2019年07月24日公開

2019年07月24日更新

ファザコンってどういう意味?ファザコン女子の特徴・恋愛傾向を解説!

ファザコンとはファーザーコンプレックスの略称です。みなさんはファザコンがどのようなものかきちんと理解できていますか?もしかするとみなさんもファザコンかもしれません!今回はファザコンがどのようなものなのかから特徴や善し悪しについて情報や考えをご紹介します!

私ってファザコンなの?

あなたは「ファザコンだね」と言われたことはありますか?父親とよく出かけたり仲良く話をしているなんてことを友人と話していると、時々そのように言われることがありませんか? 想像してみましょう。父親とショッピングをした後にランチに行き、帰りに甘いものを食べて家につく。このような経験がある人は多いのではないでしょうか。さて、これはファザコンと呼ばれるものなのでしょうか? 今回はファザコン女性の特徴や恋愛傾向についてご紹介していきます。

そもそもファザコンってどういう意味?

そもそもファザコンとはどのような意味なのでしょうか?似たような言葉にマザコンと呼ばれるものがあります。こちらは母親離れができてない男性、といったニュアンスで使われることが多いですが、ファザコンの場合もそうなのでしょうか? ファザコンとはファーザーコンプレックスの略称であり、父性に対して愛情などの執着を持っている状態を示します。一般的に使われている意味でのマザコンほど、悪いニュアンスを含んでいるわけではありません。 今回の記事では特に女性がもつファザコンについて具体的に取り上げていきたいと思います。

ファザコン女子の特徴

ファザコン女性はどうしてファザコンとなったのでしょうか?そこには大きく分けて二つの原因があります。一つは父親からたくさんの愛情を受け取ったこと。もう一つが全く愛情を向けられなかったことです。 前者はわかりやすいと思いますが、後者はなぜファザコンとなるのでしょうか?心理学には幼少期の経験が現在の自分を形作るというような考え方があります。幼少期に父親の愛情をもらえなかった人は、大人になってから理想の父親を求めるようになるのです。 ファザコン女性には貰った愛情を貰い続けたいタイプと、貰えなかったものを貰いたいと思うタイプの2種類がいるのです。これからご紹介する特徴はその前提から考えることができるのです。

父親が嫌い

ファザコンと言えば父親が大好きというイメージがありますが、実は父親のことが嫌いでもファザコンとなることがあります。幼少期に父親から愛情を受けて育ってこなかった女性は父親のことが嫌い、もしくは苦手なのではないでしょうか? そのような女性は自分の中に理想の父親像を持っていることがあります。そして幼少期に得られなかったものを大人になってから求め、理想の父親像に合う男性を探してしまうのです。 先ほども述べましたがファザコンとは父親のことが「好きなタイプ」と「嫌いなタイプ」があるということです。そのため、父親が嫌いという人にもファザコン気質がある可能性があるのです。

父親の話題が多い

ファザコン女性は父親の話題を無意識にしてしまうことがあります。父親のことが大好きならば誰かに伝えたいと思うことは当然だとは思いませんか?ファザコンを公言する女性は父親の話をたくさんするための口実としているのです。 一方で父親が嫌いな女性もまた、自らの父親と他人の父親を比べてしまう等無意識のうちに話題にしていることがあるのです。内容に関わらず父親の話題が多い女性はファザコンの可能性があります。 あなたは家族の中では誰と出かけることが多いですか?そこにもファザコン女性の特徴が現れます。

父親とよく出かける

ファザコン女性は父親と出かけることが特に多いです。ショッピングをしたりご飯を食べに行ったり、動物園や遊園地に行くこともあるでしょう。誰だって好きな友人や彼氏と遊ぶことは楽しいですが、ファザコン女性には父親が一番なのです。 中には父親と出かけることを「デート」と呼ぶ女性もいるほどです。そんなファザコン女性にとって理想の男性とはどのような人なのでしょうか?

