2020年09月19日公開

2020年09月19日更新

彼氏が欲しいのにできない女性の特徴は?彼氏が欲しいならやるべき15のこと

彼氏が欲しいのにどうしてできないの?実は、彼氏が欲しいのに彼氏ができない女性には共通点がありました。今回は性格や心理、見た目からその特徴を見ていきます。彼氏を作るにはまずやるべきこともあります。今回のことを実践すれば、彼氏ができるようになりますよ!

本気で彼氏が欲しいあなたへ

彼氏が欲しい、なのに彼氏ができなくて困っている方へ!なぜ、彼氏が欲しいのにできないのか?性格や見た目から、彼氏ができない原因について詳しく解説していきます。また、彼氏を作るための方法もご紹介しているので見ていきましょう!

彼氏が欲しいと思うのはどんなとき?

彼氏が欲しい!と思うのはどんな時でしょうか?みんなが思うタイミングを見ていきましょう。

友達に彼氏ができた時

彼氏が欲しいと一番思うことが多いタイミングは、友達など身近な人に彼氏ができた時です。今まで彼氏がいない者同士で意気投合していたのが、友達に彼氏ができるとおいて行かれた虚しさを感じてしまいます。 友達も幸せそうにして「早く彼氏作りなよ」とせかしてきたりすると、欲しい気持ちはますます増していきます。休みの日も彼氏とのデートが優先になったり、幸せそうな姿を見ていると羨ましくなっちゃいますよね。

休みなのに予定がない時

平日は仕事だから仕方ないとしても、休みの日になったら毎回家でゴロゴロしているだけになっていませんか?そんな日々が続くと、充実感も何も得られずに虚しさだけが続きます。みんなは今頃楽しくやっているんだろうな、と思うほどに欲しいと思う気持ちが募ります。 あえて友達と予定を合わせるまでもないし、友達はデートの予定が入ってしまっているし、という状況になると彼氏が欲しいと思うようになります。「私も彼氏と充実した休日を送りたい!」となりますよね。

なんとなく寂しさを感じた時

女子って、なんとなく寂しい時ありますよね。特に夜に途端に寂しさを感じるようになったり、辛い時は誰かに側にいてほしいものです。普段楽しい毎日を過ごしている時は何も思わなくても、辛い時ほど彼氏が欲しいものです。 なんとなく寂しい日々が続くと、一人ということも実感してしまいます。「こんな時に誰かいたらなー」と思うと、余計に寂しくなってしまいますよね。寂しいと彼氏が欲しい気持ちは強くなります。

デートスポットに行きたい時

女子の行きたいところって、時にはデートスポットな時がありますよね。これは友達同士で行くところじゃないな、という場所だと「彼氏と行きたい」となってしまいますよね。まして、友達に持ちかけたら「彼氏と行くわ」と言われた日には、ショックが倍増です。 「私だって彼氏欲しいよ」となります。デートスポットって誰かが決めたわけじゃないけれど、行ったら周りがカップルばかりだと、余計に悲しくなります。デートスポットはやっぱり彼氏とじゃないといけないですよね。

友達の結婚式に参加した時

友達の結婚式に参加すると、自分も彼氏が欲しい気持ちが強くなりますよね。幸せな様子を目の当たりにしてしまうので、彼氏がいない寂しさを強く実感します。実際結婚式で知り合った者同士で付き合うことも多いくらいです。 参加側じゃなくて、自分もウェディングドレスを着たいなと憧れると彼氏が欲しくなりますよね。花嫁さんに憧れない人はいないと思います。憧れを持つほどに、願望も強くなってしまいます。

彼氏が欲しいのにできない女性の特徴6つ【性格・心理編】

彼氏が欲しいのにできない女性の性格や心理について見ていきましょう。彼氏が欲しいのにできない人には、特徴がありました。

性格・心理1:相手からくるのを待っている

彼氏が欲しいと思っていてもできない人は、自分から積極的に行動できない人です。彼氏は待っているだけでやってくるものではありません。自分から積極的に出会いに行き、積極的に異性と交流を持たなければ彼氏ができることはありません。 「いい人いないかなー」とただ嘆いているだけでは彼氏はできません。白馬の王子様はこの世の中にはいません。好きになってくれる人がいてくれるかもしれませんが、接点を持たなければ、そういう存在も現れることはありません。

