2019年07月11日公開

2019年07月11日更新

孤独に強い人の特徴は?孤独のメリットデメリットや解消する方法!

世の中には孤独に強い人と孤独に弱い人がいます。この違いはその人の孤独に対する考え方にあります。ここでは、孤独に強い人の特徴について解説していきます。また、孤独のメリットやデメリット、孤独に耐える人の為の孤独を解消する方法についてもご紹介します。

絶えられない孤独とどう戦うか

あなたは突然自分が孤独だと感じて、寂しいと感じたことはありませんか?ですが世の中には、孤独でいることを楽しいと感じている人もいます。この違いはどこにあるのでしょうか。 ここでは、そんな孤独に強い人の特徴やメリットデメリットについて解説していきます。また、孤独に弱い人の特徴や孤独を解消する方法についてもご紹介します。

孤独とは何か。孤独の意味

そもそも、孤独とは何なのでしょうか。孤独は、「孟子」に登場する「鰥寡孤独(かんかこどく)」という言葉が由来となっています。身寄りがなく、国家規模で救済が必要と考えられる家族構成を持っている人のことを、「鰥寡孤独(かんかこどく)」と言います。 この四字熟語が転じて、「孤独」とは一人ぼっちである状態を意味しています。また、心を通わせ合える人が誰もいない人のことを指している場合もあります。

「孤独」と「一人」の違い

よく「孤独」と「一人」は混同されがちです。一見、同じような意味に感じられます。ですが、この二つの言葉には明確な違いがあります。 「孤独」とは気持ちに注目しています。そこには寂しさや悲しさの感情があります。決して一人でいるとは限りません。大勢の人たちに囲まれていても、寂しさや悲しさなどのような感情がある場合は、孤独を感じていることになります。

「一人」は見た目です。そこに感情はありません。一人でいる人は必ずしもその状況に寂しさや悲しさを感じているとは限りません。一人が平気な人もいます。そのような人は孤独という表現はせず、一人という表現をします。

どこからが孤独か、何が孤独か、人によって違う

孤独とは本人の気持ちの面でのことです。一人でいることに寂しさを感じている人は、孤独と言えるでしょう。ですが、一人でいることに楽しさや気楽さを感じている人は、孤独とは言えません。 また、孤独は必ずしも一人でいる時ばかりとは限りません。たくさんの友達がいても孤独を感じている人もいます。心を通わせる人がいないなどのような場合は、孤独を感じるでしょう。疎外感という言葉がありますが、これも孤独の一つの例と言えます。

孤独はどこから生まれるのか

孤独はどこから生まれるのでしょうか。ここでは孤独の原因について解説していきます。

友達がいないことなどによる精神的な寂しさ

友達がいないことなどで精神的な寂しさを感じていると、それは孤独を感じる原因になります。本当に友達がいないことへの寂しさの場合もあります。誰からも相手にされず、いつも一人でいることに対する寂しさです。 また、心を通わせ合える友達がいないことによる寂しさもあります。この場合は、友達がとても多いという特徴があります。いつも大勢の友達に囲まれています。ですが、その中に本音で話し合える友達がいないのです。このような場合も孤独を感じることがあります。

不完全な自分に対する不安や苛立ち

不完全な自分に対する不安や苛立ちも、孤独の原因になります。自分はいつもダメな人間だ、と思っているのです。自分に対して否定的な気持ちを持ち続けると、それは誰も自分を認めてくれないという気持ちに代わります。これが孤独の原因です。 周囲の人たちから功績や成果を褒められても、素直に受け止めることができません。「きっと内心ではそんな風には思っていない」などのように感じてしまいます。そして、ますます自分の殻の中に閉じこもり、孤独と向き合うことになるのです。

過去の人間関係によるトラウマ

過去の人間関係によるトラウマが原因で、孤独を感じ続けることもあります。人間関係での辛い出来事や悲しい思い出が癒されず、心の中に残り続けています。それらの思い出や記憶は誰かと接することでよみがえり、他人と付き合うことに恐怖を感じます。 自分を傷つけられたくない、という気持ちが心理にあるのです。自分を守ろうとして、他人と関わろうとしなくなります。ですが、心の中では誰かとつながりを持っていたいという気持ちがあります。この矛盾した行動と気持ちが孤独を感じさせるのです。

