2020年09月07日公開

2020年09月07日更新

【手相占い】頭脳線の枝分かれの意味とは?手相で性格・傾向を徹底分析!

頭脳線の枝分かれしている人はマルチで柔軟な思考回路をしている人です。あなたの周囲には一人はいるアイデアマン(ウーマン)に現れる手相の運勢を詳しく掘り下げています。頭脳線の枝分かれとその仕方によってどのような違いがあるのでしょうか?

頭脳線の枝分かれを徹底分析!

手の平のほぼ中央部を横に走っている頭脳線。あなたの頭脳線はどのような形をしているのでしょうか?今回は頭脳線が枝分かれしている場合について、詳しく解説していきます。

日常で考えることに関して、あなたはいつもどのような決断をしているのでしょうか?また仕事などの面において、どのような才能を秘めているのでしょうか?それに頭脳線は深くかかわっているといえます。

頭脳線の形状を知ることで、自分の思考傾向を知ることができます。より自分に向いている仕事についてもハッキリと出ていることが多いので、参考にしてみると良いでしょう。

そもそも頭脳線の意味とは?

頭脳線は別名知能線ともいい、その人の脳や考え方などを反映するといわれています。親指と人差し指の間から、手の平の中央部を横断するように伸びています。頭脳線がくっきりしている人ほど思考回路が鮮明で、考え方がハッキリしている人だといわれています。

頭脳線が枝分かれしている人の運勢の占い方【右手・左手・両手】

頭脳線が枝分かれしている人の運勢の占い方について、まずは手相のでる場所についてその違いを見てみましょう。頭脳線が枝分かれしている人は、複数のアイデアや考え方を持っている傾向が強いです。

右手の頭脳線だけが枝分かれ

右手の手相は一般的には、生活によってできた相だといわれています。これまでの経験や判断などからできた後発的な手相です。右手の頭脳線だけが枝分かれしている人は、これまでの生活の選択において、経験から複数のものごとに対応できるように思考回路が作られた人です。

頭脳線が枝分かれしている人に共通しているのはマルチな才能を持っていること。右手の頭脳線だけが枝分かれしている場合には、これまでの経験から得たものによってマルチな考え方が身についている人だということです。

仕事においては、クリエイティブな才能を持っていますし、経験からの判断によって柔軟な思考回路を秘めています。しかし、根は一本気で芯には強いこだわりのある考え方を持っており、時折その傾向がでることがあります。

左手の頭脳線だけが枝分かれ

左手の手相は一般的に、生まれ持った才能を表しています。生まれつきの考え方や無意識の時の考え方に反映するもの。左手の頭脳線だけが枝分かれしている場合には、生まれつきに柔軟な考え方を持っていることを示しています。

生まれ持ってマルチな才能を持っていることから、他の人よりも勉強などがよくできたりします。またIQも高いといわれています。パズルやゲームでは他の人が考え付かない攻略法を編み出すのもこの手相の傾向です。

ただ経験や生活などから考え方や思考回路が一つになり、生活はワンパターンになりがちです。自分自身の才能が生かせる職業と出会えると、右手にも枝分かれした手相が出るかもしれませんね。

両手の頭脳線が枝分かれ

両手の頭脳線が枝分かれている人は、才能と現在の生活がマッチしている証です。手相は左右違うことがほとんどですが、両方に出るということは元々マルチな思考回路をしており、現在でもそれを使いこなしている証です。

仕事においてはクリエイティブさによって、他の人が考え付かないようなアイデアを思いつきます。作家やライターなどものを0から生み出すこともでき、その成果は高く評価されるでしょう。

ただこの頭脳線が枝分かれしている人に共通していえることは、自分を理解してくれる人が少ないということ。自分の本当の考えを話したら引かれるなど、友人関係には少し苦労しそうです。対人関係は二面性を見せないように上手く演じ分けましょう。

頭脳線が枝分かれしている人の運勢の占い方【短い・片方だけが短い】

頭脳線が枝分かれしているものの、頭脳線が短い人はどのような傾向があるでしょうか?頭脳線が短い人の特徴と、片方の頭脳線が短い人の特徴を見てみましょう。

頭脳線が短くて枝分かれ

頭脳線が短い人の特徴として、短絡的な考えで動いてしまう傾向です。アイデアや思い付きでサッと行動に移すことが多いです。そのため良く失敗をします。時には大きな失敗をしてしまうこともあるでしょう。