性格・心理2:ネガティブに考えてしまう

何事もネガティブに考えてしまう人も、彼氏ができません。ネガティブに考えてしまう人は、例え出会いがあったとしても「この人が自分を好きになってくれるわけがない」と考えてしまいます。彼氏が欲しい気持ちを自ら否定しているのです。 その結果、いつまでも踏み出せずにどんどんチャンスを逃してしまいます。ネガティブな女性は、自己否定も強いので、「自分を好きにならないで」という行動や態度を自然と行ってしまっています。それでは彼氏が欲しくても、彼氏ができることはないです。

性格・心理3:本気で恋をしたいと思っていない

彼氏が欲しいと思っていても、実は本気で恋をしたいとは思っていない人もいます。周りが彼氏を作った方がいいと言っているから、欲しいと言っているだけという場合もあります。 「彼氏がいる」ということを言いたいだけかもしれません。彼氏が欲しいというよりかは、ステータスとして彼氏という存在が欲しいだけです。それでは、男性の中身を見ることはできないので、彼氏ができないのは当然とも言えます。 自分の中身を見てくれる人でなく、存在として欲しいだけの人と付き合いたいと思う人はいませんからね。自分も逆の立ち場だとそのような男性は避けるはずです。本当に彼氏が欲しいですか?

性格・心理4:高い理想を持っている

彼氏が欲しいのにできない人は、理想が高すぎるのかもしれません。理想を持つことは大切ですが、高すぎる理想を掲げていると男性を値踏みしてしまいます。「条件と合わないから」「思い描いている人と違うから」と切り捨てていると、選ぶ人がいなくなってしまいます。 自分の理想とどんぴしゃの人はそう現れません。これだけは譲れないものを持っておくのは大切ですが、格好良くて、身長が高くて、こういう性格でと並べすぎると、存在しない人を作り上げてしまいます。一度理想を捨てて、色んな男性を見てみましょう。

性格・心理5:恋愛の優先順位が低い

彼氏が欲しいと言っていても、実際私生活が仕事を優先にしすぎていて時間が取れないという人もいます。毎日仕事ばかりに時間をかけていると、恋愛をする時間がありません。 休みの日も出会いに行くよりも仕事をしていると、彼氏ができないのは当たり前です。忙しいというのを理由にしてしまっている人は、ただ単に今すぐ恋愛をしたい、彼氏が欲しいとは思っていない人です。本気で欲しいのであれば、自然と優先順位は高くなっていくはずです。

性格・心理6:やってもらいたい気持ちが強い

彼氏ができない人は、やってほしいという気持ちが強すぎる場合があります。彼氏ができたらこんなことをしてほしい、男性にはこういうことをしてほしい、としてほしいことばかりを並べていると彼氏はできません。 彼氏はあなたの世話役でも、願望を叶えてくれるだけの存在でもありません。お互いにやってやってもらっての関係を作るのがベストです。最初から求められているだけでは、男性もしんどくなって彼氏になりたいとは思えません。 お姫様ではありません。やってもらいたいという意識を捨てて、やってあげるという意識を持つようにしましょう。

彼氏が欲しいのにできない女性の特徴5つ【見た目編】

彼氏が欲しいのにできない女性の見た目について見ていきましょう。実は見た目にも共通点がありました。

見た目1:常に仏頂面

男性は女性の笑顔が好きです。いつも笑顔で挨拶をしてくれるだけで好感を持つものです。しかし、いつも仏頂面で笑顔を見せないと、近づき難いと思われてしまいます。「声をかけない方がいいな」「なんか怖い」と思われてしまいます。 仏頂面だと彼氏どころか、人とも仲良くし辛いです。中には笑顔を作るのが苦手な人もいるでしょう。目があったらにこっとするようにするだけでも、印象は変わってきます。 いくら見た目を可愛くしても、表情がなければ台無しです。元の顔は関係ありません。笑顔にするだけで、可愛いは作れます。

見た目2:化粧が濃すぎる

大人になるにつれ、キレイに見せようとすると化粧が濃くなっていきます。人によっては、すっぴんの自分が嫌で濃い化粧をする人もいるでしょう。しかし、その化粧は男性には逆効果です。 男性はすっぴんの顔のほうが好みます。化粧が濃すぎると、作っている感がわかり、男性は自然と距離をおいてしまいます。厚化粧は男性からすると痛々しく見られてしまいます。特に年齢が上がるほどに男性に引かれてしまいます。

見た目3:猫背で自信がなさそうに見える

いくら身だしなみをキレイにしていても、姿勢が悪いと魅力的には見えません。猫背になると、体型が汚く見えるだけではなく自信もなさそうに見えます。自信なく見える女性に男性は声をかけたいとは思いません。 女性を下に見たいような変な人はくるかもしれません。しかし、本当の心優しい彼氏ができることはありません。卑屈そうに見える人と一緒にいたいとは思えませんからね。

