2020年06月26日公開

2020年06月26日更新

【干支】申年(さる)の人は飽きっぽい?申年生まれの性格や運勢・相性を紹介

申年の人と言えばお調子者で飽きっぽく、世渡り上手なんて言われていますよね。でも歴史上の型破りの天才たちは、実は申年生まれの人がとても多いんです。今回はそんな申年の人が持つ運や魅力、相性を詳しくご紹介していきたいと思います!

干支占いの申年とは

申年の人と言えば、世渡り上手でお調子者、飽きっぽい性格なんて言われることもおおいはず。でも実際はどんな性格の持ち主なんでしょうか?今回は申年の人の特徴や運勢について、詳しくご紹介していきます! あなたの周りにいる申年の人に当てはまっているか、考えながら見てみてください。申年に当てはまる人は、1956年(昭和31)年、1968(昭和43)年、1980(昭和55)年、1992(平成4)年、2004(平成16)年、2016(平成28)年です。

申年生まれの人の性格の特徴

申年生まれの人は、頭の回転が早くて器用な人が多いのが特徴です。性格は明るく、人気者になれる才能の持ち主です。人の気持ちを読み取ることにも長けているので周りから信頼され、リーダーとして皆を引っ張っていく天性の持ち主でもあります。 実は歴史上の偉人たちのなかにも、申年の人が多いんです。豊臣秀吉は織田信長から「サル」と呼ばれていた男として有名ですが、実は干支も申年だったのをご存じでしょうか?そんな申年の人の性格を、男女別に詳しくご紹介します。

申年生まれの男性の性格の特徴

申年の男性の性格は、一言でいうと「社交的」。人懐こく話術も巧みですから、誰とでもすぐに親しくなれます。困っている人は見捨てられず、手を差し伸べます。そのため周りにはいつも人が絶えず、たくさんの信頼を寄せられるでしょう。 器用ですので、冗談で場を和ませるのもお手の物。人が多い場所では重宝されるに違いありません。気を付けて欲しいのは、親しみやすいあまり周りから軽視されがちなこと。自分の意思表示も忘れないようにしましょう。

申年生まれの女性の性格の特徴

申年の女性も要領がよく、誰からも愛される性格の人が多いです。会社などでは目上の人から可愛がられます。また、旺盛な行動力の持ち主で、自分の興味のあることには一人でもどんどん取り組みます。 知識欲も旺盛ですので、いつも新しいことに取り組みます。しかし飽きっぽい性格によって三日坊主で終わってしまう事もあるようです。たまには誰かと一緒に取り組んでみることで、長続きするかもしれません。行動する前に具体的に目標を立てるのも吉。

申年生まれの人の長所・短所

申年の人は明るく人気があり、頭の回転が早い特徴がある一方、飽きっぽかったり目立ちたがりな性格と言われてしまうこともあります。申年の人の長所と短所を詳しく分析しましたので、注意すべきところなどをおさえておきましょう。

申年生まれの人の長所

お猿さんのキャラクターからイメージしてしまうのは、やはり「お調子者」。しかし申年生まれの人は、頭の回転がとても速く、知的で明るい性格の持ち主なんです。そんな申年の人の長所とはいったいどんなものなのでしょうか。

天真爛漫でユニーク

申年の人は常にポジティブ!底なしのパワーの持ち主ので、天真爛漫という言葉がぴったりです。アイデアが豊富で発想力もあるので、周りからの人気をさらうでしょう。 申年の人は、みんなを楽しませることが大好きでサービス精神も旺盛。持ち前の奇抜な発想と頭の回転の速さで、常にスポットライトを浴びています。周りを魅了することにおいて、申年の人に敵う人はいないでしょう。

器用で適応力が高い

申年の人はとても高い適応力の持ち主です。頭の回転が早く、即座に柔軟な対応ができます。その才能はいたるところで重宝されるでしょう。多くの人から親しまれやすく、たくさんの信頼を寄せられます。 器用な性格で、要領を把握する力も長けています。あれがダメならこの手段で、という風に、素晴らしい発想力で機転を利かせフォローします。巧みな話術で目上の人にも気に入られ、可愛がられるタイプです。

好奇心旺盛

申年の人はとっても好奇心旺盛。思いついたらすぐ行動に移さないと気が済まないタイプです。しかもただやみくもに動くわけではなく、頭の回転が速いので、どうすれば成功するかをしっかりと考えています。 このように申年の人は、頭の良さと行動力を兼ね備えています。持ち前の器用な性格は様々なスキルにも通じているので、新しいものをすぐに取り入れ、あっという間に習得してしまうでしょう。

