2019年07月05日公開

2019年07月05日更新

男嫌いになるのは何が原因?男嫌いな女性の特徴や心理・克服方法も紹介

皆さんの周りには男嫌いの人はいませんか?はたまたご自身が男嫌いだ、という場合もあるでしょう。女性の中には、男嫌いな人は意外といるのですが、そもそもなぜ女性は男嫌いになりやすいのでしょうか。男嫌いな女性の特徴や、心理について詳しく掘り下げていきます。また克服方法も見ていきましょう。

「男嫌い」に悩んでいるあなたへ

意外と男嫌いに悩んでいる女性は少なくありません。男性への不信感や不快感によって、上手に男性と関わることが出来ない人も多く、中には日常生活に支障が出る場合もあるのです。 男性と女性だからこそ、理解し合えずトラブルに発展することも多いでしょう。そういった出来事のなかでトラウマとなったり男性へ、嫌な感情を抱いてしまう女性は意外と少なくありません。 ではそもそも、なぜ男嫌いになってしまうのでしょうか。いつまでもこのままではいけない、そう感じている女性もいるでしょう。原因や心理を自分の中でしっかりと見極めていきましょう。

男嫌いな女性に多く見られる6つの特徴

まず知っておく必要があるのは、男嫌いな女性に見られる特徴です。もしかしたら自分も当てはまっているかもしれない項目が、あるかもしれませんよ。

特徴1:いつも女性同士で行動している

まず初めにご紹介する男嫌いな女性の特徴は、いつも女性どうして行動していることです。女性は特に集団で行動する傾向にありますが、それでも一人になる瞬間や、男性と関わることはあるでしょう。 しかし、男嫌いな女性は極端に男性に関わろうとしませんので、常にそばに同性の友達や同僚が一緒でなければ気が済まないのです。一人きりになることを避けて、常に女性同士で行動したがります。

特徴2:男性と二人きりになるのを避ける

続いて挙げられるのが、二人きりになることを避けます。常に女性同士でいる理由は、男性に話しかけられたり男性と二人きりになることを避けるためでもあるのです。常にだれかが一緒に居れば、その場に男性がいたとしても二人きりになる心配はありませんよね。 男性が嫌いなのですから、出来れば関わりたくないでしょうし二人きりで時間を過ごすなんてことも避けたがります。必要以上に男性と関わるのを避けたり、二人きりにならないように過ごしている人ほど男嫌いな女性と捉えて良いでしょう。

特徴3:男性からよくモテる

意外と思われるかもしれませんが、実は男性からよくモテる女性も男嫌いの場合が意外とあります。やはり、男性からモテることによって、周囲の女性から嫉妬される機会が多いのです。 本人は意図していなくても、同じ女性から嫌われたり嫌がらせを受けたりします。決してその人に非がなくても、男性からモテるというだけで嫌がらせを受けるのです。また、それ以外にも男性からモテることによって、男性の嫌な目を見てきたことも挙げられます。 このどちらか、あるいは両方の経験から男性が苦手になったり男嫌いとなってしまうのです。男性からモテるからといって、必ずしも今までいい経験をしてきた、というわけでもないのでしょう。

特徴4:女性限定こだわる

四つ目にご紹介する男嫌いな女性の特徴は、女性限定にこだわることです。女性限定のお店やサービス、レディースデーなど何においても女性限定にこだわりがちです。当然、女性専用車両も利用しています。 女性だけの時間やスペースにこだわりを持っている女性は、なるべく必要以上に男性と関わりたくないと考えているために、そういった行動に出ているのです。男嫌いな女性はとことん女性限定にこだわります。

特徴5:目線を合わせようとしない

男嫌いな女性の多くは、男性と目を合わせることがありません。男性に恐怖心を抱いている人や、関わり方がわからず戸惑っている人ほど会話をしていても妙によそよそしかったり、目が合わないのです。 心のどこかで男性を拒絶したいという気持ちがあるために、どうしてもそういった気持ちが態度や表情に出てしまうのでしょう。目が合わない、早く話を切り上げたいといった女性は男嫌いで、避けたいと思っています。

特徴6:父親と上手く行っていない

男嫌いな女性の特徴として、最後にご紹介するのが自分の父親と上手く行っていないことです。女性にとって一番身近な男性は父親ですよね。一番身近な男性が、自分にとって嬉しい存在ではない場合、男性に対しても苦手意識を発揮してしまうのです。 人というのは家庭環境がその人の人格に、大きな影響を与えます。そのため、父親に対していい感情を抱いていないと、「どうせ男性は嫌な存在だ」と考えてしまうのです。世の中全ての男性は父親と同じだと捉えてしまって、男嫌いとなるのです。

