2020年09月18日公開

2020年09月18日更新

【手相占い】結婚線に島がある手相とは?島の意味や見方を解説

結婚線はその人の結婚の運勢を現しています。結婚線が島のような形になっていると、結婚で良くないこと起きる暗示ともいわれるのです。しかし、手相を見ることでトラブルを避けることは可能です。結婚線の島の意味や見方などを解説していきます。

結婚線とは?

結婚線は、その人の結婚の運勢を暗示しています。結婚線の状態を見ることで、その人の結婚がどうなるか予測することができるのです。結婚線に「島」と呼ばれるものがあると、良くないといわれています。 しかし、島だと思っても悪い手相とは限りませんし、結婚運を良くする方法がないわけでありません。結婚線の島の意味や見方、改善する方法を見ていきましょう。

手相における「島」とは?

手相における「島」とは手相の線のが2本に別れた後1つになり、島のように見える形状になっている状態をいいます。手相ではこの形ができると運が停滞した状態になると考えて、基本的に運勢はよくありません。 結婚線に島ができると結婚で問題が起こりやすいと考えます。手相には他にも、線が十時に重なる「クロス」や3本の線が重なってアスタリスクのような形を作る「スター」があるのです。 クロスは基本的に強運を表し、悪いことが起きるといわれています。スターはどこにできるとしても、突然訪れる幸運を暗示しているのです。結婚線に島ができることを気にする人は少なくありません。

結婚線に現れる「島」と「フィッシュ」との違い

結婚線に現れる島は良くないことの暗示なのですが、実は島ではなく「フィッシュ」と呼ばれるものである場合もあります。フィッシュは島と間違えられやすいのですが、運勢は全く違うのです。 島とフィッシュが間違えられやすい理由や島とフィッシュの意味の違いについてまとめてみました。

形状が似ているので間違いやすい

結婚線の島とは線が2本に分かれて島のような形を作った状態で、アイランドとも呼ばれています。しかし、島によく似た形状のフィッシュと呼ばれるものがあるのです。 これは、2本の線が交差して島のような形を作った後も伸びて、尻尾のようになった状態を表します。結婚線にできたものが島かフィッシュか見分ける目安は、尻尾のような2本の線が同じくらいの長さかどうかです。 かなり長い場合でも、2本が同じくらいの長さなら問題ありません。2本の長さが同じで尻尾に見えるなら、フィッシュとなります。結婚線にできるフィッシュは、島と比べてかなり珍しいです。

正反対の意味を持つ

結婚線にできる島は運勢が停滞し良くないことが起こる暗示ですが、フィッシュは幸運のサインとされているのです。フィッシュは結婚線以外の場所に出ても吉兆を表しています。 また、フィッシュが現れた場所に関連した運勢だけでなく、全体の運勢が良くなるといわれているのです。結婚線にフィッシュが現れたなのなら、結婚運や恋愛運は非常に良いといえるでしょう。 しかし、一見フィッシュに見えても尻尾のような2本線の長さが違う場合は、要注意です。島から二股の相が出ていることになり、結婚線の運勢は2重の意味で悪いことになります。

結婚線の島の現れる場所別の意味

結婚線は手の側面から伸びると考えます。側面の機転を結婚運の始まりと見なし、線が伸びるほど後半の結婚運を表していると考えるのです。 結婚線に島が出ている場合、島のある場所によってどのあたりで結婚運が停滞するのかがわかります。結婚線の島の場所別の意味についてまとめてみました。

結婚線の始点に島がある

結婚線の始点に島があるということは、結婚の初期に運が停滞することを表しているのです。正確にトラブルの時期を判断するのは難しいですが、結婚前か結婚から数年ごろに問題が起こることがわかります。

結婚線の途中に島がある

結婚線の途中に島があるということは、結婚してからしばらくして問題が起こることになります。結婚線の長さによっては、かなり範囲に幅が出る場合もあります。

結婚線の末端に島がある

結婚線の末端に島があるということは、結婚生活の終盤に問題が起こることを表しています。これはかなり深刻な問題が起こる可能性があるといわれています。

結婚線の中間に島があり感情線に達している

結婚線の中間に島があって、その場所が感情線に達している場合は要注意といえます。感情線は読んだ通り、感情に関係した手相です。結婚のトラブルを暗示する島が感情線に達しているということは、そのトラブルが相当深刻だということなのです。

結婚線の島の現れる時期別の意味

結婚線の島の現れる場所によって、結婚のトラブルが起こる時期を読むことができます。また、結婚線の島から受かる時期によって、トラブルが起こるのかも予想できるのです。 結婚線の島の現れる時期別の意味についてご紹介します。

結婚前

結婚線が始まった位置に島がある場合、結婚前にトラブルが起こる可能性が高いです。結婚に反対する人が出てくる可能性が高いといえるでしょう。反対する人間がいないとしても、何らかの不運で中々結婚できないことも考えられます。

