2019年07月09日公開

2019年07月09日更新

凹むとは責任感があるということ?凹むの意味から凹む原因までを解説

毎日の生活の中で、凹むことはよくあることです。なぜ人は凹むのでしょうか。凹むことが悪いわけではありませんが、何度もそうなってしまうと辛いもの。凹みやすい性格を改善し、自由に楽しい人生を送りたいですよね。凹むという言葉の意味、凹む原因や改善法を解説します。

凹むの意味とは?

凹むとは、物の表面くぼんだ状態になるという意味です。気分が滅入ることを精神的に凹んだ状態として、凹むという言葉が使われるようになっています。 「凹む」の読み方として、「へこむ」と「くぼむ」の2種類の読み方があります。へこむというのは、何か要因があってその部分がへこんでいる状態です。また、くぼむというのは周りに比べてそこだけが低く落ち込んでいる状態です。 精神的に凹む、という場合には「へこむ」という読み方が一般的に使われています。当たり前のように使っている言葉ですが、改めて凹むという言葉について学んでみましょう。

凹むの使い方・例文

「仕事のミスで凹む」というのは、ミスによって精神的に気分が滅入っている状態です。気分が滅入っているとモチベーションが下がり、前向きな気持ちが失われています。この状態が続くと新たな仕事にチャレンジができません。 「恋人にふられて凹んでいる」というのは、気持ちが沈んでしまっている状態です。そのことばかりを考えてしまい、暗い気分が続いてしまいます。

凹むの類語

凹むという言葉にはどんな類語があるのでしょうか。凹むの類語には、気持ちが沈む、ぺしゃんこになるがあります。どの言葉も精神的にいつもの状態に比べて、下がっているというニュアンスを含んでいます。 気持ちが沈むというのは、何かの事象によって気分が暗くなっている状態を表します。ぺしゃんこになるというのは、あるべき形が外からの力によって変形してしまったという意味があります。

「凹(へこ)む」と「落ち込む」の違い

凹むと落ち込むという言葉はよく似ています。同じ意味として使っている方も多いのではないでしょうか。では、凹むと落ち込むにはどんな違いがあるのでしょうか。 落ち込むというのは、例えばそこに穴があって穴に落ちてしまったようなイメージです。凹むというのは周りに比べて一部分がくぼんでいる状態なので、落ち込むのほうが程度が高く時間も長くなります。

凹むの対義語

凹むの対義語として、凸む(つばくむ)という言葉があります。凸むには突出している、凹凸(おうとつ)があるという意味があります。物の状態としての凹むの対義語にあたります。 精神的な意味での対義語としては、はしゃぐ、高揚する等があります。気持ちが高ぶって積極的に明るくなっているイメージです。

凹みやすい人の特徴

凹みやすい人にはどのような特徴があるのでしょうか。当てはまる特徴があるかどうか、確認しながら読み進めてみてください。

特徴1:真面目

凹みやすい人の特徴として、真面目という特徴があります。真面目に物事に取り組む、失敗してはいけないと思い込みがちです。 全てにおいて完璧な人はいませんし、人は失敗から学ぶものです。しかし真面目な人は失敗することが許せなくなってしまうのです。失敗するたびに自分はダメだ、と考え凹んでしまいます。

特徴2:責任感が強い

凹みやすい人の特徴として、責任感が強いという特徴があります。責任感が強いので与えられた仕事を自分ひとりでやらなければならないと背負い込んでしまいます。また、仕事を人にふることができません。 与えられた仕事をこなすことができなかった、1人でやりきることができなかったと感じることが増えます。その結果凹みやすくなってしまうのです。

特徴3:自信がない

凹みやすい人の特徴として、自分に自信がないという特徴があります。自分に自信がないと物事をネガティブにとらえてしまいがちです。 例えば、会社で上司に挨拶を返してもらえなかった。もしかしたら上司は急いでいて気が付かなかっただけかもしれませんし、声が聞こえなかっただけかもしれません。自信がないと「やっぱり私は嫌われているんだ」と考えてしまい、凹んでしまうのです。

特徴4:とらえ方がネガティブ

凹みやすい人の特徴として、とらえ方がネガティブという特徴があります。上司や先輩に間違いを指摘された、これだけのことでも「自分はダメだ」と思い込んでしまいます。上司や先輩はあなたのためを思って教えてくれただけかもしれません。 また、プライベートにおいても他人と比べたりしてネガティブにとらえます。友達はどんどん結婚しているのに、自分はまだ独身のまま。口うるさい両親は自分のことを気にかけていない。こんな風にネガティブにとらえてしまいます。