孤独に強い人の特徴

世の中には、孤独に強い人がいます。そのような人はどうして孤独に強いのでしょうか?ここでは、孤独に強い人の特徴についてご紹介します。

特徴1:一人の時間が充実している

孤独に強い人の特徴として、一人の時間が充実していることが挙げられます。一人で過ごす時間がとても忙しいということです。趣味が多かったり、仕事がとても忙しかったりします。また、趣味が多い場合は、一人で楽しめる趣味をたくさん持っています。 一人で過ごす時間が寂しいと思っている暇がない、ということなのです。一人の時間が充実している人は、誰かと一緒にいることをあまり好みません。やりたいことがたくさんあるので、自分から一人になろうとします。孤独を感じている暇はないのです。

特徴2:人間嫌い

人間嫌いも孤独に強い人の特徴として挙げられるでしょう。人間が嫌いな人は、誰かと関わることを嫌います。誰かと関わることが嫌いなのです。一人でいる方が気持ち的にもずっと楽だと思っています。一人でいることを寂しいとは思っていません。 人間嫌いな特徴を持った孤独に強い人は、誰かに話しかけられると露骨に嫌な顔をします。また、忙しいふりをすることもあるでしょう。自分に関わって欲しくないのです。一人でいる方がストレスも溜まらないので快適だと感じています。

特徴3:一人っ子

一人っ子も孤独に強い人の特徴になることがあります。一人でいることに慣れているからです。小さな頃から一人でいることが多い一人っ子は、子供の頃は寂しいと感じることがあります。ですが、いざ誰かと行動を共にすると、自分の思い通りにならないことが多いとわかります。 一人っ子は基本的に単独行動に慣れています。誰かと一緒に行動することに窮屈さを感じてしまうのです。一人で行動した方が、自分の思い通りになりますから自由が感じられます。自由であることの楽しさを知っているので、孤独に強いのです。

特徴4:面倒くさがり屋

孤独が強い人の中には、面倒くさがり屋の特徴を持っている人もいます。誰かと一緒にいると、相手の気持ちを汲み取ってあげる必要が出てきます。これがとても面倒だと感じているのです。他人に気を遣うことが面倒だと感じている、ということです。 面倒くさがり屋の人は、すべてにおいて面倒だと感じています。相手の気持ちを汲み取ることはもちろん、相手に感謝する気持ちを持つことさえも面倒だと感じている場合があります。そのような煩わしさから解放されたいという気持ちがあるので、孤独に強いのです。

特徴5:自分に自信がある

自分に自信がある人も孤独に強くなります。自分に自信がある人は、すべてを自分で考えて行動を起こします。良いことが起こった時は自分のおかげですし、悪いことが起こった時は自分のせいとして受け止めることができます。すべての責任を自分で背負うことができています。 このような人は、誰かが一緒にいると足手まといだと感じます。「自分ならこんな風にならないのに」や「自分でやった方が早い」と思うのです。そして実際に自分一人で行動を起こします。邪魔されなくて良いと思っているので、孤独は感じていません。

孤独に弱い人の特徴

孤独に強い人がいる一方で、孤独に弱い人もいます。ここでは、そんな孤独に弱い人の特徴についてご紹介します。

特徴1:いつも誰かといたい

孤独に弱い人は、いつも誰かと一緒にいようとします。一人でいることに不安を感じているからです。一人でいると、自分だけが仲間外れにされたように感じます。その気持ちに耐えられないので、一人でいることをとても嫌います。 いつもそばに誰かがいます。また、その人数はかなりの大人数になります。たくさんの人に囲まれていることで、安心しているのです。自分の集まりとは別の集まりが楽しそうだと感じたら、そちらへ移動することもあります。

特徴2:依存傾向が強い

孤独に弱い人は依存傾向が強いという特徴もあります。誰かに頼ることで、孤独から逃れようとしています。自分のことを誰かにしてもらうことで、「私はこの人に守ってもらっている」と感じているのです。 孤独に弱い人は、自分でできることでも他人にお願いします。誰かにやってもらうことがとても大切なのです。また、自分のことを自分で決めることもしません。すべての決断を誰かに丸投げする、という特徴もあります。

特徴3:友達が多い

孤独に弱い人は、友達が多いという特徴もあります。いつも誰かがそばにいないと落ち着かないからです。友達が多ければ多いほど、孤独を感じた時には誰かを頼ることができます。また、友達が多いという事実が孤独を忘れさせてくれるのです。 孤独に弱い人は、リアルでの友達はあまり多くない場合もあります。その代わりSNS上での友達がとても多くなります。友達の人数が3桁を超えていることもよくあります。このような場合は、いつも携帯を握りしめています。

