2020年09月22日公開

2020年09月22日更新

ウェイ系の特徴15個!ウェイ系が使う言葉や見分け方・対処法を解説

ウェイ系の人は飲み会が大好きで、何かにつけて飲み会を開きます。あなたの周りにも飲み好きで、飲み会で盛り上がる人がいませんか?この記事ではウェイ系とパリピの違いやウェイ系の特徴・ウェイ系がよく使う言葉・ウェイ系の見分け方・ウェイ系との付き合い方を紹介します。

ウェイ系と呼ばれる人に遭遇したことはありますか?

ウェイ系は町中で人目もはばからず、酔った勢いでテンションが高いまほっつき歩いていたり、駅前などで大勢でたまり、通行人の迷惑になっていることもあります。 あなたも金曜日や土曜日の夜に町中にいる大勢のテンションが高いだけの集団に遭遇したことがありませんか? この記事ではそんなウェイ系とパリピの違いやウェイ系の特徴・ウェイ系がよく使う言葉・ウェイ系の見分け方を紹介します。ただ、ウェイ系の人は必ずしも悪い人ではないので、ウェイ系の人との付き合い方も紹介します。

ウェイ系の意味とは?

ウェイ系とはただテンションが高いだけで、その場の行動に統率がなく繁華街や飲み屋の前で騒いでいる集団で、主に新社会人や大学生に多く見られます。 ウェイ系はとにかくテンションが高く、自分たちはその場の状況を楽しんでいますが、周りの人からは寄った勢いで変な絡まれ方をしないか不安になってしまいます。もしウェイ系の人が苦手な人はなるべく近寄らないことです。

ウェイ系とパリピの違い

ウェイ系とパリピの違いは「ファッションや流行に関する情報を持っているかどうか」で、パリピは流行のファッション・アウトドアイベントなどを確実に抑えている一方で、ウェイ系はただテンションが高いだけです。 またパリピはまちなかや繁華街では意外と落ち着いた行動をとっていて、クラブやイベントの時に思いっきりテンションを上げます。一方でウェイ系は飲み会のテンションをそのまま町中で引きずっていることが多いです。

ウェイ系大学生の特徴8個

まずはウェイ系の大学生の特徴を紹介します。 ウェイ系大学生にも様々なタイプがいますが、基本的には集団でいることが多く、騒ぐためにとにかく盛り上がる、何かにつけて「ウェイ」と言う特徴があります。それぞれの特徴について詳しく見てみましょう。

特徴1:深く物事を考えていない

ウェイ系大学生の1つ目の特徴は、「深く物事を考えていない」ことです。 ウェイ系の大学生はその場のノリを大切にしているので深く考えずに行動しています。そのため自分たちは楽しいかもしれませんが、周りの人からは「声が大きい」「公衆の面前でよくそんなことできるな」「人が多くて邪魔」と思われることが多いです。 それでも自分たちが楽しければいいという考えが強いので、人から注意されるまではその騒ぎを鎮めることはほとんどありません。あなたから関わろうとしなければそこまで被害はありませんが、相手から絡んでくる場合もあるので注意が必要です。

特徴2:集団行動が多い

ウェイ系大学生の2つ目の特徴は、「集団行動が多い」ことです。 ウェイ系大学生はとにかく集団で行動することが多いです。その集団の人数は5〜6人などではなく30〜40人などのかなりの大規模な集団で、この人数で夜なるの繁華街を埋め尽くしています。 またウェイ系の大学生は平日でも飲んでいることが多く、授業が終わった平日の昼間から飲んでいたり、夜はサークルの仲間と待ち合わせて更に飲んだりしています。何にしても何かリユを付けて呑んで盛り上がろうとするのがウェイ系学生の特徴です。

特徴3:繁華街や駅前で人に迷惑をかける

ウェイ系大学生の3つ目の特徴は、「繁華街や駅前で人に迷惑をかける」ことです。 ウェイ系大学生はまだ学生で、少しくらいの迷惑は許されるという気持ちをどこかで持っています。そのため繁華街の道を大勢で埋め尽くして他の通行人の迷惑になったり、駅前や改札口付近でも集団で立ち止まったりします。 本人たちは楽しいかもしれませんが、他の通行人にとってはかなりの迷惑で、近くにいる多くの人が「ちょっとどいてくれないかな」と思ってしまいます。普通なら人への迷惑にすぐ気づきますが、ウェイ系の人はそれでもお店の人や駅員や警備員に注意されるまでわかりません。