申年生まれの人の短所

申年生まれの人の短所は、忍耐力が無く飽きっぽい性格だとか、調子のいいことばかり言うお調子者と言われがちです。実際はどうなのか、詳しく見てみましょう。注意すべきポイントを押さえておけば、回避できるかもしれません。

短所1 飽きっぽい

申年の人は器用な性格で好奇心が旺盛です。何でも取り入れようとするのは良いのですが、習得や熟知が早い分、飽きるのも人より早い傾向があります。周りからは忍耐力に欠ける、と思われてしまうまもしれません。 新しいのもごとに対して、慣れるのが早い申年の人。刺激が足らずに飽きてしまうところが、忍耐が続かないという評価になってしまうのです。

調子に乗りやすい

申年の人は話術に長け、誰とでもすぐに親しくなってしまう反面、お調子者という性質も持ち合わせています。皆に可愛がられたりしやすい性格だからこそ、調子に乗って天狗になってしまわないよう注意が必要です。 また、軽はずみな言動が申年の人の運気を下げてしまう事があります。調子の良さが前面に出てしまわないように、発言する前には一呼吸おくのもいいかもしれません。

すごく心配性な面も

申年の人はお調子者で一見すると楽観的に見えますが、実はすごく心配性でもあるんです。何か一つ不安なことができてしまうと、解決するまでそのことで頭はいっぱい。他のことが手につかなくなってしまいます。一人で背負い込み過ぎないようにしましょう。 この心配性の性格は、恋愛においても相手をすぐに信用しないといった形であらわれます。最初から疑ってかかるのはやめて、相手を思う気持ちを大切にしましょう。

申年生まれの運勢はどうなる?

明るく社交的な申年の人。喜怒哀楽がはっきりとしており、世渡りがとても上手です。ここからは、そんな申年の人の運勢についてご紹介します。総合運、仕事運、健康運、金運の4つの項目ごとに詳しくまとめました。

申年生まれの総合運

申年の人は持ち前の行動力を武器に、積極的に動くことでさらにいい方向へと展開していくでしょう。自分を押し殺してしまっては、申年の人の魅力が発揮されず、ストレスが溜まってしまいます。 もしトラブルが起こっても、持ち前の頭の回転の速さでしっかりと対処ができるので、大きなトラブルに発展することはありません。あらゆることに対し、プラスの方向へ持っていける要領の良さがあります。

申年生まれの仕事運

申年の人は利口で実践力があるので、実務上とても役立つこと間違いなしです。頭の回転が早く機転が利くので、新しい仕事にも慣れるのが早く、どんなことにも臆することなくチャレンジしていきます。 サービス精神が旺盛で、親しみやすい性格ですので、目上の人や上司から可愛がられる存在となるでしょう。職場内では潤滑油的な役割を果たし、周りからの評価が上がります。お酒の場では天性の才能が発揮され、目上の人から気に入られること間違いなしです。

申年生まれの金運

申年の人はお金を計画的に使うことができるので、無駄遣いをすることは殆どないはず。周囲にはケチに見られても、自分の信念を貫いてください。申年の人は中年期から金運が上り坂になります。その運はそのまま晩年に続き、安定した生活を送ることができるでしょう。

申年生まれの健康運

「見ざる、言わざる、聞かざる」という言葉があるように、申年の人は眼病、咽頭の病気、耳鳴りに悩まされることが多い傾向があります。女性の場合は、婦人科系の病気に気を付けた方が良いでしょう。不調があらわれたら、すぐに医療機関を受診しましょう。 申年の人は、少しのストレスも敏感に感じ取ってしまいます。人の目を気にしすぎたり、良い人を演じようとすると、心身のバランスを崩してしまいます。ストレスを溜めず、情緒を安定させるために、自分だけの時間を多くとりましょう。

申年生まれの恋愛傾向とは?

