2019年07月15日公開

2019年07月15日更新

青臭いの意味と使い方・例文・類語を紹介!青臭い人の特徴も解説

もし「青臭い」と人から言われたらどんな気持ちになりますか?何だか否定されているような気がしますが、実際にどんな意味なのか、悪い意味なのか良い意味なのか、はっきりと分からない人も多いと思います。今回は青臭いという言葉の意味と、青臭い人の特徴を調べてみました!

「青臭い」という言葉の意味「青臭い人」の特徴は何か

「あの人の考え方は青臭い」とか「彼は青臭い行動をする人だ」などの言葉をよく耳にしますよね。そのような言葉から、青臭いとは未熟、子供っぽいという意味だと想像でがきます。 では実際に、青臭いという言葉の本当の意味は何なのでしょうか。また、青臭い人とはどんな人のことを言うのでしょうか。 今回は青臭いという言葉の実際の意味、また青臭い人の特徴をご紹介します。

青臭いとはどういう意味か?

もともと「青臭い」はどんな語源があるのでしょうか。では実際に「青臭い」という言葉の意味を、例文を用いて紹介して行きます。

青臭いの意味とは?

「青臭い」と聞いて、単に匂いを想像する人も多いでしょう。匂い・香りに関係する意味も一つです。では、人に対して使う「青臭い」という言葉の意味はどうでしょうか。詳しく見ていきましょう。

青臭いの使い方・例文

「青臭い」という言葉には大きく分けて二つ意味があります。 一つ目の意味は、「青草から発するような匂いがする」という意味です。 例文:薬草の青臭さ、青臭い絞り汁 植物や果実が若く、まだ熟さず、青々とした匂いがするという意味を表します。 二つ目の意味は、「人格や行動などが未熟で幼稚である」という意味です。 例文:彼は青臭いことを言う。あの人は青臭い考え方をしている。 人に対して使う例えの言葉で、若い植物や果実のように、未熟で子供っぽい性格や言動という意味です。

青臭いの類語

青臭いの類語には「未成熟」「生熟れ」「幼稚」などがあります。 ①未成熟は、「十分に成長、発育していないこと」「まだ熟れていないこと」という意味で、主に、果樹・果実や、人間性などについて用いられます。 ②生熟れは、「未熟なこと(そのさまや人)」「熟達していないこと(その様や人)」という意味です。 ③幼稚は、「おさないこと」「考え方・やり方などが未熟であること(さま)」という意味があります。

青臭いの英語表現

青臭いの英語表現には「naive」「unripe」などがあります。 naiveには、「世間知らずの」「単純な」「未経験な」という意味があり、unripeには「未熟な」「生の」という意味があります。

青臭い人の特徴とは?

青臭い人にはいくつか特徴があります。どんな特徴なのか分かれば、青臭い人への理解へ繋がるかもしれません。では、青臭い人の特徴を見ていきましょう。

特徴1:自分の意見ばかりを主張しようとする

多くの人は、年齢を重ねると、みんなの前で自分の意見ばかりを主張することは、よくないことだと気付くものです。 話合いや会議で自分の意見を言うことは大事ですが、それ以上に他の人の意見や考えを聞くことで、自分を成長させることができます。また、お互いの意見やアイデアを出し合うと、より良いものを作ることができます。 しかし、青臭い人にとって、話合いは自分の考えや意見を示す場であって、その目的などあまり考えようとしません。話合いや会議だけではなく、普段のカジュアルな会話でも議論に持ち込み、自分の意見を主張することを好みます。

青臭い人は自信家でもあり、自分の意見や理想に反対しようとする人に、耳を貸そうという気持ちがないことも、一つの特徴と言えるでしょう。

特徴2:身の丈に合わないチャレンジする

チャレンジすることで、人はより良い自分に成長することができます。また、自分の実力より少し高いところを目指すことで、達成したときには、満足感や充実感が得られ有意義な経験をするのです。 しかし青臭い人は、挑戦をする前に、計画や準備をせず、周りの人から見たら無謀と思われることに、思いつきで挑戦してしまう特徴があります。 例えば、働き始めて何年も経たない時期に、自分の貯金も年収も考えずに、高級時計を購入したり、駆け出しの俳優が、ブロードウェイ有名劇団のオーディションを受けたりすることは、無謀で青臭い挑戦と言えるでしょう。

人間大人になれば、自然と無理な挑戦をしないようになるのでが、実力では到底及ばない挑戦を、よく考えもせずにやってしまうことも、青臭い人の一つの特徴と言えるでしょう。

特徴3:自分が皆のリーダーだと勘違いしてしまう

青臭い人は、周りの人が自分に対して好意的だと思い込む傾向があり、そのため自分からも、時には馴れ馴れしいと思われるようなポジティブな態度で、他者にコミュニケーションを取ろうとします。 自分に対して自信を持っていて、皆から好かれているとさえ思っているので、周囲の人の評価があまり良くないとは夢にも思っていません。そのため、オープン過ぎる態度で人に近づいて行って、相手を戸惑わせてしまいます。 相手に馴れ馴れしく接するだけでなく、皆が自分の意見に賛同している、また、皆が自分を慕っていると勘違いしているので、得意の議論でグループの中心になろうとする傾向にあります。自分は皆を引っ張っている存在だと信じ込んでいるのです。このように、自分がグループのリーダーだと勘違いしていることも、青臭い人の特徴と言えるでしょう。

