2019年07月30日公開

2019年07月30日更新

【手相占い】火星線で仕事や生活・病気がわかる!火星線の見方や種類を解説

手相占いではあまり聞きなれない「火星線」。別名を第二の生命線ともいい、生命線と並行して縦にカーブを描いてできる線をいいます。火星線を見ることにより、仕事や生活・病気などがわかるといわれています。本記事では火星線の見方や種類について詳しく解説していきます。

火星線とは?

火星線とは、生命線の内側に並行してでる縦線で生命線に近いことから、第二の生命線や福生命線とも呼ばれています。火星線は、持つ人の生命力や行動力などのエネルギーをあらわしています。 火星線は、人によってさまざまな出方をしています。右手にある人もいれば左手にある人もいますし、火星線の濃さや本数によっても示す意味が変わってきます。 自分の仕事や生活に大きく関わってくる生命力や気力・体力を知ることができる火星線について、詳しく見ていきましょう。

火星線の見方は?

火星線は、生命線の内側にあらわれるカーブを描いた縦線です。火星線を持っている人の共通した特徴は、生命力に溢れていて活動的な人が多いということです。体力にも自信があり、いつも元気で前向きな人にある手相といわれています。 火星線の種類やあらわれている年齢域から、自分の健康状態や生命力をみることができます。他の線との関わりによっては、火星線があるからといって必ずしも健康で体力があるというわけではないようです。 火星線とよく間違えられる線に「印象線」というのがあります。印象線も生命線の内側にあらわれる線ですが、生命線から5ミリ以内の場所にでる線です。火星線とは違いますので、間違えないようにしましょう。

右手と左手の火星線の違い

手相占いでは、右手と左手で意味が変わることが多いです。一般的に、左手は持って生まれた運勢や才能といった先天的なものをあらわし、右手は後天的に得たものや、現在の運勢をあらわすとされています。環境が変わることで右手の手相は変化するともいわれています。 火星線の場合には、右手左手でどのような意味の違いがあるのでしょうか?

火星線が右手にある

火星線が右手にある場合、生まれつき体力があったわけではなく、後から気力や体力がついてきたことを示しています。日頃から体を鍛えたりスポーツをしたりすることで、エネルギーが高まっている状態です。 右手は現在の状況をあらわしますから、エネルギッシュに毎日を過ごせている人が多いのではないでしょうか。ただ、火星線の種類によっては、病気やケガに気をつけなければいけないことも示しています。

火星線が左手にある

先天的なものをあらわす左手に火星線がある場合は、もともとエネルギッシュな人が多いようです。弱気になったり体力が落ちたりすることはあっても、回復力があるので長引かない傾向があります。 火星線があらわれている年齢域を過ぎると、もともとあった体力や気力が衰え病気がちになることもあります。火星線が左手にあるからといって、自分の生命力を過信せず、日々の過ごし方に気をつける必要があることも示しています。

火星線の本数

火星線は一本だけとは限りません。一本だけでも生命力がありエネルギッシュな状態をあらわしていますが、本数によってどのような違いがあるのでしょうか?

火星線がない

火星線は誰にでもあらわれる線ではありません。火星線がないからといって、生命力が弱いとか寿命に関係するなんていうことはありませんので安心して下さいね。火星線がなくても、生命線自体が濃くてしっかりした線であれば、健康に関しても特に問題ありません。 日頃から身体のことを考え、健康的な生活を心掛けていると、後々右手に火星線がでることもあります。火星線が出たときには、それまでより力が沸いて何事にも前向きに取り組める状態になっていることを示しています。

火星線が二本

火星線が二本ある場合は、より生命力が強いことをあらわしています。いつまでも若々しく元気な人、エネルギッシュな人には火星線が二本あることが多いようです。病気やケガからの回復も早い傾向にあります。

火星線が三本以上

火星線が三本以上ある場合には、かなり強力な生命力の持ち主と言えそうです。ハードな残業続きも持ち前のパワーで乗り越えてしまう人が多いです。気力も十分にあるため、普通であれば参ってしまうような状況においても、難なくこなしてしまう力があります。 重度の病気やケガからも、周囲が驚くような速さで全快してしまう、なんてこともあり得る生命力の強さを示しています。

火星線の濃さ

手相占いでは、線の長さや形状とともに大事なポイントとなるのが線の濃さです。火星線が濃い場合にはどのような意味があるのでしょうか?