凹む原因

人が凹む原因はどのようなものがあるのでしょうか。凹んでしまう原因についてご紹介していきます。

原因1:凹むことを良くないと考える

凹む原因として、凹むことを良くないと考えるという原因があります。凹んでいる状態を悪い状態である、と考えてしまいます。凹んではダメ、と思えば思うほど自己嫌悪におちいってしまうのです。 なぜあんな失敗をしてしまったのか、自分自身への粗探しをしてしまいます。そしてさらに凹んでしまうことに繋がってしまうのです。

原因2:失敗をしてはいけないと考える

凹む原因として、失敗をしてはいけないと考えるという原因があります。小さな失敗でも許すことができず、失敗するたびに凹んでしまいます。失敗してはいけないと意識しすぎて、緊張しているので逆に失敗しやすくなっているかもしれません。 失敗ばかりにフォーカスしているので、他人から見れば失敗でもないことを失敗だと思い込んでしまう場合もあります。上司や先輩が通りがかったのに挨拶をしそこねてしまった、というようなことでも失敗とみなし凹みます。

凹む性格を改善する

凹んでしまうことは悪いことではありませんが、毎日のように凹むのは精神的に辛いもの。凹んでしまいがちな性格を改善し、毎日を楽しく自分らしく過ごしたいですよね。 凹みがちな性格をどのように改善していくのか。その方法についてご紹介していきます。

改善法1:自分を認める

凹む性格を改善する方法として、自分を認めるという方法があります。凹みがちな性格の人は自分に自信がなく、自分自身を認めていません。失敗すればするほど自分を責めてしまいます。 まずはありのまま自分自身、そして失敗しても大丈夫なのだと認めてあげましょう。失敗は誰でもしてしまうものです。それだけであなたの価値が下がってしまうことはありません。 自分のことを一番良く理解できるのは、他の誰でもなく自分自身です。ありのままの自分を認めてあげて、大切に扱うようにしましょう。

改善法2:凹んだ時の気持ちと向き合う

凹む性格を改善する方法として、凹んだ時の気持ちと向き合うという方法があります。凹んでしまった時、なぜ凹んでしまったのでしょうか。期待に答えたかったからなのか、尊敬する先輩と仕事ができて張り切っていたからなのか。 凹んでいるといっても、様々な気持ちがあるはずです。その気持ちに向き合ってみましょう。自分の本当の気持ちと向き合うことで、消化できずにモヤモヤしていた感情がスッキリします。

改善法3:改善にフォーカスする

凹む性格を改善する方法として、改善にフォーカスするという方法があります。凹んでしまうような出来事があったとき、どうしてもその出来事にフォーカスしてしまいます。なぜあんなことを言ってしまったのか、してしまったのかという風にです。 しかしどんなに思い悩んでも過去は変えることはできません。変えることのできない過去にフォーカスするのではなく、未来に目を向けるようにしましょう。同じような失敗を繰り返さないためにできることは何だろうか。 もし相手との人間関係が悪くなってしまったなら、関係をよくするためにできることは何だろうか。改善することにフォーカスすればいいのです。

改善法4:凹んだら運動する

凹む性格を改善する方法として、凹んだら運動するという方法があります。凹んでしまう人は凹んでしまった出来事や後悔について、グルグルと同じことを考えてしまいます。考えないようにすればするほど、頭には同じことが浮かんでくるもの。 そこで、凹んでしまったときに運動するという行動をしてみてください。近所をウォーキングしたりジョギングしたり。簡単な運動でも大丈夫です。身体を動かすことで意識が分散されて、気持ちがスッキリします。

凹んでも楽しい毎日を

凹んでしまいやすい人は責任感があり、真面目な人が多いのです。周りの期待に応えようと頑張りすぎているだけなのかもしれません。どんな人でも凹んでしまうことはあります。 凹んだ時にそのままでい続けるのか、凹んだとしても気持ちを切り替え次の行動に移せるのか。それが毎日の生活を憂鬱にするか楽しくするのかの違いです。これまでに紹介してきた改善方法を参考に、ぜひ毎日の生活を楽しく過ごしてくださいね。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

No Image

はりまろ

自分に自信がなく、人間関係に悩んでいた経験から心理学やコミュニケーションの分野を独学で学んできました...

人気記事

新着記事