理想の男性が父親

ファザコン女性にとっての理想の男性は他でもない父親です。そのため好きになる男性も自然と父親と似ている人になりがちです。父親が大好きなファザコン女性がこのように考えるのは理解できると思いますが、大嫌いなファザコン女性はどうなのでしょうか? 父親が嫌いということは自分の父親に満足していないということです。そのため自分の中にある理想の父親を求めており、それに似ている男性を魅力的に感じるのです。結局ファザコン女性の理想は父親となっていくのです。

年上が好き

ファザコン女性は年上との関りが多いことがあります。たいていの場合父親は年上です。父親が持つ包容力や頼りがいなどは年齢を重ねるごとに得られる精神的余裕から来ています。ファザコン女性はその余裕に惹かれて自然と年上を好きになるのです。 年上のレベルが父親と同じくらいの年の差である場合、よりファザコン気質が強いと考えられるでしょう。 あなたは大切な友人や彼氏を一番最初に紹介するのは家族の誰にですか?

父親に彼氏や友人をすぐに紹介する

娘の彼氏について父親だけが知らなかった、というエピソードはドラマや現実でも目にすることがあります。ファザコン女性は誰よりも最初に父親に紹介します。父親に会わせられないような男性とは付き合いたくないからです。 いきなり彼女の父親に会うことになる男性は大変ですが、父親の公認を付き合いたてで得られるのであれば頑張る価値はあるでしょうね。 ところであなたが考える理想の父親とはどのようなものですか?どんな時でも助けてくれる父親はかっこいいですよね。いつでも頼ってしまいそうになります。

依存心が強い

頼れる父親ほどかっこいいものはありません。しかし何でもかんでも手助けしていてはファザコン女性は父親に依存してしまうでしょう。そして父親から愛情を受けてこなかったファザコン女性は自分を肯定してくれるものを求めています。 愛情を与えられすぎても貰えなさすぎても依存的な考え方になってしまうのです。そのためファザコン女性には依存心が強いという特徴があることがあります。依存心が強い女性はストレートな言葉にとても弱いです。

言葉による愛情表現に弱い

愛情を求めるファザコン女性はわかりやすくストレートな表現にとても弱いです。父親のような無償の愛を求めるファザコン女性は男性の言葉を信じやすいということです。言い換えるとこれは騙されやすいという意味にもなるため注意が必要です。 ファザコン女性はこれまで父親の愛情を独占、もしくは渇望してきました。その結果はどうなると思いますか?

嫉妬深い

父親の愛情を受けて育ってきたファザコン女性は自分がいつも一番でないと気が済みません。そのため男性が自分以外に大切なものを持っていると嫉妬深くなってしまうのです。これは愛情を受けることができなかったファザコン女性にも当てはまります。 彼女たちは今まで愛情を受けてこられなかった分、今ある愛情を手放したくありません。そのため少しでも離れていく不安を感じれば嫉妬してしまうのです。 嫉妬深いのと似ていますがわがままという特徴がある場合もあります。

わがまま

甘い父親というものは娘にねだられればなんでも応えてしまいます。その結果自分の言うことが通らないと怒るようなわがままな女性に育ってしまうことでしょう。ファザコン女性にはこの傾向があります。 ここまで紹介してきた特徴は必ずしもすべてのファザコン女性に当てはまるものではありません。しかし一つの指標として参考にはなるのではないでしょうか。次の見出しからはファザコン女性の恋愛傾向について解説していきます。

ファザコン女子の恋愛傾向

好きな男性が好きな音楽を好きになったり、服の好みが似てきたりと誰だって好きな人からの影響を受けるものです。それではファザコン女性の好みは父親によってどのように影響されているのでしょうか? ここからはファザコン女性がどのような男性を好きになるか、男性に対してどういう振る舞いをするのかを解説していきます。

父性を感じられる男性を好きになる

まず第一にファザコン女性は父親っぽい男性を好きになることがあります。困ったことがあれば助けてくれていつでも愛情を注いでくれる、そんな父親っぽい男性を好きになり甘えてしまうのです。 また優しさだけでなく父親のような厳しさも時には求めます。そうした自分のことを第一に考えてくれる男性が好みなのです。 愛されることを求めるがゆえにファザコン女性は不安に陥りやすいです。

愛されているか不安になる

男性に父性を求めるということはいつでも愛情を示してほしいということです。するとどのような弊害が起こるでしょうか?ファザコン女性は男性が愛情をわかりやすく表現してくれないと不安になります。 たとえ恋人だとしても結局は他人です。父親と同じようにいつでも愛情を注ぐことが難しいと気づけていないファザコン女性もいるということです。 では父親っぽい男性にはどのような人が多いのでしょうか?簡単です。実際に父親である男性です。

