2020年07月15日公開

2020年07月15日更新

ロミオメールとは?迷惑過ぎるロミオメールの実例と完全撃退法を紹介!

「ロミオメール」とは勘違い男から送られてくる、サムくてクサいセリフ満載なメールのことです。迷惑極まりないロミオメール。届いたときは一体、どのように対処すればよいのでしょうか?今回はロミオメールの実例と、完全に撃退する方法をご紹介します!

「ロミオメール」ってどんなメール?

別れた彼氏から、未練たらたらで痛々しいまるでポエムのようなメールが来た…そんな経験はありませんか? 「ロミオメール」をご存知でしょうか?ロミオメールとは主に別れた彼氏や旦那からくる、クサすぎるセリフ満載のメールのことをいいます。 ロミオメールの由来は、悲恋をテーマにしたあの有名な作品、「ロミオとジュリエット」です。ロミオやジュリエットの情熱的なセリフはあの世界観だから良いのであって、現実に、ましてや別れた彼氏・夫からくるのでは、たまったものではありません。 今回はロミオメールの特徴・実例や、元彼・元夫からロミオメールがきた時の撃退法ついてご紹介していきます。

【伝説級】本当にあった名作ロミオメールまとめ

では、実際にどのようなロミオメールがあるのか、実例を交えて数パターンご紹介します。

1.自己陶酔ポエマー系

まずは、完全に自分に酔ったポエムのようなロミオメールです。 「俺には君が必要だってやっと気づいたんだ。最近思うんだけど、俺達ってまるで磁石のようじゃないかな?君がNで俺がS。離れた今でも、足が勝手に君の面影に引き寄せられてしまう。無意識に体が君を必要としてしまっているんだ。きっと君もそうだろう?無意識に俺を必要としているよね。運命が僕たちを磁石にしたんだ。もう一度やり直そう。」 仮に別れた彼からじゃなくてもこんな文章がくると引いてしまうかもしれませんね…。 口説いているつもりなのかもしれませんが、完全に逆効果です。本人が上手いこと言っているつもりなのが痛々しくてたまりません。

2.上から目線系

「〇〇久しぶり。お前と別れてからもう1年もたつね。俺はお前からより戻したいって言ってくるの1年もずっとずっと待ってた。××と今付き合ってるらしいね。お前って俺のことめっちゃすきだったじゃん。今頃、俺じゃないと物足りなくなってるんじゃない?今ならずっと待ってたのも××と付き合ったのも全部許してやるから、××と別れて戻ってこいよ。」 ヨリを戻したいはずなのに、何故か上から目線のロミオメールの例です。自分が戻ってこいと言ったら戻ってきてくれると思っているのでしょうか。 このタイプは「主導権は自分が握っている」だとか、「あいつはSが好きだしな」と変に勘違いをしています。 別れた原因も彼の浮気など、元彼・元夫のほうにある場合がかなり多いです。それなのになぜ「許してやるから戻ってこい」などと言えるのでしょうか…。

3.セクハラ系

「久しぶり、〇〇元気か?俺と別れてへこんでないか?(笑)突然だけど、彼氏ってできた?ってできてないかー。今までも言ってたけどお前ってさ、胸小さくってあんま魅力ないじゃん?(笑)だから誰からも相手されなくて寂しいんじゃないかと思ってさ。(キラキラマーク)俺でよければ夜寂しければ相手してやるけど(ハートマーク)」 上記のような、セクハラまじりのロミオメール、別れた彼からくると本当にゾっとしますよね…。 こちらも上から目線系のロミオメールと同じで、自分に謎の自信を持っている男性から送られてくることが多いです。男性は「かっこいい俺が誘えば女も欲情するのではないか?」と考えている場合が多く、肉体関係を再度持ちたい、という思惑がみえみえです。 「胸が小さい」などの身体的特徴について悪く言ってくるのもセクハラロミオメールによく見られがちです。本当に余計なお世話で、ただただ不快です。

4.爆笑系

「〇〇ちゃん、元気かな?僕は食事も喉を通らなくて…否、君への想いで何も食べれなくて。ただ悲しさだけしかなくて…。どうして君と別れてしまったんだろう。嗚呼、君と一緒にいられない悠久の瞬間(とき)をいつまで過ごせばいいんだろう。やっと気づいたんだ。君が必要だってこと。またやり直そう?また僕と、楽しい瞬間(とき)を取り戻そう?」 爆笑系のロミオメールのうち、中二病を患っている男性からのメールをご紹介しました。 瞬間と書いて「とき」と読み、しかも自分でふりがなを振ってしまうとは…。この男性にとってはかなりの黒歴史になってしまうことでしょう。

元彼・元夫からロミオメールがきた時の完全撃退法

はた迷惑なロミオメールを送ってくる元彼・元夫とは、出来ればもう一切関わりたくありませんよね。ロミオメールを受け取ったその後の撃退法について、3点ご紹介します。

撃退法1:これ以上の関わり合いを丁重にお断りする

まずは、元彼・元夫ともうこれ以上関わり合いを持つつもりはない、ということをはっきりと伝えましょう。相手との温度差を感じさせるために、できれば丁寧語で、まるでビジネスかのような文面が良いです。 ロミオメールを送ってくる相手は、こちらがまだ相手をしてくれる、押しまくればいけると少しでも感じると、また何度でも連絡をしてきます。そのため、「もう連絡は一切やめてください。」とはっきり言うことがとても重要です。 同時に、嘘でもいいので「今新しく彼氏(夫)がいるため非常に迷惑しています。」と伝えたり、「これ以上迷惑なメールを送ってくるようでしたら、このメール等を証拠に警察に相談します」と伝えるのも効果的です。

