2019年07月12日公開

2019年07月12日更新

【手相占い】生命線の場所や見方は?生命線の長さ・濃さ・状態をチェックしよう!

自分の運勢が知りたくなったときに、自分でも簡単に自分の運勢がわかる方法が手相占いです。生命線からは健康運がわかります。今回は、そんな生命線の見方についてあらゆる角度からご説明します。それでは、自分の生命線を見ながらチェックしてみて下さい。

生命線とは?

生命線は、生命力に関わるものを示しています。運命線、感情線、知能線と共に手相占いの基本の線であり、手相占いでは重要視されています。よく、生命線が長いと長生きする、短いと長生きできないと言われますが、そんなことは全くありません。 生命線の長さは寿命の長さとは関係なく、生命線は、人生を通しての生き方を知ることができるとされています。

何をするにも健康であることは一番大切です。生命線は、あなたの健康状態や老後にどのような生き方をするかを示しています。日々、変化している手相ですが、生命線が示していることをしっかりと受け止めて、健康でバイタリティー溢れる毎日を送れるようにしましょう。 生命線の長さや濃さなどはどのような状態を表しているのでしょうか。それでは、私たちにとって大切な健康について教えてくれる生命線について、これから詳しくご説明していきます。

生命線の見方は?

疲れやすくなったり、体の不調が気になったりする時期は突然来ます。前からわかっていれば、用心したりと対処できたかもしれないと感じることはありませんか。健康や体力について、生命線から知ることができます。生命線の変化を見て推測することができます。 生命線は、親指と人差し指の付け根の間から手首に向かって弧を描いて流れる線です。生命線は、流年法という何歳の時にどんな状況かを測定する方法を用いて、変化する時期を推測することができます。まずは、生命線上での年齢を測りましょう。

人差し指と中指の間から生命線に向かって縦に線を下ろします。この縦線と生命線とが交差する点がだいたい20歳です。手首線から1cm程上のあたりがだいたい70歳です。20歳と70歳の間を等間隔に分けて、30歳、40歳、50歳と大体の年齢を見ます。 この年齢を基準に、生命線の状態と照らし合わせて見ていくことになります。生命線の濃さなどの切り替わりなどから、健康な時期や健康に注意する時期などがわかるのです。

生命線の運勢の占い方【高い・低い】

生命線の始点の位置が、人差し指と親指の付け根の線との中間にある場合は、標準的な始点の高さです。この標準的な始点の位置よりも始点が高い場合と低い場合でも違いがあります。人差し指の方に寄っていると始点が高く、親指の方に寄っていると始点が低いという見方です。

位置が高い

生命線の始点が、標準よりも高めの場合は、何事にも積極的で、決断力があり、勇気があり、大胆な行動ができる人です。体力にも恵まれているので、何事にも積極的に行動を起こすことができます。野心や意気込みもあり、やる気に満ち溢れています。 やる気があり、積極的に行動を起こす人は、前向きな人が多く、他の人よりもチャンスを掴みやすくなります。自ら幸運を掴みに行くタイプです。

ただし、生命線の始点がかなり高い位置にある人、つまり人差し指側にある人は、支配的で自分勝手になりがちです。自己主張を通しすぎて、周囲に敵を作りすぎないように注意する必要があります。

位置が低い

生命線の始点が低くなれば低くなるほど、自制心や向上心が低いという傾向がみられます。また、神経質な面があり、消極的になりがちです。何事にも意欲的に取り組むことができず、困難なことにぶつかると心が折れやすいです。 また、自制心がないと、目先の欲望を優先してしまい、楽な方へ楽な方へと流されてしまうことが多くなってしまいます。自分の感情のコントロールも出来なくなり、感情的になりやすくなります。それによって、他人と争うことが増えてしまう恐れもあります。

生命線の運勢の占い方【濃い・薄い】

生命線が濃い、つまり生命線がはっきり、くっきりしている場合と、生命線が薄い場合で運勢が違います。それでは、濃い生命線と薄い生命線の運勢をそれぞれ見ていきましょう。

線が濃い

生命線が濃い場合は、心も身体も健康で、バイタリティーに溢れているときです。体力もあり、どんなことにも活動的に取り組むことができます。困難なことにも負けない、気力、体力、自信を持ちあわせています。 生命線が濃い人は、細かいことで落ち込むことも少なく、精神的にも強いので、ストレスを溜めにくいとされています。また、生命線が濃い人は、体力があるので、体力勝負の仕事で力を発揮できますよ。