不倫をしてしまうことがある

既婚者で実際に父親である男性には父性が備わっている可能性が高くなります。そのため父性を基準として男性を選ぶことで不倫の関係となってしまうことがあります。もちろんこれはほんの一部の人であり、そうではない人のほうが多いでしょう。 しかし父性を重視しすぎる傾向は時として大きな過ちに発展する可能性があることを肝に銘じておくべきです。 この記事をたまたま男性が読んでいたとしたら、その人はどう思うでしょうか?めんどくさい?大変そう?それらが正しいかどうかは別として、要求が多いのは確かでしょう。

男性に対する要求が多い

ファザコン女性は父親に頼めばなんでも手に入る環境にいたか、何にも手に入らない環境にいたかのどちらかです。それゆえに前者は今まで通り要求し、後者は今までできなかった要求をしようとするのです。 そのためファザコン女性には男性に対する要求が多いことがあります。それだけ頼られていると考えることもできますが、やはり依存心が強い女性が多いのかもしれません。 最後は父親と比較してしまいがちだということです。

父親と比較してしまう

誰かと比較されダメ出しされることは誰だって嫌なことでしょう。それが正当なものであれば課題として受け入れられますが、父親と比較されるとなると話は別です。比較された男性は父親ではないのに父性を求められる状況に困惑することでしょう。 ファザコン女性はやはり父親が一番だと考えている節があり、出会った男性のことを父親と比較して考えてしまうのです。 さて、ファザコン女性には色々と特徴や傾向があることがわかりました。ではファザコンとは悪いものなのでしょうか?克服しなきゃならないものなのでしょうか?次の見出しではファザコンは克服するべきかについて考えてみましょう。

ファザコンって克服しなきゃいけないの?

記事をここまで読んできた皆さんはどのように感じますか?記事の内容をそのまま受けとるとすれば、克服すべきだと考える人のほうが多いかもしれません。しかし本当にそうなのでしょうか? ファザコンもマザコンも簡単に言えば父親や母親が好きなだけです。親が好きなことに何か悪いことがあるのでしょうか?自分が親になった時、子供が大人になっても好きでいてくれるのならばそれほど嬉しいことはないでしょう。 もし、これらのコンプレックスを克服すべきだとするのならば、それはどのような時でしょうか?最もわかりやすい答えの一つが「他人に迷惑をかけたとき」ではないでしょうか?過剰なコンプレックスは時に周りの見えなくさせるのです。

極端なコンプレックスを持つ場合、その人が好きなのは父親や母親という役割なのではないかと私は考えています。それは一見すると両親が大好きなように見えますが一種の執着のようにも見えます。だからこそコンプレックスと呼ばれるのです。 その執着を周りにまき散らした時、その人は周りにとって面倒くさい人間となってしまうことでしょう。ファザコンが周りに大きな影響を与えるのであれば、それは克服すべきコンプレックスであると私は考えます。 しかし日常生活の中で「父親が好き」という意味でファザコンという言葉が溢れているのであれば、父親にとってそれほど嬉しいことはないでしょうね。皆さんはどのように感じましたか?ぜひ考えてみてください。

ファザコンかどうかは関係ない

いかがだったでしょうか?今回はファザコン女性について「ファザコンって何?」から「ファザコン女性の特徴」「ファザコンは克服すべきか」など様々な側面で解説してきました。 今回紹介した特徴や傾向はすべてのファザコン女性に当てはまるものではありません。ファザコンでも恋人と真摯に向き合ってお付き合いしている方もたくさんいます。「ファザコンだから」という考え方をしないように気を付けなければなりません。 ファザコンかどうかは女性を判断する大きな基準とはなりえないのです。ファザコン女性と出会ったときここまで解説してきた中で厄介だった特徴がないか、なければファザコンかどうかは気にしないというスタンスが大切です。 今回の記事が皆様にとって参考になるものであることを願っております。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

No Image

コウイチロウ

心理学や経済学を中心に学んでいます。私の持っている知識を見ていただいた方に還元できればと思っておりま...

人気記事

新着記事