特徴4:SNSの更新頻度が多い

孤独に弱い人はSNSの更新頻度が多くなります。SNS上の友達がとても多いからです。更新頻度を多くすれば、必ず誰かが何らかのアクションを返してくれます。そのアクションを見て、「自分には友達がたくさんいる」と確認しています。 特に夜から明け方にかけての更新頻度が多いという特徴があります。孤独に弱い人は、外が暗くなってきた夜に孤独を強く感じます。その孤独を紛らわせたいという気持ちが強くなるので、夜から明け方にかけての更新頻度が多くなるのです。

特徴5:自分の意見や考えを言わない

孤独に弱い人は、自分の意見や考えを言いません。自分の意見や考えを言ってしまうと、みんなに嫌われると思っているからです。孤独に弱い人は誰かに嫌われたり、敵視されたりすることを嫌います。そのような状況はとても怖いのです。 誰からも好かれようとして、あえて自分の意見や考えを言いません。そのため、意見や考えを求められても、「みんなと一緒」や「わからない」などのように答えるでしょう。または、「そういうあなたはどう思っているの?」などのように質問返しをすることもあります。

孤独がエネルギーになることも。孤独のメリット・デメリット

孤独は決して悪いことではありません。孤独だと感じているその思いがエネルギーになることもあります。孤独であることはデメリットだけではないのです。 ここでは、孤独のメリットとデメリットについてそれぞれ見ていきます。

孤独のメリット

孤独であることは、時にメリットになります。孤独でなければできないこともあるからです。ここでは、そんな孤独のメリットについてご紹介します。

メリット1:独創的な考えが生まれる

孤独のメリットの1つ目は、独創的な考えが生まれるということです。誰かと一緒にいると、ついつい型にはまった考え方に囚われてしまいます。相手に迷惑をかけてはいけない考えるからです。リスクを排除しようとして、型にはまった考え方をしてしまいます。 孤独なら失敗すれば自分に迷惑がかかるだけです。自分以外の誰かに迷惑をかけてしまうことはありません。人は自分で起こした迷惑には寛大になれます。そのため、型にはまった考え方をしなくなります。とても自由な発想で物事を考えることができるのです。

メリット2:人間関係のストレスがない

孤独のメリットの2つ目は、人間関係のストレスがないことです。誰かと一緒にいると、相手の気持ちを考えた行動を取る必要が出てきます。また、「嫌われたらどうしよう」などのように感じることもあるでしょう。これらはストレスの原因になります。 孤独なら、誰かに気を遣う必要はなくなります。自分だけですから自分のことだけを考えていれば良いのです。また、自分とは関係ない人間関係のトラブルに巻き込まれることもありません。人間関係のストレスから解放されます。

メリット3:人間として成長できる

孤独のメリットの3つ目は、人間として成長できるということです。誰かと一緒にいると、ついついその人に頼ってしまいます。苦手だと感じていることや初めてのことに遭遇した場合には、一緒にいる誰かに頼りたくなるでしょう。 ですが、孤独では誰かに頼ることはできません。頼れるのは自分だけなのです。苦手なことでも初めてなことでも、すべて自分で行動を起こす必要が出てきます。それらは人生の中での経験となり、人間として大きく成長することができます。

メリット4:出世が早くなる

孤独のメリットの4つ目は、出世が早くなることです。誰かと一緒にいると、それが足かせになってしまうことがあります。特に仕事ではとっさの決断力や判断力が重要です。ですが、誰かと一緒にいることで決断力や判断力が鈍り、失敗につながることもあります。 孤独なら自分の決断や判断で行動することができます。また、その決断や判断が失敗してしまったとしても、自分で何とかしようという気持ちが湧いてきます。これらは仕事での成果や成功につながります。その結果、出世が早くなります。

メリット5:自分の為に時間が使える

孤独のメリットの5つ目は、自分の為に時間が使えることです。誰かがそばにいると、その人に時間を割く必要が出てきます。一緒にいるのですから、自分のことだけに集中するのは申し訳ないという気持ちも出てくるでしょう。 ですが、孤独なら自分の時間はすべて自分の為だけに使えます。勉強するのも良いでしょう。新しい技術を身につけることもできます。また、自分の肉体や精神を癒すための時間として使うこともできます。誰にも煩わされずに済むのです。