特徴4:よく考えずに言葉に出す

青臭い人は、相手の気持ちを考えずに思ったことを口に出してしまうことがよくあります。人は年齢や経験を重ねるごとに、この相手にこれを言ったら良くないということを考えられるようになります。相手の気持ちを考えて、心では思っていても、それを直接言葉にすることは避けるものです。 しかし、青臭い人は、その未熟さから「相手の気持ちを考える」という思慮深さは持ち合わせていません。そのため、相手の気にしていることや、弱点を鋭く突っ込んでしまうので、相手の心を傷つけてしまうことが往々にして起こり得ます。時にはその発言が原因で、トラブルに発展してしまうこともあるでしょう。 自分がこれを言ったら、「相手を傷つける」「トラブルに発展する」などの結果を予想せず、思ったことを口に出してしまうことも、青臭い人の特徴と言えるでしょう。

特徴5:自分に厳しく人にも厳しい

青臭い人は、自分にも厳しいですが、他人に対しても厳しく、例えば、同僚や友人が何か失敗をしたとき、心を広く持つことができず、相手を責めてしまう傾向にあります。 それは、自分の理想論が強く、「人はこうあるべき」という固定観念が強すぎることに原因があると考えられます。 大概の人は、大人になると、「人間だれしもミスはある。」ということを学びますが、青臭い人は、他の人の失敗を許すという考えは持ち合わせいないことも、一つの特徴と言えるでしょう。

青臭いのは悪いの?青臭い人の長所・短所

このような特徴を持った青臭い人ですが、結局青臭いことは悪いことなのでしょうか。良いことなのでしょうか。次に、青臭い人の長所・短所を見て行きましょう。

青臭い人の長所とは?

青臭い人には悪い面ばかりあるわけではありません。では、いったいどんな良い面があるのでしょうか。青臭い人の長所を紹介して行きます。

初々しくて純粋

青臭い人は大体において、経験値が少ない傾向にあります。経験値が多ければ、人はその経験を糧に成長していくので、青臭いとは呼ばれなくなってきます。 経験値が少ない人が、物事を初めて経験するときに、周りの人から見れば、その姿は初々しく映ります。その初めて経験したことを語るときにも、初々しい意見が発せられるでしょう。 また、その初々しさは見た目にも表れます。青臭い人の外見に、生活感や疲れ、老けなどは見られません。むしろ、目や顔の表情、しぐさなどに、純粋な若さが自然に出てしまいます。見た目にも初々しく若いということも、青臭い人の良い点です。

人目を気にしないで行動する

青臭い人には、「これをやったら周りの人に何か言われるかも知れない。」という概念が少ない傾向にあります。ですから、他人の目を気にせずに、年齢には合わないことも行動に移せます。例えば年齢よりも若いテイストのファッションや、アイドル好きの趣味などにもそれが表れたりします。 人目を気にしないということは、思い切った行動ができるということで、ファッションや趣味だけでなく、大きな決断がともなう行動にも、青臭い人はネガティブなことを考えずに踏み切ることができるので、それが良い結果を導くこともあります。 多くの人は躊躇してしまうようなことでも、思い切ってやってのけてしまうところも、青臭い人の良い面と言っていいでしょう。

芸術面では良いこともある

例えば、音楽では愛や恋、理想や思想をテーマにした曲が多いですが、愛や恋、人生の理想は往々にして青臭いものです。ですから、青臭い人が持ち合わせる、初々しさや行動の若さは、音楽を作る上で素晴らしい力を発揮する可能性も大いにあります。 その青臭い人が持つ初々しさこそ、装って出せるものではなく、天性のものと言えるでしょう。「青臭い」アーティストはその天性の若い心から、人を感動させられる楽曲を作れる可能性を秘めているのです。 音楽だけではなく様々な芸術の分野で、青臭い人の「若い・初々しい」という素質は良い面に出ることも多々あるでしょう。

青臭い性格の人の短所とは?