火星線が濃い

線の濃さはその線が示す意味の強弱をあらわすとされています。生命力の強さを示す火星線が濃い場合には、通常の倍以上の生命力があることをあらわしています。火星線の本数が多いのと同じように、病気やケガからの復帰も早い人が多いといいます。 また、自分の確固たる信念をしっかりと持っているため、困難にもパワフルに立ち向かっていけることを示しています。

火星線が濃く生命線に切れ目がある

濃くてはっきりとした火星線を持っているのに、生命線に切れ目がある手相の場合です。生命線は文字通り、本人の生命力や大まかな寿命をあらわす線です。通常、この生命線に切れ目がある場合、生命力に問題があると解釈できます。 ただ、第二の生命線と呼ばれる火星線を持っていて、なおかつ濃くはっきりとしている場合には、火星線が生命線を補助していると解釈することができます。健康に問題はありませんが、日頃から健康に気を使うことが大切です。

火星線の状態

火星線には、さまざまな形状や他の線との組み合わせがあります。それによって火星線があらわす意味も違ってきます。パターン別にそれぞれが示す意味をみていきましょう。

火星線がギザギザ

火星線がギザギザと蛇行している手相は、健康面で注意が必要です。生命線がしっかりした線であればさほど問題はありませんが、両線とも蛇行している場合には肉体面・精神面でかなりきつい時期がくることを暗示しています。 火星線を持っている人は、前向きでパワフルなエネルギーを持っているため、体力にも自信があるという人が多いです。火星線がギザギザと蛇行している手相の場合、無理は禁物です。頑張りすぎず、休息をとる生活を意識することできつい時期を和らげることができます。

火星線が鎖状

火星線が鎖状になっている場合には、生命線を補うという意味合いが弱まっていることを示しています。火星線があると、通常よりエネルギッシュに行動できる傾向にありますが、それが弱まり、風邪や胃腸炎などちょっとした病気にかかりやすい恐れがあります。 免疫力も落ちている状態ですから、風邪をこじらせてしまうこともあるかもしれません。普段、元気な人は自分の健康状態を気にしない人が多いです。火星線が鎖状になっているときには特に、自分の健康状態を意識しながら過ごすように気をつけましょう。

火星線からの支線が月丘に伸びる

月丘とは、小指の下の手首よりにあるふっくらとした場所を指します。火星線からの支線がこの月丘に伸びている場合は、不摂生な生活により健康状態に不安があるときをあらわしています。 暴飲暴食、アルコール、薬の飲みすぎによる体調不良などが原因なことが多いです。心当たりがないか、普段の生活を見直す時期であることを示しています。

火星線の先端に複数の線がある

火星線の先端に複数の線がある場合、恋愛関係のトラブルが起こりやすい手相であるといわれています。 この線の持ち主は、気持ちが優しい分、優柔不断な性格の人が多いようです。決断力のなさが引き起こしてしまうトラブルが多いため、主張はしっかりするよう心掛けると良さそうです。

火星線に妨害線がある

妨害線とは、一般的に線に対して直角に入ってくる障害線とも呼ばれる線です。火星線に妨害線がある場合、火星線が示す生命力や活力が、病気やケガなど何かの出来事がきっかけでそれ以降弱まることを暗示しています。 ただし、火星線の効力が薄れても、生命線がしっかり伸びていれば問題なく過ごせます。火星線がある人は「体が丈夫なのが取り柄」と思い込んでしまう傾向にあるため、妨害線がある場合には、無理をしないよう自分で気をつける必要があります。

火星線の起点位置

火星線は線が始まる起点位置によって、火星線が生命線を補う期間が変わってきます。一般的な流年法を使ってその時期をみることができます。 一般的な流年法とは、運気の変わり目や気をつける時期などを調べたい線に、決められた方法で定規のように目盛りをつけ、年齢を測る方法です。手相占いでは、生命線や運命線など主な線に対してよく使われる方法です。

火星線が生命線から出ている

火星線の起点が生命線から始まっている場合、生命線と平行になっている間は火星線の持つ効力が発揮され、生命力にあふれた生活が送れることを示しています。気力体力も十分あり、何事にも前向きに挑戦していける時期でもあります。 ただし、エネルギッシュにまかせて自分の身体を気遣うことなく突っ走ってしまうと、無理がたたって体調を崩してしまうこともあるため、注意が必要です。

