2019年05月08日公開

2019年06月11日更新

楽しいと感じる人の心理は?仕事・恋愛・全てを楽しむために大切なマインドセット

辛いことは嫌でも、楽しいことが嫌な人はいないでしょう。子供のころはいろいろなことが新鮮で楽しいと感じることが多いです。しかし大人になるにつれて勉強や仕事など楽しいだけではすまないこともあります。今回は全てを楽しむためのマインドセットを紹介します。

「楽しい」って一体なんだろう?

「楽しい」と口にする人は多いですが、「楽しい」って一体なんでしょうか?漠然とした言葉に感じる人も多いのではないでしょうか?「楽しい」は「心が満ち足りて、愉快な気持ちである」「豊かである」という意味です。 「楽しい人」と「面白い」は同じようで違う意味です。「面白い」は興味深い印象を与え、その感情は一時的なものです。一方、「楽しい」は持続する感情です。そして「楽しい人」は自分が楽しいだけでなく周りの人も自然と楽しいと感じるものです。 「仕事が楽しい」と言う人もあるでしょう。この場合の楽しいは、仕事で何かを成し遂げた時の達成感とは違います。仕事をしている中での充実感を「楽しい」と言います。

人が楽しいと感じる時の心理は?

人が楽しいと感じる時にどのような心理になっているのでしょう。中々楽しいと思えない人にとってはいつも楽しそうな人はうらやましく思ることもあるのではないでしょうか?楽しい時の心理を覗いてみましょう。

誰かに必要とされる

人は、誰かに必要とされて何かをするとき「楽しい」と感じます。それは家族や恋人だけでなく仕事でも言えることです。「バイトがやりがいがあって楽しい」「仕事は大変だけど楽しい」と感じる人は少なくないのではないでしょうか? どんな仕事でも他人と接するでしょう。人間関係での悩みはつきものです。すべてがうまくいくわけではないので辛くて大変なことも多いのではないでしょうか?しかし、誰かに必要とされたり認められたりするとどうでしょうか? 踏ん張っているときには辛くても、誰かに必要とされて仕事をやりきると達成感があるでしょう。そんな時に人は仕事を楽しいと感じるのです。

没頭できるものがある

没頭できるものがあると人は楽しいと感じます。それは趣味や子育てだけでなく勉強も当てはまります。勉強を辛いと感じる学生も多いでしょう。実際にお受験が広まる前と後では子供の精神的ストレスが増加しているのです。 しかし、勉強を楽しいと思える人もいます。他の趣味と同様に没頭できるものだからです。どちらも自分の好きなことをしたり、何かを目標にしているものなのです。 自分の好きな趣味に没頭するときに楽しいと感じるのは想像がつきやすいかもしれません。目標に向けて勉強に没頭することやがむしゃらになることも、楽しいと感じることができるのです。目標が達成できたときはなおさらでしょう。

前向きに考える

楽しいと感じる人は、物事を前向きに考えています。いつもネガティブに考えている人は仕事もプライベートも「嫌だ」「面倒くさい」などと後ろ向きにとらえてしまいがちです。ネガティブに考えているときに「楽しい」と思うことはできません。 楽しいと感じるとき、すべてがうまくいっているわけではないかもしれません。しかしこれを乗り越えればキャリアアップにつながるなど、前向きに考えられるので仕事が大変だとしても楽しいと思えるのです。 受験勉強をつらいものと考えている人にとっては勉強はつらいだけです。しかし受験が終われば新しい世界が待っているなど、前向きに楽しい未来を思い描くことで、勉強も楽しくなるでしょう。

辛さや困難も知っている

楽しいと感じる人は、楽しいことだけでなく辛いことも困難なことも知っています。バイトが楽しいと感じる人は、バイトが楽だから楽しいわけではありません。困難を乗り越えて自分なりのやり方を身に着けたからこそ仕事が楽しいと思えるのです。 社会人になってすぐに仕事が楽しいと思える人は少ないのではないでしょうか?まずは仕事を覚えたり、人間関係をつくっていくのに必死でしょう。しかしそんな時期も乗り越えるからこそ楽しくなるものなのです。 そうやって辛いことも困難なことも知っているからこそ、楽しいと感じられることができます。そしてオンオフの切り替えもできてプライベートも楽しむことができるのです。