では、青臭い人の短所にはどんなものがあるのでしょうか。青臭い人の短所を見て行きましょう。

計画性がない

青臭い人は、自分に実行力があることを周囲に見せたいと思っています。その上、実行力という言葉の意味を勘違いしているところがあるのです。 実行力とは、計画を立てて実際にそれを行い、実現する能力のことを言いますが、青臭い人はよく計画も立てず、無謀とも言えることを、実行に移してしまう傾向にあります。 反対に、成熟した人は、物事をきちんと計画を立てて行うことができますが、未熟さゆえにそれができないことが、青臭い人の一つの短所と言えるでしょう。

言わなくてもいいことを言ってしまう

青臭い人は、思ったことをすぐ口に出して言ってしまう傾向にあります。「これを言ったら相手がどう思うだろう」「この言葉はこの場に不適切な言葉だろうか」などというようなことは、深く考えずに言葉を発してしまします。 青臭い人は、人と会話をする際に気遣いがなく、言わなくてもいいことを言ってしまい、悪い印象を与えてしまうことも少なくありません。

自己主張が強すぎる

青臭い人は、理想や意見を強く持っていて、いつも自分が正しいと思っている傾向があるため、他の人にもその意見を強要したり、押し通そうとしたりしてしまいます。 普段のカジュアルな会話や、職場の会議などでも、自分の意見を主張し過ぎることがあるため、周囲の人たちには、この人と話をしたくないと、避けられてしまう結果になってしまいます。 人の意見を聞き入れずに、自己主張が強すぎることも、青臭い人の一つの短所と言えるでしょう。

結局青臭い人は悪いとは言えない

長所だけで短所はない人など誰もいません。長所も短所もあるのは当然のことです。 このように、青臭い人にも長所と短所があるので、完全な悪者とは言えないでしょう。

青臭い性格の改善法4個

青臭い人には長所も短所があることが分かりました。では次に、青臭い人の性格の改善方法を見て行きましょう

改善法1:現実を考慮し計画を立てて行動する

人はだれしも、置かれている現状というものがあります。その人が生まれてから現在まで、様々な経験を積み重ねて、現状があるのです。 しかし青臭い人は、その現状を受け入れていない傾向があります。現在の状況を常に頭に置いて、それに合った計画を立てることが、青臭さから抜け出すために大事なことの一つです。 また、人生の設計を立てることが大切です。大事なことは、「何をいつやりたいか」ということを具体的に決めておくこと、そしてもう一つは「何故それをやりたいのか」ということをよく考えることです。

自分が立てた人生設計を、計画的に進めていくことができれば、青臭いと呼ばれることも少なくなるでしょう。

改善法2:人の意見に耳を傾け他人の意見を尊重する

人と議論することは必ずしも悪いことではありません。ただ、議論というは、自分だけの意見を押し通すのではなく、相手の意見にも耳を傾け、お互いの意見を尊重しながら結論を導くためのものです。 その「本来あるべき形の議論ができない」ことが青臭い人の欠点でもあるので、普段から人と話をするときには、自分の意見だけを主張するのではなく、相手の意見も聞き入れることを心がけましょう。

改善法3:夢見がちで楽天的すぎる考え方をやめる

楽天的と言えば、良い意味にもとられがちですが、青臭い人は現実離れした、夢のようなことばかり考えてしまう傾向があるので、周囲の人たちから見ると、それが地に足が着いていないと思われてしまいます。 夢があることは良いことですが、叶わないような夢を無計画に追いかけたり、大丈夫だろうと高を括るのはやめて、計画的に夢を実現していきましょう。

改善法4:自分に対する周りの空気を読む

自分が好かれているという自信を持つことは悪いことではありません。しかし、周囲の全員に好かれることは、あり得ないことです。相手が自分をどう思っているのか、少しは気にかけることも大事なことです。それをすることによって、自分の長所ばかりでなく、欠点も見つけることができ、それを直すこともできます。 また、何も考えずに他の人に好意的に接することは、その人に迷惑になることもあります。人と距離を近づきすきる前に、少しは相手の様子を見ることも大切です。 自分の周りの人の気持ちを読むことも、大人のコミュニケーションの一つで、青臭い人にはぜひ身につけて欲しいスキルです。

純粋な視点は忘れずに少しだけ成長しよう

実は誰もが青臭いと呼ばれる時期を過ごします。それは、青春時代です。青春時代を生きる若い人たちが、悪者のわけがありません。ただ、いわゆる青春時代が終わっても、いつまでも青臭さを持ち続けてしまうと、それが悪い面と言われてしまいます。 確かに青臭い人には、現実的でない夢を追いかけたり、自分の考えにこだわり、偏った考えを人にも強要するような欠点もあります。しかし、決して悪い面ばかりあるわけではありません。

青臭い人には、青春時代のようなピュアな性質があります。そのため、多くの人は今までの経験から諦めてしまいそうなことにも、チャレンジし、大きな成功を導くこともあるでしょう。 このように青臭い人には、長所も短所もあるので、一概に「青臭い」という言葉が悪い言葉とは言えない面もあります。 せっかく良い面もあるのですから、「青臭い」の一言で、人から煙たがられるのは残念なことですよね。

若く純粋な気持ちは持ち続けたまま、少しだけ柔軟な考え方を持つようになれたら、周囲の人の見る目や評価もぐっと良いものになるでしょう。 青臭い人の悪い面を直して、良い面はそのままに、周りの人と円滑に過ごせるようになるといいですね!

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

misakigreto

misakigreto

20代の頃から、友人から恋愛相談を受けることが多く、相談に答え後日「ありがとう。上手くいった。」と言...

人気記事

新着記事