撃退法2:とことん無視する

これ以上の関わりをお断りした後は、とことん無視しましょう。 相手にしてしまうと、「連絡はやめてって言ってるけど、やっぱりまだ俺のこと気になってるじゃん」と調子にのってしまうかもしれません。 LINEなどの既読がつくツールは注意が必要です。未読にして、無視することによってこちらからは一切もう連絡をとらないんだという意思を表しましょう。

撃退法3:警察に相談する

断っても無視してもロミオメールがしつこく来る、無言電話や、手紙も来るようになってしまった、文面がロミオメールの度を越してストーカーや脅迫のようになってしまった、そのような場合はもはや自分だけの手には負えなくなっています。非常に恐怖を感じてしまうことでしょう…。 自分の身を守るためにも、警察、婦人相談所などの公的機関、または法テラス(弁護士)に速やかに相談しましょう。 相談する場合には、証拠を取ることも非常に大切です。今までのロミオメールも含めてメールや着信履歴、留守電等は証拠として確保しておきましょう。 恐怖のあまりどうして良いかわからない時もあるかもしれません。その場合はまず家族や信頼を置ける人に、「このようなメールが来てるんだけど、怖くてたまらない」「警察に言ってもいいものか」など、相談をしてみましょう。

これは危険!ロミオメールのNG対処法

ロミオメールへの対処を間違ってしまうと、ロミオメールがずっと来続けてしまうだけではなく、最悪の場合、ストーカー行為までされてしまうかもしれません。ではロミオメールへのしてはいけない対処とは何なのでしょうか?見ていきましょう。

NG対処法1:曖昧な断り方をする

同じ職場で今後も顔を合わせるから、今後気まずくなると嫌だから…、と考えている方は、ロミオメールお断りの返信を、柔らかく曖昧な表現にしてしまうかもしれません。 相手の独りよがり加減によるかもしれませんが、ロミオメールを送ってくる時点で、こちらが迷惑しているということになかなか気づいてはくれません。「ひょっとして照れてるのかな?」「もうひと押しすればいけるかな?」と勝手に考えている場合が多いです。 勇気がいるかもしれませんが、後で事態がさらに悪化する前に、これ以上の連絡をはっきりきっぱりお断りしましょう。

NG対処法2:受信拒否・ブロックする

ロミオメール男との関係をきっぱり絶つという意味で、受信拒否・ブロックは効果的です。しかし、拒否は逆効果で、相手が逆上してしまいこちらが危険な状況に陥ってしまう可能性もあります。 住所がばれてしまっている場合は、家に押しかけてくるかもしれません。ばれていない場合も友人などからこちらの居場所を特定してくるかもしれません。 できれば今後一切連絡を取り合うつもりがないとのお断り&スルーで乗り切りましょう。

NG対処法3:ネット上にロミオメールを晒す

あまりに奇想天外なロミオメールだったから…とインターネット上にロミオメールをアップするのもNGです。 インターネットは誰が見ているかわかりません。元彼・元夫だけではなく元彼・元夫の親しい人も見ているかもしれません。 もし自分が相手に送ったメールが、ロミオメールとしてインターネット上で馬鹿にされていると知ったら、元彼・元夫は逆上してこちらに何をしてくるかわかりません。 ロミオメール男への一時的な報復としてすっきりするかもしれませんが、身が危険に晒されてしまう可能性があります。やめておきましょう。

NG対処法4:ロミオメールをバカにする、煽る

「何自分に酔ってるの、ウケるわ~!」「これってロミオメールって言うんだよ知ってる?(笑)」など、相手をバカにしたり煽ったりする行為もやめておきましょう。 ロミオメールを送ってくる男性は変な自信を持っていたり、プライドが高い場合が非常に多いです。こちらも相手の逆上を招いてしまうかもしれません。 返信する場合はあくまで冷静に、もうあなたとは関わり合いたくありません、という旨を伝えましょう。

ロミオメールは正しい対処で撃退!

うわっ!ロミオメール来たよ…。そんなときどう返事をしていいか困ってしまうでしょう。 色々なロミオメールはいずれも、またかまってほしい、相手にしてほしいという意図の元で作られています。 こちらは全く相手にする気はないと、毅然と相手と距離・温度差を取る対応をしていきましょう。

短期間であんなに音痴だった私が...?

歌がうまかったらなんて人生楽しいのだろう...そう何度も思ってきました。 昔の私は音痴で人とカラオケに行くことすら怖かったんです。 そんな私が、なんと「無料の講義内容を実践」するだけで、びっくりするくらい歌が上手くなったんです!! その秘密はこちら↓

関連記事

ライター

希乃果

希乃果

主にコミュニケーションに関する心理学について興味があり、産業カウンセラー資格を所持しています。 子...

人気記事

新着記事