2020年10月09日公開

2020年10月09日更新

天才と孤独は切り離せない?天才に孤独が多い理由や名言を紹介!

天才と呼ばれる人は、周りと馴染めず孤独になることが多いです。あなたの周りにも頭が良いけれど、いつもひとりでいる人はいませんか?なぜ天才なのに孤独なのでしょうか?この記事では天才に孤独が多い理由と、天才の名言をくわしく紹介していきます!

天才には孤独な人が多い?

「天才には孤独な人が多い」と聞いたことがありませんか? 世界的に有名なアインシュタインや、トーマス・エジソンのような天才も孤独な時期がありました。小説家の夏目漱石も、孤独な幼少期を過ごしたことで有名です。 今回は天才に孤独が多い理由、孤独な天才が残した名言についてご紹介していきます。

天才は群れない?孤独な天才の特徴

天才が群れないのはなぜでしょうか?それは孤独な天才ならではの特徴が原因とされています。この特徴に当てはまる人は、もしかすると天才なのではないでしょうか。 それでは、次の段落から「孤独な天才の特徴」を解説していきます。

特徴1:孤独でいることが好き

孤独な天才は「孤独でいることが好き」という特徴を持っています。ひとりで過ごす時間を大切にしているのです。また、天才は孤独が苦しいと感じていません。 群れることを嫌い、自分の好きな分野に取り組むことを良しとしています。孤独だからこそ、興味があるものに黙々と集中することができます。 自分の才能を信じていて、自分の価値観を大切にしている天才は、孤独でいることが好きな傾向にあります。

特徴2:常識にとらわれない言動

「常識にとらわれない」ことも孤独な天才の特徴です。天才は常識だけで物事を判断しません。一般常識に対して、常に疑いの目を持っています。 これは、天才と呼ばれる人が「自分の頭の中の世界」を思考のベースにしているためです。なので、一般人からすると天才は非常識に見えてしまいがちです。 ただ、常識を持ち合わせていないわけではありません。一般的な常識を理解した上で、常識にとらわれない行動をとっているのです。

特徴3:自分の意思を貫く頑固な性格

孤独な天才は「自分の意思を貫く頑固な性格」を持っているのが特徴です。天才は自分の世界があって、自らに絶対的な自信を持っています。 自分の行動は正しいと思っているので、誰かの意見や批判をとても嫌います。どれだけ説得しようと、自分の意思を曲げることはありません。 また、自分の考えや行動を邪魔されると、カッとなり攻撃的になる場合もあります。頑固でキレやすい性格から、「付き合いにくい」と思われることも多いようです。

特徴4:周りの人との協調性に欠ける

孤独な天才は「周りの人との協調性に欠ける」という特徴を持っています。自分に自信を持っていて、自分の考えが正しいと思う傾向にあるからです。 また、天才だからこそ周囲の人を理解できないこともあります。ずば抜けた才能を持っているため、他人の考えや判断を理解できないのです。 協調性に欠けるため、団体行動には向いていません。他人と協力して物事を進めることができず、我が道を進んでいくことで孤独になってしまいます。

特徴5:独自のマイルールを持っている

孤独な天才の特徴には「独自のマイルール」を持っていることが挙げられます。一般的な社会のルールは、普通の人が生きやすいように作られています。 たとえば、食事を朝・昼・夜の3回に分けることが常識とされています。しかし、この常識は天才にとって全く関係のないことなのです。 天才からすると、一般的なルールは相入れないものなのです。そのため、天才は自分の考えや経験をもとに独自のルールを生み出します。

特徴6:他人のペースに合わせることができない

孤独な天才の特徴として「他人のペースに合わせることができない」ことが挙げられます。才能や能力が優れているので、他人と同じスピードで歩むことができません。 そして、自分自身も能力の高さを理解しているため、他人のペースに合わせるのが面倒に感じてしまいます。結果として、マイペースな性格になるようです。 他人のペースに合わせることができず、マイペースに我が道を進むようになります。そうしていくうちに、周りの人から孤立してしまいます。

