2019年07月26日公開

2019年07月26日更新

クチャラーと食事することになったら?対処法と改善法を紹介!

皆さんの周りや身近な人の中に、クチャラーな人がいたことってありませんか?友達や家族、恋人がクチャラーだった場合、耐えられないと感じたこともあるでしょう。もしもクチャラーの人と一緒に食事をしなければならないとき、対処法やクチャラーの改善方法をまとめました。

食事の席にクチャラーが!とっても不快!

皆さんは一度くらい、クチャラーの人と食事の席をともにしたこと、ありませんか?せっかくおいしい食事をとっているのに、近くにクチャラーがいたら不愉快に感じることもあるでしょう。目の前で音を立てられたら、おいしい料理が台無しです。 またクチャラーはマナー違反であるとも言われています。これは口を開けているが故に、口の中が見えてしまうことにも繋がるからです。咀嚼音だけではなく視覚的にも不快感を与えます。 今回は、そもそもクチャラーとは一体なんなのかクチャラーとなる原因と言った部分からクチャラーにであってしまった時の対応、そしてクチャラーを改善させる方法にまで迫りました。是非参考にしてみてください。

クチャラーって一体何?

まずはクチャラーの存在について説明して行きます。クチャラーとは、簡単に表すと食事中に音を立てて食べる人、のことを指します。ものを食べているとき、口を開けているなどによって、くちゃくちゃと咀嚼音が出てしまうのです。 ガムを噛んでいる人で多く見かけたりしませんか?口を開けながらガムを噛んで、くちゃくちゃと咀嚼音をならしている姿を一度くらいは見かけたことがあるかもしれません。それを食事中に行われたら、不快に感じる人だって多いですよね。

クチャラーになる原因とは

不快な気持ちにさせてしまッたりマナー違反とされているのがクチャラーですが、クチャラーについて、ではなぜクチャラーになってしまうのかその原因はどこにあるのかを探って行きましょう。

口いっぱいに食べ物を入れている

まずはじめに考えられる原因は、口いっぱいに食べ物を入れてしまっている状態です。口にご飯をほおばり過ぎているからこそ、口を閉じることが出来ていません。大口で食べることが日常的に行われているために、クチャラーとなってしまっています。 口をとじでものを噛むことが出来ない状態となっているので、くちゃくちゃと口から音が出てクチャラーとなってしまっています。口いっぱいに食べ物を含んでしまうこともまた、マナー違反と捉えられることもあるので、こちらもまた好ましい行為ではありませんね。 クチャラーであることに不快感を与えてしまいますし、口いっぱいにほおばってしまうことで口周りがあまり綺麗ではいられません。そう言った意味でも不快感を相手にたくさん与えてしまっているのでしょう。

クチャラーという自覚がない

続いてみて行くクチャラーの原因は、そもそも自分自身がクチャラーであると言う自覚を持っていない場合です。これは過去の経験や家庭環境が大きく影響しています。例えば、親や家族からマナーについて特にしつけられた経験がなかったり、クチャラーであることをとがめられたことがない場合です。 クチャラーになっていることに対して、特に叱られた経験がなかった場合クチャラーであることがそもそも悪いことである、と自覚できません。また、場合によっては家族がクチャラーだったということもあり得るのです。 いつも一緒にいる家族がクチャラーだったら、それが普通になりますからクチャラーで回りに不快感を与えるなんてことは、気づくことが出来ないでしょう。そう言った面からクチャラーという自覚を持っていないのだ、と考えられます。

鼻呼吸が出来ていない

クチャラーとなる原因として、続いて考えられるのが鼻呼吸が出来ていないことです。人間は通常、呼吸は鼻を使って行います。口呼吸になってしまうとさまざまなトラブルにな繋がりかねないので、通常であれば鼻呼吸となっているのです。 では何故口呼吸がクチャラーの原因となるのか、と言いますと食べながらも人間は呼吸を行いますから、口呼吸の癖がついてしまっていては食べながら呼吸をこない、結果として咀嚼音が出てしまうのです。特にいびきがよく出る人はクチャラーになりやすい傾向があります。 またその他にも鼻で呼吸できない要因には、鼻炎を持っている方だったり風邪を引いているなどそれぞれ原因があるでしょう。何故鼻呼吸が出来ていないのか、を考えてみるとクチャラーは案外簡単になおる可能性もあります。