男嫌いな女性特有の心理

男嫌いの特徴を持っている女性について見てきました。では、男嫌いな女性の心にはどういった心理が働いているのでしょうか。

心理1:男性が怖い

一つ目にご紹介する男嫌いな女性の心理は、男性に恐怖心を抱いているというものです。原因は家庭環境であれ、過去の恋愛のトラウマなどさまざまあるでしょう。そもそも男性そのものに怖いという感情を抱いています。 女性だからこそ、男性に対しての恐怖心や苦手に感じる行動などがあります。そもそも男性自体が怖いと感じてしまっているので、自分から近寄ることも出来ませんし二人きりなったりも出来ないのです。

心理2:男なんてみんな同じ

続いて挙げられる男嫌いな女性が感じている心理は、男なんてみんな同じだと捉えている場合です。身近な男性やこれまでの経験によって、「どうせ男なんて」と感じてしまっているのでしょう。 「どうせ男なんてみんな同じ」「どうせ男は自分を傷つける」などの感情が、常に前提としてあるために、周囲の男性に対して期待していませんし、嫌いだという感情を向けてしまうのです。

心理3:性的な面を知って気持ち悪い

恋愛において多いのが、性的な接触ですよね。女性が男嫌いとなってしまうことの中にも性的なことが含まれています。男嫌いの心理としては、男性から性的な感情を向けられたり男性の性的な面を知ったことで、嫌悪を抱いているのです。 自分は友達だと思っていたのにセクハラを受けた、いやらしい感情を自分に向けてきた、などの経験から男性はそういった性的な面があるのだ、と感じてしまって気持ちが悪いと思います。 男性であっても人として接していたいと思う女性は意外と多く、恋愛感情や性的感情を知ることが何よりも、男嫌いな女性にとって嫌悪感を抱く要因となります。

女性が男嫌いになるのは何が原因?

男嫌いとなっている女性の特徴や心理について詳しく見てきましたが、ではそもそも根本的に考えてみましょう。男嫌いになってしまうのには、どのような経験があるのでしょうか。もしかしたらあなたにも当てはまるものがあるかもしれません。

原因1:父親・兄弟など身近な男性の影響

まず考えられる男嫌いの原因は、父親や男兄弟の存在です。意外と男嫌いになる要因は身近にあります。父親が男性として尊敬できない人だったり、暴力暴言が酷かったりと家庭環境によって男性そのものに恐怖心を抱きます。 また、父親や男兄弟の存在が影響しだすのが思春期で、下着や生活スタイル、ファッションやメイクなどが変わる時期だからこそ父親や兄弟に言われた何気ない一言が、大きな原因となって男嫌いに陥ります。 例に挙げると、「急に色気づいて」「彼氏でも出来たのか」「女になったな」などの言葉を言われて傷つき、そして父親が嫌いになったり男嫌いになることがあります。家族だからこそ性に関する話題は慎重である必要がありますね。

原因2:男性と関わる機会が少なかった

続いて男嫌いになる原因としてご紹介するのが、男性と関わる機会が少なかったことです。人間は知らないことに対して恐怖心を抱きがちです。それは男性以外でも同じことが言えます。 例えば外国人です。外国の文化を知らない、言語を知らないからこそ関わりたくない、怖いという感情が生まれてしまいます。これは女性が男性に感じる恐怖心と同じなのです。 男性のことを知らないからこそ、恐怖の対象でありどう接したらいいのかがわからないのでしょう。わからないからこそ接したくない、拒絶したいと感じてしまいます。

原因3:性的被害にあった

男嫌いとなる原因として、一番問題となるのが性的被害にあったことでしょう。これはかなり大きな問題です。女性の多くは学生時代や社会において性的被害にあっています。痴漢やセクハラなどの性的被害にあったことがない女性は、ほとんどいないのではないかとも言われているくらいです。 そんなことはないだろうと思われがちですが、性的被害にあった女性はあまり自分から被害にあったことを公言しません。だからこそ、自分から心を閉ざして男性を拒絶するのです。 特に学生時代や、幼少期の性的被害はその女性自身の性格や人格に影響を与えます。大きなトラウマとなり恋愛さえもできないくらいになるのです。中には体が傷ついてしまって将来に関わることだってあります。

