2019年07月22日公開

2019年07月22日更新

【手相占い】徳川家康の手相は最強か!天下取りの相の見方を解説!

徳川家康の手相には「ますかけ線」があったことはご存知ですか?ますかけ線がある人は強運の持ち主とされ、天下取りの相や百握りという別名で呼ばれることも。今回は、徳川家康の手相にもあった「ますかけ線」の見方について詳しくご紹介します。

徳川家康の手相にはますかけ線があった!

あなたは、「ますかけ線ってどんな線なんだろう?」と気になったことはありませんか?あの天下統一を果たした徳川家康が持っていたと言われる「ますかけ線」ですが、強運の持ち主が持つ手相であり、100人に1人にしか見られないというとても貴重な手相なんです。 あの有名な織田信長や豊臣秀吉も、ますかけ線の手相を持っていたと言われています。徳川家康も織田信長も豊臣秀吉も、天下統一を果たした日本の有名な武将ですよね。そんな天下統一を果たした武将が持っていることから「天下取りの相」と言われるようになりました。 現在では、ますかけ線の手相を持っている人は、ビジネスの世界で成功している人に多く見られます。このことからも「成功者の証」と言えるでしょう。今回は、徳川家康が持っていたますかけ線の手相の見方と、ますかけ線を持っている人の特徴についてご紹介していきます。

徳川家康はどんな手相だったのか

まずは、徳川家康の手相についてご紹介します。徳川家康は両手に「ますかけ線」の手相があり、さらに「開運線」の手相があったと言われています。では、実際はどのような手相だったのでしょうか?画像を見ながら詳しく見ていきましょう。

両手にますかけ線

徳川家康の手相の特徴の一つ目に、「両手にますかけ線があった」とされています。多くの人の手相は、緩やかなカーブになっている人が多いですよね。ですが、このますかけ線は、知能線と感情線が一本につながりまっすぐ横切るような手相になっています。 ますかけ線の由来は、「枡かけ棒」というものから来ています。枡かけ棒というのは、枡に大盛りによそったお米を落とすための棒で、その一直線な棒とますかけ線が似ていることからこの名がついたといわれています。 さらに、このますかけ線の手相が両手にあるのはとても珍しいことから「大吉相」といわれ、強運の持ち主とされています。あなたの周りにもますかけ線の手相を持っている成功者はいませんか?

この手相を持っている人は、強運だけでなく才能にも恵まれるとされています。この手相を持っていれば必ず成功できるということではないですが、自分の才能を正しく使い努力することで、徳川家康のように大きな成功を収めることができるでしょう。 ますかけ線を持っていたとしても、夢や目標がない人もいます。せっかくのますかけ線の手相も、それでは意味がありませんよね。夢も目標もなければ、周りの人から「変わってる人」としか見られません。 自分が夢中になれること、自分が好きなことを見つけましょう。徳川家康の時にように、ますかけ線の手相の力があなたの味方になってくれるはずですよ。

開運線

徳川家康の手相の特徴の二つ目に、「開運線を持っていた」とされています。開運線とは、画像のように生命線から上に向かって伸びる線のことです。この手相は、線が伸びる方向によって意味が違ってきます。 徳川家康は、中指の方向に開運線が伸びていました。中指に向かう開運線の手相の意味は、これまでの努力が身を結ぶことを表しています。 徳川家康の手相は、生命線が27〜28歳のところで開運線が伸びていました。徳川家康がちょうど28歳の頃には「浜松城」を築いています。そして、その浜松城を拠点としていた間は、大きな戦にも勝利を収めていました。

その後、徳川家康は江戸幕府をつくり、265年も続いた江戸時代の土台を築き上げたのです。強運を呼び込む手相のますかけ線と、この開運線があったことで、徳川家康は現代にも語られるすごい経歴を収めたんですね。

ますかけ線がある人の特徴

ますかけ線の手相がある人は100人に1人、そして徳川家康のように両手にある人は1000人1人とても貴重な手相と言われています。この両手にますかけ線の手相がある人は、何と言っても「最強の強運の持ち主」です。 そんなとても貴重ななますかけ線の手相がある人は、どんな特徴を持っているのでしょうか?ここでは、ますかけ線の手相を持っている人の特徴について一つ一つ詳しくみていきましょう。