生命線が濃いことに加え、彫刻刀で掘られたように線が深いというのが、最も理想的といえます。このような濃く、深い生命線を持つ人は、どんな逆境にも負けずに立ち向かっていく強い生命力を持っているとされています。 逆に、生命線は濃いけれども、浅いという場合は、見た目は丈夫でタフそうに見えるけれども、打たれ弱いという面を持っているとされています。生命線の深さも濃さと一緒に見てみるとより詳しくわかりますよ。

線が薄い

生命線が薄い場合は、体力が少なく、疲れやすいことを示しています。そのため、気力や根気が続かず、成果が挙げられなかったり、困難を乗り越えることができないこともあります。自信をなくしがちで、迷いが表れやすく、人に流されやすい傾向があります。 生命線が薄い場合は、感性が鋭く、知的センスに優れています。知識や感性を活かすことができる分野で力を発揮することができます。小さなことからコツコツと達成感を得て自信をつけたり、体力をつけることで生命線が濃くなり、さらに活躍の場を広げることができます。

生命線が薄い人は、自分の主張が強くないという事を表わしています。生命線が、全体的に薄い場合は、協調性が高くて、温和で優しい性格であることが多いです。周囲の人は、その優しさに惹かれます。ただし、自己主張が弱くなる分、我慢することが多くなります。 たとえ、自分の意見や思いがあっても自分さえ我慢すればよいと思って、一人で抱え込んでしまう傾向があります。周囲に気を使い過ぎて、我慢する分、ストレスを溜めやすくなる傾向があります。

周囲に気を配ることは、大切なことですが自分が無理をしない程度にしておかないと、自分が体調を崩してしまうことになってしまいますよ。限界まで我慢して自分で自分を追い込んでしまってはいけません。

生命線の運勢の占い方【長い・短い】

健康面を見るときに、生命線の長さは特に気になりますよね。生命線が長い、短いというのはどのようなことを示しているのでしょうか。それでは、生命線が長い場合と短い場合の運勢を見ていきましょう。

線が長い

手首に届くくらいまで生命線が伸びている人は、生命線が長い方になります。生命線が長い人は、生命力にあふれていて、積極的で活発な性格、行動力もあり何事にも前向きなので、周囲を明るくし、元気を与えます。 体も丈夫で、抵抗力や免疫力が強く、病気やケガをしても、治りが早い傾向があり、健康的です。しかし、丈夫で健康だと過信して、無理をしたり不摂生を重ねると寿命が短くなる可能性があります。

過信し過ぎると、生命線が短くなることもあるようなので、日頃から健康的な生活を心がけることと、生命線の長さに注意するようにしてくださいね。

線が短い

生命線が短い人は、生命線が綺麗なカーブを描いていないことが多いです。生命線がが短い人は、寿命が短いとよく聞きますが、そんなことはありません。ただ、生命力が弱く、体力が少なめなため、風邪をひきやすかったり、ケガをしやすくなります。 また、ストレスを溜めやすいため、精神的にも疲労しやすいといえます。心も身体も弱ってしまうと、何に対しても気持ちが弱くなってしまうので、日頃から規則正しい生活を心がけることが大切です。そうすることで、生命力が高まり、健康的な生活を送ることができます。

生命線の運勢の占い方【張り出しが大きい・小さい】

次は、生命線のカーブの張り出し方について見ていきましょう。生命線のカーブの張り出し方は、スタミナを見ることができます。また、カーブからは生殖能力を見ることもできるので併せてご紹介します。 それでは、生命線のカーブの張り出しが大きい場合と小さい場合をそれぞれ見ていきましょう。

張り出しが大きい

中指の中心から手首の向かって垂直に伸ばした線よりも、生命線のカーブの張り出しが大きい場合は、生命線のカーブの張り出しが大きいと判断します。生命線のカーブの張り出しが大きい人は、体力があり、エネルギッシュな人です。 疲れにくくスタミナがあり、何事にも積極的に取り組むことができます。仕事も遊びもいつでも一生懸命で、とても行動的です。少しくらいなら無理をしても簡単にはへこたれません。女性であれば、多くの子どもを産んで育てる体力があるといえます。

元気だからと自由奔放にしていると、対人や恋愛でトラブルになる可能性があります。仕事については、生涯現役で活躍できる体力と気力があります。定年後は、何か趣味を見つけて、体を動かす方が良いです。何もせずにじっとしていると、ストレスが溜まりやすくなります。