火星線が生命線と親指の間から出ている

火星線が生命線と親指の間から始まっている場合も、生命線が起点のときと同様に、生命力にあふれ活発に動ける時期であることを示しています。 何事にもパワフルに対応できますが、闘争心が強まっている時期でもあるため、人間関係のトラブルには注意が必要です。有り余ったエネルギーは、スポーツやジムに通うなどして発散すると良さそうです。

火星線上にあるマークの意味

手相では、各線の上にさまざまなマークが出現することがあります。火星線上にでることがある主なマークの意味についてご紹介します。

火星線上にフィッシュがある

フィッシュとは、魚紋とも呼ばれ魚の形に見えるマークのことです。フィッシュマークは「幸運の印」ともいわれ、手の平のさまざまな場所にあらわれるマークです。どこにあらわれても幸運というラッキーマークです。 幸運のフィッシュマークが火星線上にある場合、生命力はもちろん気力や行動力も増し、大きな成功をつかみやすい時期を暗示しています。流年法を使ってフィッシュマークがある年齢を調べれば、そこに合わせて準備をしておくことも可能です。 フィッシュマークは気がつかないうちに出たり消えたりするので、見逃さないように普段から手相をチェックする習慣をつけると良いでしょう。

火星線上に島がある

フィッシュマークに少し似ているのですが、島紋と呼ばれるマークがあります。文字通り島のように丸く囲ったマークで、別名アイランドとも呼ばれています。島マークは、幸運をあらわすフィッシュマークとは逆で障害をあらわすマークです。 火星線上に島紋がある場合には、妨害線同様に生命力の弱まりをあらわすといわれています。積極性がなくなり落ち込むことも増えるかもしれません。 ただ、生命力が弱まるといっても、それ以上は上がらないというだけで、健康に問題が生じるわけではないので心配する必要はありません。

火星線上にほくろがある

火星線上にほくろがある場合には、気力ややる気など活力がなくなっていくことを示しています。ほくろがある年齢あたりから次第に、やる気がなくなってしまうような状態が増えるかもしれません。 やる気がおきず、気分も沈みがちな日がきても大丈夫なように、自分に合った気分転換の方法や、休息のとり方などを前もって知っておくと良さそうです。

火星線と健康線がある手相の健康状態

健康線とは、小指の下の月丘あたりに生命線に向かって斜めに走る線を指します。通常は薄くてはっきりしない線であることが多いです。健康線は、本人の健康状態をあらわす線ですが、大抵は不健康な状態であることを示しています。 火星線と健康線がある手相の場合、健康状態には注意が必要です。火星線は生命力や活力の強さをあらわし、健康や体力には自信のある人が多く、無理をしがちな傾向にあります。 健康線が出ている場合には、疲れをため込んでしまっている可能性があります。暴飲暴食に限らず、睡眠不足による体調不良も考えられるため、生活習慣を見直す必要があることを示しています。

健康線が生命線に繋がっている

健康線が伸びて生命線にくっついている場合、病気が進行している可能性を示しています。特に心臓病に注意する必要があります。火星線がある人は、自分の体力を過信しがちです。 体が悲鳴をあげていることにも気がつかず無理をして、心臓に負担をかけてしまうことも多いです。心臓病は命にも関わる病気でもあるので、日頃の健康管理には十分気をつける必要があります。定期的に健康診断を受けることをおすすめします。

健康線の起点が生命線よりも親指側

健康線の起点が生命線よりも親指側、つまり健康線が生命線を横切っている場合も、健康状態に注意が必要です。火星線を持っている人は、生命力や行動力がずば抜けており、仕事でもプライベートでも大忙しという人が多いです。 交友関係も幅広く、接待や飲み会などにも参加することが多い傾向にあります。飲み会が続くなんてことが日常茶飯事だと、気がつかないうちに体に異変をきたしていることも考えられます。健康線が生命線を横切る場合は特に、循環器系の病気に気をつけるようにしましょう。 健康線があらわれているときには、日頃から健康管理をしっかりと行うようにすることで、病気予防にもつながります。体が丈夫な人ほど自分で意識することが大切です。

火星線は仕事や生活の未来がわかる?