特徴4:コミュニケーション能力が高い

ウェイ系大学生の4つ目の特徴は、「コミュニケーション能力が高い」ことです。 ウェイ系の大学生はその場を盛り上げる方法をたくさん知っていたり、新しく参加した人を巻き込むためのコミュニケーション能力が高く、誰とでも簡単に仲良くなることができます。 基本的に人見知りしない性格の人が多く、くるもの拒まずさる者追わずというスタンスで人と接しています。ただ、時々飲み会の時だけテンションが上って良くないから味方をするやつもいます。

特徴5:モテる

ウェイ系大学生の5つ目の特徴は、「モテる」ことです。 ウェイ系大学生にも色んなタイプがいますが、グループの中で率先してリーダーシップを発揮したりその場を盛り上げられる人はコミュニケーション能力が高く、周りの状況をよく見れる人なので、気配りもできたりします。 その場を盛り上げるのが上手い上に気配りもできるので周りの人からの人望があり、女子学生からもあの人とは付き合ってみても良いかもと思われるのでモテます。そのため、異性の交際人数や経験人数も他の人よりも多い傾向があります。

特徴6:なにか理由をつけてイベントを開く

ウェイ系大学生の6つ目の特徴は、「なにか理由をつけてイベントを開く」ことです。 ウェイ系大学生はとにかく飲み会を開こうとします。理由は何でもよく新入生歓迎・イベントの打ち上げ・合宿・サークルメンバーの誕生日などなにか理由をつけて飲み会を開こうとします。 そして、ウェイ系の集団に酔ってはその理由は何でもよくて「ただ飲みたいだけ」ということも多く、飲み会の最初の乾杯は飲み会の理由でしますが、その後の飲み自体は各自で勝手に盛り上がっています。

特徴7:テンションが低い人を巻き込もうとする

ウェイ系大学生の7つ目の特徴は、「テンションが低い人を巻き込もうとする」ことです。 ウェイ系の学生はテンションが高い人を巻き込んでグループ全体で盛り上がろうとするので、同じ場にいるテンションが低い人もどんどん巻き込もうとします。そのため、盛り上がることに慣れていない人はウェイ系の人に対して拒否反応を起こしてしまいがちです。 テンションが低い人はウェイ系に巻き込まれないように意識的に遠い場所で飲んだり話したりしていても、ウェイ系の人から近づいてきて盛り上がっている中心に引っ張り出そうとします。

特徴8:何かにつけて「ウェイ」と言う

ウェイ系大学生の8つ目の特徴は、何かにつけて「ウェイ」と言うことです。 これはウェイ系の学生の一番の特徴で、友だちに会った時や返事話している時の返事、テンションが上った時、誰かが面白いことをした時などはとりあえず「ウェーイ!」と叫びます。 具体的になにか発言するのではなく、その場にいる人全員が「ウェーイ!」と言って全員で盛り上がっている感じを楽しんでいます。「ウェイ」の言葉に意味はありませんが、とりあえずその場に馴染んでいることを表明する役割を果たしています。

ウェイ系社会人の特徴7個

次はウェイ系の社会人の特徴を紹介します。 ウェイ系の社会人も基本的にはウェイ系の大学生と同じですが、少し違う点もあるのでその点も踏まえて特徴を見てみましょう。

特徴1:人との距離感が近い

ウェイ系社会人の1つ目の特徴は、「人との距離感が近い」ことです。 ウェイ系の社会人は学生の頃からの経験から人と距離を縮める方法を熟知していて、初対面の人とも他の人と比べて近い距離感でコミュニケーションを取ります。 物理的に近い距離感でコミュニケーションをとることは人によっては嫌悪感を抱くこともありますが、意図的に距離感を近くすることで相手が自分と波長が合う人かどうかを見極めていることもあります。

特徴2:学生気分を引きずっていることがある

ウェイ系社会人の2つ目の特徴は、「学生気分を引きずっていることがある」ことです。 この特徴はウェイ系の中の人にもよりますが、新社会人の中では学生気分を引きずっていて、自分が社会人であるという意識をまだ持てておらず、学生の時と同じように繁華街や駅前でたむろっていることがあります。 大人としての立ち振舞がまた意識できていないために軽率な行動をとったり、人から煙たがられるような行動を取る傾向があります。人によっては相手が自分の乗りを受け入れられる人かを見ながら関わっている人もいますが、そうでない人はタチが悪い絡み方をします。

