2019年08月15日公開

2019年08月15日更新

【手相占い】頭脳線に島が出る理由とは?島の濃さ・長さ・数をチェックしよう

手には生命線や感情線などいろいろな線があり、その中には頭脳線もあります。そして頭脳線の上には、「島」という紋が見えることもあります。この記事では、頭脳線に島が出る理由や頭脳線の島の意味、頭脳線に島があるときの運勢についてご紹介します。

頭脳線上の島の意味は?

頭脳線とは、親指と人さし指の付け根の間から始まり、手のひらの真ん中を横切るように伸びている線のことです。知能線と呼ばれることもあります。手相においては、基本線とも呼ばれる、運勢を見るうえで大事な線の1つです。 手相では、頭脳線は考え方や判断力、才能や能力、適職などを表すとされています。頭脳線を見ることで、思考のタイプを見分けることもできます。この頭脳線の上に、「島」と呼ばれる、目のような丸い形をした紋があるのを見つけたことはありませんか? 頭脳線に島がある場合、あまり良い意味を示しません。この記事では、頭脳線に現れた島がどのようなことを意味しているのかについて、頭脳線のどの部分に島が出るのか、頭脳線に現れた島の濃さや島の大きさなどに分けてご紹介していきます。

頭脳線に出る島とは?

頭脳線に島が現れたとき、その島はどのような意味を示すのでしょうか?手相における「島」とは、1本の線が二股に分かれて、目の形のようになっている紋です。そもそも島という紋は、手のどの部分に現れても、良い意味を表さないことがほとんどです。 島には、現れた線の意味を弱めるという意味があります。そのため、頭脳線に島が出た場合、思考の使いすぎによる脳の疲弊や気にし過ぎることで神経が弱っていること、体調不良を意味します。また、頭脳線のどこに島が現れているのかによっても、その意味は異なります。 頭脳線の起点となる末端に島がある場合は、幼少期に思考力や神経が弱っていたことを示し、頭脳線の真ん中にある島は、感受性が豊かである反面、繊細で傷つきやすいことを示します。そして頭脳線の終点である先端にある島は、脳が極端に疲弊しているという意味です。

頭脳線に島が出る理由

頭脳線に現れた島は、脳が疲弊していることや神経が弱っていること、健康状態が良くないことを示してくれているサインです。このことから、私たちの心身の状態に、頭脳線に島が現れる理由が存在しているということができます。 それでは、私たちがどのような行動をしたときに、頭脳線に島が現れるような心身の状態になってしまうのでしょうか? ここからは、頭脳線に島が出る理由について、具体的にご紹介していきます。頭脳線に島が出る理由を知ることで、自分の状態を知り、自分の心身の状態を改善していくためのヒントを得ることができるでしょう。

原因1:思考の使い過ぎにより脳が疲弊している

何か悩み事があったり、人生において大きな決断を迫られたりしているときには、人は深く真剣に考えます。そのようなときは、思考を酷使し続けている状態です。 思考を酷使し続けていると、脳が疲弊してしまうため、頭脳線に島が現れることがあります。大事な場面で真剣に考えることは、悪いことではありません。ですが、考えすぎによって、脳にストレスがかかり過ぎたことにより、頭脳線に島が現れている可能性があります。 真剣に考え続ける必要のあるタイミングであっても、一息つくことは必要です。心身をリラックスさせるような時間を意識的に取るようにしましょう。リラックスすることで脳の疲弊を改善し、思考もスムーズになります。

原因2:気にし過ぎて神経が弱っている

感受性が豊かな人は、いろいろなことを他の人よりも繊細に感じ取る能力が高いという特徴があります。そうであるがゆえに、神経が繊細で、細かいことを気にし過ぎてしまい、傷つきやすいという性格の持ち主でもあります。 そのため、感受性が豊かであるがゆえに傷つきやすい人は、神経が弱っている状態になりやすく、頭脳線に島が現れることがあります。神経が弱っている状態が続いてしまうと、病気につながることもあるため、注意が必要です。 細かいことが気になりだしたら、散歩をするなどして身体を動かすことで、気分転換を図ると良いでしょう。

