2019年07月08日公開

2019年07月08日更新

血の気が多い人の特徴・性格は?血の気が多くなる原因や改善する方法まとめ

血の気が多い人というと、怖いとか、話しかけづらいと感じる人が多いのではないかと思います。いったいどのような人が血の気が多いといわれるのでしょうか?血の気が多い人の特徴や、長所と短所が分かれば、上手く付き合っていくことができます。

怒りっぽい印象の血の気が多い人

血の気が多い人というと、あまり付き合いたくないとか、怖いという印象があると思います。血の気が多い人を目の前にして、どうしてこんなに感情が高ぶるのだろうと不思議に感じたことはありませんか? 血の気が多い性格を改善するポイントは、自分の心が敏感になっていること、相手の評価を恐れていることを知ることです。今回は血の気が多い人の特徴や性格、長所と短所と、血の気が多い性格の改善方法についてもまとめます。

血の気が多いの意味とは?

血の気が多いとは、すぐに怒ったり、感情がたかぶりやすいことを表します。また、そういう感情から、すぐに怒鳴ったり、手を出して暴力的な行動をとってしまう人のことを、血の気が多い人と言います。

血の気が多いの使い方・例文

例えば「あの人は血の気が多い」となれば、怒りやすい人であったり、喧嘩っ早い人であるという意味になります。あまりいい印象は持たれない可能性があります。 「あの人は血の気が多いから格闘技が向いているのではないか」となれば、攻撃的な性格を、格闘技のような身体を張ったスポーツに活かせばいいという肯定的なイメージです。その人の行動や性格に合ったことをすればいいという意味で、いい印象であると考えられます。

血の気が多いの類語

血の気が多いの類語は、怒りやすい・キレやすい、のように感情が高ぶりやすい状態を表す言葉があります。喧嘩っ早い・血気盛んな、というように好戦的なことを示す言葉も、血の気が多いと似ています。また、暴力をふるう人のことを、血の気が多い人と呼ぶこともあります。

血の気が多い人の特徴

血の気の多い人は、きっと人間関係で困った経験があると思います。その場の雰囲気が悪くなったとか、なんであの時にあんなことを口走ってしまったんだろう…と反省することもあるのではないでしょうか。ここでは血の気が多い人の特徴を紹介します。

特徴1:気性が激しく怒りを表しやすい

血の気が多い人は、一度火がついてしまったらとても攻撃的な言動をします。気性が荒く、感情のままに行動をしてしまうことがあり、ひどいときは暴力や事件などをなど起こす場合もあります。血の気が多い人はすぐに行動に出てしまうけんかっ早さを持っています。

特徴2:相手を敵視してしまう

プライドが高いので非常に負けず嫌いであり、ちょっと気になることを言われたりすると、馬鹿にされ多様な感じがしてイラっとしてしまいます。プライドが傷つけられることが耐えられず、相手に謝罪させたかったり、言い負かしたい、自分が上に立ちたいと考えがちです。

特徴3:人間関係を築くのが苦手

血の気が多い人は、周囲から怖がられたり、喧嘩に巻き込まれたくないと恐れられ、とっつきにくい人という印象を持たれます。そのため、中には距離を置こうとする人もおり、血の気が多い人は人間関係やコミュニケーションの点で問題を抱えがちです。

血の気が多い人の性格

血の気の多い人は、相手に勝ちたいという気持ちが強すぎるために、行動や言葉として表現してしまいます。なぜそこまで強気になってしまうかというと、相手からどう思われているかが不安であったり、自分のプライドを認められていないという焦りがあるのです。

性格1:ムキになりやすい

血の気が多い人はちょっとしたことで興奮し、敵対心を持ってしまいます。その敵対心は自分が作り出した架空のものである場合が多いという傾向にあります。そして、ついつい人に手を出してしまう、本当はこんなことをしたくないのに…そういう感情も持っています。 血が頭に上ると感情のセーブがきかなくなってしまうという気持ちが、本当は心の中には存在しているのです。周囲から「やめなさいよ」と諫められて「うるさいな」と言ってしまうのは、本当は自覚があるからなのかもしれません。