生命線から、生殖能力を見る場合は、金星丘の盛り上がりもあわせて見ます。金星丘とは、手のひらの親指の付け根あたりを言い、親指と人差し指側に付けたときの盛り上がり方を見ます。金星丘の盛り上がりが大きいほど、愛情深く、積極的で体力があると言われています。 生命線の張り出しが大きく、金星丘の盛り上がりが大きい人は、大切な人や家族に対して愛情深く、子宝にも恵まれます。ただし、盛り上がり過ぎている人は、遊び人になる可能性もあるので注意が必要です。

一方、生命線のカーブの張り出しは大きいけど、金星丘が平坦な人は、異性に関心や興味、執着はあるけれど、性欲や愛情はあまりない場合が多いです。すぐに飽きてしまって長続きがしないことが多く、自分以外に愛情をあまり注ぐことができないタイプです。

元気だからと自由奔放なことをしていると、対人や恋愛でトラブルになる可能性があるので注意が必要です。仕事についても、生涯現役で活躍できる体力と気力を持っています。定年後は、何か趣味を見つけるなどして、体を動かす方が良いです。何もせずにじっとしていると、ストレスが溜まりやすくなります。

張り出しが小さい

生命線がカーブを描かずにストンと下に伸びているようなカーブが直線的で、張り出しが少ない場合は、体力や気力が弱く、根気がなく、何事にも消極的とされています。精力も不足がちです。疲れが溜まりやすく、塞ぎ込んで、クヨクヨする傾向があります。 体に疲労が溜まると心も疲れやすくなるので、こまめに休息を取ることが必要です。軽い運動をして、基礎体力を付けることで生命線のカーブに張り出しが出てきますよ。知識や技術が必要な仕事の方が力を発揮できます。手先が器用な場合は、職人的な仕事にも向いています。

生命線のカーブの張り出しが小さい人は、異性に対して全く興味がないわけではありませんが消極的です。身体や性的ことに対してコンプレックスを持っている場合があります。スタミナがあまりないタイプなので、女性は妊娠したら直前まで仕事をするなどの無理は厳禁です。 生命線のカーブの張り出しが小さい人は、金星丘の盛り上がりも少ない場合が多いです。しかし、金星丘に少しでも盛り上がりがある場合は、愛情があり、愛情溢れる家庭を築きたいという思いを強く持っています。

だから、様々な気配りができますが、体力がついていかないという可能性があります。一人で無理をせず、パートナーと協力して、温かい家庭を築くことが大切です。 生命線のカーブの張り出しが小さく、金星丘の盛り上がりもない人は、パートナーや子ども、家族に対する愛情が薄く、異性に対しての関心が低いといえます。家族や家庭、子どもに振り回されるよりも、一人で自由にいたいと思うタイプです。

生命線の運勢の占い方【上・下に張り出し】

生命線のカーブの張り出しが上に張り出している場合と、下に張り出している場合があるときがあります。それでは、それぞれどのようなことを示しているのか見ていきましょう。

上が張り出している

生命線のカーブの上の方が張り出しが大きくなっていて、下に行くにつれて、カーブが直線的になっている場合は、歳を重ねると体力や精神力が落ちてしまうことを表しています。 生命線のカーブの張り出しが、急に直線的に変わる部分がある場合は、その点の部分が示す年齢あたりで、病気やケガによって、急激に体力や精神力が落ちる可能性があるので、用心するようにしてください。

下が張り出している

生命線のカーブの下の方の張り出しが大きくなっている場合があります。生命線の上の部分よりも、下へ行くにつれてカーブが大きくなっている場合です。この場合は、人生の後半、歳を重ねるほど、より健康になれることを表しています。

生命線の運勢の占い方【状態】

生命線の状態は、あなたの健康状態や病気の傾向を表しています。それでは、生命線の状態を見て、生命線が示している意味合いをしっかり理解しっかりできるように解説していきます。

線が枝分かれしている

生命線が枝分かれしている場合は、枝分かれの状態で意味が変わってきます。生命線の末端が勢いよく2つに枝分かれしている場合は、生命力が強いということになります。このような人は、体力があり、肉体的にも精神的にも強いので、疲れやストレスに対しても強くタフなタイプで、困難にも負けません。 生命線の末端が勢いよく2つに枝分かれしている人は、病気やケガにも強く、回復も早く、健康的な状態であるという傾向があります。しかし、この枝分かれが勢いのあるものではなく、弱々しい場合は、病気やケガの兆候になるため、注意が必要です。