見た目4:仕草が下品

男性が振り返るような、誰もがキレイという女性だとしても、仕草が下品だと残念です。例えば足を開いて座ったり、おっさんのようにがさつだと男性は引いてしまいます。ご飯を食べるのが汚かったり、食事のマナーが悪いのも評価が下がります。 女性は仕草や振る舞いに気品が生まれます。そこが汚いと、顔がキレイでも服装が可愛くても意味がありません。一つ一つの振る舞いを見直してみましょう。

見た目5:清潔感がない

清潔感がないのは男女共にアウトです。寝癖がついたまま髪の毛がいつも乱れていたり、持ち物が汚れていたりするとアウトです。男性は細かいところを見ています。キレイに着飾っていたとしても、細かいところが汚いとそれだけで評価が下がります。 彼氏が欲しいのであれば、細かい点にも意識を向けましょう。服がほつれていたり、靴が汚れているままでも印象は悪くなるばかりです。清潔感を意識して、白いワンピースが似合う女性だね、と言われるようになりましょう。

彼氏が欲しいならやるべき6つのこと【社会人編】

彼氏が欲しい人がやるべきことを見ていきましょう。社会人で彼氏が欲しい人は何をすればいいのか?ご紹介していきます。

実践1:アラサーは出会いを増やそう

アラサーになると、出会いはどんどん少なくなっていきます。ただでさえ社会人は出会いの場が限られていきます。アラサーになると、男性は責任を取るのが大変そう、とネガティブなイメージも抱くようになります。 単純に出会いの数を増やし、年が変わらない男性と出逢えばチャンスは増えていきます。自然と出会うのは難しいです。街コンなどのイベントや、飲み会に参加したり積極的に出会いを増やしていきましょう。

実践2:アラフォーは新しいことを始めよう

アラフォーで彼氏ができないと、周りからはかなり問題視されてしまいます。普通にしているだけでは、アラフォーに彼氏ができるのは難しいです。一番彼氏ができない原因としては、ずっと作っているルーティンの中に居続けていることです。 同じルーティンの中では、当たり前ですが新しい出会いはありません。新しいことを始めれば、新しい出会いも起こります。習い事を始めてみたり、趣味を始めてみたり、異性と出会えることを始めましょう。 アラフォーになると、同年代だと結婚をしている人も多くなります。同い年だけではなく、年下との出会いを探してみるようにしましょう。

実践3:彼氏ができない理由を見つけよう

彼氏が欲しいのに、できないことには原因があります。単純に出会いが少ないだけかもしれません。自分の性格に問題があるのかもしれません。受け身すぎて自ら遠ざけているのかもしれません。何が原因なのか理由を見つけましょう。 彼氏ができない原因を解決しなければ、彼氏は作れません。まずは自分の欠点を見直して、改善するようにしましょう。自分一人ではわからない場合は、信頼できる友達に聞いてみましょう。自分と向き合わなければ、いつまでもできない日々を過ごし続けるだけです。

実践4:友達に紹介してもらおう

社会人になると、普通にしていると出会いはありません。出会いがないからこそ、友達に紹介してもらうなど、身近な人を頼るようにしましょう。友達の友達が一番安心できます。飲み会に行ったり、知らない人に会うのに抵抗がある人は友達に紹介してもらいましょう。 紹介してもらうのは恥ずかしいかもしれません。しかし、彼氏を作るためには恥ずかしいなどとは言ってられません。紹介してもらわなくても出会いがあるならば問題ありません。しかし、そうでないのであれば、紹介してもらうことの抵抗を一旦なくしましょう。

実践5:聞き上手になる

女性は話すが好きです。女同士であればいつまでも話していることでしょう。それを同じように男性の前でやってしまうと、男性に面倒がられてしまいます。男性だって自分の話を聞いてほしいものです。マシンガントークで話しすぎないようにしましょう。 聞き上手になり、男性の話を聞いてあげると、「この子といると居心地がいい」と思ってもらえます。話しすぎずに、話を聞くことを意識してみてください。それだけで、彼氏ができるようになりますよ。まずは自分の言いたいことを抑えて、先に聞くことをしてみましょう。

実践6:男性を立てる

学生時代であれば、自分のことばかりを主張していても問題ありません。社会人になると、男性を立てられる女性が好まれます。男性は社会人になると、仕事をがんばってどんどん出世していく存在です。 その相手に「自分の方ができる」と意地を張っていたり、自分が自分がとなってしまっていると相手にされません。ライバル視される存在は、同性のような感覚で見られて終わってしまいます。 さりげなく「いつも仕事で頼りになる人なんです」というように男性を立てられると、嬉しいものです。まずは褒める数を増やすだけでも、自然と男性を立てられるようになります。相手をけなさずに、良いところを一日一回は褒める。これを意識してみてください。

