違っても、霊能力を使っている点では同じです。霊能者の能力を判定するのが難しいですから、口コミや評判を調べたうえで鑑定してもらうのがいいでしょう。

過去生リーディングを受ける際の注意点

過去生リーディングを受ける際の注意点をご紹介します。上記のように、過去生リーディングができる人は霊能者なわけですが、霊能者の能力というのはまさに玉石混交です。能力が高い人がいる一方で、ほとんどインチキなだけの人もいますから、注意が必要です。 過去生リーディングが当たるかどうかは、本人の能力以外にも、依頼者との相性もかなり影響します。いくら評判が高かったり、人気がある先生でも、相性が悪いと意外なほど当たらなくなります。この点で、占い師との相性問題と似ているかもしれません。 過去生リーディングを依頼する際には、カウンセラーや霊能者の実力以外にも気をつけるべきは料金の点です。霊能者を名乗る人の場合、料金が法外に高いことがありますが、そういう人は避けましょう。

霊能者で法外な料金を請求する場合、完全にビジネスになっていて、過去生リーディングの的中率も低いことが多いです。本物の霊能者は決して法外な料金を要求しません。せいぜい占い師の鑑定料と同じぐらいの料金しか取らないものです。

過去生を前向きにとらえれば未来が明るくなる

過去生の意味や知る方法についてご紹介しました。過去生を知ることは、デメリットになる面もあるとしても、気持ちの持ち方ひとつでメリットに変えられるでしょう。過去生は今の短い人生よりもはるかに多くのサインを教えてくれるものです。 膨大な数の輪廻転生を繰り返している人間の人生は過去生から現在までつながっています。自分では、今の人生しかないと思っていても、魂は永遠ですから、過去生からのメッセージは必ず役に立つものになります。過去生を前向きにとらえるほど未来が明るくなるでしょう。

短期間であんなに音痴だった私が...?

歌がうまかったらなんて人生楽しいのだろう...そう何度も思ってきました。 昔の私は音痴で人とカラオケに行くことすら怖かったんです。 そんな私が、なんと「無料の講義内容を実践」するだけで、びっくりするくらい歌が上手くなったんです!! その秘密はこちら↓

関連記事

ライター

ほうじ茶

ほうじ茶

ほうじ茶と申します。趣味はラーメン食べ歩きと東京の街歩きです。ライフスタイルやスピリチュアルなど、役...

人気記事

新着記事