粘り強い

ますかけ線の手相を持っている人の特徴の一つ目に「粘り強い」ということが挙げられます。ますかけ線を持っている人は、何事に対しても諦めない粘り強さを持っているといわれています。あの徳川家康も粘り強さがあり、江戸幕府を立ち上げることに成功していますよね。 さらに、負けず嫌いな一面もあり、失敗をエネルギーに変えて成長していきます。最後までやり遂げることで、周囲の人からの信頼も厚いでしょう。そして、諦めずに行動することで、多くの成功体験を持っています。 多くの成功体験を持っていることから「自分ならできる!」という自信を持っているのも特徴のひとつです。自分を信じて粘り強く努力すれば、徳川家康のように大きな成功を手にすることもできるでしょう。

好奇心が強い

ますかけ線の手相がある人の特徴の二つ目に、「好奇心が強い」ということが挙げられます。行動力があり、周りの人に何を言われようと「好きなことに夢中になる」傾向があります。また、好奇心が旺盛なので、さまざまなことに挑戦することができるでしょう。 この手相を持っている人は、自分が興味のあることを掘り下げていくこともできるでしょう。自分の好きな分野や得意な分野では大きな結果を出すことも。徳川家康も天下統一にとても興味があったこそ、結果を残せたのではないでしょうか。 ですが、好きなことに夢中になりすぎて、周りの人に迷惑をかけることもあります。しっかり周りを見ながら物事を進めていく注意が必要です。

集中力に優れている

ますかけ線の手相がある人の特徴の三つ目に、「集中力に優れている」ということが挙げられます。ますかけ線の手相を持っている人は、ひとつの物事に対してまっすぐ取り組むことができる人でしょう。 そして、誰かの意見に動かされることなく、自分の意思をしっかり持ち続けることもできるでしょう。徳川家康をはじめとした有名な武将たちも、自分の意思をブレずに持ち続けたからこそ結果を残せたといえますね。 ますかけ線を持っている人は、集中力の高さから信頼が集まりやすいとも言われています。それは、自分なりの考えを持って行動できるからです。また、時間の使い方も上手くて、仕事をスピーディーにこなすことができるでしょう。

頑固な性格

ますかけ線の手相がある人の特徴の四つ目に、「頑固な性格」ということが挙げられます。たとえ小さなことでも途中で投げるのが苦手で、最後までやりとげようと努力します。ですが、柔軟な考え方ができない部分が頑固といわれてしまうことも。 また、自信やプライドがとても高いというのも特徴の一つです。自分が他の人よりも優れているという自信があり、その反面で誰かを褒めたり認めたりするのは苦手なタイプといえるでしょう。 他人の意見を聞かず、自分の考えを押し通す一面もあるため、頑固でわがままといわれてしまうこともあります。ますかけ線の手相を持っている人は、周りの考えもしっかりと聞き入れながら行動することが必要になってくるでしょう。

リーダーシップがある

ますかけ線の手相がある人の特徴の五つ目に、「リーダーシップがある」ということが挙げられます。ますかけ線の手相を持っている人は、人の上に立って大きなことを成し遂げることができるでしょう。まさに、徳川家康もリーダーシップに優れていたといえますね。 徳川家康のような手相の人は、他人の心を動かして、自分が望む方向へ持っていくのが得意で、組織やグループなどをまとめ上げるのにも向いています。集中力が高炒め、とっさの出来事でも正しい判断をすることができるでしょう。

コミュニケーション能力が高い

ますかけ線の手相がある人の特徴の六つ目に、「コミュニケーション能力が高い」ということが挙げられます。この手相の人は、人見知りすることなくどんな人とでも仲良くなることができ、自分の味方を作ることが上手なタイプと言えるでしょう。 さらに、自分の考えをしっかり持っているので、他の人からの信頼を獲得しやすいということも特徴です。徳川家康は「鷹狩り」などで、武士や役人とのコミュニケーションを取っていたといわれています。あの徳川家康も、コミュニケーション能力がとても高かったんですね。 このように、徳川家康と同じくますかけ線を持っている人は、コミュニケーション能力の高さを仕事に活かすととてもうまくいくでしょう。

大器晩成型の人生を送る

ますかけ線の手相がある人の特徴の七つ目に、「大器晩成型の人生を送る」ということが挙げられます。ますかけ線の手相がある人は個性が強いという一面を持っています。そのため、周りに馴染むことができないという人もいるのではないでしょうか。 大器晩成とは、若い頃は目立たずに徐々に実力をつけていきのちに成功するという意味。ますかけ線を持っている人が成功するのは30代を過ぎてからが多いという傾向があります。そのため、20代は多くの苦悩や不安を抱えてしまうということも。 あの徳川家康も、武将に負けたり織田信長のサポートをし続けたりと、若い頃は実力を徐々に蓄えていきました。そして、徳川家康が60歳の時に江戸幕府を設立し、成功を収めました。まさに、徳川家康も大器晩成の人生といえるでしょう。

ますかけ線がある有名人は?