生命線が枝分かれしている手相を持っている人は、一つのところに留まることがないと言われています。自分が慣れ親しんだ環境から離れることで、成功する確率が高まるとも言われています。 地元や最初に就職した職場などに長く居るよりも、転機を見つけたらすぐに、次の場所に飛び立つ方が運勢がよいとされます。

生命線が3本に枝分かれしている場合もあります。この場合は、好奇心があり、幅広く関心を持ちます。同時に複数のことができる器用なタイプです。しかし、生命線の末端が3本に枝分かれしている場合は、体力や気力が少なくなり、疲れやすくなることを表わしています。

線が途切れている

生命線が途切れていると不安になりますよね。大病を患ったり、事故に合ったりするのではないかという心配するのではないでしょうか。しかし、生命線が切れているからと言って、悪いとは限りません。切れている生命線がどうなっているかが重要になってきます。 生命線が切れて、切れた生命線が元の生命線より内側(親指側)に入っている場合は、体力や精神力が弱まることを示しています。生命線が切れて内側に入っている部分の年齢を見て、健康に気をつけることが必要になります。

体力や精神力が弱くなることで、疲れやすくなり、ストレスも溜まりやすくなります。これまで同じように体力を消耗する生活が出来なくなりますので、生活を見直すようにして、健康的な生活を送るように心がけるようにしてください。 生命線が切れて、切れた生命線が元の生命線より外側(手のひらの中心側)に入っている場合は、内側に入る場合とは反対に、体力や精神力が強まり、バイタリティーが溢れます。このような人は、歳をとっても若々しい人が多く、エネルギッシュな人が多いです。

だからといって、自分の体力を過信して不摂生な生活を送っていると、後々の健康面に影響が出てきます。体力の衰えを感じることなく、元気に毎日を送ることができますが、常に健康的な生活を送るようにしてください。

線が二重になっている

生命線の内側にもう一本、生命線に沿って出ているものを二重生命線と言います。また、この生命線に沿っている線を副生命線と呼びます。副生命線が、生命線と同じ始点から枝分かれして内側に伸びたいたり、生命線とは交わらずに並行して伸びるものがあります。 この他にも、途中まで2本あったり、途中から2本に枝分かれすることもあります。このように生命線が二本ある二重生命線はとても珍しく、とても良い手相の持ち主と言えます。大きな事故にあっても、軽いケガで済むような幸運の持ち主です。

二重生命線の人は、体力が普通の人の2倍あり、気力がみなぎっていて、パワフルで元気一杯な人です。意志が強く、忍耐力もあり、タフです。特に2本の生命線の濃さや長さが同じように現れている場合は、とても前向で、根気や忍耐力もあり長寿になると言われています。 二重生命線の手相の持ち主の全員が見た目から肉体派というわけではありません。外見は肉体派でなく、全く丈夫そうに見えなくても、体力的に弱さがあったとしても、内面がタフという場合もあります。

病気に全くならないというわけでもなく、風邪をひくこともケガをすることもありますが、大事に至ることはなく、人一倍、回復が早いと言われています。

線上に島がある

生命線の上に、島と呼ばれる、丸や楕円状のものが現れることがあります。体力面や精神面で疲れている時期に表れやすく、休息摂ったり、体調に気を配ることで、消える場合もあります。しかし、大きい島の場合は、良くない状態が長く続く可能性があり、注意が必要です。 この島がある部分の年齢で、事故に巻き込まれたり、大病を患ったりして、健康状態が悪化する可能性があります。その上、精神的にも弱くなっている時期でもあるので、気力を失ってしまい、落ち込みやすくもなります。

生命線に島が現れている年齢では、仕事上でトラブルが起きるなど、迷いや悩みが絶えない時期でもあります。体力的にも精神的にも弱まっている上に、障害が現れて、ストレスやダメージを受けやすくなります。 島が現れている時期は特に注意するようにしてください。なかなか消えない島や島がいくつも連なって鎖状になっている場合、生命線の一番端が島になっている場合は、良くない相なので、その時期はよく注意をするようにしてください。

島によく似ていて、間違えやすいのですが、島の端が交差していて魚の尻尾のようになっているものは島ではなく、フィッシュと呼ばれる良い相になります。島とフィッシュでは全く逆の相になりますので、よく観察して判断するようにしてください。