歯並びや噛み合わせが良くない

クチャラーとなってしまう原因の一つとなるのが、歯並びや噛み合わせが悪い状態であることです。人間の顎や歯並びというのは、幼少期の習慣がかなり重要に関わってくるのです。しっかりと歯が生え揃っていないと当然のことながら、噛み合わせは悪くなります。 歯並びが悪い状態で大人になった場合、口がうまく閉じられないなどの弊害が生じ、けっかとしてクチャラーとなってしまうことも考えられます。歯並びの悪さは、クチャラー意外にも滑舌の悪さにも繋がるのです。 何もしていない無表情の状態で、口が閉じずに開いたままの人っていますよね。そう言った人は、そもそも顎の形が悪かったり歯並び悪く口を閉じることが叶わないのです。しゃくれや出っ歯などもクチャラーに繋がる要因で、しっかりと専門機関を受診する必要があるでしょう。

なぜクチャラーを不快に思うのか?

誰だって食事の時は咀嚼音が発生しますが、口を開けた状態で発生されるクチャラーの場合は、何故こんなにも不快に感じるのでしょうか。くちゃくちゃと言う音に対して多くの人は、雑音のように認識します。 昨今流行である、サクサク音を主体とした、ASMRとは決定的に違っていて他人の咀嚼音によって耳に雑音が残るように感じるのです。もちろんASMRが好きな人の中にはくちゃくちゃと言ったクチャラーの咀嚼音を好む人もいますが、多くはありません。 特別くちゃくちゃ音が好きな人をのぞいて、クチャラーが嫌われてしまうのは咀嚼音がそもそも雑音であると、感覚的に捉えてしまっている部分があるからでしょう。 またそれ以外にも、咀嚼音によって食事中であることが想像されますよね。それによって口の中がどうなっているのか、が想像されてしまうのも不快に感じる要因です。 ましてやクチャラーは口が空いている状態で、食事をしている訳ですから口の中が見えてしまうことも考えられます。食事中、他人の口の中身が見えてしまうのは、出来れば避けたいことですよね。

クチャラーに遭遇した時の対処法

もしもあなたが、身近な人だったりそばにいる人の中にクチャラーがいて遭遇してしまった場合、出来れば不快な音からは逃れたいでしょうから、クチャラーに遭遇してしまった時の対処法も考えておく必要がありますね。

そっと席を立つ

もしもあなたが飲食店などに入り、そして座った席の近くにクチャラーがいた場合は、そっとその席を立つ方が良いでしょう。やはりずっとクチャラーのそばにいて、食事をするのは堪え難い苦痛になります。 無理に我慢する必要はありませんから、カフェなどの自由席の場合はそっと席を替えましょう。レストランなどの場合は、席を替えてもらえるかどうかお店の人に確認して出来ればクチャラーの側を離れるようにしてみてください。

諭すように優しく注意する

クチャラーの多くは、自分がくちゃくちゃと音立てていることに気づいていませんし、ましてやそれが相手に苦痛を与えているなんて微塵も考えていません。特に家庭環境によってクチャラーになってしまった場合は、クチャラーになっていることそのものが割ることだと思っていないのです。 ですから大事になってくるのは、クチャラーは他人にとって苦痛に感じてしまう行為なのだとわかってもらう必要があるでしょう。音を立てて食べることは、マナー違反であり周囲の人が不快に感じるのだ、と伝えましょう。 注意していただきたいのは、決して喧嘩腰になったり感情に任せて怒ってしまうことです。それだけは避けてください。感情的に伝えられた言葉は、相手に真意が伝わらないことがほとんどです。伝わるように諭してあげるのが大切ですね。

クチャラーのデメリットを伝える

もしも親しい人がクチャラーだった場合は出来ればを改善してほしいでしょうから、クチャラーであることのデメリットを伝えてみましょう。鼻呼吸になってるならば、口が乾燥し口臭の原因になります。 またクチャラーは見栄えが悪いので、初対面の人や異性に嫌われてしまうことだってあるのだ、と告げましょう。「そもそも私もあなたのクチャラーを見ていてとても不快だ、一緒に食事をしたいと思わなくなるよ」と伝えても良いでしょう。 クチャラーであることに。メリットはほとんどありませんからでメリットを伝えて挙げるだけでもクチャラーであることを自覚し、そしてクチャラーを改善してくれる見込みがあります。