生命力や活力を意味する火星線は、流年法を使うことで、将来の仕事や生活がどのような状態になりやすいかを見ることができます。

火星線が両手にある場合は二重生活になりやすい

先天的なものをあらわす右手と、後天的なものをあらわす左手の両方に火星線を持っている場合、生命力や活力の強さも倍になるといわれています。大変エネルギッシュな生活を送る人が多い傾向にあります。 気力体力も有り余るほどあるため、ダブルワークや海外にも進出し世界を飛び回るなど、二重生活になりやすい手相といわれています。 特に、生命線の下側から斜めに伸びる旅行線を持っている手相は、海外に縁があることをあらわしているため、二重生活の意味がより濃く反映される場合があることを暗示しています。

ハードな肉体労働系の仕事に向いている

火星線の持ち主は、生命力も活力も通常より強くエネルギッシュな人が多いため、ハードな仕事にも耐えられる力強さがあります。体力が資本である肉体労働系の仕事に就く人も多いのではないでしょうか。 実際、肉体労働者に火星線を持つ人が多いといいます。肉体労働以外では、気力体力が必要なスポーツマンにも向いている手相といわれています。生命線も濃くはっきりと出ていれば、より一層肉体労働系の仕事に向いていると解釈できます。 ただし、火星線はあくまでも、生命線を補う線でもあるため、火星線が途切れる年齢域に入ったら「無理は禁物」ということも示しています。

火星線が途中で切れている場合は体力低下に注意

火星線が途中で途切れてまた始まっている場合には、途切れている年齢域で体力が一時的に低下することを示しています。一度途切れて再び始まっているため、生命力や活力は元に戻ることをあらわしていますが、途切れている年齢域では注意が必要です。 体力が低下すると、免疫力も落ちるためちょっとした病気にもかかりやすくなります。疲れが溜まっていればなおさら体調を崩しやすいでしょう。生命線の流年法を使ってその時期を確認し、無理をしない生活を心掛けるようにすると良さそうです。

右手の火星線で見る生活環境

手相占いで後天的な運勢をあらわす右手は、日々の生活環境によって変わる手相といわれています。右手の火星線をこまめにチェックすることで、現在の生活環境を見ることができます。 薄かった火星線が濃くなっていれば、生命力や活力が強くなっていることを示すため、食生活や睡眠に気を使って生活をしていることがわかります。逆に、健康線があらわれていたり火星線が切れ切れになっていたりする場合、不摂生な生活をしていることがわかります。

このことから、近い将来の自分の健康状態を予測することができます。火星線の状態が良ければ、仕事でもプライベートでもやりたい事にどんどんチャレンジしていくと良いでしょう。 火星線の状態が悪く健康不安があるなら、生活環境を見直し健康第一の生活に切り替えるような対策をとると良さそうです。

無理は禁物!火星線のエネルギーは上手に使おう

生命力や活力などが通常より強く、気力体力も充実している人が持つ火星線。健康に自信があるという人も多いでしょう。火星線にもさまざまな種類があります。形状や併せ持つ他の線との組み合わせによっては、健康に不安がでることをあらわす場合もあります。 火星線があるからといって、自分の健康や体力を過信しすぎず、身体が丈夫だからこそ自分でしっかりとメンテナンスをすることが大切です。

特に、火星線が途中で途切れている場合や健康線があらわれている場合などは、一時的であっても体力低下を暗示しています。気がつかず無理をすると本格的に体を壊してしまう可能性もあります。 食生活に気を配る、良質な睡眠をとる、といった基本的な生活環境を整えることで、火星線が意味するエネルギッシュなパワーを上手に使うことができます。そうすることで、いつも元気で前向きな毎日を過ごすことができるのではないでしょうか。

電話占い今なら3000円分無料クーポンプレゼント!?

「電話占いってやってみたいけど、値段高いんだよなぁ...」 なんと、ココナラなら今だけ、3000円分無料クーポンプレゼントしちゃいます! クーポンをゲットして手軽に電話占いを始める方法はこちら↓

関連記事

ライター

north

north

子どもの頃から、不思議体験が多く、スピリチュアルな世界に興味を持っています。憑依体質なためか、人混み...

人気記事

新着記事