性格2:周囲の視線が気になる

血の気が多い人は、実は周囲の視線をとても気にしています。他人に対しても、「自分を馬鹿にしているに違いない」と気にしすぎ、敵対心となって表現されます。もし周りのことを気にしなければ、喧嘩や言い争いをする必要もなく、血の気が多いなどと思われることもなくなります。

性格3:プライドが高い

血の気が多い人はプライドが高く、非常に負けず嫌いです。プライドを傷つけられそうになると、その相手を敵とみなして攻撃的な態度をとってしまいます。短気とも言われたりするのは、自尊心が高く、自分のことを認められたいという思いがあるからです。

血の気が多い性格の人の長所・短所

血の気が多い人の周りにもコミュニティが存在し、仲間同士で笑顔で過ごしていることも多いです。それは血の気が多いけれども長所もあるからです。ここでは血の気が多い人の長所と短所を説明します。

血の気が多い性格の人の長所

血の気の多い人は気が強いため、自分を守ったり、仲間を守ることができます。信頼できる仲間からはとても頼れる存在と思われることがあります。

長所1:苛立ちを発散することができる

感情をうまく発散できずに悩む人は、世の中にたくさんいるのですが、血の気が多い人はすぐにストレスを発散しやすいという長所があります。そして、相手に勝てたという気持ちになれば、満足感も得られます。

長所2:強い人という印象がある

自分の意見をはっきりと述べたり、本当に悪い相手に対しても物事を述べることができるため、血の気の多い人は、仲間から「頼れる人」と思われます。

血の気が多い性格の人の短所

血の気が多いために、相手を傷つけたり、その結果自分を傷つける可能性もあります。血の気が多いことにより、本人は心の中で葛藤があるのです。

短所1:周囲を混乱させてしまう

突然喧嘩が始まったりすると、やはりみんな驚いてしまいます。状況次第では警察を呼ばれたりする可能性もあり、怖がられてしまいます。そうなった場合は後で謝罪しなければなりませんし、罰を受けるような状況になることもあります。 血の気の多い人は、自分の感情を抑える方法を身につけ、人を混乱させて迷惑がかかるような行動を起こさないように注意しなければなりません。

短所2:血の気が多いというレッテルを張られる

怖がられることにより「あの人は血の気が多いから、あまり近づかないでおこう」などと偏見を持たれてしまう可能性があります。いったん偏見を持ってしまった相手には、人間関係の構築をするには、相手を安心させるための多大な努力が必要になります。

血の気の多い人はさらに自分の長所を増やしましょう

血の気が多い人にももちろん長所はあります。しかし、血の気が多いことで、相手から嫌われればコミュニケーションは狭まり、結果として自分の行動範囲や将来の希望も狭まってしまう可能性があります。 できれば多くの人から認められれば、社会に存在することが楽になると思います。血の気が多い人も、自分を見つめて改善する方法はあるので参考になればと思います。

血の気が多い人との付き合い方

血の気が多い人は喧嘩っ早く苦手だという人がいると思います。それでは、いったい血の気が多い人とは、どのような付き合い方をすればいいのでしょうか? 突然怒鳴られたりすれば、自分も一緒になって怒ったり責めてしまえば収拾がつかなくなります。相手が困ったアクションを起こしたら「どうしてそういうことをいうの?」と聞いて教えてもらいましょう。そして感情論ではなく、事実をしっかり把握して解決策を探っていきます。

血の気の多い相手のことを、どうしても怖くて苦手であったり、馬が合わないという場合は、距離を置くことも一つの方法です。あまりにも強いストレスを受けていると、精神的な病気になってしまいます。職場の人など、関わらなくていい人であれば無理に関わる必要はありません。 相手が家族であるとしても、別居したり、警察や市町村の福祉の窓口など(DVや引きこもり、認知症の相談窓口)に相談して距離を置く方法もあります。