申年の人は一言でいうと「モテるタイプ」。社交的で人から愛されやすい性格です。恋愛においても申年の人はあまり感情的に熱くなることはないようです。しつこくべたべたされるのが苦手なので、申年の人と長く付き合いたければフランクに接するのが良いでしょう。 申年の人はその飽きっぽさと旺盛な好奇心から、浮気性な傾向があります。2人の付き合いにはいつも新鮮さを心がけましょう。また、意外と寂しがり屋でもあります。かなり親しい人でないと気づきにくいかもしれません。

申年と他の干支との相性

申年生まれの人は、その人懐こい性格や巧みな話術でモテるタイプといえます。その中でも特に相性が良い干支は何なのか詳しく見てみましょう。

申年と子年の相性

子年の人との相性はとても良いでしょう。どちらかというと、申年の人が子年の人を可愛がる傾向にあります。恋人同士なら、お互いに協力し合えるいい関係を築くことができそうです。

申年と丑年の相性

丑年の人との付き合いはじっくり時間をかけることが大切です。申年の人の様にすぐに打ち解けるのが難しいのです。焦らずにゆっくり関係を深めていきましょう。申年の人が丑年を助けてあげることで、割と早く打ち解け合うことができるでしょう。

申年と寅年の相性

常に前向きで自信家の寅年。強い意志と負けず嫌いな性格で、一人で何でもやりたいタイプ。2人がコンビを組むと、申年の人は振り回されてしまうまもしれません。申年の人は、寅年の人を上手に立ててあげると良いでしょう。

申年と卯年の相性

申年と卯年は仲の良い関係です。お調子者の申年の人の言動が、卯年の人を傷つけてしまう事があるので注意しましょう。恋人同士でも相性は良いので、申年の人は小さな気遣いを心がけるようにしてください。

申年と辰年の相性

申年と辰年の人はとてもベストな組み合わせです。辰年の人が持つどことなく世間離れした雰囲気に、申年の人は惹かれるでしょう。辰年の人が申年の人をリードしていく関係になりそうです。

申年と巳年の相性

申と巳は、お互いがライバル視し合う関係と言われていますが、それだけ強い結びつきがあるということ。衝突しても相手を尊重する気持ちさえあれば、お互い通じ合える関係が期待できます。

申年と午年の相性

申年と午年の人の性格は似ています。申年の人のフットワークの軽快さと、午年の人の勢いのある行動力が合わされば、どんな目標でも成し遂げられるでしょう。午年のひとのせっかちな所を、申年の人のマイペースさでカバーしてあげましょう。

申年と未年の相性

未年の人はじっくりと物事をタイプです。申年の人の思いついたらすぐに行動に移してしまう部分を、上手くカバーしてくれそうです。しかし未年の人は慎重で繊細過ぎるところがあるので、申年の人の直観的な言葉で傷つけてしまわないようにしましょう。

申年と申年の相性

申年同士は基本的に同じ性格ですので、気が合うでしょう。しかし衝突してしまうことも多いようです。友達としてはかなり楽しく一緒に過ごせますが、恋人同士だと長続きしないかもしれません。

申年と酉年の相性

酉年の人は申年同様、社交的で人付き合いが上手です。この組み合わせなら友人としても、恋人としても上手くやっていける良い関係です。

申年と戌年の相性

戌年の人の面倒見の良さが、お調子者で子供っぽい申年の人を助けてくれるでしょう。申年の人が戌年の人に感謝の気持ちを忘れなければ、2人は上手く行くでしょう。恋愛では戌年の人は独占欲が強いので、その部分を理解し合うことが大切です。

申年と亥年の相性

申年と亥年は打ち解けるのが難しいかもしれません。お互い表面上の付き合いがよさそうです。深い関係になっても、後からお互いの悪い部分が見えてしまい、結局距離を置くことになりそうです。

申年を知って楽しく生きよう!

いかがでしたでしょうか?私たちに馴染みのあるお猿さんのイメージが、申年の人には少なからず当てはまっていたのではないでしょうか。ちょっとお調子者な面もありますが、本質はとても頭の良い才能の持ち主だということがお分かりいただけたと思います。 意外と寂しがりでストレスに弱い、繊細な心の持ち主だということも分かりました。この記事を参考に、ぜひ申年の人の気持ちや行動を理解してあげてくださいね。

短期間であんなに音痴だった私が...?

歌がうまかったらなんて人生楽しいのだろう...そう何度も思ってきました。 昔の私は音痴で人とカラオケに行くことすら怖かったんです。 そんな私が、なんと「無料の講義内容を実践」するだけで、びっくりするくらい歌が上手くなったんです!! その秘密はこちら↓

関連記事

ライター

yuko_hakozaki

yuko_hakozaki

芸術大学出身。学生時代に芸術を通して、潜在意識やセルフイメージの力を引き出すことに興味を持ちます。卒...

人気記事

新着記事