頭脳線が枝分かれしているので、いろいろな考え方を理解できます。一見思慮深いようなイメージがありますが、行動に移すときは楽観的に素早く、あまりものごとを深く考えていないことが多いです。

そのため、頭ではわかっていても、行動が伴わない人が多いです。大抵後から「こうやっておけば良かった~!」と後悔することが多いでしょう。失敗を経験して思慮深くなり、大成する可能性を持っている点はこの手相の運勢です。

頭脳線の片方が短くて枝分かれ

頭脳線が枝分かれしており、そのうち片方の線が短い場合は上側か下側かによって、若干異なります。まず上側の頭脳線が短い場合には、行動的な思考回路をしている傾向です。状況によって速く動くことや判断を迫られることを強制されているケースもあります。

思慮深くなることが一番ですが、周囲の状況がそれを許してはくれないやや不遇な人です。そのため自分の持っているポテンシャルを活かしていないことが多いです。

下側の頭脳線が短い場合には、元々の考え方が短絡的だけれども行動に移すまでが遅い人が多いです。この方が失敗は少ないですが、経験から思慮深く遠慮がちになるので、成功も逃しているケースがあります。

ただ頭脳線の枝分かれは基本的にはマルチな才能を発揮できる傾向なので、その才能を活かせる生活や仕事の選択をすると良いでしょう。いろいろな考え方を吸収することもできるので、沢山本を読むなどするのも良いですよ。

頭脳線が枝分かれしている人の運勢の占い方【先が二股・三股】

頭脳線が何本に枝分かれしているかによっても運勢は異なります。ここでは二本と三本に枝分かれしているケースについて、知っておきましょう。

頭脳線の先が二股(二本)に枝分かれ

頭脳線の先が二股になっている人は、ものごとの決断に当たって、複数の考え方が浮かぶタイプです。ただ根本的な考え方はしっかりと持っており、行動を柔軟に変えることができ、その選択肢が数多くアイデアとして浮かびます。

したがって基本的な思考回路は頭脳線の太い本線の方向にありつつ、別の選択肢も思い浮かびます。頭脳線の先は決断の相といわれており、これが行動に直結します。複数の考え方が浮かび、主に二つの中から選択をすることが多いことでしょう。

頭脳線の先が三股(三本)に枝分かれ

頭脳線の先が三股に分かれている人は、決断の際に三つ以上の選択肢から選ぶことが多いです。若干優柔不断になりがちですが、アイデアや立案、開発やプレゼンなどにおいて、いろいろな選択肢を提示することができるでしょう。

ただ根本的な考え方は、しっかりと筋が通っており、自分の中での考えはある程度決まっています。他人からのアドバイスを適切に受けると良い選択をすることができるでしょう。

頭脳線が枝分かれしている人の運勢の占い方【途中が二股・三股】

途中から頭脳線が枝分かれしている人には、どのような運勢をしているのでしょうか?思考回路を中心に考えてみます。

頭脳線の途中で二股(二本)に枝分かれ

頭脳線の途中で二股に枝分かれしている人は、複数の案を持ってものごとに取り組める人です。元からいくつかの案のうち良いと思うこと二つ程度に絞り、しっかりとプランニングをできる人。決断の際の柔軟さよりは、立案の時にしっかりと考え込むことができるタイプです。

計画性のときにいくつかのプランを立てておき、アイデアも豊富に浮かびますが、割と絞れて自身で考えを揉むこともできます。バランスとしては優れているタイプです。

ただし自分の頭の中でものごとを完結してしまう傾向が強いです。したがって自分の考えに無いところからの意見に対しては弱いことが多いです。この点は自分の案や考えを他人に見てもらい意見をもらうと良いでしょう。

思考回路は柔軟にできているので、いろいろな意見を聞くことも得意です。ものごとのまとめ役としても活躍できるでしょう。柔軟な思考回路は対人関係も無難にこなせます。

頭脳線の途中で三股(三本)に枝分かれ

頭脳線の途中で三股に枝分かれしている人は、いろいろなアイデアを出せるアイデアマン(ウーマン)。ものを開発すること、計画することが大好きです。またポンポンと出てくるアイデアは、作家などストーリーを作るのにも向いています。

また実は副業にも向いており、本業を上手にこなしつつ、別の全く違う分野でも活躍することができます。逆に一つのことを集中して行うには向いていないようです。上手にいろいろなものごとに挑戦すると良いでしょう。