特徴3:営業職が多い

ウェイ系社会人の3つ目の特徴は、「営業職が多い」ことです。 ウェイ系の社会人は社会人からウェイ系になったわけではなく、学生の頃からウェイ系だった人がほとんどです。ウェイ系学生の特徴で紹介したとおり、ウェイ系の人はコミュニケーション能力が高いです。 その長所を生かして就職してからは営業職に付く人も多いため、自然とウェイ系の社会人は営業職にも多くなります。ウェイ系の人は学生時代にもてていることもあるので、そのコミュニケーション能力や人への取り入り方田を活かした職種についています。

特徴4:ノリが軽い

ウェイ系社会人の4つ目の特徴は、「ノリが軽い」ことです。 ウェイ系の社会人は学生の時と同じようにノリが軽い傾向があります。飲み会の時や忘年会など盛り上がれる場所では自らネタを提供するなどどんどん前に出てきて、その場を盛り上げることもあります。 ただ、一緒に盛り上がれる人にとっては楽しいかもしれませんが、ウェイ系が苦手な人にとっては「何であんなに中身の無いことで盛り上がれるんだろう?」と意味不明なことがあります。

特徴5:ライフプランを立てられていない

ウェイ系社会人の5つ目の特徴は、「ライフプランを立てられていない」ことです。 ウェイ系の中にも仕事などではしっかりとやるべきことをこなせる人もいますが、多くの場合は将来設計が不安定で場当たり的な生き方をしている人もいます。こういう人は将来のライフプランもあまり作れておらず、いつ結婚するかなども考えていません。 そのため、金遣いが荒くなることもあり、将来の結婚・引っ越し・子育のためのお金をとっておくために飲み会や遊ぶのを控えるということができない方もいます。その結果気付いた時にはお金が足りないということもあります。

特徴6:新しい出会いにテンションが上っている

ウェイ系社会人の6つ目の特徴は、「新しい出会いにテンションが上っている」ことです。 ウェイ系の社会人は特に大学生から社会人になったばかりの新社会人に多いです。「人生のモラトリアム」ともいわれる学生時代から環境が変化して、社会人になったことで新しい出会いがたくさんあります。 その時にまだ学生としてのノリが残ったまま人と接するため、学生時代のウェイ系のノリが残っていてそういうノリが苦手な人にも軽いノリで接することがあります。

特徴7:社会人という自覚がない

ウェイ系社会人の7つ目の特徴は、「社会人という自覚がない」ことです。 これはウェイ系社会人の一番悪い特徴です。全員がこの特徴を持っているわけではありませんが、学生から社会人になったことで発生する自己責任の感覚がまだないことがあります。 こういう人は社会人になったことで「会社の人間になった」ということを意識できず、その行動をすることで会社の名前に傷がつくということを意識できず、軽率な行動をとってしまうことがあります。

ウェイ系がよく使う言葉とは?

次はウェイ系の人がよく使う言葉を6つ紹介します。 飲み会やはじめて会った時・道端でばったり会った時にここで紹介する言葉を使う人はウェイ系の人の可能性があります・飲み会など盛り上がる場所では質の悪いから見方をされる可能性もありますので注意が必要です。

言葉1:挨拶が「ウェーイ!」

ウェイ系がよく使う1つ目の言葉は、挨拶の「ウェーイ!」です。 ウェイ系の人が「ウェイ系」といわれる理由は、何かにつけて「ウェイ!」ということです。それは飲みの場だけではなく、人にあった時の挨拶も「ウェーイ!」となるという特徴があります。 人との接し方をわきまえているウェイ系なら先輩にはちゃんと挨拶しますが、ひどい場合には2〜3こ上の先輩くらいには「ウェーイ!」と挨拶することもあり、相手から煙たがられることがあります。

言葉2:マジウケる

ウェイ系がよく使う2つ目の言葉は、「マジウケる」です。 ウェイ系の人はノリが大切な人種です。その特徴は言葉にも現れていて、若者言葉の定番である「マジ」「ウケる」という言葉も頻発し、その場のテンションを崩さないように意識していることもあります。 26〜27歳位になってくるとアラサーになっていることもあり自然とこういった言葉遣いが少なくなっていくことが多いですが、学生や新社会人の場合にはまだ「マジウケる」という言葉もよく使います。

言葉3:それな

ウェイ系がよく使う3つ目の言葉は、「それな」です。 「それな」は相手の発言に同意した時や賛成した時に使われる言葉で、若者同士の付き合い方を理解している人というアピールもそれなりにできる言葉です。 この言葉は「確かに」や「なるほど」と言い換えることもできますが、若者同士や新社会人など年齢が低い人同士では「それな」と言う場合が多いです。ただ、この言葉は社会人や大人でも使う人が増えてきているので、この言葉だけでウェイ系とは判断しず抱くなっています。