人が「楽しい」と感じる理由

人が「楽しい」と感じるのは充実感があり心が満ち足りているからです。人は仕事でもプライベートでも追い詰められると「楽しい」と感じることができません。自分が追い詰められている状況では他のことを考える余裕もなくなってしまうのではないでしょうか? そして、「楽しい」と感じるには一緒にいる人も重要になってきます。誰かに必要とされることで心が満ち足りるでしょう。一緒にいて落ち着ける友人といれば楽しい休日を過ごすことができるでしょう。 さらに、人は没頭できることがあると「楽しい」と感じることができます。自分が好きなことに没頭する時間は心が満ち足りて豊になるからです。

毎日が楽しいと感じることはメリットが大きい

毎日「大変」「辛い」と思って生きるよりも、「楽しい」と思って生きたいと思う人の方が多いはずです。それは「楽しい」と思うことにメリットがあると誰もがわかっているからではないでしょうか?「楽しい」と感じるメリットを紹介します。

周りの人も笑顔になる

楽しいと感じている人の周りは、自然とみんな笑顔になっています。集団の中で誰かが不機嫌だと、周りの人は楽しいと感じられないのではないでしょうか?誰かが不機嫌になるとその雰囲気が周りに伝わるからです。 その反対で楽しいと感じている人の雰囲気は周りにも伝わります。そうして、周りの人も楽しいと感じていることが多く、みんな自然と笑顔になっているのです。 せっかく友達といるのだから楽しいと感じる時間を過ごしたいでしょう。自分が楽しいと感じていれば、まわりも自ずと楽しい気持ちになるのです。

精神的に安定する

楽しいと感じると精神的に安定します。仕事やプライベートで嫌なことだけを考えていると、イライラしたり不安になったりしてしまいます。そのような状態が続くと抑うつ状態になりかねません。 趣味や友人との旅行など、何か楽しいと感じるものが一つでもあれば精神的に安定します。自分にとっての楽しみがあれば、そのぶん辛いことも乗り切ることができるでしょう。楽しいと感じられることはイライラも解消することができるのです。

何気ないことに感謝できる

楽しいと感じている人は何気ないことに感謝することができます。心に余裕があるので周りのこともよく見ることができるからです。 恋人がうれしそうにしている。料理の味付けがうまくいった。いつもより目覚めが良かった。何気ないことかもしれませんが、そんなことにも感謝することができるのです。

モチベーションが高まる

楽しいと感じるとき、脳内のドーパミンというホルモンが増加します。ドーパミンは幸せを感じるホルモンで、モチベーションを高めると言われています。 「苦しい」「辛い」と思っているとずっと辛いままではないでしょうか?数日後の辛い仕事のことを考えていると数日間ずっとストレスが貯まるものです。しかし楽しいことを思い描くとドーパミンが増加して楽しい気持ちになるのです。 数日先に辛い仕事が待っていたとしても、「終わってから大好きなスイーツを食べよう」と楽しいことを考えていればストレスは軽くなります。そうやってモチベーションが高まっていくのです。

目の前のことを楽しめていない人はたくさんいる

学生の頃には友人となにかと楽しめていた人も、社会人になって仕事をするようになると中々楽しめない人もいます。社会人になると生活のほとんどが仕事になってしまうからです。 特に新社会人は初めての一人暮らしや慣れない仕事で、ストレスが大きくなっている人も多いのではないでしょうか?友人と飲み会に行っても学生の頃のように楽しめないこともあるでしょう。 楽しいことがあってもその前後の仕事や考えなければいけない重要なことがあると、そちらに気がいってしまうこともあります。そうやって、目の前のことを楽しもうと思っても中々楽しめない人はたくさんいるのです。

全てのことを楽しむために必要なマインドセットは?