それでは、ますかけ線を持っている芸能人や有名人にはどのような人がいるのかをご紹介します。ますかけ線を持っている男性芸能人には、明石家さんまさんやイチローさん、桑田佳祐さん、佐藤健さん、松下幸之助さん、坂上忍さんなどがいると言われています。 どの方も成功をしているすごい人ばかりなことがわかりますよね。パナソニックの創立者である松下幸之助さんも、最初はたった2畳の工場から始まり、亡くなった今でも経営の神様として多くの経営者の中で語り継がれています。 坂上忍さんも子役で芸能界に入り、今や自分の番組を多数持つ有名な人気タレントとして活躍しています。明石家さんまさんもお笑い界の重鎮としてなくてはならない存在。徳川家康のように自分の得意分野に集中して努力をした結果、成功を収められていると言えるでしょう。

続いては女性芸能人についてご紹介します。ますかけ線を持っている女性芸能人には、広末涼子さんや中川翔子さん、倉木麻衣さんや黒柳徹子さんなどがいると言われています。女性芸能人は、若い頃にブレイクをしている人が多い印象ですね。 黒柳徹子さんは、芸能界の重鎮とも言える重要な存在で、この方の発言の影響力はすごいものがあります。倉木麻衣さんも、アニメの主題歌などでギネス入りを果たすなど、女性芸能人も様々な結果を残されている方が多くいらっしゃいますね。

両手にますかけ線がある有名人は?

ますかけ線を持っている人の中でも、徳川家康のように両手にますかけ線を持っている人にはどのような人がいるのでしょうか? 徳川家康のように両手にますかけ線を持っている芸能人には、福山雅治さん、浜田雅功さん、田村亮さん、芦田愛菜さん、木村拓哉さん、又吉直樹さんなどがいます。 福山雅治さんも木村拓哉さんも歌手界の重鎮で、タレント活動や俳優業などなんでもこなすとても才能の溢れる方ですよね。浜田雅功さんはダウンタウンとして活動し、浜田さんに頭を叩かれると有名になれるというジンクスがあるくらい影響力のある存在です。

芦田愛菜さんは子役として連続ドラマで有名になり、その後もタレント活動やCM、そして今では本を執筆したりと活躍の場を広げています。又吉直樹さんもお笑い芸人として芸能界に入り、今では作家としても活躍していますよね。 このように、徳川家康が持っている両手のますかけ線がある人は、努力することで成功を収められている人ばかりといえます。ますかけ線がある人は自分に合った才能を活かして活動することで、徳川家康やこの方々たちのように輝く未来が待っているかもしれませんよ。

徳川家康のように努力して成功を収めよう!

今回は、徳川家康が持つますかけ線についてご紹介しました。徳川家康のように両手にますかけ線がある人は1000人に1人と言われ、とても貴重な存在であるといえます。さらに、自分の才能を正しく使うことでまさに「日本の宝」のような存在になることもできるでしょう。 徳川家康のようにますかけ線を持っているのに「夢がない」「目標がない」という人はとてももったいないことです。ますかけ線がある人はとても強運に恵まれ、努力を積み重ねることでいつか必ず成功することができます。 ぜひ今取り組んでいることや興味のあることに集中し、徳川家康のように成功を収めてみてはいかがでしょうか。あなたの未来が輝かしいものになることを祈っています。

電話占い今なら3000円分無料クーポンプレゼント!?

「電話占いってやってみたいけど、値段高いんだよなぁ...」 なんと、ココナラなら今だけ、3000円分無料クーポンプレゼントしちゃいます! クーポンをゲットして手軽に電話占いを始める方法はこちら↓

関連記事

ライター

松岡礼奈

松岡礼奈

1児のママライター。美容や自己啓発、エッセイなどを主に様々なジャンルで執筆。美容本の執筆経験もあり。...

人気記事

新着記事