言葉4:秒で

ウェイ系がよく使う4つ目の言葉は、「秒で」です。 「秒で」は「すぐに」「簡単に」と言う意味で使われる言葉で、最近ではTV番組でもよく使われています。「秒」は非常に短い時間なので「すぐに」「簡単に」という意味の若者言葉になっています。 ただ、この言葉もウェイ系ではなくても20代の人であれば使う人が多いので、「ウェイ系のみが使う言葉」ではなくなってきています。本当にウェイ系の人なのか、流行り言葉も抑えている人なのかは注意深く区別しましょう。

言葉5:ワンチャン

ウェイ系がよく使う5つ目の言葉は、「ワンチャン」です。 ワンチャンは「もう1チャンス」という意味で、物事がうまく行かなかった時やもう一回チャレンジする必要があることを言う時に使われます。 基本的には「もう1チャンス」という意味ですが、「一夜限りの男女の関係」という意味もあり、合コンやクラブでそういった関係になることを狙っている時にも「お前あの子とワンチャンイケるぞ」と言ったりします。

言葉6:とりま

ウェイ系がよく使う6つ目の言葉は、「とりま」です。 「とりま」は「とりあえずまあ」の略語です。これは数人で話をしていて、一旦話をまとめたい時に「とりま、〇〇でやってみよう」といった形で使います。 ただこの「とりま」もウェイ系のみではない人も使うような言葉になってきているので、ややこの言葉遣いのみでウェイ系かどうかを判断するのは難しくなっています。

ウェイ系かどうかの見分け方5個

次はウェイ系華道家の見分け方を5つ紹介します。 ウェイ系には前の見出しで紹介したような言葉遣いの特徴の他にもいくつかの特徴があります。あなたが関わろうとしている人がウェイ系かどうかを判断するための方法の1つとしてしっかり覚えておきましょう。またパリピとの違いについても簡単に触れます。

見分け方1:生息地

ウェイ系かどうかの1つ目の見極め方は、「生息地」です。 ウェイ系は何かにつけて飲み会を開こうとするので、多くの場合飲み会にいることが多いです。学生の場合には昼間や居酒屋が回転する17時ころから飲み会にいて、終電や始発近くに駅前に集まっていることが多いです。 ウェイ系と混同される「パリピ」は流行っているオシャレなカフェ、インスタ映えするところにいることが多く、必ずしも呑むことを目的にしていないことも多いので、この点でウェイ系かどうかを判別できます。

見分け方2:酔っているか

ウェイ系かどうかの2つ目の見極め方は、「酔っているか」です。 ウェイ系は飲み会を良くするので、基本酔っていることが多いです。飲み会で何時間も友達と飲んでいるため、泥酔している場合も多く一人で家に帰れなかったり、女性の場合にはそのまま持ち帰られてしまう場合もあります。 パリピは飲みたいわけではなく、どちらかと言うと「アウトドアのイベントで騒いだり、オシャレスポットで写真を取りたい」というタイプの人なので、必ずしも酔っていることが多いわけではありません。

見分け方3:ファッションセンス

ウェイ系かどうかの3つ目の見極め方は、「ファッションセンス」です。 ウェイ系は騒ぐのが好きでコミュニケーション能力も高くモテる傾向がありますが、必ずしもファッションセンスが良いわけではありません。人に嫌われない程度のファッションはしていますが、はやりを取り入れたりということはありません。 いっぽうで、「パリピ」と言われる人は流行のファッションを取り入れたり、普段着とイベントに参加する時のファッションを明確に区別している傾向があるので、この点でウェイ系とパリピを区別することもできます。

見分け方4:流行りものを押さえているか

ウェイ系かどうかの4つ目の見極め方は、「流行りものを押さえているか」です。 ウェイ系は「盛り上がること」「楽しむこと」を第一優先にしていますが、流行りに乗るということを気にしていないこともあります。そのため楽しく盛り上がるとしても必ずしも流行りの場で・はやりの方法でというわけではありません。 一方のパリピは「パーリーピーポー」ではありますが、人から見られた時に憧れられるファッションや場所にいようとする傾向があるので、この点でウェイ系と区別できます。

ウェイ系への対処法とは?