原因3:頭部にトラブルを抱えている

頭脳線や手のひらの真ん中の部分は、脳だけでなく、目・耳・鼻といった頭部を表す部分です。そのため、頭部にトラブルを抱えている場合には、頭脳線に島が現れることがあります。 頭部のトラブルには、たとえば、頭痛持ちであったり眼精疲労であったりと、重大な病気だけでなく、現代人にとっては身近な症状も含まれます。また、視力の低下によっても、頭脳線に島が見られることがあります。 さらに、頭脳線の島が大きい場合には、脳の病気の兆候として、頭脳線に島が現れることもあります。

頭脳線の島とフィッシュの違い

頭脳線に現れる島は、1本の線が二股に分かれて目のような丸い形をしています。一方、頭脳線に現れるフィッシュは、2本の曲線がへこんでいる部分を内側にして向かい合うようになっていることから、目のような丸い形に加えて、魚のしっぽのようなものも付いています。 島とフィッシュはとても間違えられることの多い紋として有名です。頭脳線に現れるこの2つの紋を見分ける1つのポイントとして、島の場合は頭脳線の上に現れますが、フィッシュの場合は頭脳線の上ではなく、頭脳線に接するようにして現れるということがあります。 頭脳線にフィッシュが現れたときには、今までの努力が実を結び、大きな成功を手に入れることができるというポジティブな意味を示しています。逆に、頭脳線に島が現れたときには、思考や神経が疲弊しているといったようなネガティブな意味を示します。

頭脳線に島がある運勢の占い方【右手・左手・両手】

手相において、線や紋自体の意味は、右手であっても左手であっても変わりません。しかし、線や紋自体の意味は同じであっても、それが右手に出ているのか左手に出ているのかによって、読み取ることのできる意味は異なります。 なぜなら手相では、左手は、自分の中の潜在的な部分や、先天的な能力や才能、幼少期に受けた影響を表し、右手は、すでに顕在化している部分や後天的に身につけた能力を表すとされているからです。 ただしこれは、右利きの人の手相について考えた場合のお話です。そのため、左利きの人の手相を見る場合には、逆に考える必要があります。つまり、左利きの人の場合は、右手が潜在的な部分を表し、左手が顕在化している部分を表すととらえます。

頭脳線にある島が意味する運勢を読み解く場合も、頭脳線や島の意味自体は右手も左手も同じです。しかし、頭脳線上の島が右手にあるのか左手にあるのかによって、読み取る意味が変わってきます。 ここからは、右手の頭脳線に島がある場合、左手の頭脳線に島がある場合、そして両方の手の頭脳線に島がある場合の3つのケースに分けて、頭脳線にある島の意味をお伝えしていきます。

右手の頭脳線に島がある

右利きの人の右手の頭脳線に島がある場合、思考の使いすぎによって頭を酷使したことで脳が疲弊していたり、些細なことを気にしすぎるあまり神経が弱っている可能性が考えられます。左利きの人の場合は、左手の頭脳線に島がある場合です。 また、頭痛や眼精疲労といった頭部のトラブルを抱えていることを意味している可能性もあります。島が現れている状態によっては、病気の兆候を示していることもあるでしょう。 右手の頭脳線に島があるときは、脳や神経が疲弊していますから、きちんと休息を取ることが大切です。自分の好きなことをする時間を少しでもいいのでつくったり、身体を動かして気分転換を図るなどして、リラックスできる時間を持ちましょう。

左手の頭脳線に島がある

右利きの人の左手の頭脳線に島がある場合には、生まれつき、もしくは幼いころに育った環境による影響によって、繊細で傷つきやすい性格の持ち主であることを示します。ですが一方で、感受性豊かな面も持っており、芸能や教育といった文化的な才能を秘めています。 左利きの人の場合は、右手の頭脳線に島がある場合です。 左手の頭脳線に島がある場合、感受性が豊かである分、繊細にいろいろなことを感じ取ってしまい、神経をすり減らしてしまいがちです。小さなことが気になってしまうときには、「これで終わり!」と考えるのを意識的にやめるようにしてみましょう。

両手の頭脳線に島がある

両手の頭脳線に島がある場合、生まれ持った性質としても、自分が置かれている状況的にも、脳や神経を酷使しやすく、疲弊しやすい状況にあるといえるでしょう。 脳や神経の酷使を続けていると、心身が常に緊張している状態になってしまうため、病気を招きかねません。場合によっては、脳や目、鼻や耳などの頭部の病気を示す兆候であることもあります。 両手の頭脳線に島がある場合、「忙しいから」と言い訳をするのではなく、心身をリラックスさせる時間を意識的につくるようにしましょう。また、病気の兆候でないかが気になる場合には、一度医師に診てもらうのも良いでしょう。