特徴7:凡人には理解できない発想や考えを持っている

孤独な天才は「凡人には理解できない発想や考え」を持っています。才能があるからこそ、誰も思いつかない発想や考えを生み出すことができます。 これは、自由で柔軟な思考を持つ天才ならではの特徴です。しかし、周りの人から理解されないことで、孤独になってしまう場合もあります。 一般的な人であれば、常識から大きく外れたことを理解することはできません。むしろ、恐怖を覚えたり排除しようとしてしまいます。そのため、凡人には理解できない発想や考えを持っている天才は孤独になることが多いのです。

特徴8:他人との関わりを無駄だと感じている

孤独な天才は「他人との関わりを無駄だと感じている」ことが特徴として挙げられます。能力が低い他人と関わるよりも、自分が興味のあることに集中したいと考えているからです。 天才の中には、人間関係が希薄でコミュニケーション能力が低い人も少なくありません。これも、他人との関わりを無駄に感じていることが原因のひとつとされています。 他人との関わりを無駄だと感じている天才は、しだいに孤立していきます。しだいに、才能があるのに孤独な天才ができてしまうのです。

天才に孤独な人が多い理由

ここからは、天才に孤独な人が多い理由を紹介していきます。

理由1:承認欲求が限りなく低い

天才に孤独な人が多い理由として「承認欲求の低さ」が挙げられます。承認欲求とは、他人から認められたい、褒められたいという欲求のことです。 たとえば、SNSなどで自分の優れている点を自慢するのは、承認欲求を満たすための行動とされています。しかし、天才の場合は誰かに認めてもらいたい欲求が限りなく低いのです。 承認欲求が低い原因は、自分が好きなことを徹底的に追求しているからです。はじめから他人の評価を求めていません。満足のいく結果を出すことのみが天才の欲求を満たすのです。

理由2:人間関係がストレスに感じる

天才に孤独な人が多い理由として「人間関係にストレスを感じる」ことが挙げられます。自分の世界に入り込んで思考することが好きな天才は、他人に邪魔されることを嫌います。 集中しているときに話しかけられると、せっかく浮かんだ考えやアイディアも吹き飛んでしまうからです。たとえば、周りの人から「お茶でも飲む?」や「今日、会社でさ〜」などと話しかけられることは誰にでもあります。 一般的な人であれば、気遣いに感謝したり会話をするはずです。しかし、考えることが大好きな天才は、思考の邪魔をされることに大きなストレスを感じます。思考の邪魔をされないように、あえて人間関係を遠ざけて孤独になる天才もいるのです。

理由3:ひとりの時間を大切にしている

天才に孤独な人が多い理由として「ひとりの時間を大切にしている」ことが挙げられます。ひとりの時間では何をしてもいいし、全て自分のために使うことができます。 たとえば、自分が好きな本を読んだり、他人に邪魔されずに趣味を没頭してもいいわけです。孤独な時間を過ごすことで、新たな気付きを得ることもできます。 天才はひとりの時間の大切さを理解しています。孤独でいることで誰にも邪魔されずに興味のあることを掘り下げることができます。天才にとって孤独は身近な存在であり、ひとりでいる時間を大切にしているのです。

理由4:自らの考えを他人に理解されない

天才に孤独な人が多い理由として「自らの考えを他人に理解されない」ことが挙げられます。ずば抜けた才能であったり、奇抜な発想というのは一般人には理解できません。 人は大きな変化を嫌うものです。天才によって生み出された画期的なアイディアもすぐに受け入れることはできません。たとえ世界を変えるようなアイディアや発明でも、すぐに理解してもらうことは難しいでしょう。 最悪の場合、「変人」や「奇人」のレッテルを貼られることもあります。凡人の理解を超える考えを持っていることが理由で、孤独になってしまう場合もあるのです。

理由5:攻撃対象になるのを避けるため

天才に孤独な人が多い理由として「攻撃対象になるのを避けるため」ということが挙げられます。天才はずば抜けた才能を持っているので、凡人が理解できないこともあります。 中には、天才を排除しようとしたり、遠ざけようとしたりする場合もあります。たとえば、カラスの中に白い個体がいると、仲間から攻撃されて排除されます。異質な存在というのは、存在するだけで攻撃対象となってしまうのです。 そうならないためにも、天才は他人の攻撃から身を守らなくてはいけません。この手段のひとつとして、孤独でいることを選択するのです。