最後にウェイ系と遭遇したり、ウェイ系から絡まれた時の対処法を紹介します。 ここまで読んできて「自分はウェイ系ではない」「ウェイ系とはなるべく関わりたくない」と思う方はここで紹介する方法で、ウェイ系の人を流しておきましょう。

対処法1:褒めてのせておきつつ一定の距離を保つ

ウェイ系への1つ目の対処法は、「褒めてのせておきつつ一定の距離を保つ」ことです。 ウェイ系はテンションやノリを重視する生き物です。ただ、そういったノリを求めていない人にもノリに合わせるように共用してくる人もいます。 そういう質の悪いタイプのウェイ系が射た場合にはその場を盛り上げてくれたり、賑やかにしてくれていることを褒めてのせつつ、自分には関わってほしくない雰囲気を出しておきましょう。

対処法2:とりあえず合わせておく

ウェイ系への2つ目の対処法は、「とりあえず合わせておく」ことです。 ウェイ系に絡まれた時に上手く回避できない場合は、少しだけ相手に付き合ってあげましょう。ウェイ系の人は盛り上がることが目的で、それを他の人に求める場合は「もっとこの場を盛り上げたい」と考えています。 その場合は少しだけ参加してあげて、自分の元から離れたら直ぐに退散しましょう。ウェイ系の人は「あなたに盛り上がって欲しい」わけではないので、ある程度盛り上がればあなたのことを忘れて勝手に盛り上がります。

対処法3:相手にせずに放っておく

ウェイ系への3つ目の対処法は、「相手にせずに放っておく」ことです。 ウェイ系の人に絶対に絡まれたくないと考えている人は、ウェイ系が集まっているところから離れて近づかないようにしましょう。そしてウェイ系の人とは一切目を合わせずに話したい人との話に集中しましょう。 そういった雰囲気を出しておくことでウェイ系の人も「あの人達は違うタイプの人だな」と察してあなたには近寄らなくなります。もし話しかけられても一切無視しておきましょう。

対処法4:覚めるまで付き合う

ウェイ系への4つ目の対処法は、「覚めるまで付き合う」ことです。 ある程度相手のノリに対応できるのであれば相手の酔いが覚めるまで付き合ってあげるのも手です。あなた自身が不快に思わないのであれば相手が楽しんでいるのに適度に付き合ってあげて、相手を気持ちよくさせてあげましょう。 またあなた自身が盛り上げる事はできなくても、「その場の楽しい雰囲気は好き」というタイプなのであれば無茶振りなどは断っておけば楽しく過ごすことができます。

対処法5:ウェイ系の人と大人数と一緒に遊ばない

ウェイ系への5つ目の対処法は、「ウェイ系の人と大人数と一緒に遊ばない」ことです。 ウェイ系の人は大人数になると急に騒ぎ出す傾向があります。その一方で個人でいる時にはそこまで人に迷惑をかけない傾向があります。なので、ウェイ系の人がいたらその人やその人の友人大人数とは遊ばないようにしましょう。 ウェイ系の人は1人で盛り上がることには抵抗があったり、思い切った行動はできない人もいるので、なるべくウェイ系の人個人や2〜3人と遊ぶようにしてウェイ系の面倒くさいから見方の被害者にならないように工夫してみましょう。

対処法6:思いっきり遊びたい時にだけ一緒に遊ぶ

ウェイ系への6つ目の対処法は、「思いっきり遊びたい時にだけ一緒に遊ぶ」ことです。 ウェイ系も普段は「ノリが軽い」「浅はか」と思ってしまうかもしれませんが、思いっきりストレス発散したい時など何かしらの理由で普段しないような騒ぎ方をしたい時にはいい友達になります。 なので、そういった特殊なニーズがあなたに有る時には積極的にウェイ系の人と絡んで思いっきり楽しむようにしてみましょう。普段は適度な距離を保ちながら、ウェイ系のノリが楽しみたい時だけ一緒に遊ぶということです。

ウェイ系は人に迷惑をかけますが、コミュ力が高くて楽しめる人でもあります

ウェイ系は集団で集まると普段しないような思いきった行動をすることもあるため、人の迷惑になることもあります。 その一方で一人でいる時には意外とおとなしく良いやつなことも多いです。なので飲みの場でのその人の行動だけで判断せず、普段の行動も見て付き合い方を判断してあげましょう。

短期間であんなに音痴だった私が...?

歌がうまかったらなんて人生楽しいのだろう...そう何度も思ってきました。 昔の私は音痴で人とカラオケに行くことすら怖かったんです。 そんな私が、なんと「無料の講義内容を実践」するだけで、びっくりするくらい歌が上手くなったんです!! その秘密はこちら↓

関連記事

ライター

No Image

SHINJI.com

学生時代から継続して学んでいる セールスライティング(コピーライティング)の他、 それに関連する...

人気記事

新着記事