孤独のデメリット

孤独にはメリットばかりではなく、デメリットもあります。ここでは、孤独のデメリットについてご紹介します。

デメリット1:コミュニケーション能力が低下する

孤独のデメリットの1つ目は、コミュニケーション能力が低下することです。孤独になると、誰かと会話をすることはありません。会話をする相手がいないからです。コミュニケーション能力は、誰かと会話をすることで培われていきます。 コミュニケーション能力すると、仕事で交渉が必要になった時に困るでしょう。交渉でもっとも重要になるのは話術です。その話術が優れていなければ、良い仕事を得ることが難しくなります。そのような点では、孤独はデメリットになる場合があります。

デメリット2:結婚式に呼ぶ人が少なくなる

孤独のデメリットの2つ目は、結婚式に呼ぶ人が少なくなることです。大切なパートナーと結婚することになった時、結婚式を挙げるでしょう。その時、多くの友人知人や仕事仲間を結婚式に招待します。孤独になると、招待する人は極端に減ってしまいます。 結婚式に呼ぶ人がいない、ということも充分考えられます。あまり親しくない人にいきなり自分の結婚式に招待しても、招待された側も困ってしまうでしょう。パートナー側の友人知人ばかりで、自分の友人知人は誰もいないということになるかもしれません。

デメリット3:相手の立場に立った考え方ができなくなる

孤独のデメリットの3つ目は、相手の立場に立った考え方ができなくなることです。他人の気持ちや考えを汲み取ったり想像したりするのは、目の前に相手がいるからです。そのような機会を多く持つことで、その能力が伸びていきます。 孤独になると相手と意思の疎通を図ることはほとんどなくなります。相手の立場を考える必要もなくなりますから、そのような行動もできなくなります。想像力も欠如していきます。自分本位な考え方や行動が目立つようになります。

デメリット4:健康に悪影響を及ぼすことがある

孤独のデメリットの4つ目は、健康に悪影響を及ぼすことです。孤独を感じると、その気持ちを紛らわそうとして、タバコの量が増えるなどの行動を取ることがあります。タバコを吸わない人は、お菓子を食べるなどの行動が目立ちます。 タバコの量が増えることもお菓子などを食べる行動も、決して身体に良いとは言えません。どちらも健康に悪影響を及ぼす行動と言えます。孤独感を紛らわすために、人によってはこのような行動を無意識に取ってしまうことがあるのです。

デメリット5:感情を分かち合うことができない

孤独のデメリットの5つ目は、感情を分かち合うことができないことです。喜びや嬉しさの感情は、誰かと分かち合うことで何倍にも大きくなります。一人で感じるよりも、より一層喜びや嬉しさを強く感じることができるのです。 また、悲しみや痛みは誰かと分かち合うことで軽減されます。誰かに胸の内を打ち明けることで、悲しみや痛みを分かち合って癒すことができるのです。ですが、孤独ではこのような感情を分かち合うことはできません。

孤独のデメリットを解消してメリットを活かそう

孤独にはたくさんのメリットがあります。特に人間として成長できるのは、とても大きなメリットと言えるでしょう。人間として成長することで自信を得ることができます。その自信が、更なる成長を促してくれます。 その反面、孤独にはデメリットもあります。人間関係にも学ぶことが多いということなのです。特にコミュニケーション能力などは、仕事などにも大きな影響を及ぼします。

孤独にはこのようにメリットとデメリットがあります。時には誰かと交流を持つことでで、デメリットの部分を解消しましょう。すると、孤独のメリットの部分を上手に活かすことができるでしょう。

辛い孤独とどう付き合う?孤独を軽減させる方法

孤独が辛いと思っていると、ますます孤独が辛いと思う気持ちが強くなります。すると、孤独のメリットを生かすことが難しくなります。 ここでは、孤独を軽減させる方法をご紹介します。

方法1:一人だからこその経験を積む好機と考える

一人だからこその経験を積む好機と考えてみましょう。誰かと一緒では、なかなかできないことがきっとあるでしょう。つい誰かに頼ってしまうようなことでも、一人なら自分で行動に起こさざるを得ません。それは、あなたにとっての好機と言えます。 一人で様々なことにチャレンジしてみてください。一人でカフェに行ってみたり、ショッピングに出かけて見たりするのも良いでしょう。一人で行動する機会を増やしましょう。それらはあなたにとっての良い経験になります。