頭脳線に島がある運勢の占い方【濃い・薄い】

頭脳線に島がある場合、疑いようもなくくっきりと島が現れている場合もあれば、ぼんやりと島のような紋が見えるという場合もあり、頭脳線に現れる島の濃さはさまざまです。そして、その島が濃いか薄いかによって、頭脳線の島の持つ意味の強さは変わってきます。 ここからは、頭脳線に濃い島がある場合と頭脳線に薄い島がある場合に分けて、その意味をご紹介していきます。

頭脳線に濃い島がある

頭脳線は、脳や目、鼻や耳といった頭部を表す線です。そのため、頭脳線に島がある場合、頭痛持ちであったり眼精疲労であったりと、頭部の健康状態が良くないことを示しているケースもあります。頭脳線の末端に島が現れている場合には、精神的なトラブルに注意が必要です。 頭脳線にくっきりと濃く島が現れている場合には、特に注意しましょう。日頃の生活習慣を見直したり、バランスの良い食生活を心掛けるなど、心身をいたわるような生活を意識することが大切です。 もし何かしらの自覚症状を感じている場合には、医師に診てもらうと良いでしょう。

頭脳線に薄い島がある

先述したとおり、頭脳線に島が現れている場合は、頭部の健康状態が良くないことを示す兆候を表していたり、精神的なトラブルを抱えていることを示している可能性があります。 ですが、頭脳線に現れている島が薄くてぼんやりとしている場合には、あまり神経質になる必要はありません。 とはいえ、頭脳線に島が現れている状況ではありますから、自分の好きなことをしたり、自然に触れてみるなどして、心身をリラックスさせてあげると良いでしょう。

頭脳線に島がある運勢の占い方【大きい・小さい】

頭脳線に現れる島は、小さな島もあれば大きな島もあり、その大きさはさまざまです。そして頭脳線の島の濃さと同じように、頭脳線の島の大きさによって、頭脳線に現れた島が示す意味の強さは変わります。 ここからは、頭脳線に小さな島がある場合と頭脳線に大きな島がある場合の2つのケースについて見ていきましょう。

頭脳線に小さい島がある

人生の大きな岐路に立ったときのように、人生において深く悩んだり考え抜いたときには、脳を酷使することで疲弊します。場合によっては、精神的にも疲れ切ってしまうこともあるでしょう。 そのようなときには、頭脳線に島が現れやすくなります。しかし、このとき現れた島が小さなものであるならば、脳や精神が疲弊している期間は長くはないと手相では判断します。ですから、頭脳線の小さな島については、あまり神経質になってとらえる必要はありません。 また、頭脳線に現れた島が、頭部や精神のトラブルの兆候を示している場合であっても、小さな島であるならば、深刻になる必要はないでしょう。心身の緊張を緩め、リラックスする時間を持つなどして、十分な休息を取るようにしましょう。

頭脳線に大きい島がある

脳や精神が疲弊しているときや、頭部や精神面にトラブルを抱えているときには、頭脳線に島が現れるというのは、すでにお伝えしているとおりです。しかし、頭脳線に現れた島が大きな島である場合には、注意が必要です。 頭脳線に現れた島が大きい場合には、頭部や精神面でのトラブルが長引くことを意味します。特に、頭脳線の終点である先端に大きな島が現れているときには、生涯をとおして、頭部や精神面でのトラブルに見舞われることを示しています。 頭脳線に大きな島を見つけたときには、心身を酷使しないような生活を意識するようにし、適度に休息を取り、リラックスすることが大切です。また、気になる症状を見つけた場合には、医師に相談するようにしましょう。

頭脳線に島がある運勢の占い方【その他】

ここまで、頭脳線に島がある場合の意味について、「頭脳線のどこに島があるか」「左右どちらの頭脳線に島があるか」「頭脳線にある島の濃さ」「頭脳線の島の大きさ」という点に注目してお伝えしてきました。 これまでは頭脳線に現れる島の数は1つという想定でお伝えしていましたが、頭脳線に現れる島の数は1つとは限りません。「島」は良い意味を持つものではありませんから、1つも現れて欲しくないと思うところですが、頭脳線に複数の島が現れることもあります。 ここからは、頭脳線にたくさんの島がある場合の意味についてご紹介していきます。