彼氏が欲しいならやるべき4つのこと【女子高生編】

彼氏が欲しい女子高生がやるべきことをご紹介します。

実践1:感情表現をしよう

モテる女子高生はリアクション上手です。「嬉しい」「楽しい」という表現をするのが得意です。なんでも純粋に喜んでくれるのは男性も嬉しいものです。なんでも無感情で反応が薄いと、面白みがありません。 感情表現が豊かだと、もっと喜ばせてあげたい、もっと笑顔を見たいと思うようになります。男性は知りたい、一緒にいて明るくなれると感じる女性を好みます。彼氏ができる女子高生は、いつも笑顔が絶えず、明るい雰囲気を醸し出しています。 まずは恥ずかしがらずに、感情を素直に口に出してみましょう。喜ぶのが恥ずかしい、恥ずかしくて嬉しいと言えないこともあるでしょう。しかし伝えないと伝わりません。恥ずかしさを捨てて男性を喜ばせるために感情を伝えてあげましょう。

実践2:いつも笑顔でいよう

いつもにこにこする、これだけでオッケーです。にこにこしている人の周りには、自然と人が集まってきます。男性は女性の笑顔が好きなので、笑顔でいる姿を見ているだけで癒やされます。 常にむすっとしていたり、クールを気取っている女性よりも笑顔でいる人の方が素敵です。何も無い時に笑顔を浮かべるのは難しいでしょう。なので、人と話す時に笑顔を浮かべたり、目が合ったら微笑んでみましょう。 それをするだけで、好印象を与えることができます。人は見た目から入ります。明るそう、暗そうは笑顔で決まります。笑顔でいれば、明るそうと思われて彼氏もできるようになりますよ。

実践3:周りに気配りをする

気遣いができる女性は、それだけで男性に好感を持たれます。中学生の時であれば可愛い、面白い、話が盛り上がるだけでも恋愛対象となりました。しかし高校生になると、大人へと考え方も進んでいきます。 周りに気配りができる女性は、「気が利く素敵な人」だと思ってもらえます。自分ばかりではなく、周りに配慮したり、心配したり、話に入れない人がいたら一緒に話してあげたりしてみましょう。 気配りをしている姿に、男性は魅力を感じます。彼氏が欲しい人は自分だけを磨くのではなく、周りへの気遣いを意識してみるといいですよ。

実践4:制服をおしゃれに着こなす

彼氏が欲しいならば、見た目をキレイにするのも大切です。高校生だと化粧ができないことがほとんどなので、制服を可愛く着こなすようにしましょう。校則の範囲内でもおしゃれにすれば、おしゃれに気を遣える女性だと思ってもらえます。 髪型をアレンジしたり、アクセサリーをつけたりとワンポイントのおしゃれを意識しましょう。毎日違ったスタイルで、毎朝手をかけている姿を見せれば、男性も「今日はどんな姿でくるんだろう?」と興味を持ってくれるようになります。 男性から興味を持ってもらえれば、彼氏となる第一歩へと繋がります。学校でおしゃれができないと気をぬかずに、ワンポイントのおしゃれを入れてみましょう。

彼氏が欲しいならやるべき5つのこと【大学生編】

彼氏が欲しい大学生は何をすればいいのか?彼氏が欲しい大学生がやるべきことを見ていきましょう。

実践1:おしゃれを見直す

彼氏が欲しいのならば、外見を意識することが大切です。大学生は私服で登校する場所です。だからこそ、普段の服装が見られます。毎日Tシャツにジーンズばかりだと、女性らしさを感じられません。 男性は可愛らしい女性を好むものです。時にはスカートスタイルを取り入れてみたり、ワンピースを着たりとおしゃれしてみましょう。服装だけではなくメイクや髪型を変えてみるだけでも印象が変えられます。キレイになった途端に彼氏ができる人も多いです。まずは見た目から変えていきましょう。

実践2:言葉遣いを見直す

「マジで」「やばい」というような、がさつな言葉ばかり使っていませんか?言葉遣いが汚いと、女性とは見てもらず男性のように感じられてしまいます。接しやすくて、仲良くはなりやすいですが、恋愛としては見てもらえません。 彼氏が欲しいと思っている人は、言葉遣いを見直しましょう。キレイな言葉を使うようにして、男言葉を正していってください。それだけで、女性らしく見てもらえることもあります。