線上に三角がある

生命線に三角形が出るのは、とても特別な手相で特殊紋の一種で、三角紋、トライアングルと呼ばれます。生命線に三角形が現れるのは運気アップのサインです。生命線の三角紋が現れている位置の年齢で、体力や精神力が上昇し、健康状態がさらに良くなります。 はっきりとした目標を見つけ、積極的になったり、体力や気力がなく何事もすぐに諦めてしまっていたのに、体力や気力が湧いてきて粘り強くなったりという可能性があります。

ただし、三角紋の一辺が、手のひらに刻まれている線(掌線)になっている場合は、三角紋ではなく、先ほどご紹介した島になります。三角紋は吉相、島は凶相と全く反対になりますので、見極めには注意が必要です。

線上に四角がある

生命線が井の字になっていたり、生命線に四角形が現れる場合があります。生命線に四角形が現れている人は、今現在、苦しい思いをしているのではないでしょうか。生命線に四角形が現れると、今の状況が良い方向に変わる幸運のサインです。 生命線に現れる四角形は、ピンチから脱却する復活や逆転の兆しです。生命線に四角形が現れている時期は、困難や健康面でトラブルが発生するなど不幸なことが起こる可能性がありますが、重症化する前に見つかるなど、良い方向に解決します。

生命線に四角形が現れている時期には、体調が気になったら無理をせずに病院に行ったり、健康診断の受けるようにするなど、特に健康に気を付けるようにしてください。

生命線がない人っているの?

感情線や知能線など他の線ははっきりとしているのに、生命線がないという人も稀にいます。生命線がない人は、一般的な人が持つ三大線と呼ばれる、生命線、知能線、感情線のうちの1本が欠けているということになりますが、生命力がないというわけではありません。 生命線がない人は、自由奔放で、周囲からみるとワガママにも見えるような、吹っ切れたタイプです。悩み事も少なく、周囲からは、破天荒に見えるけど、大きなことをやってのけるということもあります。手相は1本の線だけで判断せず、手のひらを総合的に見ます。

生命線がなくても、運命線がくっきりとあり、良い状態であれば、運命線が生命線の変わりをしている場合もあります。ただし、生命線があるかないかわからないくらい薄い人は、体が弱いなど生命力が弱い可能性があるので、日頃から健康には気を付けるようにしてください。

生命線が短いと短命になるって本当?

生命線が短いと長生きできないということをよく耳にすると思います。とても心配になりますよね。しかし、生命線が短いからといって、短命であるとは限りません。生命線の長さと寿命は関係がないのです。生命線が表しているのは、生きる力の強さです。 生命線が長い人は、短い人よりも生きる力が大きいので、病気やケガの回復が早く、大事に至ることが少ないので、生命線が長い人の方が長生きすると思われるのです。しかし、生命線が長い人も病気になることもありますし、ケガをすることもあります。

生命線が短い人は、体力的にも精神的にも生命線が長い人よりも弱く、疲れやすかったり体調を崩しやすいということはありますが、自分自身で自覚し、健康に気を配り、自分の体力に合った生活をしていれば、不摂生をしている生命線が長い人より長生きする場合もあります。 生命線が短いということで、自分は短命なんだと気落ちするのではなく、自分自身が心も身体も健康的にいられるように環境を整えることが、長生きをするためには必要です。生命線は、あなたに生き方を教えてくれているのです。

特別な生命線を見極めよう!

いかがだったでしょうか。生命線は、生命力や忍耐力、抵抗力や精神力など、生きる上で要となる部分の状態を表わしています。体力や精神力が強まる時期や弱まる時期を、生命線から読み取ることで、事前にさまざまな対処をすることができます。 そうすることで、あなたは、より健康に、より活動的に有意義な時間を送ることができます。また、生命線には、二重生命線や島、三角紋、四角紋など特別な生命線もあります。生命線の現れ方次第で、その時期の生命力に応じてよりよく活かしてください。

特別な生命線を有効に使って、困難を乗り越えたり、前向きな気持ちを持って、毎日を送ってください。

電話占い今なら3000円分無料クーポンプレゼント!?

「電話占いってやってみたいけど、値段高いんだよなぁ...」 なんと、ココナラなら今だけ、3000円分無料クーポンプレゼントしちゃいます! クーポンをゲットして手軽に電話占いを始める方法はこちら↓

関連記事

ライター

No Image

pop03

学生時代は児童福祉学を専攻していました。社会福祉士の資格取得。...

人気記事

新着記事