方法2:夢中になれる趣味を持つ

夢中になれる趣味を持つという方法もあります。趣味を持つことで、楽しさや喜びが感じられるようになります。それらは孤独感や一人でいることの寂しさを消し去ってくれます。また、趣味を持つことで世界観や視野が広がるきっかけにもなります。 趣味を見つける時には、今まで挑戦したことがないことにチャレンジしてみましょう。意外と面白いと感じて夢中になれます。

方法3:自分自身と向き合う

自分自身と向き合うことも、孤独を軽減させる方法の一つです。孤独を感じているのは、自分のことを深く知らないことが原因かもしれないからです。また、自分自身と向き合うことで、孤独がどこからきているのかがわかる可能性もあります。 毎日日記を書いてみましょう。3~5行くらいの日記を書くことで、自分がどんなことを感じているのかわかるようになります。自分の思考を知ることで、孤独が軽減されていくでしょう。

方法4:今まで以上に仕事に真剣に取り組む

今まで以上に仕事に真剣に取り組むことも良いでしょう。仕事に真剣に取り組めば、孤独を感じている暇はなくなります。また、仕事でのあなたの評価も上がります。認められることでも孤独を軽減させることができます。

方法5:自分の内面を磨く努力をする

自分の内面を磨く努力をすることも良い方法です。新しい知識を得るために勉強を始めるのも良いでしょう。学校に通うことも考慮に入れると更に孤独が軽減されます。また、知識を増やすことで多くの人たちから尊敬され、孤独も軽減されていきます。

孤独に耐える毎日を変えたい!孤独を解消する方法

孤独に耐えている人は、自分が感じている孤独を解消したいと思っていることでしょう。ここでは、孤独を解消する具体的な方法についてご紹介します。

方法1:人の役に立つ活動をする

人の役に立つ行動をしましょう。ボランティアをするのも良いでしょう。誰かの為に積極的に行動を起こしてください。すると、「自分は誰かの役に立っている」と感じられるようになります。実際感謝もされますから、孤独は解消されていきます。

方法2:聞き上手になる

聞き上手になることも大切です。人は自分の話を聞いて欲しいと思っているからです。ホストやホステスが人気なのは、聞き上手だからです。 じっくり相手の話を聞いてあげましょう。否定してはいけません。必ず肯定してあげてください。すると、多くの人たちがあなたの周りに集まってきます。孤独も解消されていきます。

方法3:笑顔を意識する

笑顔を意識することも大切です。人は明るい表情の人に集まっていくからです。口角を少し上げてください。それだけで周囲の人たちは笑顔に感じてくれます。多くの人たちが集まってきて、孤独が解消されるでしょう。

方法4:運動する

孤独を解消するには、運動するという方法も有効です。少し激しい運動をしましょう。思い切り汗をかくことで気持ちがすっきりします。それと同時にやる気が希望が湧き上がってきて、孤独が解消されていきます。

方法5:自分から挨拶をする

自分から挨拶をしてみましょう。この時、必ず笑顔で挨拶をしてください。繰り返し挨拶をすることで、相手はあなたに心を開いてくれるようになります。心のつながりが感じられるようになり、孤独は解消されていくでしょう。

方法6:積極的に話しかける

積極的に話しかけることも大切です。自分から笑顔で話しかけてください。あなたが笑顔で話しかけることで、相手もあなたに答えてくれます。相手の話を聞くということも同時に意識することで心がつながります。孤独も解消されていきます。

孤独に強い人は孤独だと思っていない

孤独に強い人は、孤独だと思っていません。一人でいることを楽しんでいるのです。孤独に強い人になりたい人は、孤独だと感じることをやめましょう。自分を忙しくしてください。すると、孤独を感じる暇がなくなり、孤独に強い人になっているでしょう。

MindHackYoutubeチャンネル開設!

この度弊メディアMindHackは大好評につき、Youtubeチャンネルを開設いたしました! 仕事、恋愛、その他日常使える心理学やモチベーションアップ方法など、様々な場面でためになる情報を発信していきますので、チャンネル登録よろしくお願いいたします! Youtubeチャンネルはこちら

関連記事

ライター

五月女 霞珠

五月女 霞珠

心理カウンセラーとしての資格を保有。心理カウンセラー、占い師を経て、現在はスピリチャルライターとして...

電話占いヴェルニ

人気記事

Feelフィール

新着記事