理由6:他人からの悪意に敏感

天才に孤独な人が多い理由として「他人からの悪意に敏感」なことが挙げられます。天才は、自分を利用しようとする人の邪悪な心を感じ取れると言われています。 相手が敵だとわかっていて、それでも一緒にいるのは難しいことです。自分の時間を邪魔されるかもしれません。相手から攻撃されることも考えられます。 天才は自分の世界で思考をめぐらせるのが一番の至福です。この時間を邪魔されることを極端に嫌う傾向にあります。そのため、自分に害をなす「悪意のある人」を見分けることができるのでしょう。

天才の孤独感が伝わる名言5選

孤独な天才から生み出された名言は数多く存在します。ここでは、天才の孤独感が伝わる名言5選を紹介していきます。

独創は天才の唯一の証である

18世紀フランスのモラリスト「マルク・ド・ヴォーヴナルグ」の名言です。言葉の中にある独創とは、独自の考えで物事を創造するという意味が込められています。 周囲からの理解を得られない孤独な天才は、独創することでのみ生きた証を残すことができるというわけです。誰からも理解されずに、独自の考えで創造することができるのは天才にしかできないことでしょう。 才能を持った天才のみが理解できる、存在の証明ととらえることもできます。

天才は常に孤立して生まれ孤独の運命を持つ

ドイツ人の作家でノーベル文学賞を受賞した「ヘルマン・ヘッセ」の名言です。天才と呼ばれる人は孤立から生まれて、孤独を運命付けられるという言葉を残しました。 天才は才能が飛び抜けているため、周囲からの理解を得られずに孤立してしまいます。そして、誰からの理解も得られずに孤独な運命をたどるしかありません。 ヘルマン・ヘッセ自身が感じていた周囲の人との違いや、孤独感がわかる名言となっています。

孤独なとき人間はまことの自分自身を感じる

ロシアの小説家「レフ・トルストイ」が残した名言です。孤独だからこそ、本当の自分を知ることができるということです。 ひとりで考えて感じる「孤独な時間」があるからこそ、天才はより成長できるのでしょう。孤独を苦しいと捉えるのではなく、自身の成長に役立てているわけです。 ただ、人は孤独のまま生きることはできません。誰かと助け合ってこそ生活できます。その輪から外れるということは、とても大きな孤独感を感じるはずです。

神は必ずやわしのような孤独の男を愛してくれる

小説家の太宰治が「新ハムレット」で残した名言です。神は孤独であろうと、努力を続ける人間を見放さないという意味が込められています。 他人からの理解されずに、孤独な道を進む天才は少なくありません。それでも、神から愛されていると信じて自分の道を突き進んでいるのでしょう。 どんなに苦しいときでも、自分の運命をまっとうする。そのような強い決意の表れと捉えることもできます。

強者は最も素晴らしく孤独である

ドイツの詩人「フリードリヒ・フォン・シラー」が残した名言です。強者やずば抜けた才能を持った人は、多くの人から尊敬されることでしょう。しかし、同時に孤独でもあるのです。 自分と同じステージにいる人がほとんどいないからです。悩みを持っていたとしても、誰にも相談することができません。力を持つものは、孤独を運命付けられているのです。 表面的な部分を見ると、才能を持った人は素晴らしく見えます。ですが、根っこの部分では孤独や苦悩を抱えているのでしょう。

天才は孤独を運命付けられている

天才はずば抜けた才能を持っているため、孤独になることを運命付けられています。凡人に理解できない発想は、排除されてしまうためです。 そのため、天才は理解者を得ることなく孤独の道を進むしかありません。ただ、孤独でいることが才能を磨くことにつながる場合もあります。 天才は孤独に負けずに自らの道を進むことで、孤高の存在へと進化していくのではないでしょうか。

短期間であんなに音痴だった私が...?

歌がうまかったらなんて人生楽しいのだろう...そう何度も思ってきました。 昔の私は音痴で人とカラオケに行くことすら怖かったんです。 そんな私が、なんと「無料の講義内容を実践」するだけで、びっくりするくらい歌が上手くなったんです!! その秘密はこちら↓

関連記事

ライター

Nakano

Nakano

学生時代からスピリチュアルに興味があり、現在勉強中です。心理学や哲学などにも興味があります。...

人気記事

新着記事