毎日を楽しみたいと思っても中々楽しめない人もいます。仕事や恋愛などすべてのことを楽しみたい人も多いと思います。ここではすべてのことを楽しむために必要なマインドセットを紹介します。 まずは、マインドセットについて紹介します。マインドセットとは、経験や教育、生まれもった性質などから形成される物事の見方や考え方のことです。信念・価値・心構え・判断基準などがマインドセットに含まれます。 これだけだと難しく思う人も多いのではないでしょうか?マインドセットとは、つまり物事を成し遂げるための心構えのことなのです。すべてを楽しむために必要な心構えをここで紹介します。

細かいことを気にしない

毎日を楽しいと思えるように過ごすには、細かいことを気にしないのがいいです。仕事で気になることがあったり、些細な失敗をずっと引きずってしまう人もいるのではないでしょうか? 責任感が強い証拠ですが、気にしなくていいような細かいことも引きずってしまっては心が休まる時間がありません。オンとオフを切り替えるためにも、細かいことを気にしすぎない方がいいのです。 あまり細かいことを気にしていても、実はそんなに気にするようなことでもないこともあります。「次に気をつければいい」と気楽に考えることも必要です。

周りの考えに固執しない

周りの人の意見や世間一般の意見に固執してしまうと、すべてを全てのことを楽しむことができません。例えば、独身の人は「結婚しなければ」と自分を追い込んではいないでしょうか? ある程度の年齢になると周りの人が結婚して家庭を持つようになります。親からのプレッシャーや世間の目も気になるかもしれません。しかしそれで無理に結婚する必要はありません。4人に1人は生涯独身といわれる現代では独身も珍しくはないのです。 むしろ無理に結婚して自分が我慢するよりも、仕事や趣味に打ち込む方が人生を楽しめる人もいます。そういう人は周りの意見にとらわれて悩むよりも楽しい独身生活を送ることを選択する方がいいかもしれません。

楽しい思い出は記録しておく

全てのことを楽みたいのなら、楽しいと感じたことを記録に残すといいです。それは恋人との旅行でも、友人とのランチ会でも何でもいいです。とにかくあなたが「楽しい」と感じたことを日記やメモに残しておくのです。 辛いことを想像するとストレスが貯まってしまいますが、楽しいことを想像すると楽しい気分になります。楽しいと感じたことを記録残すとき、あなたは楽しい気分になるでしょう。 そして、もしも辛いと思うことがあればその記録を振り返ってみましょう。きっと楽しいことを思い出して気持ちが楽になるはずです。

学歴や経歴にとらわれない

全てのことを楽しむためには学歴や経歴にこだわらないようにしましょう。仕事において学歴や経歴にこだわってしまうとプライドが邪魔をして仕事が苦痛になることがあります。 「自分よりも学歴が低い人が出生した」「自分の経歴に合わない仕事をしている」そんなことを思っていると、他人への嫉妬やプライドでストレスが貯まってしまいます。そして仕事も楽しいとは思えないでしょう。 そういうプライドを捨ててしまえば、やりがいを感じながら仕事ができるでしょう。仕事が楽しいと、心が充実してプライベートも上手くいくことが多いのです。

「楽しいこと」を毎日見つける

全てのことを楽しむには、自分自身の意識も大切です。心が変われば行動が変わると言われるように、楽しもうとすることで自然と楽しめるようになってくるでしょう。 1日のうちで何か1つでも「楽しいこと」を見つけるようにしてみましょう。最初は中々わからないかもしれません。しかし続けるうちにちょっとしたことにも楽しいと感じるようになります。 そうやって楽しいと感じるうちに、心が豊かになってちょっとしたことにも感謝するようになるでしょう。

全てのことを楽しめば充実した毎日を過ごすことができる

楽しいと感じるとき人は心が満ち足りて豊かになります。楽しいといろいろなことに感謝し、精神的にも安定します。 仕事やプライべートなどでストレスを抱える人も多いでしょう。そんな人でも毎日を楽しむための方法はあるのです。 全てのことを楽しむには心構えが大切です。全てにおいて楽しむためのマインドセットを知っておけば、楽しくて充実した毎日を過ごすことができるでしょう。

電話占いが初月5円で使い放題!?

「電話占いってやってみたいけど、値段高いんだよなぁ...」 なんと、虹運なら今だけ初月5円で始めることができます! 詳しくはこちら↓

関連記事

ライター

No Image

いいお

看護師、保健師の資格を持っています。現在看護師として働いています。学生時代、新人時代にうつで辛い日々...

人気記事

新着記事