頭脳線にたくさん島がある

頭脳線にたくさん島がある場合について、「頭脳線のどの部分にたくさん島が現れているのか」という点に注目して見ていきましょう。 まずは、頭脳線の起点に当たる部分である、人さし指の下あたりにたくさんの島が見られる場合です。頭脳線の起点部分にたくさんの島があるときは、幼少期に落ち着きがなかったり、集中して勉強できなかったり、精神的に不安定であったことを意味します。

次に、頭脳線の真ん中あたりに島がたくさんある場合には、長い期間にわたって、頭痛に悩まされるなどの頭部のトラブルに見舞われることを示しています。脳だけでなく、視力の低下などの目のトラブルを意味することもあります。 長い期間にわたって頭部にトラブルを抱えると聞くと不安になるかもしれませんが、たくさんの島があっても、その先の頭脳線がくっきりとたくましく続いている場合は、そういったトラブルを克服できたり、克服できなくても上手く共存できる可能性を示しています。

続いては、頭脳線の終点にあたる、小指の下あたりにたくさんの島がある場合です。頭脳線の終点あたりにあるたくさんの島は、考えすぎによって神経をすり減らし、場合によっては、被害妄想にいたることや取り越し苦労が多いことを意味します。 神経のバランスが不安定になりやすいので、注意が必要です。また、神経系のトラブルや知力の低下を示していることもあります。 ちなみに、頭脳線のたくさんの島が、つながって鎖のようになっている場合は、島ではなく鎖状線といいます。鎖状線が見られる場合も、脳や目などの頭部のトラブルを示している可能性があるので、注意が必要です。

頭脳線の島が消えることはある?

手相は、日々変わっていくものです。早いときには3か月程度で変わっていくともいわれています。頭脳線のような基本的な線の位置が変わることはほとんどありませんが、頭脳線に現れた島は消えることもあります。 では、どのようなときに頭脳線の島は消えるのでしょうか?手相は、自分の気持ちの変化や環境の変化によって変わるものですから、考え方がプラス思考に変わったり、不摂生を改めて心身にとって健康的な生活を送るようになることで、頭脳線の島も消える可能性があります。 逆に、今の自分を変えていく努力や行動をしなければ、島はなかなか消えないでしょう。頭脳線に現れた島が示してくれている意味を無視して、心身にストレスをかけるような思考や行動を続けていれば、島が増える可能性もあります。

頭脳線に現れる島は悪いものではない

手相では、手のどの部分に現れたとしても、「島」は悪い意味を表す紋としてとらえられることがほとんどです。そのため、自分の手を見たときに、頭脳線に島があるのを見つけてしまったら、不安や心配を感じて、落ち込んでしまうこともあるでしょう。 しかし、頭脳線に現れる島は、決して不幸を呼び込む悪者ではありません。頭脳線にある島は、自分自身の状態がどのようになっているのか、あるいは将来的にどのような状態になる可能性があるのかを示してくれているサインです。 そして、頭脳線に島が現れるような状況をつくったのは自分自身です。ですから、頭脳線に島があることに気がついたら、「島がある!嫌だな…」と嘆くのではなく、自分自身がどのように生きてきたのかについて振り返り、なぜ島が現れたのかについて考えてみましょう。

手相は、生涯変わらないものではありません。頭脳線に島があるといったように、今が良くない手相であるならば、ポジティブな思考や健康的な生活を心掛けて、心身の状態を整えていくことで、良い手相へと変えていくことができます。 逆に、頭脳線にフィッシュが現れているような良い手相であったとしても、良い手相に安心して、何の努力もしなければ、良い手相も良くない手相へと変わっていってしまいます。自分の生き方次第で、手相は良くもなり悪くもなるのです。 頭脳線に現れた島が、自分の思考タイプを示していても、頭部や神経のトラブルや病気の兆候を示していても、自分自身の心身が疲弊していることを私たちに教えてくれています。頭脳線に島を見つけたら、自分を大事にする生き方をするチャンスととらえてみましょう。

関連記事

ライター

高坂桜

高坂桜

以前、看護師として働いていたことがあります。その中で、セルフカウンセリングに興味を持ち、NLPのコー...

電話占いヴェルニ

人気記事

Feelフィール

新着記事