クチャラーの改善法

自分がもしクチャラーであることを指摘されたり、クチャラーだと自覚した場合はなるべく改善のために動く必要があるでしょう。クチャラーの改善方法をまとめました。

見られているという意識をする

まずクチャラーを改善されるために必要なのは、常に見られているのだという意識です。常に見られている、と考えるのは過剰かもしれませんが、他人から見られているのだと言う自意識がここでは重要となってくるのです。 マナーも同じで、他人に迷惑をかけていないだろうか、と考えるようにするだけでもクチャラーを改善させる意識が生まれてきます。食べている間だけでも良いですから、誰かが自分を見ているかもしれない、と意識してみてください。 クチャラーが不快であることを理解した上で、誰かが自分を見ているのだと意識して行くと徐々に口を閉じることを、意識的に行えるようになります。外での食事位は、その意識を持っているといいですね。

口を閉じる癖をつける

クチャラーを改善する方法として見て行くのは、口を閉じる癖をつけることです。クチャラーの人の多くは、食事のとき以外にも口が開いている傾向にあります。普段から口が無意識のうちに開いてしまっているのです。 常に意識して口を閉じるのは、始めはなかなか難しいでしょうから、気づいた時で構いません。気づいたときにさっと口を閉じるように心がけてください。口が開いていることに気づいた時、口を閉じるように心がけておけば、自ずと口が閉じられるようになってくるはずです。 もしも、普段から閉じる意識が難しい場合は食事の時だけでも「口を閉じる」と自分に言い聞かせるようにしてみてください。そうすれば少なくともクチャラーからは脱却できるようになるでしょう。

医療機関を受診する

クチャラーとなってしまっている原因が、顎の形や歯並び等にあるならば自分の習慣によって改善させるのはなかなか難しいところがあります。そう言った場合はしっかりと、専門の医療機関を受診するようにしましょう。 大人でも歯並びの矯正を行うことが出来ますし、親知らずを抜くことによって顎や歯の噛み合わせを改善させる効果があります。もちろん全ての方に当てはまる訳ではありませんので、歯並び等に関してはしっかりとお医者さんの話を聞きに行きましょう。

奥歯で噛むように心がける

クチャラーとなっている場合、食べ方にも問題がある可能性があります。例えば、食事の際奥にまで食べ物を持って行かず前歯付近で噛んでしまっている場合です。奥歯で噛まないことによって、くちゃくちゃと音がなりクチャラーになっているのでしょう。 口をしっかりと閉じて、食事をするためには奥歯でご飯を噛むようにすることが大事です。自分がクチャラーだと気づいたら、普段の食事の仕方をどうだったのか考えてみてください。 もしかしたら口が開くのは、奥歯を上手に使えていないからかもしれませんね。気づいたら簡単です。食事のときにしっかりと奥歯で噛むように心がけるだけですから、クチャラー改善は比較的簡単に行えるでしょう。

周囲へ不快感を与えないようにクチャラーを改善させよう

クチャラーについて、やはり自分の周りにクチャラーがいたとしたら不快な気持ちになりますし楽しいはずの食事の時間も台無しになりかねません。その要因が自分だったらと考えると、悲しいものですよね。 しかしクチャラーであることは、本人はなかなか気づけないものでもあります。自分がもしもクチャラーであると気づいたり、指摘されるようなことがあったらそれを機会に改善を心がけましょう。 なかなか癖を改善させるのは難しいものかもしれませんが、自分の意識を少しだけ変えるだけでも十分クチャラーを改善させることが可能です。口を閉じる、見られているという意識を大切にクチャラーを直しましょう。

電話占い今なら3000円分無料クーポンプレゼント!?

「電話占いってやってみたいけど、値段高いんだよなぁ...」 なんと、ココナラなら今だけ、3000円分無料クーポンプレゼントしちゃいます! クーポンをゲットして手軽に電話占いを始める方法はこちら↓

関連記事

ライター

すがわら

すがわら

大学生のころから文章関係の勉強をしており、雑誌の記事作成などを学んでおりました。 女性向けコンテン...

人気記事

新着記事