原因4:過去の恋愛にトラウマがある

四つ目に挙げられる男嫌いの原因は、過去の恋愛にトラウマを持っていることです。性的被害に次いで女性の心に強く残ってしまいがちなのが恋愛のトラウマです。恋人に酷いことをされた、浮気をされたなどなど男女のトラブルはつきものです。 特に恋人同士のトラブルでトラウマになりやすいのが、浮気という裏切り行為と性的行為です。付き合った途端に体を求められたりする経験も、性的被害と同じくらい女性にとって衝撃的な出来事です。 また浮気などの裏切り行為は、男性のことを心から信用することが出来なくなる、「どうせまた浮気される」といったネガティブ思考を引き起こします。

原因5:身近にセクハラをしてくる人がいる

周囲の環境はその人にとってかなり重要なものとなります。身近な人にセクハラを平気でしてくる人がいるのも、男嫌いになる原因です。これは男友達てあっても同じでしょう。 どんなに親密な関係であっても、男尊女卑な行為やセクハラなどの行為を受けたら嫌いになってしまいますし、身近にそういった人間がいると男嫌いとなってしまうのです。身近だからこそ嫌悪感を感じるものでしょう。

10つの質問でわかる!あなたの「男嫌い度」診断

ここまで男嫌いとなる原因から、心理や特徴を詳しく掘り下げてきました。それらを見て「もしかしたら自分も男嫌いかもしれない」と感じた方もいるかもしれません。ここでは男嫌いかどうかの診断をご紹介します。 ①父親や男兄弟のことが心底嫌い はいorいいえ ②友達でも男性と二人きりにはなりたくない はいorいいえ ③男性がいるなら一人でいたい はいorいいえ ④男性がいるなら飲み会は行かない はいorいいえ ⑤女性が多い空間は安心する はいorいいえ ⑥異性間の恋愛をしたくない はいorいいえ ⑦もっと女性専用の空間が増えるべきだ はいorいいえ ⑧男性は不浄だと感じる はいorいいえ ⑨性的行為に嫌悪感を抱いている はいorいいえ ⑩不倫や恋愛ドラマが苦手 はいorいいえ これらの項目に当てはまるものが多いほど、あなたの男嫌い度は高くなっていると考えて良いでしょう。

男嫌いを治したい!男性への苦手意識を克服する方法

このままではいけない、男嫌いをどうにか直したいと感じている女性も多いでしょう。ここからは男嫌いを克服する方法について、詳しくまとめましたので是非参考にしてみてください。

克服方法1:男性と交流する機会を多くする

男嫌いを克服する方法の一つ目は、男性と交流する機会を多くすることです。やはり苦手だなと思っていても、男性と関わらなければ克服は出来ません。これまで男性とのかかわりがなかった人はサークル活動や、飲み会などなるべく男性がいる空間へ足を運びましょう。 もしも不安な気持ちが強い場合は、友達に事情を説明したのち協力してもらうのもおすすめです。男性がいる空間や遊びに連れて行ってもらいつつも、男嫌いが出てしまわないように友達にフォローしてもらうのです。

克服方法2:性別を意識せず一人の人間として接する

男嫌いの克服方法として、二つ目にご紹介するのが、性別を意識するのではなく一人の人間として捉えるようにすることです。男嫌いの女性の多くは「どうせ男性なんて」と考えてしまっています。 男性だと考えるよりも前に、相手は自分と同じ人間です。男性か女性かと捉えるよりも会社であれば同じ仕事仲間ですし、同級生ならばただの知り合いであり友達です。まずは相手を人間であると、捉えることから始めましょう。

克服方法3:大人数で関わりを持つ

いきなり男性と二人きりになるのはハードルが高いですし、恐怖心をさらにあおってしまいかねませんから、克服方法として大事なのは、大人数で男性と関わりを持つことでしょう。 飲み会に言ったり遊んだりする際にも、男女複数人で参加しましょう。同じ女性が複数人いればいざというときにも安心ですし、男嫌いが多少は解消されるのです。もしも男性と二人や男性と必要以上に接近しそうになったら友達のそばに行くことも出来ます。 いきなり少人数で関わるよりも、男性がいる空間に慣れることが重要となりますから、大人数で男性がいてもそれほど恐怖心を抱かないような状況で徐々にならしていきましょう。

克服方法4:仕事だと割り切る

男嫌いの克服する方法として、実は意外と重要となっているのが、仕事だと割り切ってしまうことです。すべての男女が必ず恋愛関係に発展するわけではありませんよね。ですから、そばに男性がいても「仕事だから仕方がない」と自分に言い聞かせるようにするのです。 そうすることで、仕事とプライベートをきっちりと分けられるようになります。線引きが可能となれば、男嫌いの状態でも仕事を続けることが可能ですしプライベートで関わらなければ全く問題ありません。