実践3:自分に自信を持つ

自分に自信がもてないと、自分の思っていることを出すことができません。相手に合わせて言葉を選んで発言をしたり、常に受け身になってしまいます。それでは男性は一緒にいて楽しくありません。 何でも気軽に話せて一緒に楽しめる人といたいものです。彼氏が欲しいと思う人は、まずは自分に自信をつけましょう。自信をつけるのは難しいと思います。まずは、人の顔色を伺わずに、自分の思ったことを口に出してみてください。 人はそこまで、その発言に対して何も思いません。自分の意見を口に出してみる、これを繰り返して行っていくうちに自信が持てるようになりますよ。

実践4:他学科と交流を持つ

大学はたくさんの人がいます。しかし、高校生までとは違ってクラスがないので、自分から積極的に交流を持たなければ友達はできません。まずは同じ学科と交流を持ち、他学科とも積極的に交流を持つようにしましょう。 まずは、女の子の友達一人でいいです。一人でも他学科の人と仲良くなると、そこから交流が広がっていきます。色んな人と交流を持つことで、彼氏ができるチャンスが増えていきます。この子とだけ仲良くできればいいと思わず、輪を広げていきましょう。

実践5:異性を意識しすぎない

彼氏を作ろうと思うと、途端に男性のことを異性として意識すぎてしまいます。意識しすぎてしまうと、男性は「関わりにくい」「気を遣う」と思って避けてしまいます。男性として意識をしすぎずに、まずは友達として仲良くするようにしましょう。 彼氏を探すから彼氏候補!と気負いすぎるのは逆効果です。男女関係なく、友達のように仲良くできる人を作ることを意識しましょう。また、変に男性に媚びてしまうこともあります。ぶりっ子になると、余計に男性から避けられてしまいます。

彼氏が欲しいときに試してみたいおまじない3選

彼氏が欲しいときに試したいおまじないをご紹介します。

おまじない1:自分にメールを送る

自分宛てにメールを送るおまじないをしてみましょう。メールの内容は「My love comes soon」です。この受信メールを大切に保管しておいてください。言霊の力を借りて、彼氏ができるおまじないです。 言霊は強いです。彼氏ができると宣言するだけでもできますが、メールに記しておくことでいつでも確認できることができて力が出ます。常に持ち歩くスマホで確認できるからこそ、効果的です。

おまじない2:ピンク色を身につける

ピンクは恋愛運を上げる効果があります。ピンク色を身に着けておけば、女性らしさが上がり、魅力も高まるので出会いを引き寄せる効果があります。毎日身に付けておくことで、彼氏となる人と出会えるようになります。 ピンク色であればなんでも構いません。ピンクの服を着るのもいいですし、ピンクの鞄を持つのもいいです。財布をピンクにしてしまえば、自然と毎日身につけることができますね。 目に見えるところにピンクをおくのが一番効果的です。誰から見てもピンクを身に着けているとわかった方が、魅力が高まります。彼氏ができる女性は可愛いものです。ピンクで可愛い魅力を引き立てましょう。

おまじない3:理想の彼氏を紙に書き出す

理想は誰でもあるものです。こういう性格の人、こういう場所に住んでいる人、長男がいいなど様々あると思います。細かく、具体的に書き出してみましょう。その時、絶対これは必須というものと、こういう男性は嫌というものも書いてみると効果が上がります。 紙に書き出すことで、自分がどういう男性を彼氏として求めているのかが目に見てわかります。引き寄せの法則という言葉があるように、自分が具体的に求める人を強く望めば理想の彼氏を引き寄せることができます。

自分を見直して彼氏が欲しい希望を叶えましょう!

彼氏が欲しいのであれば、まずはできない女性の特徴に当てはまっていないか見直すことが大切です。出会いがなかったりするのも大きな原因とはなりますが、彼氏ができないのは性格や見た目の意識が薄いからです。 彼氏が欲しいならやるべきことを、状況別にご紹介しました。自分に当てはまることを実践してみるだけでも、彼氏ができるようになります。彼氏ができるおまじないも試してみましょう。

短期間であんなに音痴だった私が...?

歌がうまかったらなんて人生楽しいのだろう...そう何度も思ってきました。 昔の私は音痴で人とカラオケに行くことすら怖かったんです。 そんな私が、なんと「無料の講義内容を実践」するだけで、びっくりするくらい歌が上手くなったんです!! その秘密はこちら↓

関連記事

ライター

No Image

人気記事

新着記事