血の気が多い女との付き合い方・対処法

血の気が多い女性は、仕事のほかに家事や育児、介護や、家計を管理するなどの役割を持つ人が多いです。家庭を守る女性は、夫が気持ちをを分かってくれないなどのストレスや苛立ちを隠そうとしません。家族は、日ごろから努力や役割を認め、理解して安心感を与えるようにします。 職業では、看護師や保育士などの医療福祉関係や、事務職についている人などが多いと思います。医療福祉関係の場合は、資格を持って仕事をするなどの責任の多い仕事です。

いつもにこやかにとは思うものの、発散できるときには強い態度になります。事務職で血の気が多い女性は、資格や、自分の仕事に対しての自負があります。やはり日ごろから頑張りを認めることが必要です。 血の気が多い状態で行動を起こしてしまったとき、もちろんダメなことはダメと伝えます。女性の場合は、論理的思考よりも感情を表現することがあり、男性にとっては理解が難しいかもしれません。話を傾聴するようにすると、さらなる感情の高ぶりは抑えられます。

血の気が多い女との付き合い方・対処法

男性は家庭において、経済的に支える立場の人が多いのではないでしょうか。外で働き、家にお金を入れてている、これをそのまま表現されてはハラスメントになりかねません。しかし、家族としては、頑張りを認めたり、感謝の気持ちを日ごろから伝えるようにして認めましょう。 男性は管理職につく人の割合が多いと思います。中間管理職であれば、上司からも部下からも板挟みになり、ストレスは増加します。

また男性でも非正規雇用など、思うように働けないという人もいると思います。血の気が多い人にとり、社員や年下の部下などからのストレスが大きいと思います。 血の気の多い人はストレスがたまりやすく、家でストレスを爆発させたり、アルコール依存症などになるかもしれません。問題行動を起こすような場合は、相手にするのではなく、身を守るために遠慮せずに警察に通報することも大事です。

血の気が多いのは改善できる?

血の気が多い人は、まず自分の問題点を知ることが必要です。自分の行動がなぜ起こるのかに気づき、客観的に分析をして改善策を見つけることができれば改善することができます。ここでは血の気が多い状態をやめるための方法をご紹介します。

改善方法1:余計な判断をしない

誰かに何かをされた、という思いから血の気が多い行動をしてしまうと思います。しかし、その誰かは本当に敵なのでしょうか?実はそれは勘違いである場合が多いです。 血の気が多い人は、自分の立場を揺らがされそうになっているとか、相手は悪い奴だという妄想をしているということを自覚しましょう。そのような場面に遭遇したら、イラッとしながらもいったん落ち着き、その場を離れて、正しい判断をできるように練習しましょう。

改善方法2:勝ち負けや優劣に関心を持たない

血の気が多い人は勝ち負けが気になりやすいのではないかと思います。馬鹿にされたくない、見下されたくないという思いから、相手を打ち負かさなければならないと思い、喧嘩になってしまいます。 血の気が多い人は、強そうな行動をしますが実は臆病な面があり、人から認められないと不安だとビクビクしているところがあります。しかし競争は、自分が作り出した妄想ではないかと考え、自分の本当の立場について考えてみましょう。実は誰も敵ではないかもしれないのです。

改善方法3:執着しない

相手を許したくないという思いは、執着心から来ています。執着する心から離れるためには、一歩下がって、相手に譲るとか、許すという気持ちを持つことです。許すというのは、相手のためだけではなく、自分の心があまり敏感に反応しないようにすることにつながります。 イライラして血に頭がのぼって、それをすぐに行動化して発散することはやめましょう。いったん立ち止まり、相手の立場を考えたり、自分が疲れないように考えを放棄することで、ものごとは穏やかに済ますことができるようになります。

血の気が多い人は心が敏感になっている

血の気が多いと、周囲の反応が気になることで、喧嘩っ早いような行動をしてしまいます。まずはいったん落ち着いて、その競争は自分の妄想であることを理解しましょう。そのうえで、一歩引いて行動をすれば、心が穏やかな気持ちで過ごすことができるようになります。

関連記事2

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

あかゆり

あかゆり

現在、大学で心理学を学んでいる社会人です。これまでは医療福祉の仕事をしてきました。心理学もライターと...

人気記事

新着記事