克服方法5:街コンに行ってみる

少々荒療治のようにも感じますが、街コンに行ってみるのも男嫌いを克服する方法です。男嫌いを解消したい目的が、いつか彼氏が欲しい、恋愛がしたいといったものであるならば出会いの場に足を運びましょう。 街コンであれば嫌でも男性と関わります。しかし、婚活とはまた違って気軽に出会って連絡先を交換する、といった傾向にあるので同じ趣味の男友達を探す女性も珍しくありません。 参加人数も、少人数派を選ばない限り大人数で行いますので男嫌いでも不安に感じることがあまりありません。あえて自分から異性との出会いの場に参加するのも、男性との関わり方を学べるきっかけとなるでしょう。

男嫌いだけど結婚はしたい!いい方法はある?

男嫌いの女性を困らせるのが、男嫌いだけれども結婚はしたいという感情でしょう。将来子供が欲しいし、結婚願望はあるが男嫌いと言った方はどうした良いのか、方法をまとめました。

方法1:フェミニンな男性と結婚する

昨今ではジェンダーレス男子や、可愛いもの好き男子といった男性が表に出てくるようになりました。男嫌いの女性が結婚する時は、フェミニンな男性と結婚するのがおすすめです。 フェミニンな男性はどこか、中性的で女性への経緯も持っているので一緒に居て気が楽に感じます。まだ男性らしさや特徴が、あいまいになっている部分も多いので男性女性と言う関係性ではなく、人として関わることが出来るようになります。 男性だからこうあるべき、女性だったらこうするだろうといった固定概念がフェミニンな男性にはありませんので、男嫌いな女性でも恋愛に発展しやすく、結婚してもいつまでも幸せでいられるのです。

方法2:「結婚=ビジネス」だと割り切る

政略結婚とまではいいませんが、結婚をビジネスだと割り切ってしまうのも男嫌いの女性が結婚するいい方法です。結婚のメリットを考えて、メリットだけで自分を納得させるのです。 男嫌いを克服することは出来なくても、金銭的な面や将来性を考えると結婚をビジネスであると割り切ってしまうのは、賢いやり方です。ただしその旨を秘密にしてしまうと、こじれてしまいかねませんので注意しましょう。

方法3:お見合いを行う

三つ目にご紹介する男嫌いの女性が結婚する方法は、お見合いです。お見合いというと古い日本の風習のように感じますが、現代でも行っている方は多いでしょう。またお見合いであれば、ある程度事前にお互いのタイプを伝えています。 その際に、自分は男嫌いである、男性への不信感を抱えている等を伝えておけば嫌な男性は近寄って来ないでしょうし、それを理解したうえでその女性と関わり、徐々に距離を縮めてくれる素敵な男性に出会えます。 お見合いだからこそ、お互いの両親のこともあって責任感が問われるのです。そのためチャラいだけの人や、女性に酷いことをすような男性と出会わないメリットがあるので、男嫌いの女性に見はお見合いもおすすめです。

前に進むために無理せず男性への不信感や男嫌いを解消しよう

男嫌いになってしまう女性は、実は意外と多いです。そしてそのほとんどは過去の経験が影響しているのだとわかりましたね。男嫌いは必ずしも直さなければならないものではありません。 生涯男性と関わりたくないと感じる方は、無理して関わったり男嫌いを直す必要はないのです。しかし、少しでも前に進みたい、恋愛をしたいと思うのであれば少しずつでも克服するために行動するべきでしょう。 ただし周りの意見に流されたり、無理して男性と関わろうとするのは好ましいことではありませんから、あくまでも自分のペースで男嫌いを克服していきましょう。自分が男嫌いを克服したいと思ったら、自分のために行動するのがおすすめです。

MindHackYoutubeチャンネル開設!

この度弊メディアMindHackは大好評につき、Youtubeチャンネルを開設いたしました! 仕事、恋愛、その他日常使える心理学やモチベーションアップ方法など、様々な場面でためになる情報を発信していきますので、チャンネル登録よろしくお願いいたします! Youtubeチャンネルはこちら

関連記事

ライター

すがわら

すがわら

大学生のころから文章関係の勉強をしており、雑誌の記事作成などを学んでおりました。 女性向けコンテン...

電話占いヴェルニ

人気記事

Feelフィール

新着記事