結婚後

結婚線の途中や末端に島がある人は、結婚してからトラブルが起こる可能性が高くなります。中間以降に島がある場合は先端より、深刻なトラブルになりやすいので要注意です。

結婚線の途中に島がある場合

結婚線の途中に島がある人は、不倫などのトラブルが起こる可能性が高いです。この手相を持つ人は、危険な恋に引かれやすいといわれています。本人が不倫をしないとしても、この手相を持つ人は不倫する人に引かれやすいといわれているのです。 この手相を持つ人は、恋人を選ぶ際は注意した方がいいでしょう。また、結婚線の島が感情線に達している場合は、トラブルが深刻なる可能性が高くなります。かなり注意した方がいいでしょう。

結婚線の末端に島がある場合

結婚線の末端に島があるということは、結婚の終盤にトラブルが起こることになります。子供の問題や金銭的な問題が考えられますが、末端にある場合は要注意です。 トラブルが深刻化する可能性が高くなります。最悪、離婚する可能性もあるので十分注意しましょう。

結婚線に島があっても大丈夫な手相

結婚線に島がある場合、良くない結婚線といわれます。そのため、かなり心配する人もいると思いますが、結婚線に島があるからといってかならずしも不幸になるとはいえません。 結婚線に島があることが知って備えておけば、トラブルを避けたり、問題を解決することは可能です。 また、島がある場合でも、大丈夫な手相もあります。結婚線に島があっても大丈夫な手相をまとめてみました。

始点・途中に島があっても先がクッキリ伸びている

結婚線に島があるということは、何らかの問題が起こることを表しています。しかし、結婚線の始点や途中に島があったとしても、その後の結婚線がクッキリと伸びているなら大丈夫です。 これはトラブルが起きても、それを乗り越えて結婚生活が続くことを表しています。クッキリしている場合は島のある時期を乗り越えたら、その後は安定した結婚生活が送れることを表しています。 トラブルに備えて、うまく乗り切りましょう。そうすれば、幸せな結婚生活が待っています。

薄くはっきりしていない

もし結婚線に島があるとしても、薄くはっきりしていない場合はそこまで心配する必要はありません。薄いということは、手相が変わりやすいということです。相手のことを思いやる気持ちを忘れないようにしましょう。 良い結婚生活を送ろうと注意していれば、手相は良い形に変わってきます。特に結婚線の島の部分だけ薄い場合は、島を消してしまうことも難しくありません。 ただし、結婚線そのものが薄い場合は、現時点で結婚に対する縁そのものが薄いといえます。結婚できるように努力しましょう。

他に太く濃い良い結婚線がある

結婚線が複数ある人がいます。これは、気持ちの多い八方美人タイプに多い手相といわれますが、複数ある結婚線は一本だけはっきりしていることも多いです。太く濃い結婚線が島もなく良い結婚線の場合があります。 島のある結婚線が薄くて良い結婚線がはっきりしているのなら、結婚しても大丈夫です。しかし、全ての線がはっきりしている人もいます。この場合は、良い結婚線だけはっきりするまで結婚は待った方がいいでしょう。

島が心配な時の対処法

結婚線に島があると心配する人は多いですが、結婚線は変わりやすい手相なのでそこまで心配はいりません。様々方法で手相を変えることはできるのです。結婚線の島が心配な時の対処法をご紹介します。

赤ペンで書き足してフィッシュにする

手相は赤ペンで書き換えることができます。水生ペンで毎日書くようにしましょう。島がある場合は、島をペンで消すのは難しいので尻尾を書き足してフィッシュにしてしまえばいいのです。 フィッシュは島に似ていますが、幸運の暗示になります。ただし、書き足した線の長さが違うと運勢が悪くなってしまうので、同じ長さに書くように注意が必要です。

薬指を動かす

手相は結構簡単に変わるものです。手をマッサージすることで手相が変わり、運気を良くする方法も知られています。結婚線の状態を良くするには、薬指を刺激することが効果的です。 薬指を良く動かすだけでも、効果は期待できます。良い結婚ができることを願って薬指を刺激することで、より効果は高くなります。

行いを反省し改める

結婚線は、日頃の行いや心の持ち方で良くも悪くも変化していくものです。結婚線の状態が良くないということは、あなたに何らかの問題があることになります。問題がないか、日頃の行いを振り返ってみましょう。 相手を思いやる気持ちを忘れてはいけません。行いを反省し改めることができれば、結婚線の状態を良くし島を消すことも十分に可能です。

結婚線に島があってもあまり気にしないように

結婚線の島について解説しました。結婚線の島は離婚の暗示などといわれることもあります。しかし、島はトラブルが起こることを暗示していても、そこまで深刻とは限りません。 島の位置などで事前に察知して対処することは可能ですし、島自体を消すことも不可能ではないのです。結婚線に島があるなら、島を消すように努力するようにしましょう。 ポジティブな気持ちを持って、結婚線を良くすることが大切です。

短期間であんなに音痴だった私が...?

歌がうまかったらなんて人生楽しいのだろう...そう何度も思ってきました。 昔の私は音痴で人とカラオケに行くことすら怖かったんです。 そんな私が、なんと「無料の講義内容を実践」するだけで、びっくりするくらい歌が上手くなったんです!! その秘密はこちら↓

関連記事

ライター

No Image

kgrrf339

心理学の専門家ではありませんが、丁寧にリサーチして書いていきます。よろしくお願いいたします。...

人気記事

新着記事