頭脳線が枝分かれしている人の運勢の占い方【上向き・下向き】

頭脳線の向きによっても運勢は異なります。頭脳線が上向きの人の思考回路の傾向と、頭脳線が下向きの人の思考回路の傾向を知りましょう。今回は特に頭脳線の枝分かれの向きについて見てみます。

頭脳線が上向きに枝分かれ

頭脳線が上向きなほど現実主義です。リアリティを求めるビジネス傾向の強い思考回路をしています。頭脳線が上向きに枝分かれしている人は、現実主義的なニュアンスのあるアイデアを常に持っている人です。

金運は頭脳線とは別で占いますが、お金の考え方もしっかりと持っており、あまり冒険をしません。常にそういった感覚を持って豊富なアイデアを提案できます。ビジネスシーンのプレゼンなどは特に得意です。

頭脳線の一番のクッキリした線が基本的な考え方を示します。頭脳線が真っ直ぐあり、そこから上向きに枝分かれしている人は、現実主義的な参謀に向いているタイプです。データなどを調べることも得意で、堅い考え方や失敗しない考え方を選ぶ傾向が強いです。

頭脳線が下向きに枝分かれ

頭脳線が下向きほど理想主義です。ロマンティックな思考回路で、物語を作ることが大好きです。頭脳線が下向きに枝分かれしている人は常に理想的な考えを抱えています。

アイデアを出すにはこちらの方が得意で、0からものを生み出すこともできます。作家などのストーリーでも特に空想に近い物語を作らせるとこの手相は最適です。理想主義を語ることも好きで、夢を持って生きているタイプです。

頭脳線が真っ直ぐであり、そこから下向きに枝分かれしている人は、理想主義者でリーダーに向いているタイプです。どちらかというとその場の判断力でものごとを進めてしまう傾向があります。

頭脳線が三本以上枝分かれしている場合

頭脳線が複数分岐されているほど優柔不断という傾向があります。テレビのおすすめのグルメなどの情報は大抵三つ程度なのをご存じでしょうか?実は選択肢は多いほど良い訳でもなく、ある程度絞れていると良いのです。

したがって頭脳線が三本以上枝分かれしている場合は、あまり良い兆候ではありません。これはいくつかの決断をし続けることによって濃くなり、複数ある頭脳線がまとまることもあります。しっかりと決断する勇気を持ちましょう。

頭脳線の枝分かれは豊富なアイデアが浮かぶ証!それを活かす行動を取ろう

頭脳線の枝分かれは、いろいろな考え方ができる柔軟な思考回路をしている証です。頭脳線がクッキリしているほどより意思の強い明確なアイデアが浮かぶでしょう。枝分かれしている頭脳線は、複数の考え方を作れることと、受け入れることができる印なのです。

右手の頭脳線は生活習慣などによってできた相で、左手の頭脳線は元々の才能の証です。それぞれ枝分かれしている場合の意味が若干異なりますので、注意しましょう。両手に枝分かれしている頭脳線がある手相が、最も運勢的には強い暗示をしています。

頭脳線が短く枝分かれしているケースでは、やや短絡的な思考になりがちです。落ち着いて考えることが大事です。これも片手と両手にでている場合によって運勢が若干異なりますので注意したいですね。

先が枝分かれしている場合と途中から枝分かれしている場合でも運勢は異なります。決断の部分で柔軟な思考回路をするか、立案の時点でいろいろなアイデアが浮かぶかの違いがあります。

上向きに枝分かれしている場合には、現実主義でリアリズム。下向きに枝分かれしている場合には理想主義で、ロマンチストな一面を持ちます。常にそういった感覚の思考が本筋の考えとは別に浮かびやすい傾向です。

複数数多く頭脳線が枝分かれし過ぎている場合には、優柔不断の証です。自分でしっかりと決断を繰り返すことで頭脳線がクッキリと二本や三本にまとまるでしょう。

いずれにしても頭脳線が枝分かれしている人はマルチな発想が浮かびやすい人です。それを活かした仕事についてみたり、本業とは全く違う副業をしてみると才能が開花するかもしれませんね。

短期間であんなに音痴だった私が...?

歌がうまかったらなんて人生楽しいのだろう...そう何度も思ってきました。 昔の私は音痴で人とカラオケに行くことすら怖かったんです。 そんな私が、なんと「無料の講義内容を実践」するだけで、びっくりするくらい歌が上手くなったんです!! その秘密はこちら↓

関連記事

ライター

古澤 弘一

古澤 弘一

人と接することや人間関係の相談に乗ることが多い40代。 独自の視点から心理を分析し、いろいろな悩み...

人気記事

新着記事